« 聖火リレー | トップページ | 胡錦濤中国国家主席来日に対する声明文 »

2008年5月 2日

生ぬるいかもしれませんが

チベットやウイグルで虐殺されたり、拷問を受けている人たちには失礼かも知れませんが、あえて「できるだけ」という運動の呼びかけです。最初から100%とと思えば難しくても、どちらかの選択をしなければならないときにこのような判断をするだけでも大分違うと思います。ご賛同いただける方はよろしくお願いします。簡単なチラシを作りましたのでダウンロードできるようにもしておきます。

-------------------------------------
できるところから北京オリンピック反対を

中国共産党政権による様々な人権弾圧を正当化するための北京オリンピックに反対します。みんなでできるところから意思表示をしていきましょう。

●オリンピック協賛企業の商品は、他の会社のもので済むならできるだけ買わないようにしましょう。
→カネは北京オリンピックを協賛しない企業へ!

●オリンピックに関する番組は、それに合わせて民主化運動などについて報じるものでない限りできるだけ見ないようにしましょう。
→視聴率は北京オリンピック礼賛番組以外の番組へ!

●「北京五輪を支援する議員の会」の議員にはできるだけ投票しないようにしましょう(インターネットサイト「電脳補完録」にリストあり)。
→票は北京オリンピックに協力しない議員へ!

上の内容の書かれたチラシをダウンロード

|

« 聖火リレー | トップページ | 胡錦濤中国国家主席来日に対する声明文 »