« まもなく「しおかぜコンサート」 | トップページ | 大晦日に訂正 »

2014年12月31日

「反撃を受ける」

【調査会NEWS1744】(26.12.31)

 「一人でも違ったら北朝鮮から猛烈な反撃を受ける」

 一時期警察庁の関係者がくり返し言った言葉です。拉致だと認定した人で拉致でなかったと後で分かったら北朝鮮から攻撃される。だから拉致認定は慎重にしなければならないという意味。

 そして漆間巌警察庁長官当時、おそらく平成19年頃に長官自ら定義した拉致認定の三要件は「北朝鮮の国家意思により、本人の意志に反して、北朝鮮に連れて行かれた」というものでした。

 それから私たちはこの三要件をクリアするために古川了子さんの拉致認定をもとめる行政訴訟をやったり日弁連への人権救済申立をしたり、様々な活動をしてきました。しかし拉致認定は平成18年松本京子さんの認定が行われて以降一人として行われていません。今年の2月、大澤孝司さんの失踪40年で開催された集会(新潟市)では松原仁・元拉致問題担当大臣が講演の中で「警察庁の幹部から『次に拉致認定をされるとすれば大澤さんともう一人』と聞いた」と話しています。この「もう一人」は川口で失踪した藤田進さんなのですが、どちらもその後認定の話はありません。

 調査会では現在政府に拉致認定を求める活動はしていません。それは、この「認定」という壁自体が拉致問題の広がりを抑えようという政府の方針によるものであるからです。もともと北朝鮮にいることが分かっていて拉致が間違いない寺越武志さんが認定されておらず、北朝鮮にいることは確認されていない曽我ミヨシさんが認定されているということ自体、拉致認定が恣意的に行われていることの証拠です。私たちは佐渡で行った現地調査の結論からしても曽我ミヨシさんはひとみさんと一緒に計画的に拉致された可能性が高いと思っていますが、そのレベルで考えれば拉致認定に相当する人は山ほどいるはずです。

 むしろ「政府認定」という目標=壁があるために、そこに向かってエネルギーが割かれてしまい、逆になぜ認定が進まないのかという本質が隠されてしまっています。もちろん、政府認定を求めるご家族や支援者の気持ちは分かるだけに、私たちとしてそれを止めたりするつもりはありませんが、なぜこうなのかということが分からなければ根本的には前に進まないと思います。

 この半年、多くの人が「今度こそ少しでも動くのでは」という期待を持ち、裏切られました。「夏の終わりから秋の初め」が過ぎ「常識的には年内」も過ぎました。「元旦にどこかの新聞が抜くのではないか」という噂も流れたりしていますが、いずれにしても根本的な動きにはほど遠いというのが現状です。

 来年は未年ですが、ヒツジのようにおとなしくするのはやめて、もっと怒りを持つべきではないかと思います。北朝鮮から「1件違ったではないか」と反撃されることよりも国民から「大部分の被害者を見捨てたではないか」と反撃されることの方が怖いと、政府に思わせることが国全体を動かすことになると思う次第です。ちなみにこれまで特定失踪者が拉致でないと分かって北朝鮮が非難したことは何度かありましたが、別に「猛烈な反撃」などという大層なものではありませんでした。

 本年1年大変お世話になりました。調査会へのご支援ご協力に心より感謝申しあげます。

 良いお年をお迎え下さい。

▲現在「しおかぜ」放送時間と周波数は以下の通りです

夜 22:30〜23:30 5910kHz、5985kHz、6135kHz のいずれか
深夜 1:00〜2:00 5910kHz、5955kHz、6110kHz のいずれか

■調査会役員の参加する講演会(一般公開の拉致問題に関係するイベント)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★「正論」2月号
●代表荒木がシンポジウムのパネラーとして「自衛隊特殊部隊の元リーダーが語る拉致の解決策」の中で発言。

★「WiLL」2月号
●代表荒木が「北朝鮮に誠意は通じない」と題して寄稿

★チャンネル桜・防人の道「予備役ブルーリボンの会シンポジウム『拉致被害者救出と自衛隊-2』」
●代表荒木が出演
●放送済み。下記のYouTubeでご覧になれます。
http://youtu.be/r5XLyNOe-70

★平成27年1月17日(土)14:00「拉致問題を考える県民集会」(佐賀県主催)
●鳥栖市民文化会館(鳥栖市宿町807-17 Tel 0942-85-3645)
●代表荒木が参加
●問合せ:佐賀県人権・同和対策課(0952-25-7063)

★1月22日(木)13:10 講演会(平成国際大学社会・情報科学研究所主催)
●平成国際大学(東武伊勢崎線花崎駅15分 加須市水深大立野2000)
●代表荒木が参加
●問合せ:同大 0480-66-2100 

★平成27年2月1日(日)14:00「拉致問題を考える国民の集いin宮城」(政府拉致問題対策本部・宮城県主催)
●仙台市福祉プラザふれあいホール(仙台市青葉区五橋2-12-2 地下鉄五橋駅前)
●代表荒木が参加
●問合せ:宮城県国際経済・交流課(022-211-2277)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003@chosa-kai.jp
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha351@nifty.com宛メールをお送り下さい)
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はメールないしFAXにてご連絡願います)
______________________________________________________

|

« まもなく「しおかぜコンサート」 | トップページ | 大晦日に訂正 »