« 拉致認定の問題について | トップページ | 民間国土保全隊? »

2009年3月24日

卒業式

 昨日は大学(拓大)の卒業式でした。といっても体育館で2回に分けて行うもので、私達教員は役職者を別にすれば後ろの方にいるだけなので、事実上ただいるだけです。もちろん、国歌や校歌は一緒に歌いますが。

 私は大学の卒業式には出ていません。というのは単位の取り間違いで卒業が2か月遅れたからで、卒業証書をどうもらったか記憶がないので、おそらく大学の窓口で事務的にもらったのでしょう。したがって卒業の感慨のようなものは思い出しても出てきません。卒業式の後の記念パーティーだけ代金を払っていた(といっても親に出してもらったのですが)ので参加し、こっちが卒業できなかったことを知っているゼミの同期生に「お前、何しに来たんだ」とからかわれたことだけ覚えています。まあ、あえてそういう声をかけてくれる仲間ができたことが大学4年間の収穫の一つではありました。

 その卒業式に向かう途中で高校の同期生から電話があり、「同期のSが昨日クモ膜下出血で急死した」とのこと。野球部で、元気な男でした。まさかと思っても現実は受け入れざるを得ません。人生の色々な節目を、年度替わりに考えさせられています。

|

« 拉致認定の問題について | トップページ | 民間国土保全隊? »