« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月26日

 先日恵隆之介さんの著書『敵兵を救助せよ!ーー英国兵422名を救助した駆逐艦「雷」工藤艦長』を読んだ。
 昭和17年3月1日、ジャワ島北方のスラバヤ沖で行われた海戦で撃沈された英巡洋艦「エクゼター」と同駆逐艦「エンカウンター」の乗組員を危険を冒して救助した駆逐艦「雷(いかづち)」の工藤俊作艦長について書かれたものである。
 恵さんは沖縄出身、防大卒で海上自衛隊に任官した後退官し、現在はビジネススクールの校長をしている。『誰も書かなかった沖縄』(PHP)など、沖縄に関する著書や論文も多い。沖縄では貴重な非左翼の論客である。私はいくつもの縁があり、お世話になっている方である。
 本書は単に「雷」の救助のことだけではなく、工藤艦長の生い立ち、さらにそれ以前の日本の置かれた状況から戦争に入っていく経緯、そして敗戦から今日までの歴史を海軍を軸にして綴っており、基礎知識がない人でも分かりやすい本である。
 私が本書で一番感銘を受けたのは、内容もさることながら、60年以上前のことであるにもかかわらず、全体が未来を向いて書かれていると感じられたことである。もちろん、私自身が今後海上自衛隊に移り護衛艦の艦長になって敵兵を救助することはありえないが、いかなる場においても日本人として恥ずかしくないような行動をしようという気になる本なのだ。また、歴史が決して断絶していないことも教えてくれる。
 よく、「こんな憲法ではどうしようもない」「まともな情報機関がないようでは」「マスコミが…」などの愚痴を聞かされるが、そんな暇があったら、自分の扱っている分野で現実を変える努力をすべきだろう。工藤艦長が、敵潜水艦からの攻撃を受けることを覚悟してまで捕虜を救ったことから考えれば、愚痴をこぼしていることがいかに恥ずかしいことか分かると思う。
 もう一つ、こちらは小説だが、最近読んだものに『マルタの碑』(秋月達郎著・祥伝社文庫)というのがある。第一次大戦当時地中海に派遣された海軍特務艦隊の話で、山口多聞や小沢治三郎ら実在の人物も登場する。自分には確認できないが、全体の流れはほぼ史実に基づいていると思われる。危険を冒して地中海の船団護衛を行う姿はなかなか感動的である。
 戦前の日本の歴史が侵略の歴史ではなく、植民地主義の排除、アジアを初めとする非白人国家解放の歴史であったと考える人は、「そうだった。しかし、今はだめだ」で留まるべきではなく、「だから、今どんなことがあっても時代を変えていこう」と考え、行動すべきだろう。ついでに言えば、侵略の歴史だと思っている人も「だから、もう何もしないようにしよう」とは思わずに「だから、贖罪のためにも北朝鮮の独裁政権を倒して民衆を救おう。中国を民主化しよう」と思うべきだろう。どっちにしても、前に向かう気が必要だということだ。
 そんなところまで飛躍しなくても恵さんの本は十分に読む価値があります。ご一読下さい。

|

2006年7月23日

天皇という存在

 こういうタイトルにすると、誰でも「富田メモ」の話だと思うだろう。それほどこの報道の波紋は大きかったということだ。
 ところで、私は今回のことで、あらためてこの国の中で天皇という存在の重さを痛感した。これまで、皇室に冷淡であったと思えるメディアが取り上げ、「だからA級戦犯は分祀すべきだ」とか、「だから総理は靖国参拝すべきでない」という論拠に使っているからである。
 もともと、皇室というものに価値を感じないのであれば、そもそもそんな議論にならないと思う。現行憲法第1条は「天皇は、日本國の象徴であり日本國民統合の象徴であつて、この地位は、主權の存する日本國民の總意に基く」となっているから、リベラル護憲派の皆さんも、やはり皇室の存在については極めて重く感じているということなのだろう。
 それにしても、東京裁判をやった米国の、しかも、極めて左翼色の強かった当初の占領行政の中で押し付けられた現行憲法ですら、第1条に天皇の存在を持ってきたということの意味は大きい。色々な経過はあるにせよ、結局先の大戦を、「正義が勝った」ということにした米国ですら、本来その論理からすれば悪の根源であるはずの皇室をなくすことはできなかったということだ。
 私は最近「護憲派」になっている。改憲するのは面倒だし、どうせ改憲しても完全な憲法などできるはずがない。さらに、今の憲法なら「米国が押し付けたもの」という理屈がつくが、改正してしまえば国民が責任を負わなければならない。それなら、努力目標位にして棚上げし、あとは安全保障基本法などの基本法によって補っていけばいいと思う。どのみち前文や9条などは現実から完全に乖離してしまっているのだから。
 その意味では「9条の会」などリベラル・左翼護憲派の皆さんにはぜひ頑張って現行憲法堅持で突っ走っていただきたいものだ。それこそが憲法を空洞化させ、国民自らが憲法神話から脱却して自分の頭でものを考える基本になると思う。帝国憲法でも、「統帥権干犯問題」のように、条文を曲解し、錦の御旗にしようとした例はあり、私たち日本人はそういうものにとらわれやすい国民なのかも知れない。今こそそこから脱却するときなのだ。
 もう一度、富田メモの話に戻る。戦争を止めるときも、結局昭和天皇の聖断に待たなければならなかったように、私たちは左右を問わず、最後は天皇にお任せするという他人(というのは失礼だが)任せの意識があるのではないか。尊重するのは当然としても、国家の政についてはもう少し自立した思考が必要だと思う。これは自戒の念も込めての言葉である。

|

2006年7月 3日

悪者は誰か

以下は特定失踪者問題調査会のメールニュースで流した内容です。

[調査会NEWS 383](18.7.2)

■悪者は誰か
                    荒木和博

 金英男さんとご家族の対面、そして記者会見等を受けて日本のマスコミではその矛盾点がクローズアップされています。お姉さんの英子さんのインタビューなども流されていますが、正直なところ、「こんな間違い探しばかりやってどうするのか」という思いがしてなりません。

 寺越事件の例を挙げるまでもなく、あのようなときに金英男さんが事実を話せるわけはなく、また、それを聞いたご家族が、「英男の言葉は嘘だ」と言えるはずもありません。家族の思いからすれば何としても金英男さんを守ろうとするでしょう。北朝鮮当局のシナリオに沿って言わされているのは自明の理なのに、その矛盾ばかり突いていたら金英男さんやそのご家族が悪者になるばかりです。

 悪いのは拉致をした北朝鮮当局です。金英男さんにああいうことをしゃべらせている金正日体制に問題があるのであって、28年ぶりの再会で自分の感情を表現することすらできなかった彼に罪はありません。また、彼の発言をを否定することの許されないご家族でもありません。記者会見のときとうって変わって、お母さんとお姉さんを見送るときの金英男さんの顔は必死に耐えているようでした。あるいは彼の発言は、あえて矛盾を大きくし、自らが言わされているのだということを知らせようとしたメッセージかもしれません。

 ともかく報道される皆さんも、それを見られる皆さんも、本当に悪いのは誰かということをもう一度心にとめていただければと切に願う次第です。

|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »