« 殺人事件はなかったのか 【調査会NEWS2358】(28.12.26) | トップページ | 「日本時事評論」インタビュー »

2016年12月27日

中波放送「しおかぜ」停波【調査会NEWS2359】(28.12.27)

特定失踪者問題調査会専務理事 村尾建兒

 本年10月25日より開始した北朝鮮向け中波放送「しおかぜ」ですが、この12月31日をもって一端停波する事を決定しました。

 中波放送「しおかぜ」は、昨今の北朝鮮内部でのラジオ普及状況や脱北者からの聴き取りなどにより、中波の需要が急速に広がっていることから、その現状に対応するために、第三国を経由して放送を開始しました。

 放送開始から約1ヶ月後の11月1日、北朝鮮当局は妨害電波の発射を開始、その妨害音は、最近の短波放送「JSRしおかぜ」に対する妨害音とは異質の図太い音であり、如何に北朝鮮当局が中波放送に脅威を感じ、その内容を聴かせたくない、聴かれては困るという事の如実に表している結果です。

 しかし、その妨害電波は毎日継続される事はなく、1週間のうち、1日か2日程度に止まっており、同様に短波に対する妨害電波も日によって出たり出なかったりを繰り返しています。さらに北朝鮮から発信される平壌放送などは、出力を減力して送信されている事も分析により分かっており、もう何年も続いている北朝鮮の抱えるエネルギー・電力問題がますます深刻化している事がよく分かります。

 そんな状況の中で、外部からの情報注入は大変重要で効果を上げていると確信していますが、短波放送に比べ中波放送は同じ放送時間で8倍のコストがかかります。正直なところ当初から資金の目処も立たなかったのですが、一刻も早く北朝鮮へ放送する事を最優先にしたため、3ヶ月という短期契約を結び放送を開始しました。その間、各方面に支援要請などを行い資金調達の努力をしてきましたが、残念ながら現状では中波放送を継続することが不可能となり、停波を決定するに至った次第です。

 今後各方面に資金調達の働きかけを続け、再開の目処が立ち次第、遅くとも来年の4月からはさらに強力な中波放送を実施すべく準備を進めてまいります。

 これまで短波放送「JSRしおかぜ」には多大なるご支援を賜り、また、今回の中波放送「しおかぜ」にも多くの皆様からのご理解を頂いた事に感謝しております。そして、ラジオをという手段は北朝鮮内部に直接行動が取れる貴重なツールである事をもう一度ご認識頂き、拉致被害者並びに北朝鮮に囚われた全ての日本人の希望の光となるため、一刻も早い救出へ繋げるために、あらためて皆様のご理解とご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
23:30〜24:00 中波1431kHz(12月31日まで)
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(土)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

« 殺人事件はなかったのか 【調査会NEWS2358】(28.12.26) | トップページ | 「日本時事評論」インタビュー »