« 「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録 【調査会NEWS2352】(28.12.14) | トップページ | 兄弟と友人 【調査会NEWS2354】(28.12.18) »

2016年12月16日

ヤクザの出入り 【調査会NEWS2353】(28.12.16)

 平成22年(2010)3月の韓国海軍哨戒艦「天安」の撃沈、11月の延坪島への砲撃、遡れば昭和43年(1968)の大統領官邸を狙ったゲリラの侵入(映画「シルミド」をご覧になった方はあの最初に出てくるゲリラです)など、北朝鮮が韓国にやってきた挑発行為は数知れません。

 しかし何かおかしい。素朴な疑問を感じて韓国の元情報機関員の人に聞いたことがあります。「北朝鮮の挑発はそのときだけで、例えば混乱に乗じて野戦部隊が攻め込むとかいった次の計画がない。なぜなんでしょう」

 その人の回答は「つまりヤクザの出入りみたいなものですよ。『相手の親分のタマをとってきた』というような」といったものでした。妙に納得したのですが、確かに北朝鮮には朝鮮戦争休戦後、現実的に言って韓国をすべて占領し武力統一を実現できる条件は存在していません。できることは挑発だけといっても過言ではありません。

 なにしろ朝鮮戦争のときですら作戦計画書はロシア語で書かれ、それを朝鮮語に直した後に焼却したそうです。今は韓国には米軍がいますし、やろうとしても巻き込まれるのを嫌う中国が絶対に反対するでしょう。しかも武器は1960年代頃の、博物館に入れた方が良いような代物を平気で使い、軍隊がメシも食えず漁業や建設に動員されている状態では、本気の戦争はできるはずがない。

 しかし武力統一の方針を放棄することはできません。それは金王朝の存在意義を自ら否定することだからです。そうなると適当に挑発して「やってる感」を出すことに意味があったと考えれば理屈は合います。「南朝鮮カイライの軍艦を魚雷で真っ二つにしてやりましたぜ」とか、洞窟の中のアジトで子分が金正恩にアピールしている姿を想像すれば大体間違いないように思います。現状が続く限りそうやって死んでいく人間が南北に出るのですから、やりきれない話ではありますが。

 さて、ヤクザと交渉しなければならない外務省の皆さんも大変です。やはりヤクザと渡り合うのはそれに相応しい人間がやった方が良いような気がします。場合によっては出入りも必要になるでしょうから。それとも本職(?)に業務委託するとか。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
23:30〜24:00 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・会費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・12月18日(日)13:30「拉致被害者全員の帰国実現を訴える!12.18山口県民集会」(集会実行委員会主催)
・山口県立図書館(山口駅徒歩20分 083-924-2111)
・代表荒木が参加
・問合せ 渡邊さん(090-3300-9686)

・12月22日(木)18:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム」(同会主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp

平成29年

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・チャンネル桜【防人の道NEXT】靖国の宴〜国を問わない英霊の語らい-荒木和博氏に聞く[桜H28/8/24]
・代表荒木が出演
・YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/oBSXH4yPqzw

・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

« 「ふるさとの風」「しおかぜ」共同公開収録 【調査会NEWS2352】(28.12.14) | トップページ | 兄弟と友人 【調査会NEWS2354】(28.12.18) »