« 「物量」の謎 | トップページ | 闘うということ »

2005年10月20日

遠藤浩一氏の講演会

 遠藤浩一氏のことは論文・著書等でご存知の方も多いと思います。
 彼と私は民社党本部書記局の同僚として一緒に仕事をした仲です。民社党には「革新」(後に「かくしん」と改題)という月刊誌がありましたが、2年間はその編集部で机を並べていました。彼は一貫して広報・宣伝畑で頭を使う方、私は青年運動等身体を使う方でした。当時から遠藤氏のセンスは注目されていました。彼の文章はお読みになった方はお分かりと思いますが、外野席から無責任な批評をする、単なる政治評論ではなく、ギラギラとはさせず、あえて抑えたトーンながら、極めてしっかりとした国家観、愛国心に裏打ちされたものです。
 彼は劇作家という一面も持ち、台本を書いたり演出をしたりということで、昔は私も遠藤作の芝居を観に行ったことがありました。彼の論文にときどき芝居の話が出てくるのはその名残(?)です。今後も各方面で活躍してもらいたいと思っています。

 そこでPR。戦略情報研究所のホームページやニュースではお知らせしていますが、下記の通り遠藤氏の講演会を行います。お誘い合せの上ご参加下さい。

●60年体制研究会連続講演会(第2回)
 10月24日(月)18:30〜  テーマ 「東京裁判史観に回帰した『1960年体制』」
○参加費は2000円です。予約等はありません。直接会場においで下さい。
○会場:UIゼンセン会館2階会議室(千代田区九段南4-8-16 tel 03-3288-3549)
 ※市ケ谷駅下車3分  日本棋院斜向い (地図は下記をご覧下さい)。

http://www.uizensen.or.jp/doc/uizensen/access.html

 なお、戦略情報研究所の主催ではありませんが、11月には私の友人である山本卓氏の主催する「日本の改革者たち」が主催するセミナーにも遠藤氏が参加します。日時 11月22日(火)18:20〜20:45
会場 都市センターホテル3F「コスモスホール」
      (東京都千代田区平河町2-4-1)
内容 第一部 基調講演 塚本三郎・元民社党委員長
       第二部 パネルディスカッション「媚中は国を誤る〜今こそ中国を窘めるとき」
        遠藤氏の他に塚本三郎・元民社党委員長、西村眞悟・衆議院議員がパネラーとして参加、モデレーターを国際政治経済学者の浜田和幸氏が務めます。
参加費 1万円(食事代・塚本三郎著『内政干渉!』代金を含む)
※完全予約制ですので、ご関心のある方は「日本の改革者たち」(03-3593-0009)にお問い合せ下さい。

|

« 「物量」の謎 | トップページ | 闘うということ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠藤浩一氏の講演会:

» 拉致の闇----総連関連施設捜索とオウム真理教 [酔夢ing Voice - 西村幸祐 -]
10月15日、5人の拉致被害者家族が帰国してから丸3年が経過した。まるでタイミングを計ったように14日に朝鮮総連関連施設への家宅捜索が行われた。最初に報じられたのは以下の共同電だったが、共同と時事が記事を配信した後、この捜査が全国11カ所に及ぶものだと分かった。..... [続きを読む]

受信: 2005年10月20日 03:50

» 西村真悟大演説会 実況中継 [謝罪亭賠償 やまと小噺]
 皆さん、こんにちは。民主党の西村真悟でございます。このごろ、ようやく間違わずに [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 20:09

» 蓮池 透さん(青梅・2005/10/29) [Blue jewel]
みなさんこんにちは。 本日はお招き頂きましてまことにありがとうございます。私このようなところから皆様に偉そうにお話させていただく身分でも、立場でもございませんが、これだけは日頃から知っておいて頂きたいと言うことがありますので少しだけ時間を頂きたいと、こいうふうに思います。 拉致問題につきましては会場にお越しのみなさま、そして広く国民の皆様の関心を集めご支援を頂いております�... [続きを読む]

受信: 2005年10月31日 20:03

» 女性女系天皇の容認は憲麻反である [オンラインコンビニエンス何でもそろう便利屋です]
皇統断絶の危機を克服するために御協力御尽力を! [続きを読む]

受信: 2005年11月 5日 21:50

« 「物量」の謎 | トップページ | 闘うということ »