« 「やまと新聞」北朝鮮の男は何者だったのか | トップページ | 一点突破・全面展開 【調査会NEWS2361】(28.12.29) »

2016年12月28日

仕事納め 【調査会NEWS2360】(28.12.28)

 ちょうど20年前、平成8年(1996)の年末、あのときは救う会も家族会も存在せず、私は現代コリア研究所にいましたが、確か仕事納めのころに新潟の小島晴則さん(後に救う会会長代行)からFAXが届きました。新潟日報の昭和52年11月22日付、横田めぐみさんが失踪1週間経って公開捜査になった記事のFAXでした。

 同年10月号の月刊「現代コリア」(編集長は西岡力・現救う会会長)に朝日放送の石高健次さんが書いた論文の中で「日本海側で1970年代後半に中学校1年生の少女が拉致されている」という記述があり、12月に新潟で佐藤勝巳現代コリア研究所長(後に救う会会長)が講演した折この話を出したところ、居合わせた新潟県警の人によって氏名が明らかになりました。そして当時の新聞を調べた小島さんが年末東京に送ってくれたFAXで当時の状況が明らかになった次第です。

 年明け現代コリアのホームページに横田めぐみさんの実名が掲載されました。それを見た黒坂真・大阪経済大助教授(後に救う会副会長)が旧知の兵本達吉・橋本敦参議院議員秘書(後に救う会幹事)へと連絡、兵本さんが日銀OB会に当たって横田滋さんと連絡をとりました。その後兵本さんと前述石高さん、産経新聞のこの当時社会部長で昭和55年(1980)アベック拉致をスクープした阿部雅美さんが協力してご家族に声をかけ、3月には家族会が発足しました。

 私たちの方は、国会を動かす必要があると考え西村眞悟衆議院議員(後に拉致議連幹事長)に依頼して質問主意書を国会に提出、その回答を待っているうちに西村議員の衆議院予算委員会での質問が回ってきました。「運命」とも言える平成9年(1997)2月3日、西村議員の質問に対し橋本龍太郎総理は「捜査当局において所要の捜査が厳重に進められていると思っております」と答弁しました(その後まもなく橋本総理は知人を北朝鮮に送って水面下でめぐみさんを取り返すための交渉をしたと言われています)。

 同日産経新聞本紙とAERAが実名写真入りで横田めぐみさん拉致を報道し、さらにそれを持ってソウルに行った高世仁さん(現ジンネット代表)が亡命工作員安明進氏から目撃情報を引き出して週末テレビに流れたことで事態はやっと動き始めました。ちょうど同時期に朝鮮労働党の黄ジャンヨプ書記亡命事件もあり、あのころ一気に事態が動きはじめたことに「政治的な意図がある」などと陰口をたたかれたりしたものですが、渦中にいたものとして、政治的な意図でやったらあれほどの動きにはならないと断言できます。「神のお導き」とでも言うしか理屈は付けられません。

 さて、あれから20年経ってしまいました。神様は(「天は」でも「仏様は」でも「歴史は」でも何でも良いのですが)現状をどう見ているのでしょうか。私たちにはそれこそ「人事を尽くして天命を待つ」しかありません。まだ尽くしていないことが山ほどあり、それをやっていくだけなのですが。

 そんなことを仕事納めに考えた次第です。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
23:30〜24:00 中波1431kHz(12月31日まで)
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(土)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

« 「やまと新聞」北朝鮮の男は何者だったのか | トップページ | 一点突破・全面展開 【調査会NEWS2361】(28.12.29) »