« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日

神奈川特別検証の報告【調査会NEWS2161】(28.3.31)

Dsc01056
※写真は森武史さんの実家跡近くで状況を説明する杉野常務理事

 以下、昨日の特別検証の報告です。ご協力いただいた皆様にあらためて御礼申し上げます。

1 目的

仮説「北朝鮮工作機関の拠点が軍事施設(在日米軍及び自衛隊)近傍に設けられており、それを中心に拉致が行われたため多数の特定失踪者が軍事施設近く出失踪している」を検証し、関係各方面の協力のもとその実態を一般に周知する。

2 参加者

(1) 調査会:代表 荒木和博・副代表 岡田和典・専務理事 村尾建児・常務理事 杉野正治・三宅博
(2) 失踪者家族:寺島佐津子さんご家族、岡元幸弘さんご家族
(3) 家族会:増元照明 前家族会事務局長
(4) 調査会を支援する会:梅原克彦監査
(5) 神奈川県庁 国際課長瀬副主幹ら2名

3 3月30日 日程(時程は当初予定のまま)

08:30   神奈川県庁集合(県庁正面玄関) ブリーフィング
08:45   神奈川県庁出発
 ↓    (県庁バス)
09:30   森武史さん最終失踪関連地点(実家・戸塚区鳥が丘近辺)
 ↓    (バス)
10:00   戸塚区「旧深谷通信施設」近辺着。徒歩で寺島佐津子さん最終失踪関連地点調査
10:50   「住宅前停留所」出発
 ↓    (バス)
11:30   金沢区「旧小柴貯油施設」近辺着 (説明後、バスにて施設まわりを周回)            
      (昼食 横浜横須賀道路 横須賀PA)
      ↓    (バス、陸上自衛隊久里浜駐屯地横を通過)
14:15   京急バス(久里浜駅ー野比海岸)千駄ヶ崎バス停付近
      岡本幸弘さん最終失踪関連地点(東京電力横須賀火力発電所放水口付近)調査
15:00   ブリーフィング後解散 (バス→神奈川県庁)

4 主な調査対象

①特定失踪者森武史さん

(ア) 氏名:森 武史 (もり たけし)
(イ) 生年月日:昭和40年(1965)11月15日
(ウ) 当時職業:陸上自衛官(1等陸士)
(エ) 当時住所:茨城県ひたちなか市
(オ) 失踪日:平成4(1992)年5月31日
(カ) 失踪場所:神奈川県横浜市戸塚区
(キ) 失踪状況:
 横浜市戸塚区の実家に休暇で帰省中だった陸上自衛官・森武史さんは、失踪当日昼ごろ家族に「早めに部隊に帰る…友人と戸塚駅で待ち合わせをしている」と言い残して実家を出た後、行方不明となった。森さんは昭和54年(1979)頃、横浜市戸塚区に転居し汲沢中学校に転入した。その汲沢中学校の直近で次項の寺島佐津子さんが失踪している。

○検証内容及び結果
 実家跡近くで失踪時の状況などを確認した。森さんについては自衛隊入隊2年目であり、国防機密に関わっていたとは思われず、自衛官であることを狙った拉致であったと仮定すれば自衛官になりかわった工作員が駐屯地等の中で行動する際に怪しまれないよう基本動作などを知るためであったと考えられる。
 また寺島佐津子さんの失踪は森さんが汲沢中学2年生当時で、事件についても知っていたはずである。失踪時期は13年異なるが深谷通信所との関係などもあり、今後様々な角度からの調査が必要であると思われた。

②特定失踪者寺島佐津子さん

(ア) 氏名:寺島佐津子(てらしま さつこ)
(イ) 生年月日:昭和35年(1960)7月26日
(ウ) 当時職業:銀行員
(エ) 当時住所:神奈川県横浜市戸塚区
(オ) 失踪日:昭和54年(1979) 8月10日
(カ) 失踪場所:横浜市戸塚区の自宅近く
(キ) 失踪状況:夜、鎌倉・由比ヶ浜海岸で開催された花火大会を銀行の同僚たちと見物後一人で鎌倉駅から上り電車に乗って戸塚方面に向かったまま行方不明となった。翌11日昼過ぎ、汲沢町・汲沢中学校の直近の草むらで佐津子さんのハンドバッグが発見され、その後の捜査で佐津子さんはハンドバッグが発見された草むら付近まで帰ってきていたことが確認された。
 
○検証内容及び結果
 住宅前バス停付近から寺島さん自宅まで歩き、途中の状況を検証。基本的には現地調査のときと同様だが、深谷送信所の役割が有事に重要であり、破壊活動を行うには適当な目標であったとの感触を持った。寺島さんの失踪と深谷送信所を結びつけるものは今のところ見つかっていないが、今後さらに検証が必要であると思われる。なお、ご自宅でご両親から「しおかぜ」メッセージ収録を行った。

③特定失踪者岡元幸弘さん

(ア) 氏名:岡元幸弘(おかもと ゆきひろ)
(イ) 生年月日:昭和30年(1955)1月14日
(ウ) 当時職業:ラーメン店店長
(エ) 当時住所:千葉県松戸市
(オ) 失踪日:昭和62年(1987)8月31日
(カ) 失踪場所:神奈川県横須賀市久里浜 東京電力横須賀火力発電所付近   
(キ) 失踪状況
 失踪当日未明家族に「釣りに行く」と言って私有車で出掛けたが、翌日店舗を開ける時間になっても帰宅しなかった。その後いつも釣りに行っていた横須賀火力発電所の敷地内からは釣り具が、周辺では私有車がそれぞれ発見された。当日釣りをしていた人が幸弘さんが釣り場から離れて何処かへ行き、そのまま戻らなかった旨の証言をしたという。海に落ちた可能性も含め広範囲な捜索が行われたが何も見つかっていない。

○検証内容及び結果
 妹さんご夫妻に検証に参加していただき、私有車及び釣り道具の置かれていた場所をほぼ特定できた。車輌が置かれていたのはパシフィック・ホスピタルと海岸の間、おおよそ写真突き当たりの地点。
 また、釣り道具が置かれていたのは排水溝の直ぐ近くであった(ご家族持参の資料で確認)。
(https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B012'41.2%22N+139%C2%B042'57.9%22E/@35.211451,139.713884,737m/data=!3m2!1e3!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0)
 今回の検証ではこの釣り場まで岡元さんが実際に行ったのか、あるいは偽装工作だったのかについては結果が出ず、今後引き続き検証が必要と思われる。
 なお、現地で妹さんの「しおかぜ」メッセージ収録を行った。
 ドローンによる海上からの撮影をしようとしたが強風のため断念した。

④米海軍深谷通信所(跡地)

 深谷通信所は横浜市泉区に所在していた在日アメリカ海軍基地で敷地面積は779,747平方メートル(東京ドーム17個分)。旧日本海軍の基地を第二次世界大戦後に米軍が接収し、海軍厚木航空施設司令部の管理下で送信施設として使用されていた。横浜市泉区の和泉町および中田町に位置。全域が国有地であり、アメリカ海軍厚木航空施設司令部が管理を行っていた。日米合同委員会における施設名としては深谷通信所だが、現地においては戸塚無線送信所とも呼称されていた(接収当時の所在行政区が戸塚区だったため)。
 深谷通信所は送信施設で、受信は横浜市旭区・瀬谷区の上瀬谷通信施設で行っていた。戦前電波干渉を防ぐため円形状に用地買収され、米海軍がその形状のまま接収した。接収後、米海軍は施設中心部に事務所等やアンテナ部分の囲障区域(フェンス等で囲まれた内側)を設け、関係者以外立入禁止としていたが、囲障区域外は野球場、ゲートボール場、菜園耕作等の使用が認められ、さらに神奈川県道402号阿久和鎌倉線が通過し一般の通行が認められていた他、バス停も設置された。
 衛星通信が発達し送信機能が他施設に集約されたことで部隊は撤退し遊休地化していたが、平成26年(2014)6月30日に土地全体を米側から日本へ返還された。

○検証内容及び結果
 住宅前バス停から旧敷地内を歩いて寺島佐津子さんの自宅に向かい歩いて現地の状況を確認した。前述のように深谷送信所の役割が有事に重要であり、破壊活動を行うには適当な目標であったとの感触を持った。 

⑤米軍小柴貯油施設(跡地)
 米軍が昭和23年(1948)10月3日接収した貯油施設。所在地は横浜市金沢区柴町、長浜、幸浦二丁目、並木三丁目。敷地面積526,205平方メートル(東京ドーム11個分)。大、中、小34基のタンクがあり、航空機燃料が備蓄されていた。また、海上には、Aバース(大型タンカー用)と、Bバース(小型タンカー用)を含む制限水域が設けられ、長浜水路沿いにパイプライン(約1,200m)が敷設されていた。昭56年(1981)10月13日、6号タンクが爆発し、火災が発生したが、市消防局消防隊と米軍消防隊との共同活動で消火された。神奈川県と横浜市から米軍に対し火災原因の調査が要請され、米軍は昭和58年(1983)7月に「爆発原因を特定することはできなかった」とする調査結果を発表した。平成17年(2005)12月14日に貯油施設の陸地部分全域と制限水域の一部が返還された。

○検証内容及び結果
 中には入れないので近くの公園で施設の概要を確認し、ドローンによる上空からの撮影を行った。爆発跡の確認はできなかったが、かなりの施設が地下に埋設されていたことは推測できた。上記のように航空燃料の貯蔵施設であり、ここに攻撃を加えれば有事の際の米軍の動きを制約することが可能である。なお、ここは昭和57年(1982)3月22日失踪した関東学院大学生(卒業直後)河嶋功一さんの下宿からも近い。

◎昭和50年代における横浜周辺での失踪等

 今回の検証を通じて、昭和50年代における横浜周辺での失踪等の集中に留意すべきとの結論に達した。
 具体的には次のようになる。

昭和54年(1979)7月 鶴見の米軍貯油施設で火災。落雷によるものと発表されるも真の原因は不明。
 同 8月10日 寺島佐津子さん失踪(戸塚)
昭和55年(1980)1月 警察発表古川麗さん(男性)失踪(戸塚)
昭和56年(1981)10月18日 小柴貯油施設爆発事件
 同11月18日 横山辰夫さん失踪(西区)
昭和57年(1982)3月22日 河嶋功一さん失踪(金沢区)
昭和58年(1983)10月30日 斎藤武さん失踪(金沢区)

 以上それぞれの関係は明らかでないが、今後相互の関係があることも視野にいれて検証していくことが必要である。なお、岡元幸弘さんとは26年差があるが、斎藤正治さんの最終失踪関連地点も比較的近く、この地域の軍事的重要性から考えて当然工作活動がなされているという前提で今後も検証をしていく必要があると思われる。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
23:05〜23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

★5月21日(土)15:00 「拉致問題の風化を許さない! in Higashihiroshima(同会実行委員会主催)
●東広島芸術文化ホール(西条駅徒歩7分 082-426-5900)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:塚本さん(090-1335-1035)
----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月30日

神奈川特別検証終了 【調査会NEWS2160】(28.3.30)

Dsc01064※写真は小柴貯油施設跡

 本日神奈川での特別検証を実施しました。ご協力いただいた神奈川県庁、報道関係の皆様に心より御礼申し上げます。

 今回は軍事施設を中心とした視点から検証を行いましたが、この分野は1万キロ現地調査で何となく感じてきて、「金正日主義対外情報学」で確信を持った部分ながらまだ検証という意味では手に着いたばかりです。いってみれば大体の絵を想像してジグソーパズルのピースをいくつかはめてみたというところで、これから相当の試行錯誤をくり返すことになると思います。

 今回の検証ではドローンを使って上空からの撮影を行いました。小柴貯油施設跡の撮影は成功。岡元幸弘さん失踪最終関連地点である東電横須賀火力発電所付近は風が強く使えませんでしたが、操縦に習熟すれば海岸での工作員上陸ポイントの検証などに十分使えることが確認できました。今日はレンタルのものを使いましたが、無理をしても購入して積極的に活用する必要があると感じました。本当はこういうものを使って北朝鮮上空でビラでも撒きたいのですが、滞空時間25分ではさすがにどうしようもないようです。

 いずれにしても拉致被害者の救出にプラスにならなければどうしようもありません。軍事施設と失踪の関連についてさらに究明を進めてその成果を少しでも明らかにしていきたいと思います。今後とも関係各位のご協力をよろしくお願いします。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
23:05〜23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月29日

新たな「しおかぜグッズ」登場 【調査会NEWS2159】(28.3.29)

Shiokaze_2

特定失踪者問題調査会専務理事 村尾建兒

 3月27日、しおかぜは1日2時間半の放送時間拡大でリニューアルしました。各地から若干混信はあるものの、この時期にしては良い状態で受信出来ていると報告が入っています。自分も東京で受信しましたが、概ね順調な滑り出しと言えます。今後、季節が暖かくなってくればさらに状態は良くなり、300kW送信の効果と相まって、これまで以上の受信環境で北朝鮮へ届く事でしょう。

 これを機にという訳ではありませんが、この度、新たな「しおかぜグッズ」が仲間に加わりました。過去にも沢山の方々からご要望が有り、最近では多くの皆さんもお使いになっていると思いますが、今回は消せるボールペン、フリクションです。

 本体は白、ラバーグリップはライトグレーで、もちろん「Shiokaze」の刻印もブルーで配置されています。また、同時封入される台紙には「救え!すべての拉致被害者!届け!短波放送しおかせ!」と「皆様がご購入して頂いたしおかぜグッズの収益は、ラジオ放送、バルーン作戦、調査活動等、拉致被害者救出の為に使われています。特定失踪者問題調査会」と、日頃からのご支援の感謝と「しおかぜグッズ」の意味をメッセージとして書き添えました。

 一昨年に発売させて頂いた「ブルーリボンバッジクリップ」は、最近では安倍総理大臣も国会等で着用していると複数の方からご報告を頂き、また、昨年発売の「しおかぜシャーボ」も好評につき沢山の皆様からご注文頂いています。

 今回の「しおかぜフリクション」も是非多くの皆様にご愛用頂き、一刻も早い拉致被害者救出と、今後のさらなる「しおかぜ」充実のため、皆様のご理解とご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
23:05〜23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月28日

戦うということについて【調査会NEWS2158】(28.3.28)

 平成22年(2010)3月26日は韓国の白翎島沖合で韓国海軍哨戒艦「天安」が北朝鮮潜水艦の魚雷によって撃沈され、46人が戦死した日です。2日程過ぎてしまいましたが、この事件は突き詰めると韓国政府(当時の李明博政権)に戦う意志がなかったことが引き起こしたものだったと言えます。事件後の対応も北朝鮮との対決を避けたためますます北朝鮮のペースにはまり、その後の情報戦でも完敗しました。今も韓国の中であの事件を北朝鮮による攻撃と信じていない国民が(特に若い層)多数いるというのが現状です。

 この事件は他山の石としなければなりません。我が国も北朝鮮からの侵略と言える拉致に対して事実上何の報復もしてこなかったことが、結果的に国民を守って来れなかったということです。安保法制施行で、「戦争をする」「しない」という議論がなされていますが、与党側は「戦争はしない」「戦争にならない」という逃げを打つばかりで、本質を避けています。もちろん今に始まったことではなく、独立を恢復してから60年余り、基本的には変わっていないのですが。

 以下はご参考まで。韓国の「東亜日報」李政薫記者の著書『天安艦政治学』の一節です。本書で著者は戦う意志があってこそ国家国民を守ることができるという視点で李明博政権の対応を厳しく批判しています。なお文中に出てくる民主労働党はいわゆる「従北」政党であり、当時北朝鮮の意図を受け天安撃沈が北朝鮮によるものでないと主張していました。
----------------------------------------------------
 尹チョンジャさんは天安の乗組員化粧室で遺体が発見された閔ビョンギ上士(自衛隊の一曹に相当)の母である。閔上士は34歳で未婚のまま戦死した末息子だ。尹さんは4月29日天安46勇士告別式場で姜基甲・民主労働党代表の前に詰め寄り「議員、なぜ北朝鮮にばらまくのですか。うちの子たちが何で死んだのですか。北の奴らが殺したんですよ。(北朝鮮に金を)やって武器を作り我々の国民を皆殺せと(対北支援を)主張するのですか。北にやれとはもう言わないで下さい。血がたぎる思いです」と叫んだ。

 翌日姜基甲代表はあるラジオ放送に出演して「政府とハンナラ党一部で北朝鮮の行いだとこじつけているのが歴然とあらわれている。だからお婆さんがそんな考えをしたのだ」と主張した。その後尹さんは息子を失った代価として受け取った補償金と、ある中小企業の役職員たちの寄付の中から1億ウォン(約1000万円)を国防部に差し出し「このお金を武器の購入に充てて我が領土と領海を片足でも侵犯する者を膺懲して下さい」と語った。国防部は尹さんのお金でK-6重機関銃18丁を購入して西海(黄海)第2艦隊所属哨戒艦に2丁ずつ装着し、これを「3.26機関銃」と命名した。
-----------------------------------------------------
▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
23:05〜23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月27日

収容所 【調査会NEWS2157】(28.3.27)

 「収容所の中で朝鮮人の犯罪人は立って働くことを許されていたが、日本人は四つん這いになって働かされていたという。咸鏡道の地下でトンネルなどを掘らされていたときの話であるというが、いつごろの話かは語られなかった。ここに言う日本人とは、日本の敗戦後に北朝鮮に残っていた日本人やその子孫と思われる。彼らは番号札を背中に付けていたという。四つん這いになって働かされるから、背中でないと判別できないからである。日本人は人間以下と見なされたのであろう」

 これはNO FENCE(北朝鮮の強制収容所をなくすアクションの会、小川晴久代表)主催の脱北帰国者千葉優美子(高政美)さん証言集会(2月13日)で語られた内容の一部です。NO FENCEの会報38号から抜粋しました。千葉さんが帰国者であるお父さんから聞いた話で、小川代表が確認したところ昭和40年(1965)ないし41年頃、通訳をしていたときこの光景を目撃したそうです。

 なお、お父さんは昭和51年(1976)3月突然捕らえられ政治犯収容所に入れられましたが後輩の朝鮮総聯幹部がそれを知り手を尽くして救い出してくれたものの、1990年代後半の大飢饉の時代の餓死者と同じような姿で帰ってきたそうです。原文は同会の下記ホームページからダウンロードできます。

http://nofence.jp/sites/default/files/img/2015/NOFENCE_38.pdf

 さて、この話自体は拉致被害者には直接関係ないと思います。しかし、自国民であれ日本人残留者であれ、躊躇なくこういうことをする国の中で拉致された人たちが生きているということだけは忘れてはなりません。逃亡しようとしたり反抗したりして殺されたり収容所に送られた人がおり、また今無事な人たちでもこれからそうなる可能性があるのです。拉致された人たちは決してお花畑の中に住んでいるのではなく、だからこそいかなる手段を使っても取り返さなければならないということです。「行動対行動」と言うのなら、政府は北朝鮮の口先に反応するのではなく、虐殺や収容所での人権侵害という実際に行われている行動に相応しい行動をしなければなりません。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
23:05〜23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月25日

しおかぜ放送時間拡大【調査会NEWS2156】(28.3.25)

特定失踪者問題調査会専務理事 村尾建兒

 北朝鮮向け短波放送「JSRしおかぜ」は、3月27日の放送から30分時間延長して放送する事になりました。延長する時間は夜23:05〜23:35まで、出力300kWを主にKDDI八俣送信所から行います。これまでの夜22:00〜23:00、深夜1:00〜2:00と合わせて、合計1日2時間半の放送枠となります。

 今回の放送時間拡大は、現状の北朝鮮情勢がこれまで以上に切迫し、緊張が高まる中、より多くの情報を注入する事が最大の目的です。また、北朝鮮でラジオを通じて情報収集する事がしやすい時間帯での延長が実現出来た事は、我々がターゲットする拉致被害者の方々や、外国からの情報を得たいとする人達にとって、少しでもチャンスが増え、北朝鮮では得る事が出来ない情報をキャッチする機会を確実に増やす事に繋がります。

 さらに、この時間延長実現には総務省の国際周波数獲得競争に於ける大きな努力が有り、厳しいと言われるこの時間の周波数確保に全力で臨んで頂いた結果でもあります。

 もちろんこの時間延長により放送維持のための費用負担は増額される事になりますが、現在「しおかぜ」では、これと並行して、さらに中波送信も模索中です。現実問題として今の短波送信より遥かに高額な費用が必要となる見込みとなっています。調査会の財政状況はお分かりの通り非常に厳しい状態ですが、これまで何度と無く言っているように、ラジオは唯一北朝鮮へ直接アプローチが出来る最大のツールです。出来る限り多くのチャンネルで北朝鮮へ情報注入する事が、現在の膠着状況打開への一歩に繋がると確信し、可能な限り中波送信も実施出来るよう努力して参ります。

 引き続き、皆様のご理解とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

3月27日からの周波数

22:00〜23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
23:05〜23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

▲3月26日までの「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月24日

特別検証(神奈川)について【調査会NEWS2155】(28.3.24)

 ほぼ概要が固まりましたのでお知らせします。関係各位にはご協力よろしくお願いします。

◎目的
 仮説「北朝鮮工作機関の拠点が軍事施設(在日米軍及び自衛隊)近傍に設けられており、それを中心に拉致が行われたため多数の特定失踪者が軍事施設近くで失踪している」を検証し、関係各方面の協力のもとその実態を一般に周知する。

◎参加予定者
(1) 調査会:代表荒木・副代表岡田・専務理事村尾・常務理事杉野・三宅博
(2) 失踪者家族:寺島佐津子さんご家族、岡元幸弘さんご家族
(3) 家族会:増元照明前事務局長
(4) 調査会を支援する会:梅原克彦監査
 他神奈川県庁担当者等

◎日程(3月30日水曜)
 08:30 神奈川県庁集合(県庁本庁舎正面玄関)・ブリーフィング後出発(県庁バス)
 森武史さん最終失踪関連地点調査(横浜市戸塚区鳥が丘旧実家近辺)
 戸塚区「旧米軍深谷通信施設」近辺調査 
 寺島佐津子さん最終失踪関連地点調査
 金沢区「旧米軍小柴貯油施設」近辺調査
 14:15頃 京急バス(久里浜駅ー野比海岸)千駄ヶ崎バス停付近
 岡本幸弘さん最終失踪関連地点調査(東京電力横須賀火力発電所放水口付近)
 15:00すぎ ブリーフ後解散

※ご家族のしおかぜ収録を行います。
※報道関係の方は移動手段は各自確保願います。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月23日

日本全国から生中継を【調査会NEWS2154】(28.3.23)

特定失踪者問題調査会専務理事 村尾建兒

 平成28年3月18日、「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録in博多「希望の光、届け海を越えて!」を、福岡県福岡市西鉄ホールで開催しました。

 年度末でお忙しい中、会場に集まって頂いた皆様、また、生の声を北朝鮮で囚われたご家族へ向け呼びかけてくださった、増元るみ子さんの姉平野フミ子さん、松木薫さんの姉斎藤文代さん、そして、鹿児島から駆けつけて下さった特定失踪者園田一さん・敏子さんの娘前山利恵子さん、特定失踪者田中正道さんの妹村岡育世さん、それぞれの皆さんの思いはマイクを通して会場の皆様の願いと共に、より大きなうねりとなって北朝鮮へ届いた事でしょう。

 後半の共同コンサートでは、吉田直矢さん(横田めぐみさん同級生)、瀧田亮子さんのクラシック二重奏、山口采希さんの「空と海の向こう」、sayaさんの「約束」、会場全員で斉唱した「蛍の光」、ご家族が必至で家族へ呼びかける言葉を聴いた後のライブコンサートなだけに、音楽に込めた思いは、いつも以上に熱く会場を圧倒し、その旋律は北朝鮮で響き渡っていた事でしょう。

 また、これまでに無いほどマスコミの取材も多く、地方開催の意義を改めて認識する事が出来ました。

 始めたばかりのこの試みは、まだまだ反省点も多くありますが、少なくともラジオというツールは、直接北朝鮮へ多くの皆さんの願いを届ける事が出来る唯一の手段と言えます。今後も全国各地から日本の意思、国民の拉致被害者救出への願いを生中継で北朝鮮へ送り、拉致被害者の方々の希望の光となり、一刻も早い救出に繋げて行きたいと思っております。

 「しおかぜ」では、今回の生中継とは別に、レギュラー放送の中でこの模様は順次北朝鮮へ再放送します。また、当日の動画も編集後ネット配信する予定にしておりますので是非ご覧下さい。

 最後に、開催に向けご協力下さったすべての皆様に心より感謝申し上げます。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月22日

理性と感情【調査会NEWS2153】(28.3.22)

 度々書いている「偽装」について考えるたびに思うのですが、ご家族は突然いなくなった家族の消息を求めて苦しみ続けます。そのとき最後のよすがとも言えるのが最も新しい遺留品です。

 例えば山本美保さんや秋田美輪さんのバック、河田君江さん、清水桂子さん、松橋恵美子さんの自動車など、他にも様々なケースがあるのですが、これらが実行犯による偽装だった場合、そこには本人たちは行っていないことになります。

 しかしご家族としてはその場所と本人のイメージを断ち切ることは至難の業です。偽装かもしれないと思っても、そう割り切ってしまえば本人からさらに遠ざかってしまうように感じてしまいます。

 まったく別の話ですが、14年前の小泉訪朝の半月後、斎木外務省アジア大洋州局長(現次官)を代表とする調査団が平壌を訪れました。そのときまだ北朝鮮にいた蓮池さんたち5人とキム・ヘギョンさん(今はウンギョンと言っています)をビデオで撮影して帰ってきました。そのビデオはヘギョンさんの映像を除いて公開されていませんので、見た人間は家族や関係者に限られるのですが、当時救う会の事務局長だった私は見ることができました。そして蓮池薫さんや地村保志さんがビデオに向かって話しているのを見たときの私の率直な思いは「本当にやっていたんだ」というものでした。

 お恥ずかしい話ですが、北朝鮮が拉致したと頭では理解して、だからこそ救出運動をやってきた自分でさえ映像を見てそう思ったのです。あの2週間後に5人が帰国して羽田空港で全日空の特別機からタラップを降りてくるときの映像はおそらく大部分の国民に「本当にやっていたんだ」という確信を植え付けたでしょう。

 逆に言えば理屈とか理性というのはそれだけでは力にならないということです。理屈で考えれば北朝鮮による拉致というのはとてつもない国家犯罪であり、また半世紀以上にわたってその大部分を放置してきた我が国の政府の責任も極めて大きいのにそれが国民の声とならないのはイメージにつながって、感情をかき立てていないからでしょう。私たち自身が正しいことを言ったり書いたりしていれば良いという独善に陥っていないのか、この問題の深刻さを感情として共有してもらうにはどうすべきか、もう一度考え直さなければならないと思っています。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月20日

神奈川での特別検証について【調査会NEWS2152】(28.3.20)

 30日に行われる神奈川の特別検証では軍事施設に関わる可能性のある失踪者について調べます。現在最終的に日程を調整していますのでお知らせしたのと若干変わるかも知れませんが、8時30分神奈川県庁集合は同じです。なお、今回神奈川県庁のご協力で県庁のマイクロバスにて移動しますが、報道関係の方は各自移動手段を準備していただきますようお願いします。また14時過ぎに東電横須賀火力発電所近くの岡元幸弘さんの私有車の置かれていた場所に行きますが、そちらにはご家族も参加の予定です(顔は写せませんのでご了承下さい)。

 昨年までの1万キロ現地調査の成果と「金正日主義対外情報学」などの情報をもとに、今後海上からの視察なども含め様々な形で検証を行っていきます。関係各位にはご協力をよろしくお願い申し上げます。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月19日

祖国への怨み【調査会NEWS2151】(28.3.19)

 「保育園落ちた、日本死ね」というのが話題になっています。そんなことで日本が死んだら他の国民はたまりませんが、拉致されている人たちにこう言われたら私たちに返す言葉はあるでしょうか。

 取り返せないままに何十年も放置されていれば被害者が祖国に対する怨みを持っても何の不思議でもありません。今後帰国を果たせた人に「憲法の制約があって」とか「対話と圧力、行動対行動でやってきたんですが」など言い訳にもなりません。

 戦後も北朝鮮に残された日本人(戦前で言えば内地出身者)が相当数いたと言われています。中には技術者で帰してもらえなかった人や中国残留孤児のような形で残った人もいると言われています。戦後しばらくはその人たちの家族の会もあったそうです。

 これは全く想像なのですが、その戦後残留者と拉致被害者はどこかでつながっているのではないかと思います。どういう関係なのかはまだ分かりませんが、調査会リストの最初に載っている平本和丸さん・敏昭さん兄弟は引揚者で、北朝鮮に埋められているお母さんの遺骨を取り返しに行ったという話もあります。引揚者やその家族で失踪している人は何人もいますし、何かの関係はあるのではないかと思います。

 戦後取り残され、ある意味見捨てられた人たち、また拉致された人たちは祖国に対する怨みを持っているでしょう。その怨みに正面から向き合わなければならないときが必ず来ます。私自身その例外ではありません。というよりそれこそが自分の責務だと思っています。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月9日(土)19:00 「国民大集会」(家族会・救う会・拉致議連等主催)
●文京シビックホール(丸ノ内線・南北線後楽園駅、都営三田線・大江戸線春日駅直結)
●代表荒木他役員が参加
●問合せ:救う会全国協議会(03-3946-5780)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月18日

暴れん坊将軍(様)【調査会NEWS2150】(28.3.18)

 このタイトルで中身は大体想像つくと思いますが、まあやり放題というか何というか。

 それにしても、こういうのを本気で止めようと思うなら、政権を倒してしまうしかありません。北朝鮮にはウランが出るのですから、経済が厳しくなり国際社会の圧力が強まれば強まるほど核開発を止めることはできなくなります。というか最初から止めるつもりなどありません。

 暴れん坊将軍(様)の強気はコンプレックスの裏返しでもあります。自分が弱いところ見せると寝首を掻かれるのではないかという恐怖感もあるでしょう。強硬姿勢をとり続け、ちょっとでも気に入らないと粛清してしまいます。全部殺してしまうのなら歯向かう人間もいるかもしれませんが、崔竜海のように上がったり下がったりするのがいれば、謹慎処分になったくらいならまだ上がれるチャンスがあると期待するでしょう。そうなれば最後のふんばりはききません。

 さて、日本がどうしているかというと、総理も官房長官も防衛大臣も「情報収集」ばかり。情報を集めてもミサイルは撃ち落とせません。迎撃ミサイルは100パーセント当たるわけでもなく、本土上空で撃ち落とせば破片が降り注ぎます。ミサイルに本気で対処するなら避難施設を作ったり避難訓練をしなければならないのですが、それは全くしていません。それをしたとしても本気で止めようとするなら北朝鮮の施設を破壊するしかありません。

 米国は大統領選挙でそれどころではなく、韓国には止める能力も気力もなく、まさか中国には頼れない、それが現実です。

 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。しかしだめだったので諦めて自分で自分の安全と生存を保持しようと決意し直した」としない限り暴れん坊将軍(様)を止めることはできないと思います。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録
3月18日(金)19:30〜21:00 開場19:00
西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)
入場無料(事前登録不要)
主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月17日

高岡未遂事件の疑問 【調査会NEWS2149】(28.3.17)

 昨日高岡市で起きたアベック拉致未遂事件の現場に行ってきました。

 ここはこれまで何度も足を運んでおり、1万キロ現地調査の第1回でも来ていますが、何度来ても色々収穫があります。

 事件は高岡市の島尾海岸で昭和53年(1978)8月15日の午後6時半頃、海岸に近い道路を散歩していた男女が突然4人組の男に襲われ身体を拘束されてそれぞれ布袋に入れられ松林の中に置かれた事件です。男たちは2人の入れられた袋に枯れ枝などをかけて偽装していたところ、近くを通りかかった人間がいたためにどこかに逃走し、被害者はそれぞれ袋に入れられたままで近くの家に駆け込んで助かりました。

 ここで考えられる疑問は例えばこんなことがあります。

○犯行時間の午後6時半頃はまだ周囲は明るく、迎えのゴムボートが9時に来るとしても2時間半ある。冬ならともかく夏の海水浴場でそんなにのんびり待機しようとしていたのか。

○犯人の服装は4人とも白い下着とステテコ姿、ズック靴という格好で、いくら38年前といってもかなり目立つスタイルだった。この4人が街中を走れば誰か目撃しているはずだが、どこに行ったのか。

○昭和56年(1981)5月13日付読売新聞富山版によれば、この晩、近くの国分浜(翌年特定失踪者山田建治さんの私有車が発見された場所)の沖合で不審船がレーダーにキャッチされ、2人が襲われた海岸の消波ブロックに不審なゴムボートがつながれていたというが、警察は事件が通報された時点で北朝鮮による犯行と気付いていたのではないか。電波情報はその前からあったのだろうから、北朝鮮工作員が何らかの行動をこの地域で起こすということは事前に察知していたのではないか。

 まだ調べ直すべきことは色々あるのですが、この4人の男というのは状況から考えて日本国内の固定工作員ではなく北朝鮮からやってきた工作員でしょう。おそらく決められたドレスコードに従っていたのでこのような奇妙な格好になったのであり(本国でそれを決めた人間が古い情報しか知らなかったのでしょう)、もし海から2人を運びだそうとしていたとすれば、かなりずさんな作戦計画だった可能性があります。あるいはそれ以前の計画がうまくいったので気が緩んだのか。

 しかし4人の姿の目撃情報がなく、非常線にもひっかからなかったということは、その近くで直ぐに車に乗って逃げたのでしょう。とすると4人以外に車を運転する人間や見張りなど、相当数の支援要員(こちらは固定工作員や協力者でしょう)がいたはずです。場合によってはゴムボートは4人が乗ってきたもので、被害者は車でどこかに移送してから船に乗せようとしたのかも知れません。ただ、現場の近くには車を目立たないように置く場所はあるように思えないのですが。

 もう少し情報を整理しなければなりません。分かっているつもりのことでも見直すと色々なことが出てきます。やはり現場に足を運ばないと、と痛感しています。


▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録
3月18日(金)19:30〜21:00 開場19:00
西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)
入場無料(事前登録不要)
主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月16日

ストーリー 【調査会NEWS2148】(28.3.16)

 それぞれの失踪者(政府認定者もですが)について、証拠を探すアプローチと別に、どういうことが考えられるかというストーリーを立ててそこから事件を見ていく必要があるかも知れません。

 実質的にはこれまでも部分部分でやってきているのですが、日本国内に相当数の工作員がいて、彼らの活動によって拉致が行われたという前提に立ち、北朝鮮がやったと思われることを北朝鮮の立場で考え、それぞれの失踪者がどのように狙われて誘導され、あるいは待ち伏せされてやられたのかについて一連のストーリーを考えてみれば私たちのやっているジグソーパズルのピースをはめていく作業はより効率がよくなるように思います。

 もちろんストーリーですから、後で考えれば荒唐無稽だったということもあるでしょうが、少なくともいくつかのケースについてはこのアプローチはやってみる価値があるように思います。事実は小説よりも奇なりと言いますし。「金正日主義対外情報学」に書かれていることもストーリーを立てるのにはかなり参考になります。

 ちなみに水上勉の小説「砂の紋章」は昭和30年代後半に週刊誌に連載されたもので(今でも文庫は古書で手に入ります)新潟と富山の県境、親不知(おやしらず)を舞台にした北朝鮮工作員の出入りや固定工作員、協力者などの活動がテーマです。現地を取材して書かれたものだそうですが、近くで昭和40年(1965)失踪した藤田進さん(青海町)の事件を調べるのにも大変参考になっています。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録
3月18日(金)19:30〜21:00 開場19:00
西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)
入場無料(事前登録不要)
主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月14日

権力 【調査会NEWS2147】(28.3.14)

 たびたび警察官の不祥事が問題になります。しかし、本質に関わる問題となると鹿児島の冤罪事件もそうですが、事件が大きくなればなるほど報道するのは相当な決意がいります。特に公安関係となると独自の取材は労力が多く警察情報に頼りがちになることもあり、警察に嫌われると報道できないというジレンマで自主規制することが少なくありません。山本美保さんDNAデータ偽装事件についても本来大変な問題なのですが、この12年間政府も警察も必死に押さえてきたこともあり、報道となるとごく一部の社に留まっています。

 先日自民党大会での安倍総理の発言を部分的に切り取って全く逆の印象を作るような操作をしたことが問題になっていました。ひどい話だと思いますが、そういうのを聞いて感じるのは、閣僚の発言の言葉尻を捉えることなども含め、些細なことには大騒ぎし、ときには情報操作までするのに、それならなぜ現政権の核心的問題点、拉致などまさにその一つですが、大事なことには何も言わないのだろうかということです。本当に政権と対決しようと思っているなら、もっと正面から切り込むべきで、どうでも良いことで騒ぐというのは、一見「反安倍」の雰囲気を出しながら実は権力となあなあになっているのではないかとすら思えるのです。

 マスコミに煽られて野党が左シフトすればするほど自民党の政権は安泰になります。それは昭和35年、民社党が社会党から分かれた後、野党第一党の社会党がほとんど左派と中間派になって左シフトし、結果的に自民党政権を延命させたのと同じです。その状態の中で拉致は続けられました。社会党は北朝鮮を支援していたし、自民党も事実上それを放任していました。現在の状況はあの「1960(昭和35)年体制」を彷彿とさせるものがあります。ひねくれた見方をすれば「反安倍」のカラーを出しているマスコミは逆に政権とつるんでいるのではないかとすら思えるのです。そしてその中で拉致問題は隠蔽され続け、放置していれば風化していきます。

 「官」はあくまで権力の意向に従って動きます。「民」の側に本当に闘う意思がなければこの現状は突破できません。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録
3月18日(金)19:30〜21:00 開場19:00
西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)
入場無料(事前登録不要)
主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月13日

米国【調査会NEWS2146】(28.3.13)

 色々なところでお話しをすると、よく言われるのは「米国なら国民1人拉致されても軍艦を出して取り返しに行く」という話です。これはかつては石原慎太郎・元東京都知事がアメリカ映画の「風とライオン」を引き合いに出して話していたのですが、この映画のできた1970年代ならともかく、オバマ大統領の顔を思い浮かべて取り返しに行くと考える人はほとんどいないと思います。自国民でも可能性希薄なのだから、日本人を助けるはずはありません。

 いわんやトランプだヒラリーだなどということになったら、米国に頼むよりジンバブエかブータンにでも頼んだ方がましでしょう。今の米国では口先の応援ばかりで余計な借りを作るだけで、他の国の方が借りを作る心配が少ない分良いかと。

 例えば昔の米国だったとしても軍事的に考えて多数の被害者を全て救出作戦で取り返すのは極めて困難です。14年前に金正日が拉致を認めたのは当時のブッシュ政権が強硬で、「イラン・イラク・北朝鮮=悪の枢軸」と名指しされ、自らの生存が危ういと思ったからです。しかしそれはなおのこと米国には不可能で(北朝鮮が勝手に思い込むという可能性はありますが)、いずれにしても自分でやるしかありません。逆に日本が拉致被害者救出の過程で他の国の被害者も救出すれば、国際的な地位は一気に高まるはずです。 

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録
3月18日(金)19:30〜21:00 開場19:00
西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)
入場無料(事前登録不要)
主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月12日

鹿児島の事件と山本美保さんDNAデータ偽装事件 【調査会NEWS2145】(28.3.12)

 ニュースの2131号でもお知らせしたように鹿児島の冤罪事件は「山本美保さんDNAデータ偽装事件」と極めて良く似ています。この事件は鹿児島放送が綿密に取材しテレビ朝日の系列で報道されました。「山本美保さんDNAデータ偽装事件を究明する会」では全役員がこの録画を見ていますが、これについて山本美保さんの妹さん、森本美砂さんは「警察は、裁判所に持ち込まれた証拠を裁判所、弁護側に黙って持ち出してはいけないことは承知しているが、それ以上に誤認逮捕の不名誉なことだけは、さけなければならず、証拠隠蔽、鑑定試料の工作偽造に及んだ。被告人の不利(他のアリバイを立証できない)を利用して、犯人にでっち上げた警察の隠蔽、証拠偽造事件といえる。警察は、様々な事件を扱うので、シナリオを作るのは容易なんだと思いました。シナリオに基づいて、証拠を組み立てていくプロですね。姉の一連のことでも、昨年からの丁寧な対応は、私達家族から警察が訴えられないためのシナリオは出来上がっているのかもしれません」と言っています。

 本件について「究明する会」の井上泉幹事が以下のようにまとめましたのでご参考までお知らせしておきます。

=事件概要=
 2012年10月7日 深夜2時頃 鹿児島最大の繁華街にて17歳の少女が男の声をかけられ、路地裏に引き込まれ路上で強姦された。

 事件発生から約12分後に少女がアルバイト先店長にメールをし、その8分後に現場に到着した店長が警察に通報。二日後に繁華街で岩元健吾さんを見かけ、「犯人をみつけた」と少女が警察に通報し、岩元さんは一か月後に逮捕される。岩元さんは当時記憶が無いほどの酩酊状態ではあったが、犯行におよんだのであれば、それなりの痕跡が残っているはずであり、強姦したという自覚が無いと無罪を主張し続けた。

=逮捕の決め手=
 ◎少女が岩元さんを犯人だと言っている
 ◎少女の胸に付着していたDNAが岩元さんの唾液のDNAと一致
 (※1:鹿児島県警科捜研A氏の鑑定による)
 ◎嫌がる少女を岩元さんが引っ張って歩く姿が防犯カメラに映っている

=逮捕を躊躇すべき事柄=
 ◎見せられた防犯カメラの映像は不鮮明で二人の様子が確認できない。その上、警察の話では少女と
  岩元さんを映しているはずの他の防犯カメラ4台が全て壊れているため確認は出来ないとの事。
 ◎少女の供述によると「犯人に馬乗りになられ、右手で首を抑えつけられていた。その時、男性が通り、
  『助けて!』と叫び、助けを求めた。」  しかし、その通りかかった男性の供述では「カップルが
  いちゃついていると思った。立っていた。服は着ていた。」
  男性の供述が少女の話と全く食い違い、少女の狂言である可能性も考えられた。
  (にも関わらず、警察は「目撃証言は無い」と言い張る)
 ◎少女の体内から検出された精液は微量のため鑑定不能とのこと
  (※2:鹿児島県警科捜研A氏の鑑定による)
 ◎少女の衣類のショートパンツからは岩元さんとは別人の精液のDNAが検出されていた
  (にも関わらず、警察側から検証結果として出されていなかった)

 以上の内容を考えると、岩元さんを犯人と判断するのは、※1の少女の胸に付着していたとされる唾液のDNAのみである

2015年3月16日 「2年4カ月ぶりに岩元さん保釈される」

 警察側が鑑定不能と報告した少女の体内に残された精液のDNA鑑定は、いとも簡単に再鑑定が出来、岩元さんとは別人のDNAが検出された。鑑定を行った日大・押田茂實教授は「科捜研が困難だと言っている鑑定なのに、ごく普通のやり方で簡単に結果が出たので驚いた」と言っている。既に最初の科捜研でのDNA鑑定で少女の衣服のショートパンツから検出されたDNAと同じものであるという事も判明する。

2015年5月12日 裁判所や被告側に黙って行われたDNA鑑定

 押田教授のもとに鹿児島県警より「体液の試料を早く返してほしい」と執拗に連絡が入る。鹿児島県警警察官が押田教授から試料を受け取り、鹿児島の科捜研へ渡す。それから6日後、大阪医科大学・鈴木廣一教授に渡り再々鑑定が行われる(※3:鈴木教授に鑑定依頼をしたのは科捜研A氏)
 
≪再々鑑定結果≫
 ショートパンツに付着していた体液のDNAと皮膚細胞からは岩元さんのDNA、二人分のDNAが検出された。
  
2016年2月12日 「岩元さん 無罪判決」
 「最初に科捜研で行われた鑑定は著しく稚拙な鑑定技術、又不適切な操作により鑑定できなかった可能性がある。また、被告人のDNAが検出できなかった事で、捜査官の意向で鑑定不能という結果を出したことも否めない」と裁判官は検察側を痛烈に批判した。
 
DNA偽造の疑い
前述※1〜3に関与しているのが、科捜研A氏である

※1…少女の胸に付着している唾液のDNAが岩元さんの口腔粘膜のDNAと一致
(疑)・胸に唾液が付着していたのであれば、ブラジャーに付着していても然るべきだがそれは無かった。

※2…少女の体内に残っていた精液は微量であるため鑑定不能と報告
(疑)・まさに普通の鑑定技術で検出できるものであり、結果的には岩元さんとは別人のものであった
   ・そのDNAはショートパンツから検出されたものと同一人物だった

※3…大阪医大、鈴木教授に再々鑑定の依頼をした
(疑)・鈴木教授に渡す前に6日間科捜研に鑑定試料を保管していた。
   ※1で用いた口腔粘膜を試料に付着させる事が出来る場所である

 正当な手続きを取らず、裁判所や被告側に黙って再々鑑定を行っていた上に、押田教授のもとにある試料を鹿児島の科捜研で6日間保管し、そののち大阪医大の鈴木教授のもとへ渡している。

 元科捜研・藤田氏の話では、「科捜研の技術は稚拙ではなく正確な判定が出来る技術はあるはず。しかしながら、捜査官の意図とする結果を求められる場合もある。」とのこと。

 藤田氏の話と上記の疑いを合わせると、鹿児島県警・検察からの指示・意向により、科捜研において意向に沿わない結果は無視し、意向に沿うよう試料に操作を加えたと疑われても仕方がない。

(1) 路上で押し倒されて強姦されたにも関わらず、少女の衣類、身体には全く傷がなかった。
(2) 不鮮明な防犯カメラの映像を証拠として提出し、他にも映っているはずの防犯カメラ4台は全て壊れて
  いるという理由で提出されない
(3) 目撃証言が少女の証言とは大きく食い違っていたが、警察は目撃証言自体を無いと言い張る
(4) ショートパンツから岩元さんとは別人のDNAが検出されたのも関わらず、公表しなかった
(5) 少女の体内に残っていた精液は微量でDNA鑑定は不可能であるとしたが、実際は簡単に鑑定できた。
  結果は岩元さんとは別人のものであり、しかもショートパンツに付着した精液と同一人物だった。

*以上①〜⑤を見ても、岩元さんを犯人とする方向に結果を持っていこうとしている意図が明らかである。これらの事から、再々鑑定で大阪医大・鈴木教授の元に持ち込むまでの6日間に、押田教授から引きあげた試料に対して、岩元さんの口腔粘膜・唾液をなすりつけるという操作をしたのではないかと疑われる結果になった。
 元東京高裁裁判長 木谷明氏は黙って行われた再々鑑定について「このような検察のやり方では不正な取り扱いをしたと疑われても仕方ない。証拠能力がないと割り切るべき。」と話す。
 
美保さんDNA事件を振り返って

美保さん問題の流れをみると、鹿児島強姦事件と似ているところが多々ある。山形のご遺体Yさんと美保さんを結びつけるため、両者を別人と判断できるものに対しては無視をし、唯一DNA鑑定の一致を主張された。しかもそのDNA鑑定は家族に黙って行われたもので、その試料の保管状況等からも証拠能力は無い。

科警研で明確な結果が出なかったとし、名古屋大学にて再鑑定を行うまで、山梨県警のもとに約4カ月保管された。20年も前の試料(骨髄の粉)にフレッシュな血液を付着させるのは、鑑定結果に矛盾が生じるような気もしていたが、充分操作を加える時間があったものと思われる。

勿論もっとこの強姦事件の問題点は放送しきれないボリュームでまだまだあるのかもしれない。しかし今、美保さん問題の時系列表の問題点を見ながら思うのは、美保さん問題にはそれどころではないほどの矛盾点が盛りだくさんだ・・・とつくづく思う。

欲しい結果の体液等を元々の試料に付着させれば、期待する結果が得られるものなんだ・・・と今回再確認出来た。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録
3月18日(金)19:30〜21:00 開場19:00
西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)
入場無料(事前登録不要)
主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月11日

28年度前期国際講座日程

Kokusaikouza


 平成28年度前期の国際講座です。タイトル・講師等日程の変更の可能性がありますので予めご承知おき下さい。全て土曜日の10:30〜12:00、参加費1000円(本学学生は無料)です。会場は拓殖大学文京キャンパスC101教室(新渡戸稲造・後藤新平記念講堂 丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)。特別のことがない限りすべて本講座担当の私が司会をつとめます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

|

釣り 【調査会NEWS2144】(28.3.11)

 昨日ある人と話をしていて、ふと今の政府の対応は針も付けずに釣り糸を垂らしているようなものではないかという話になりました。

 核とミサイルで制裁をして(それはそれで良いと思いますが)、一方で「日本はストックホルム合意を破棄していない。対話の窓口を閉ざしていない」と政府は言っているわけですが、かといって何かしているようには見えません。これでは釣り竿から針も付けない糸を垂らして、糸に魚が食いついてくれるのを待っているようなものではないでしょうか。せめて針が付いていれば間違って引っかかる魚もいるかも知れませんが。「糸に食いついて釣られてくれたら餌をあげるよ」と言われて食いつく魚はいないでしょう。

 まあしかし、釣り竿から糸が垂れていればとりあえず釣りをしているようには見えます。その格好が大事なのかも知れません。

 そういえばこの話とは関係ありませんが、釣りに行っていなくなり、車が残っていた特定失踪者に岡元幸弘さん(昭和62年失踪)と山下貢さん(平成元年失踪)がいます。3月30日の特別検証では岡元さんについても調べます(周辺に多数の軍事施設がある)。ちなみに「金正日主義対外情報学」には次の一節があります。
-----------------------
偉大な首領金日成同志におかれては次のように教示された。

 〈顔面関係とは、初歩的にその人と接触するための第一段階に過ぎません〉

 顔面関係とは、人々が互いに顔も知り挨拶もする程度の人間関係である。人々の間の交際は主に顔面関係から始まる。

 顔面関係が進化すれば親密関係に、ひいては〈密友〉関係に、革命的同志関係に発展することになる。

 対象が釣りを好む人物であれば、釣り場で顔面関係を築くことができ、彼が登山を好むのであれば登山道で接触の機会を作ることもできるだろう。そして、対象の趣味や生活上の特性に応じて劇場や体育競技場、喫茶店や食堂、公園や遊園地といった場所で接触の契機をつくることもできるだろう。
----------------------------
▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録
3月18日(金)19:30〜21:00 開場19:00
西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)
入場無料(事前登録不要)
主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月10日

口数 【調査会NEWS2143】(28.3.10)

 昔、某国(北朝鮮ではありません)の情報機関の人と話していて、何度も同じことを言ってくるのに気付いたことがあります。否定してもまたしばらくすると同じことを言ってきて「いや、さっきも言ったように…」とこちらが返すことが続きます。何で同じことを何度も言ってくるのだろうかと思っていたのですが、同じ国の別の人から同様のことをされて気付きました。一種の刷り込みのようなものなのですね。何度も聞いているうちに頭に残って何かのときに出てくる、あるいは相手(この場合は私)に同じことを何度も言わせるように誘導して、それを自分自身が考えているように刷り込んでしまうとか。

 おそらくはそういうマニュアルがあるのだと思います。そういえば日本でも、かつて時々会っていた警察庁の人で見るからにそういう役だと分かる人がいました。山本美保さんの事件や、国内の工作員の話になると繰り返し否定をして、当たり障りのない話をするペアの課長と役割分担しているのがよく分かりました。

 心理的な捜査については「金正日主義対外情報学」にも次のような一節があります。政治家などこういう人が多いかと思いますが、口数の多い人はご注意を。
----------------------------------------
 談話誘出の対象になり得る人物は、敵の秘密資料を知っていながらも口数が多い人物である。口数が多い人間は、一般的に自慢が好きで自分が知っている秘密内容に対しても話すようになる。このような人間は外部から心理的衝撃を少し与えるだけでも興奮を抑制できず、秘密内容も打ち明けることになる。反対に、口が硬くて内省的な人間は必要なことだけを話すため談話誘出がうまく通じないことがある。
----------------------------------------
▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録
3月18日(金)19:30〜21:00 開場19:00
西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)
入場無料(事前登録不要)
主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月 9日

職業【調査会NEWS2141】(28.3.9)

 もう大分前ですが、元工作員安明進氏が日本にいたとき、一緒に神楽坂の料理屋に行ったことがありました。

 そこは高級料亭というほどではないのですが、純日本風の店。個室で食事をしていたら女将がやってきて挨拶をしました。安氏が韓国人と気付くと「ちょっと勉強してるんですよ」とか何とか言って二言三言韓国語で話していったのですが、女将が退室するやいなや安氏が「あれは北朝鮮の言葉です」と言いました。おそらく総聯系の学校で習ったのではないかとのこと。

 その店には政治家でも来る人がいると聞きました。着物を着た美人の女将から「先生、○○のこと、どうなっているのかしら」とか聞かれたら喜んで話してしまう議員も少なくないでしょう。まあその店がそういう店という証拠はないのですが。

 ちなみに「金正日主義対外情報学」には次のような一節があります。あるいは田口八重子さんの拉致、あるいは山田妙子さんや堺弘美さんらの失踪もこのようなことと何かの関係があるのかも知れません。皆様くれぐれもご注意を。
--------------------------------------------
 情報活動に有利な職業を選択しそれに対する偽装をうまく行わなければならない。

 偉大な領導者金正日同志におかれては次のように指摘された。

 《敵区工作で職業問題は大変重要です》

 偉大な首領金日成同志におかれては次のように教示された。

 《今後偽装を地帯的特性に則してさらにうまく行わなければなりません》

 情報活動に有利な職業というとき、それは敵上層人物と自然に接触して情報工作を行うことができ、組織の安全を保障するにも有利な職業のことをいう。

 そのような職業としては高級料亭や遊興場などの奉仕業体の成員になることもあり、医院や薬局、郵便配達というものにもなり得る。
-------------------------------------------------
▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月 8日

ご協力のお願い【調査会NEWS2140】(28.3.8)

 いつもこのニュースをご覧いただき誠にありがとうございます。

 さて、折に触れて書いているように現在の状況の下、今の政府の対応を続けている限り拉致被害者の救出は不可能です。余程運が良くても数人が帰って後は棚上げ、はっきり言えば見殺しになってしまうでしょう。そうしないためには、何よりも「このようなことは絶対に許さない」という国民の声が必要であり、皆様から一人でも多くの方に広げて戴きたくお願いする次第です。少なくとも「安倍政権に任せておけば大丈夫」「アメリカが助けてくれる」といったような悠長な状況でないことは間違いありません。

 その上でもう一つのお願いなのですが、現在調査会では「しおかぜ」の中波送信及び放送時間の拡大を模索しています。これらが実現すれば当然費用もそれに応じてアップします。また昨年までの「1万キロ現地調査」の成果を基にした「特別検証」や「特別調査班」の活動など、可能な限り前倒しにしてやっていきたいことが山積しています。しかし私たちの努力不足もあるのですが、カンパは近年減少を続けています。この冬も電気や暖房を節約するなど経費の節減に努めてきましたがどうしても限界があり、あらためてご協力のお願いをする次第です。なお、昨年度(平成25年暦年)の決算報告は今月中に調査会のホームページに掲載します。

 カンパの振込先につきましてはこのニュースの一番下に記載してあります。またグッズの購入等はホームページからお申し込みいただければ幸いです。

 ともかく「あのとき無理してもやっておけば」ということがないようにしたく思います。何卒ご協力方よろしくお願い申しあげます。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡本幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月 7日

総攻撃【調査会NEWS2139】(28.3.7)

 米韓合同軍事演習に対抗して北朝鮮では「総攻撃」を仕掛けると発表したそうです。「先制攻撃」をするとも。ミグ17かなんかが押し寄せてくるんでしょうか。

 今の北朝鮮人民軍に全面戦争をやる能力はありません。だからこそ核・ミサイルを手放さないのであって、「南北で戦争が起きたらどうしよう」などと心配する必要はないと断言できます。

 ただし、それ以前の問題として、昭和25年(1950)に始まった朝鮮戦争が終わっていないことは忘れてはなりません。朝鮮戦争は昭和28年(1953)に休戦になり、今日まで63年間休戦状態が続いています。そして「休戦」の期間中にゲリラの浸透があったり海上での交戦があったりで韓国では何千人もの人が「戦死」しています。6年前の3月には哨戒艦「天安」が撃沈され46人が死亡、11月には北朝鮮に近い延坪島が砲撃され4人が亡くなりました。去年も北朝鮮の地雷で2人の韓国軍兵士が足を吹き飛ばされました。だからこれからもピンポイントでの交戦はあり得ます。おそらく今頃金正恩は将軍たちを怒鳴りつけて「何とかしろ」と言っているのでしょうから、海か陸かは分かりませんが、挑発してくる可能性はあると思います。

 そのような挑発を防ぐ方法は何かと言えば、相手をやっつけることしかありません。挑発をしたら許しておかないという姿勢こそが挑発を防ぎます。それは国連決議とか経済制裁というようなものではなく、武力を使うということです。朝鮮戦争は米国がいわゆる「アチソン・ライン」で朝鮮半島を防衛線から外したことがきっかけとなりました。平成14年(2002)6月の第2延坪海戦は金大中政権の「太陽政策」で先制攻撃を禁じていたために韓国軍の哨戒艇1隻が撃沈され6人が戦死しました。「天安」撃沈のときも当時の李明博政権の南北首脳会談を狙った融和姿勢が逆効果になっています。私たちは歴史の教訓からもっと学ぶべきだと思います。

 ついでに言えば日本政府は「行動対行動」と言いながら、そもそも多数の国民を拉致されてもそれに報復するわけでもなく、何故か朝鮮総聯の本部ビルもそのまま。日本国内の工作員は捕まえず、「山本美保さんDNAデータ偽装事件」に象徴されるように拉致されていること自体を隠蔽しています。救う気がないというならそう言えば良いし、アメリカ任せでスネドンさんのついでに助けてもらおうというならそうはっきり言えば良い。国民を騙すのはもう止めた方が良いでしょう。騙すなら北朝鮮に「日本が総攻撃をしかけるかもしれない」と思わせることの方が余程生産的です。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)
3月30日(水)
8:30 神奈川県庁出発
9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡本幸弘さん最終失踪関連地点調査)
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月 6日

三題噺 【調査会NEWS2138】(28.3.6)

 以下は昨日予備役ブルーリボンの会のシンポジウムで話したレジメに少し加筆したものです。私は三つのテーマでまとめてお話ししました。参加いただいた方ありがとうございました。今週水曜にチャンネル桜「防人の道Next」で報道される予定なのでご覧になっていない方はぜひご覧下さい。

(1)韓国人拉致被害者救出

 韓国人李在根(イ・ジェグン)氏は1938(昭和13)年生まれ。ソウルの高校を卒業して1968(昭和43)年から漁船員として働いていたが1970年(昭和45)4月29日、黄海のペンニョン島近海で乗り組んだ漁船「ボンサン22号」が北朝鮮の警備艇に拿捕され、抑留される(韓国人拉致被害者の大部分は同様の漁船拿捕による抑留者)。ペンニョン島は韓国の実質的領土の最西北端の島であり北朝鮮の間近にある。2010(平成22)年3月に海軍哨戒艦「天安」が北朝鮮潜水艦の魚雷によって撃沈されたのもペンニョン島の近海。

 李氏はその後工作員教育を施されるが、1973年工場労働者とし咸鏡南道咸州軍の船舶電動機工場に再配置、現地で朝鮮族中国人女性と結婚する。1998(平成10)年食糧難から北朝鮮脱出を決意、先に妻子が脱出し、中国で合流。2000(平成12)年7月23日、30年ぶりに韓国への帰国を果たす。

 なお、李氏は脱北後、中国内の韓国公館に再三再四帰国したい旨を伝えたが帰国がかなわなかった。「韓国に税金を払ったことがあるか」などとも言われた。状況が変わったのは2000年4月に中国国内で韓国の総合雑誌「月刊朝鮮」の金容三記者らのジャーナリスト、韓国の「拉北者家族会」代表崔成龍氏らに会い、それを知った韓国政府が突然態度を変えて入国を認めるに至ったもの。

 (以上詳しくは李在根著・河出書房新社刊『北朝鮮に拉致された男』参照のこと)

 なお、崔代表はその後も同様の漁船員拉致被害者複数を中国経由で韓国に帰還させている。

 これが出来たのは李氏が工作機関の中にいなかったこと、妻が朝鮮族中国人で親族が中国にいたことが幸いしていたと言える。また、韓国で「国軍捕虜」と呼ばれる朝鮮戦争当時の未帰還捕虜でも中国に脱出して帰国を果たした韓国人がいる。同様のことができないかについて特定失踪者問題調査会で模索しているが未だ実現に至っていない。

(2)小泉訪朝での5人の帰還

 平成14年(2002)9月17日の小泉純一郎総理訪朝で金正日は日本人拉致を認め、謝罪した。そして「生存」とされた蓮池薫さんら5人は10月15日に帰国した。彼らは当初外務省と北朝鮮当局の間では「一時帰国」で合意していたが、最終的に本人たちと日本政府の決断で戻らないことになり、北朝鮮に残った家族(蓮池さん・地村さん・曽我さんの子供とジェンキンス氏)は平成16年(2004)日本の土を踏んだ。

 朝鮮戦争ですら南から始めたと言っている北朝鮮が拉致を認め、被害者を帰国させた理由は米国の軍事的圧迫を金正日自身が感じたからである。

 2000(平成12)年6月、南北(金大中・金正日)首脳会談が行われたが、北朝鮮はこのときすでに金大中政権を操れるとの確信を持っており、次に手を伸ばそうとしたのは米国だった。米国との関係改善、そしてそれを前提とした在韓米軍撤退は休戦以来半世紀近く北朝鮮にとっての目標だった。また当時のクリントン政権は任期の終わりに近づいており、乏しい外交成果をカバーするネタを求めていた。そのため両者の意向は一致し10月にまず趙明祿総政治局長が訪米してクリントン大統領及びオルブライト国務長官と会談する。米国側としても破格の扱いだった。
さらにオルブライト国務長官は現職国務長官として初めて北朝鮮を訪問する。

 そのまま行けばクリントン大統領も訪朝するところだったが、12月の大統領選挙で共和党ブッシュ候補が僅差で勝利、対米関係の改善は頓挫した。ブッシュ政権は就任後対北政策の見直しを始めたが、特に翌2001(平成13)年9月11日の同時テロで一気に強硬になり、2002年1月の年頭教書では「悪の枢軸」としてイラン・イラク・北朝鮮を名指しした。翌2003(平成15)年3月にはイラク戦争を行っているのだから強硬姿勢が言葉だけでなかったことは間違いない。

 一方2000年10月、急激な対米接近は中国の怒りを買い、中朝関係は悪化していた。北朝鮮としては自分から2階に駈け上がってハシゴを蹴飛ばした揚げ句火事に見舞われたような状況になってしまったと言える。そこで救いを求められるのは日本だけだった。
 日本は米国の同盟国であり、日朝関係が進めば米国の攻撃を抑制できる。また平成に入って始められ、拉致問題で頓挫している日朝国交正常化が実現すれば膨大な援助が見込める。それが北朝鮮の背景だった。

 日本側は小泉純一郎という特異な首相で、非常に強引な手法がとれたこと、そしてもともと外交に関心がなく、拉致問題も知らなかったこと、さらに交渉担当者として田中均という有能な(良し悪しは別だが)官僚がいたことなどがかえって拉致問題を進められた理由だった。

 安倍総理は就任後、このときと類似した状況、つまり中朝及び米朝関係の悪化によって日本との関係改善に北朝鮮が前向きになり、拉致問題でも情報すると考えたが、決定的に欠如していたのは金正日が恐れた「爆弾を落とされる」という状況が存在していなかったことである。オバマ政権が北朝鮮に武力行使をする可能性はない。その点は今後誰が大統領になっても同じだろう。米国と中国が手を握って「北朝鮮処分」を行う可能性もない。米中ともに北朝鮮への決め手を欠き、また朝鮮半島をめぐっては両者の利害は必ず一致しない部分が出てくる。結局は現状維持に集約されるのが現状である。

 この状況を変えるためには金正恩が「爆弾を落とされる」という恐怖心を感じることが必要であり、それができるのは日本しかない。

(3)キルギス日本人技師誘拐事件

 平成11年(1999)8月23日、キルギスの南西部でJICAが派遣していた日本人鉱山技師4人とキルギス人通訳、軍関係者2名が反政府ゲリラに拉致されていた。事件を起こしたのはウズベキスタン東部出身の武装グループだった。事件がキルギスで起きたため、外務省はキルギス政府との交渉をする方針であった。

 しかし、同月赴任したばかりの中山恭子・駐ウズベキスタン共和国特命全権大使(駐タジキスタン共和国特命全権大使を兼ねる)は犯行グループにキルギスが影響力を持たないことから独自で人質救出を模索した。外務省はあくまでキルギスを通すことに固執し、中山大使には情報収集を指示しただけだった。

 大使はウズベキスタン政府及びタジキスタン政府の協力のもと、犯行グループに近い人物にも直接協力を依頼し、最終的に10月25日4人と通訳はタジキスタン北部の山中で救出された(軍関係者2人は既に解放されていた)。ただし政府はキルギスに任せるという方針だったので5人はいったんキルギスに送られ、キルギス政府から日本政府に引き渡された。

 (以上詳しくは中山恭子著・KTC中央出版刊『ウズベキスタンの桜』参照のこと)

 本件から得られる最大の教訓は外務省に任せておいたら拉致被害者は帰ってこないということである。中山大使は当時正面の対応と同等かそれ以上に後ろから飛んでくる外務省の妨害と闘わなければならなかった。『ウズベキスタンの桜』ではかなりオブラートに包んでいるが、それでもキルギスで解放されたように繕ったことについては「茶番劇」と言い切っている。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)
(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko
(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM
(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE
(4) https://youtu.be/13x4czfMctI
(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)
●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)
●代表荒木宅が参加
●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月 5日

神奈川特別検証の日程【調査会NEWS2137】(28.3.5)

 お知らせした神奈川での軍事施設と失踪の関係についての特別検証は概ね次の日程で行われる予定です。報道関係の皆様には取材方よろしくお願いします。恐縮ですが移動手段は各自ご手配下さい。

※日程は変更の可能性があります。変更はこのメールニュースでお知らせします。

8:30 神奈川県庁出発

9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着
      寺島佐津子さん最終失踪関連地点調査
      森武史さん最終失踪関連地点調査
10:30 出発
11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着
       河嶋功一さん最終失踪関連地点調査
         昼食
14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺
       岡本幸弘さん最終失踪関連地点調査
15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)
(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko
(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM
(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE
(4) https://youtu.be/13x4czfMctI
(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)
●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)
●代表荒木が参加
●問合せ:info@yobieki-br.jp
●参加費:500円

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)
----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月 4日

しおかぜ近況報告/音楽の力【調査会NEWS2136】(28.3.4)

特定失踪者問題調査会専務理事 村尾建兒

●しおかぜ近況報告

 3月末は世界的電波改編の時期に当たり、「しおかぜ」でも来期に向けた周波数確保の為に総務省と連携して来ました。そして、この1月末までトルコ・イスタンブールで開催されていた加盟国参加の国際周波数調整会議において、総務省は期待以上に多大な結果を出してくれました。これは単に「しおかぜ」の周波数確保だけでなく、我が国の国益にも叶う重要な成果です。具体的な内容は完全に確定するまでは差し控えますが、時間枠や出力など「しおかぜ」の今後に大きな援護射撃になるでしょう。

 核実験を行い、ミサイルを発射、国連安保理決議も採択され、ますます世界から孤立する北朝鮮にとって、海外からの情報注入は間違い無く脅威となります。3月末からは更に強力な体制で北朝鮮へ立ち向かって参ります。

 最後に、この場を借りて総務省の皆様に心より御礼申し上げます。

●音楽の力

 拉致被害者救出活動の渦中にいると「歌をうたっても被害者や帰ってこない」という言葉を耳にします。確かにその部分だけを見ればその通りです。

 一方で、拉致被害者の曽我ひとみさんは、布団を被り森昌子さんの歌を歌っていたのは皆さんもご存じでしょう。また、日本人妻として北へ渡り、数十年という月日を越えて脱北された方々からは、当時の苦しい北朝鮮の生活の中で日本の歌が励みとなっていたという事もよく聞きます。そして、北朝鮮で海外からのラジオを聴き脱北した方も、とにかく聴きたかったのはニュースと音楽だったと口を揃えるかのようにお話になります。

 音楽には人の心を励まし、勇気づけ、前向きにさせる大きな力があります。それはまた、歌う側にも同様の効果があり、思い込めた歌を沢山の人達で斉唱する事により、心を一つにし、被害者やそのご家族を慈しみ、士気を高めるエネルギーを持っています。

 短波放送「しおかぜ」ではこの2年間ラジオを通じて、拉致被害者救出の願いを込めて作られ、歌われている曲を集めて「しおかぜコンサート」を放送し、昨年12月には、政府と共催により北朝鮮へラジオ同時生中継で「しおかぜコンサート」をライブで実施しました。これは絶望し、北朝鮮で生きて行くために心を閉ざした被害者の方々へ、希望の光となり、勇気と帰国、救出へ向け望みを持ち続けてほしい、そして、公開収録という形を取る事で、会場に集まった皆さんやネットライブ配信を見て下さった方々と願いを共有し、その思いを北朝鮮へ届けたいからです。また、音楽には垣根はありません。例え言葉が分からなくても人の心に響き、感情に訴え、北朝鮮全体に別の効果をもたらす可能性も期待で来ます。

 今後、この試みを日本全国へ展開し、日本国民全体の願いを日本各地から北朝鮮へ生中継で伝えて行きたいと考えています。これはまさにオールジャパンの結集です。引き続き皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

<「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録>
開催日 平成28年3月18日(金)19:30〜21:00 開場19:00
場 所 西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F
入 場 無料(事前登録不要)
主 催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会
 詳しくは http://www.chosa-kai.jp/furushio0318.html をご覧下さい。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)
(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko
(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM
(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE
(4) https://youtu.be/13x4czfMctI
(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)
●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)
●代表荒木が参加
●問合せ:info@yobieki-br.jp
●参加費:500円

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)
----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月 3日

工作員化 【調査会NEWS2135】(28.3.3)

 前にも書いたと思いますが、「なぜ拉致をしたのか」ということに関わる話です。

 拉致の目的の一つに工作員の教育係というのがありました。田口八重子さんが金賢姫に日本語や日本の風習を教えたりしていたということもあり、また亡命した元北朝鮮工作員が1976(昭和51)年に金正日が工作員の「現地化」を指示したなどのことがあってこの部分がクローズアップされてきました。政府がいまだに「1970年代から1980年代」と、拉致の時期を限定しようとしている理由の一つもここにあります。

 しかし、蓮池薫さんは最近の講演で、拉致の目的について「拉致された人間自身を北朝鮮工作員にすること」と語っています。実際よど号グループやその妻たちは北朝鮮の日本人工作員として活動してきたわけで、やる立場に立って考えても日本人自身が工作員になってくれた方が良いはずです。しかし無理矢理、あるいは騙して連れてきた日本人がそうそう北朝鮮工作員になるはずはありません。特定失踪者のリストの中でも北朝鮮にシンパシーを持っていた人を探して拉致したのではないかというケースがありますが、それでもうまくいったとは限りません。逆に事実を知って反発した人はいるはずです。

 しかし工作員にするつもりで拉致してきたのにそれがうまくいかないからと言って何もさせないわけにもいかない。だから工作員を日本人化するための教官役、ということだったのではないか。金正日の工作員現地化指示はおそらく大映の「陸軍中野学校」の見過ぎだと思いますが、いざというときに「我が国とは関係ない」と言える外国人工作員は使い勝手が良かったのでしょう。そうなると一部には再度日本に入国したり、外国で活動していた拉致被害者もいたはずです。私も極めて不確定な情報ですが、ある特定失踪者で中国に出ていたという話を聞いたことがあります。結婚して北朝鮮国内に家族がいれば人質ですから、大丈夫と思えばそういうこともさせたかも知れません。

 拉致の目的も色々あるわけですが、もう一度北朝鮮側の視点に立って見直す必要があるのではないかと感じています。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)
(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko
(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM
(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE
(4) https://youtu.be/13x4czfMctI
(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)
●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)
●代表荒木が参加
●問合せ:info@yobieki-br.jp
●参加費:500円

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)
----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月 2日

今後の日程について 【調査会NEWS2134】(28.3.2)

 既にお知らせしていますが3月18日には政府対北放送「ふるさとの風」と「しおかぜ」の共同公開収録が行われます。近隣の方はぜひご参加下さい。

開催日 平成28年3月18日(金)19:30〜21:00 開場19:00
場 所 西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F
入 場 無料(事前登録不要)
主 催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

 詳しくは http://www.chosa-kai.jp/furushio0318.html をご覧下さい。

 また、3月30日には「軍事施設と失踪」についての特別検証(仮称)を神奈川県内で実施する予定です。詳細は後日お知らせします。報道関係の方の取材をぜひお願いします。特別検証は今後テーマを定めて逐次行いますが、その一環として海上から工作員浸透地域を調べることなども実施の予定です。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)
(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko
(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM
(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE
(4) https://youtu.be/13x4czfMctI
(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)
●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)
●代表荒木が参加
●問合せ:info@yobieki-br.jp
●参加費:500円

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)
----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2016年3月 1日

失敗 【調査会NEWS2133】(28.3.1)

 これまでやってきて痛感したことの一つに、工作員といってもターミネーターやスーパーマンではなく生身の人間だという、極めて当たり前のことがあります。しかも「敵地」で行動するわけですから間違えもするし失敗もします。あの辛光洙も工作資金を貸して踏み倒されたなんてことがありましたし、能代事件や美浜事件のように水路侵入に失敗した工作員の死体が海岸に漂着した事件もありました。

 私たちはつい「北朝鮮の工作員なら何でもできるはず」とか思いますがそんなことはありません。ちなみに失敗ということではないのですが、ソウルで会った元工作員李氏は昭和57年(1982)山口県長門市に上陸していますが、当初は香港に侵入せよとの指示だったそうです。本人がいやだといったのでとりあえず箔を付けさせるために日本に行かされたと言っていました。

 工作員が命令に従わないなんてできるのかと聞いたところ、彼は「自分たちの養成には莫大な金がかかっているので、気に沿わない命令で行って失敗しては困るから希望が通る」といったようなことを言っていました。工作機関の中もまた、人間の組織ですから全てが上命下達とはいかないのですね。

 元工作員や協力者の本を読んでも確かにうまくいかなかった話はたくさん出てきます。調査会にも未遂事件と思われるケースは多数ファイルされています。それを「やる側」の視点で分析すれば工作活動全体の真実に迫れるように思っています。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです
22:00〜23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか
1:00〜2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)
(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko
(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM
(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE
(4) https://youtu.be/13x4czfMctI
(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか
●代表荒木が出演
●YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/i1I1KIXXV78
-----------------
★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)
●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)
●代表荒木が参加
●問合せ:info@yobieki-br.jp

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)
●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)
●代表荒木が参加
●問合せ:奥さん(090-3929-5267)
●参加費:5000円(飲食代を含む)
※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)
●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)
●代表荒木・常務理事三宅が参加
●問合せ:三宅博事務所(上記)
----------
★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)
●定価1800円(税別)
●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
●カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »