« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月24日

デジタル

 先日旧知の稲川和男さん(映像教育研究会代表)からカメラを譲ってもらった。オリンパスOM-2、フィルムカメラの一眼レフである。発売開始は昭和50年、実に30年以上前のカメラである。
 「今ごろ何でフィルムカメラ?」という方もおられると思うが、最近デジタルの世界に抵抗感を感じるようになってきて、無性にアナログのものに触れたくなったというのが発端。
 フィルムカメラは父のお下りのカメラ(これはおそらく昭和20年代のもの)で始まり、中学生のとき小遣をためて最初に買ったのがペンタックスのSLという一眼レフだった。ピントも絞りもシャッタースピードの調節も、そしてフィルムの巻上げも全部手動。さらに、当時のペンタックスのレンズのマウント(本体への装着の仕方)はネジ式と言うのか(正確な言い方を忘れたが、何か呼び方があったと思う)、レンズをクルクル回して固定するやり方だった。
 このカメラで撮ったのはほとんど鉄道写真だった。望遠レンズも持っていなかったので、標準レンズだけで、それでもけっこうあちこちに行って撮った。大学に入り、その後就職してからは若干金回りが良くなり、ミノルタのα7000とか、コニカのAE-1を買ったりした。今はその両社が合併しており、先日のニュースではカメラ自体からの撤退をするという。時代の移り変りを実感させられた。
 その後、所帯を持ってからは鉄道写真は諦め、さらに拉致問題に取り組むようになってからは模型も鉄道趣味自体をほとんどストップさせざるを得なくなった。調査会の活動をやるようになって、「これは拉致が解決してももっと大きな問題に取り組まなければいけなくなる」と思い、逆に趣味も再開することにしたのだが、その間に時代はデジカメの時代となっていた。
 もちろん、今も失踪者の現地調査などはデジカメにご厄介になっているし、今後もそうだろう。ともかく、失敗も気にせず、保存もかさばらず、メールでも簡単に送ることができて画像の加工も自由自在ということになれば、フィルムカメラとは比べ物にならない便利さである。
 しかし、最近になって、ふとこの便利さが寂しく感じられるようになった。手ごたえのなさというか、本当にこの写真は写「真」なのだろうか、という思いである。パソコンの上でどうにでも変えられる画像に、何とも言えない抵抗感を感じたのだ。
 そこで、フィルムカメラが欲しくなった。ところが、あらためてカメラ屋に行ってみると、置いてあるのはほとんどデジカメばかりだった。フィルムカメラは端の方に、遠慮するように置かれているだけで、見ていても店員が寄ってくるわけでもない。あらためて時代の移り変りを実感した。高級品は手が出ないし、何を基準に選べばいいのかも分からない。そうしているうちに稲川さんのOM-2を手にすることになった。
 このカメラは露出優先の自動(シャッタースピード可変)で、ピントと巻上げは手動である。先日久方ぶりに家の近くで鉄道写真をとってみたが、手動巻上げだから1回に1枚しか撮れない(もちろん、場所と腕によるだろうが)。どうせ今後も写真を撮りに出かけることなどできないのだが、走ってくる電車をファインダーで追って2,3度シャッターを押しただけでも、30年前の思いが蘇ってきた。「不便」も悪くない。
 デジタルの世界はあいまいなものを切り捨てることによって成り立っている。それは極めて便利である。私自身、今後も仕事がらみで使うのはデジカメだろう。しかし、もともと日本の文化はあいまいなところ、数字にできない「行間」にこそ深い意味があったのではないか。もっと「不便さ」を見直してもいいように思う。あるいは、前向きに考えるなら、日本文化こそがデジタルとアナログの融合を実現していけるのではないだろうか。
 よく、外国人に「日本は最先端技術の国でありながら、昔からの独自の文化を残しているのが不思議だ」と言われることがあるが、そうであれば、明治時代に西洋文明を取り込み、葛藤しながらも独自の文化を維持し、逆に発展させてきたことが今日にも適応できるような気がするのである。
 ライブドアの問題で昨今もちきりだが、デジタルだけで人間社会がうまくいくはずがない。私たちはもっと「見えない部分」「行間」「不便さ」「不合理」を大事にし、楽しんだ方がいいように思う。
 OMー2に入っている27枚撮りのフィルムが撮り終わるのは春か、はたまた夏か分からないが、何かのついでにでも少しずつ写してみようと思っている。フィルムを巻き上げる感触を楽しみながら。

|

2006年1月19日

男たちの大和

 今ごろになって映画評でもありませんが、昨年は「ローレライ」「戦国自衛隊」「亡国のイージス」、そして「男たちの大和」と、戦争ものないし自衛隊が舞台の映画が続きました。もう日本で戦争映画は作れないだろうと思っていただけに、立続けに上映され、それぞれがそれなりにヒットしたのはある意味新鮮な感動でした。ただ、前の3作、福井晴敏氏原作のものはあくまで小説であるのに対して、「大和」はもともとが史実に基づくものだけにまた別の感慨がありました。
 私はいわゆる「海軍善玉論」には抵抗感を感じ、敗戦は悪者にされている陸軍より海軍に大きな責任があると思っていますし、大和の沖縄特攻も大学の授業では学校の成績の良い人間が愚劣な判断をする一例として話しています。それは今も変わりませんが、あえてその中で自らの死を受け入れて沖縄に向かった三千余人のことは忘れてはならないと思います。まさに映画のコピーの中にあった「彼らが命がけで守った未来に、私たちは生きている」のです。もちろん、その敬意は大和で散華した英霊のみならず、先の大戦で亡くなった軍民すべてに対して払われるべきであることは言うまでもありません。
 それにしても、大和の出撃は「大艦巨砲主義の終焉」ということだけで片づけられてしまいますが、終戦近くで出すにしても、沖縄に向かうにしても、もう少しやりようがあったのではないでしょうか。「歴史のIF」と言われればそれまでだが、出撃の時期にせよ何にせよ、陛下(昭和天皇)の「海軍にはもう船はないのか」というお言葉に恐懼して、海軍首脳が思考停止状態になり、あわてて「ともかく出せ」という判断をしてしまったように思えてなりません。その点は特攻を作戦として日常化した時点ですでに取返しの付かない状態になっていたとも言えるのですが。
 普段ボーッとしていても、そういうときに冷静な判断をし、責任をとらなければならないのがリーダーです。この場合で言えば海軍軍令部長であり、連合艦隊司令長官ということになります。しかし、結果論とはいえ彼らが三千人と世界最大の戦艦を海に沈めて責任逃れをしたのは事実です。そして、そのような構造は今の日本にも生きています。映画を観ながら、それぞれの配役に自分を置き換え、「自分があの立場にいたらどういう判断をしただろうか」と考えましたが、どうやったところで「死」と隣り合せになった状況を理解することは出来ません。しかし、それに近づこうと努力することが、英霊に対して私が払うことのできるささやかな敬意であるように思います。

|

2006年1月 4日

情報戦

明けましておめでとうございます

 本年もよろしくお願い申しあげます。

 さて、先日、帰国した拉致被害者の拉致に辛光洙や西新井事件の朴が関与していたとの報道が流れました。
 このことについて、私は調査会のニュースで後掲のコメントを発表しました。読んでいただければ分かりますが、基本的にこの情報自体が信用に足るとは言い難いというのが結論です。報道された内容も「…と言っていたことが分かった」という、極めて曖昧なもので、要は政府機関からの情報を鵜呑みにして報道したとしか思えない内容です。

 情報戦を仕掛けているのは北朝鮮だけではありません。わが政府も国民に対して様々な世論捜査を行っており、それはもちろん拉致問題に限らないと言えるでしょう。議会も、マスコミも、そして国民一人ひとりも正しい批判の目を持っていなければ必ず後に禍根を残すことになります。私はこれまで9.17のときの飯倉公館や、山本美保さんのDNA騒ぎをはじめ、拉致問題に取り組んでいくつか初歩的な情報戦を体験してきました。まだまだ十分な対処はできませんが、ともかく弾は前からだけではなく前後左右上下斜め、どこからでも飛んでくることは実感しています。緊張感を持続できさえすれば、それも結構快感を感じられるものです。早いところこちらからも仕掛けられるように上達(?)したいと思います。できれば今年は金正日相手にやってみたいと思っています。

[調査会NEWS 321](17.12.30)

■NHKニュースで報道された帰国者の証言について

                     荒木和博

 先程NHKニュースで蓮池さん、地村さんからの情報として、彼らの拉致に辛光洙や西新井事件に登場する朴などの工作員が関わっていたとの報道がなされました。

 彼らがいつ、どう話したのかはぼかしてありましたので、詳しくは分かりませんが、一寸気になったので感じたことを書いておきたいと思います。本来なら本人たちに確認すべきところですが、私が聞いても話してはくれないと思いますので、以下は乏しい情報をもとにした私の直感に過ぎないことを予め申しあげておきます。

 ニュースを見て感じたのは、辛光洙と朴では、あまりにも役者が揃い過ぎているのではないかということです。だからといって証言を否定する材料にはならないのですが、それなら何で今ごろ話が出てきたのかということが気になります。

 私は、少なくとも地村さん夫妻については、拉致された現場は小浜公園の展望台ではないと思っています。蓮池さん夫妻にしても、分かっていることは柏崎の図書館に自転車置場に自転車があったことだけです。彼らはすべてを政府に話したと言っていますが、本人達の認識はどうであれ、限られた時間ですべてを話したなどということはあり得ません。

 かつて韓国の安企部は1人の脱北者に対して何カ月もかけて聞き取りをしていました。どこの道がどうなっているということまで、精密に聞取りをし、それを持っている情報と突き合せて嘘や過ちがないかを確認していきました。それでも半年ぐらいしてから「そういえばこんなことがあった」という話が出てくると聞いたことがあります。彼らの場合は拉致被害者なのですから、持っている情報は1級のものであり、1日や2日ですべての情報が出てくるなどということはありえません。今の程度で警察が「全部聞いた」と言うのなら、警察には情報機関としての能力がほとんどないということを証明しているようなものです。

 また、彼ら5人が帰国した当初、出てきた話は横田めぐみさんの話ばかりでした。それは明らかに横田滋・早紀江夫妻を平壌に呼ぶため(そして、それで拉致問題を終わりにするため)の情報でした。彼らの本心がどうであるかは別として、流されている情報は、誰かの意図によるものであることは間違いないと思います。

 一昨年の末に平沢勝栄議員らが中国で北朝鮮の担当者と会い、その後山崎拓氏も行って、5月の第二次訪朝とつながった流れは、明らかに北朝鮮と日本側で拉致問題についての「落し所」(当時は帰国者5人の家族の帰国)が定められ、そこに向って色々なものが動いたものでした。バックには経済制裁実施をめぐって北朝鮮が危機感を持っていたことがありました。そして、山本美保さんのDNA事件が起きたのは昨年3月です。

 今回もそういう意味では非常に似たものを感じます。拉致と国交問題を分離して日朝交渉を行う方式が決ったこと、西村議員が逮捕され、保釈直後にこの情報が出たこと、さらに古川さんの認定訴訟での政府側の時間稼ぎなど、色々なことをつなぎあわせてみると、犯人を今名前の出ている人間だけに限定し、何らかの落し所を設定して、一気に国交正常化への道筋を付けてしまうというシナリオが日朝両国の間でできているのではないでしょうか。年末年始は急な事態には対応がしにくく、気がついたらすべてお膳立てができていたということになる可能性もないとは言えません。

 これまでの流れに照らして考えれば、おそらく北朝鮮は北朝鮮で、表面上の強がりと逆に、かなり深刻な体制危機に陥っているのではないでしょうか。それと今回のことはリンクしているはずです。したがって、これが大きなヤマであることは間違いなく、ピンチでもありますが、逆に使えば金正日体制を倒せる千載一遇のチャンスかも知れません。各位におかれては今後の動きに十分注意されるようお願い致します。

| | トラックバック (14)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »