« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日

恐怖 【調査会NEWS2383】(29.1.31)

 辣椒(ラージャオ)さんという中国の方が日本で出版した『嘘つき中国共産党』(新潮社)という漫画を読みました。ご本人は中国で風刺漫画を書いていたのですが当局の圧力が強まり、旅行で来た日本から戻れなくなってそのまま住んでおられる方です。

 これを読むと中国共産党習近平政権がいかに批判を恐れているか分かります。日本で見ていると政敵をなで切りにして圧倒的な権力を持っているように思うのですが、その分だけ恐怖感も強いのかも知れません。日本企業の中国にあるホテルに備え付けの本について最近政府がいちゃもんをつけていますが、これも結局は事実が知られることへの恐怖感なのでしょう。特に江沢民以来の反日の強調も。

 これを読んでいて、当然ですが北朝鮮の三代続く王朝に思いが至りました。確かに一番権力が安定していたように見える金日成でも、国民からの反抗を非常に恐れていたそうですし、親密だったルーマニアのチャウシェスク大統領夫妻が独裁体制への国民の怒りによって処刑されたことには金日成も金正日も強い衝撃を受けたと言います。北朝鮮がこれまで改革開放政策がとれなかった最大の理由はまさにそれでしょう。

 金正恩はカリスマがない分体型や服装を金日成に似せようとしていますし、最近ではヘアスタイルは毛沢東に似せようとしているような。粛清は金正日の真似でしょうか。もちろん金日成も散々やりましたが。いずれにしても、彼自身は常に恐怖にとりつかれているでしょう。

 北韓自由放送の金ソンミン代表が金正日が死んだとき、「通常ならあれだけ健康管理しているのだから普通なら70歳くらいで死ぬことはない。それだけストレスを受けているということですよ」と言っていました。ろくに統治経験もなく「最高領導者」になってしまった金正恩はなおさらのはずです。

 確かに独裁体制は自由民主主義より表面上は強いのですが、逆に絶対に自由民主主義に勝てない弱点があります。そこを突いていく、彼らが最も恐れていることをやる。まさに攻撃は最大の防御です。それこそが必要なのではないでしょうか。
                                                                       
<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月30日

タブレット 【調査会NEWS2382】(29.1.30)

 昨年韓国を揺るがせ、大統領弾劾にまで至った崔順実のタブレットが実は存在しなかったのではないかという情報が有力になってきています。発信元のJTBCという報道機関が捏造した可能性があるようで、この団体はこれまでも様々な誇張・捏造・歪曲報道を繰り返してきたと言われています。

 もともと左派性向のある社長の孫石熙が業績を上げるためにニュースを商品化し、さらに付加価値を高めようと捏造に捏造を繰り返したということであればなるほどあの騒ぎも頷けます。他のメディアも競ってセンセーショナルな報道をし、左派系労組が運動を指揮し、それをまたセンセーショナルに報道をするという形で雪だるま式に大きくなっていったのでしょう。もちろんそこには北朝鮮の意図も介在するはずです。

 一方、日本でも捏造によって嫌韓感情を煽り立てるような情報が最近度々見られます。絶対に在日が使わないような言い回しで在日を装って日本批判をするとか、韓国の「師匠の日」に学校で生徒が先生にクンジョル(韓国式の最敬礼)をしている写真を、日本からの修学旅行生が韓国で土下座させられている写真としたりとか。思想的なものであれ商売であれ、これらが情報操作であることは間違いありません。その中には日韓関係を悪化させようとする北朝鮮当局の意図も入っているでしょう。韓国政府の対応など、批判すべきときは断固として批判すべきですが、流れている情報の中に操作されたものがあることは頭に入れておく必要があります。

 ネットの世界が急激に発達し、情報の量が格段に増加しています。あるテレビ局の友人は地上波テレビ放送を「斜陽産業」と自嘲していましたが、情報が多様になればなるほど、それを利用する人間が増えます。特にネットは諸刃の剣なので私たち自身もあらためて注意する必要があると思いました。

 ところで、やられているばかりではいけません。北朝鮮に対してももっと情報を流せないでしょうか。わざわざ捏造する必要はなく、事実を伝えるだけで十分なのですから、その意味ではこちらの方が有利だと思います。ちなみに最近は北朝鮮にも中国製のタブレットが(北朝鮮製ということになっているようですが)何万台も入っているそうです。
                                                                       
<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月28日

渡河訓練 【調査会NEWS2381】(29.1.28)

 1月28日付の労働新聞WEB版に「敬愛する最高領導者金正恩同志におかれては増強した戦車走行歩兵連隊冬期渡河攻撃戦術演習を指導された」という記事が掲載されました。誰かが言ってましたが若大将は自分が大砲の専門家だと思っているとのこと。きっと有意義な指導をされたことでしょう。

 ところでその労働新聞の写真をFacebookに載せてみたところ、専門家の方々が色々分析を書いて下さいました。非常に興味深い内容なので関心のある方は覗いてみて下さい。まあ要は壮大なヤラセということなんでしょう。

 昔大学の講義で、「東京ディズニーシーに行ったとき北朝鮮みたいな感覚にとらわれた」と言ったらディズニーシーでアルバイトしていた学生がいて、あとで質問を書かせたところ「ディズニーシーとは違います」と怒られたことがありました。しかしディズニーシーにも潜水艦とかありますし。まあ戦車だったらディズニーランドでしょうか。

 北朝鮮で言っている話を真に受ける必要はありません。ディズニーランドやディズニーシーで「わしは世界を征服するのじゃ」とかいって昔の電話の受話器みたいなヘアスタイルの太った王様が出てきても本当に世界征服するとは誰も思わないでしょうから。

 それにしても渡河訓練の次は何をするのでしょう。変に理屈を付けるよりアトラクションを待っているつもりでいた方が面白いかも知れません。
                                                                       
<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月26日

松井知事・吉村市長ダブル収録 【調査会NEWS2380】(29.1.26)

特定失踪者問題調査会専務理事 村尾建兒

 1月24日、大阪府庁舎において松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長によるしおかぜメッセージの収録が行われました。

 メッセージ収録は拉致被害者・特定失踪者ご家族の見守る中実施され、松井知事は目の前にいるご家族の気持ちを全身に感じながら、「有本恵子さん、植村留美さん、尾上民公乃さん、福山ちあきさん」とそれぞれの名前を呼んでメッセージを吹き込みました。

 また、47都道府県知事すべてが北朝鮮による拉致被害者の帰国を目指して結成された「知事の会」のお話や、大阪のシンボルの一つである「太陽の塔」を覚えていますか?など、活気溢れる大阪を是非ご覧頂きたいと訴え、お身体を大切にして、日本に帰ってくることを信じて頑張って下さいと、締めくくりました。

 吉村市長からも、それぞれのご家族のお名前を一人一人呼びながら胸が引き裂かれる悔しさと、皆さんの帰国を願う切実な思いをお話になり、北朝鮮の理不尽な目的のために拉致した当局に対して、怒りを噛み締めていると訴え、大阪市では拉致問題解決のため、広く市民の関心と世論を高めるために積極的に活動し、松井知事とも力を合わせて、地方自治体としてできうる限りの取り組みを進めると、強くお話になりました。

 今回は知事、市長に北朝鮮向けラジオ放送の実態をご説明するお時間も頂き、その重要性と必要性を十分にご理解頂く事ができたと思いますが、収録準備中に、松井知事が不思議そうに「しおかぜの費用くらい国が全額出せへんの?」とおっしゃった言葉は、日本維新の会党首としての発言でもあり、同席されたご家族からも称賛されていました。

 この模様は2月初旬から初回放送を行い、その後繰り返し北朝鮮へリピート放送を実施する予定で、現在編集作業に入っています。知事、市長ダブル収録実現にご尽力下さったすべての皆様に、この場を借りて心より感謝申し上げます。今後も「しおかぜ」では地方自治体首長の収録も積極的に実施して参ります。各自治体関係者の皆様にはご協力をよろしくお願い申し上げます。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月25日

情報はある 【調査会NEWS2379】(29.1.25)

 2374号で「情報がない」と書きましたが今度はあるという話。

 世の中の「情報」と言われるものの大半は公刊情報です。情報機関であっても「極秘情報」で全てを判断することはほとんどありません。調査会の活動ではときどき表に出せない情報もありますが、全体像を判断するのは概ね表に出ている話です。

 いかに情報の統制された国だと言っても北朝鮮の情報はあるのです。問題は目的意識です。ただ漫然とやっているだけでは単なる「物知り」に過ぎません。旅行案内をめくって「そのうちどこかに行こうかな」と思っているのと「札幌の雪祭りを見に行こう」と思ってどうやって行くか、どこに泊まるか、何をどう見るかなどを調べるのとの違いです。

 一方で目的意識にとらわれる余り都合の良い情報だけを受け入れて都合の悪い情報からは目を逸らしてしまうこともあります。誰かが「ホットなパッション、クールなマインド」とか言っていましたが、今でも山ほどある情報の宝の山を見逃しているのではないか、現在取り組んでいる様々な情報の見直しの中で、もう一度考え直さなければと思っている次第です。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月24日

北朝鮮にとっても時間はない 【調査会NEWS2378】(29.1.24)

 このところないないづくしのメールニュースだったので、北朝鮮にも時間がないという話。

 ストックホルム合意のときはおそらく北朝鮮の中でも拉致被害者で日本政府と取引しようという動きがあったのだと思います。もちそんそれは何人か返して誤魔化して金をふんだくろうという、北朝鮮的に言えば「有象無象どもの愚かな行い」なのですが、結果的には北朝鮮内部の変化もあったのでしょう。失敗に終わりました。

 さて、それから今年で3年近い時間が経ちました。この間多数のご家族が病に伏し、他界されています。思いたくありませんが北朝鮮で亡くなった拉致被害者もいるかも知れません。

 しかし「時間がない」というのは日本側だけではありません。北朝鮮にとっても時間の経過は取引材料がなくなることを意味します。さらに、今は日本政府も真相を隠してくれているからいいようなものの、拉致の実態が明らかになれば北朝鮮に対する国民の怒りは一気に高まるでしょう。正直なところ、そのときどうなるかは私も想像がつきません。

 このニュースを見ている北朝鮮関係者の皆さん、機会があればかつて高倉健が主演した東映ヤクザ映画でも観て下さい(村尾調査会専務理事の父村尾昭さんが多くの脚本を書いています)。あのラストシーンのようになりたくなかったら今のうちに交渉に応じた方が良いのではないでしょうか。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月23日

金がない 【調査会NEWS2377】(29.1.23)

 2374号「情報がない」、2375号「『時間がない』」と続いたので、ついでに「金がない」も。今に始まったことではありませんが。

 既にお知らせしているとおり、しおかぜの中波送信は昨年末で一度中止しています。これは冬になると電波状態が悪くなることもあるのですが、根本的には資金の不足です。中波放送は外国の送信会社に委託して第三国から送るため、1日1時間(最低の契約時間)の放送でもKDDI八俣送信所から送信している1日2時間半の短波送信以上のコストがかかります。

 現在短波放送には政府の広報を30分の放送に1分ずつ入れて、その対価としてしおかぜの放送費用に充当しています。中波も同様にすべく交渉をしていますが、事態が動かない現状では、とにかく無理をしても4月から1日1時間の中波放送を実施したく思います。

 本来であればしおかぜに限らず、バルーンプロジェクトやFAXプロジェクトも大規模に行い、また可能なら中国の北朝鮮国境に拠点を置いて情報収集するなど、やれることは皆やってしまいたいのですが、正直資金問題が最大のネックで十分にできません。あらためて関係各位のご協力をよろしくお願い申し上げる次第です。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月21日

チャンネルAJER 第15回ゲスト:木本あきらさん 

チャンネルAJER「救い、守り、創る」第15回。予備役ブルーリボンの会の木本あきら副代表に昨年上梓された『勇者は語らず』についてお聞きしました。YouTubeでは前半のみ。後半は会員制になります。番組終了後会員制サイトの閲覧方法の説明が流れます。

|

大阪府知事・市長しおかぜメッセージ収録 【調査会NEWS2376】(29.1.21)

 1月24日、大阪府庁舎にて松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長によるしおかぜメッセージの収録を実施します。

 当日は政府認定拉致被害者有本恵子さんの父、有本明弘さん、特定失踪者植村留美さんの父、植村照光さん、尾上民公乃さんの父、尾上支征さん、福山ちあきさんの母、福山はるみさんも同席し、松井知事、吉村市長とご家族の歓談に引き続き北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」のメッセージ収録を行います。

 多忙な日程の中、知事と市長が同席してメッセージ収録を行うのは初めてのケースとなり、大阪府、大阪市の拉致問題への取り組みが伝わって来ます。調整にご苦労された府・市の皆様に感謝申し上げます。松井知事は平成24年(2012)3月にメッセージ収録をして以来2回目の収録となり、吉村市長は今回が初めての収録です。

 昨年9月には小池百合子東京都知事によるしおかぜメッセージの収録を行っていますが、今回の大阪のように全国の首長の皆様にも是非しおかぜを通じて北朝鮮で囚われた拉致被害者の皆さんへメッセージを送って頂きたいと思っています。報道関係の皆様にはご多忙な中恐縮ですが、取材賜りますようお願い申し上げます。

日時 平成29年1月24日 13:50〜14:40
場所 大阪府庁本館3階 特別会議室
問い合わせ 
大阪府人権局 人権企画課 06-6210-9280
特定失踪者問題調査会   03-5684-5058 専務理事村尾

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月20日

「時間がない」 【調査会NEWS2375】(29.1.20)

 拉致問題の集会でいつも出てくる言葉が「時間がない」です。ご家族からすればもちろんですが、私も含めて本当に切迫した思いなのか、とあらためて考えてしまいます。

 個人的なことですが、先程学生時代バイト先でお世話になった方が急逝されたとの連絡を受けました。1月に入ってからもFacebookでやりとりなどしていたのでショックでした。私より学年一つ上、61歳の誕生日を迎えたばかりでした。

 私は若い頃から同年輩の知友人の死を度々体験してきたのですが、あらためて人間の命というのははかないものだと感じました。拉致被害者でも今北朝鮮で元気だとしても明日の生命が保証されているわけではありません。家族はともかく我々が軽々に「時間がない」などと言うべきではないと思った次第です。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

1月15日広島(佐々木さん・花田さんと荒木)

1月15日の広島での「国民のつどいin広島」で、佐々木正治さん(佐々木薫さんの弟さん)・花田豊さん(花田昭博さんのお父さん)の訴えと私からの報告です。岡山のFBF藤井さんが撮影して下さいました。

|

2017年1月19日

鹿児島特別検証(チャンネル桜「拉致問題アワー」)

 増元照明・前家族会事務局長がキャスターを務めるチャンネル桜の「拉致問題アワー」の1月11日放送分。昨年行った調査会の特別検証について詳しく報じて下さいました。

|

やまと新聞 山本美保さんDNAデータ偽装事件と拉致の闇(1)

Photo

以下はインターネットの「やまと新聞」に1月18日付で掲載されたものです。編集部の許可を得て転載します。

山本美保さんDNAデータ偽装事件と拉致の闇(1)

 この事件についてはご存じの方もおられると思います。要は拉致の疑いの濃い失踪者を身元不明遺体と結びつけ、拉致問題の沈静化を図ろうとした事件です。誰が?北朝鮮ではありません。日本政府がです。

突然の失踪、小泉訪朝で「拉致の疑い」

 昭和59年(1984)6月4日、山梨県甲府市に住む山本美保さん(当時20歳)は「図書館に行ってくる」とお母さんに告げてミニバイクで出かけたまま行方が分からなくなりました。バイクは2日後、甲府駅前で発見されましたが本人の足取りは分かりませんでした。
 同年6月8日、新潟県の柏崎警察署から美保さんの家に電話がかかりました。柏崎市の荒浜海岸で美保さんのセカンドバックが発見されたという内容でした。家族は直ぐに柏崎に向かいましたが何の消息もありませんでした。その後自宅には何度か不審な電話がかかってきましたが、本人につながる情報は全く出てきませんでした。
 平成14年(2002)の小泉訪朝で北朝鮮が拉致を認め5人が帰国、その中に政府の認めていなかった拉致被害者がいたことから家族は「北朝鮮による拉致ではないか」と考えるようになります。当時私は救う会事務局長でしたが、山本美保さんの双子の妹、森本美砂さんから5人の泊まっている赤坂プリンスホテルの従業員を装って5人に近づきたい、双子だから姉を知っていれば何か反応があるはずだからと頼まれたことがあります。当時は5人の扱いが極めてデリケートだったためご遠慮いただいたのですが。


 翌年1月、特定失踪者問題調査会が設立されると山本美保さんは特定失踪者第1次リスト40名の1人として発表されました。このときは日本中関心が極めて高く、NHKは特別番組を組んで私が40人の氏名や失踪状況を読み上げるのを生中継で全国放送しました。それでも山本美保さんの消息につながる情報は全く出てきませんでした。
 一方地元の甲府では高校時代の同級生らが中心になって山梨県全体、さらに他県にも広がる署名運動が始まりました。甲府市の人口を上回る署名が集まり、街中には「特定失踪者全員の解決がなされなければ、拉致問題は終わらない」というポスターや幟などが目につくようになりました。当時特定失踪者支援の運動としては全国でもトップの運動と言えました。

お父さんの死と突然の県警発表

 そんななかで平成15年(2003)5月、お父さんの光男さんが脳腫瘍で急逝します。お父さんは元山梨県警の警察官で、美保さん失踪当時も柏崎に駆けつけ、また身元不明遺体なども調べていました。そのお父さんが入院している途中、森本美砂さんは「今後の捜査のため」という理由で県警の警備1課担当者からDNA鑑定の試料として血液を採取されています。
 そして翌平成16年(2004)3月4日、警備1課の担当者から突然、「山形の海岸で見つかった身元不明遺体と美砂さんの血液をDNA鑑定したところ一致した。明日名古屋大に鑑定結果を取りに行く」との電話がかかります。それまで山形の遺体とのDNA鑑定など全く聞いていなかった家族は驚きます。私もこの日の夜美砂さんから電話を受け愕然としました。
 明くる3月5日、山梨県警は丸山潤・警備1課長が記者会見をし、山形県遊佐町の海岸で昭和59年(1984)6月21日、つまり美保さん失踪から17日後に発見された身元不明の漂着遺体の骨髄のDNAと、森本美砂さんの血液のDNAが完全に一致したと発表しました。ちなみに丸山課長は県警のたたき上げではなく、このポストとしては珍しい警察庁から派遣されたキャリアでした。発表には「自殺の可能性がある」と書かれており(その根拠は全く示されていませんでしたが)、これを境に世論は一気に冷却化していきます。「なんだ、拉致と言っていたけれど、自殺だったんじゃないか」ということです。
 私たちにとっても、やがて救出して会えると思っていた人が失踪直後に亡くなっていたというのはショックでした。私は3月6日に甲府に行き美砂さんや支援者の方々と今後の対応を議論しましたが、その途中美砂さんは突然倒れてしまいました。

次から次へと湧く疑問

 ところがその後、様々な矛盾が出てきたのです。美保さんのデータと遺体のデータが全く合わない。ジーパンや下着など、遺体の遺留品も美保さんが使っているものとは全く違いました。このビラを見ていただければ一目瞭然でしょう。山形の遺体が美保さんならDNA以外も一致するはずです。なぜなのかと思い始めました。そして、この問題が実は拉致問題の本質に関わる、とてつもなく奥の深い問題であることに気付くのです。それについては次回に書きますが、ご関心のある方は以下をご参照いただければ幸いです。

荒木著『山本美保さん失踪事件の謎を追う』(草思社・平成24年)

YouTube アニメ『真実は一つ』(各約10分)
  第1部
 
  第2部
 
  第3部
 

|

2017年1月18日

情報がない 【調査会NEWS2374】(29.1.17)

 予備役ブルーリボンの会の『自衛隊幻想』出版記念シンポジウムも14日の福岡で3回目になりました。さらにこの後2月に名古屋、4月に旭川と秋田で開催の予定です。

 最近何となく感じるのですが、拉致被害者救出に自衛隊を使うことに否定的な意見にも変化が出てきたようです。かつては憲法や自衛隊法の制約でできないというのが多かったのですが、最近ではそれよりも「被害者の情報もないのに行けないだろう」という否定論になってきました。

 これはつまり「物理的にはできる」、あるいは「法的にはクリアできる」、「可能ならやるべきである」ということの裏返しでもあります。手前味噌ながらその意味では多少の貢献をしているのかも知れません。

 もちろん、情報の問題について言えば否定的な人たちよりより自衛隊に近い私たちの方が遥かに重視しています。要は今、情報がないのならば集めるだけだということです。そもそも国内で人質事件でもあったとして、警察が「部屋の中や人質がどういう状態か分からないので助けられません」とは言わないでしょう。様々な手段を動員して情報を入手しようとするはずです。

 日本だけで200人以上の脱北帰国者がおり、韓国には数万の脱北者がいます。北朝鮮で情報を売ろうとしている幹部も少なくないと言います。また地表の状態はGoogleEarthの画像でもかなり詳しく分かるのですし、専門の衛星を使えばなおさらです。

 いくら閉鎖国家だといってもそのような情報だけでかなりの部分は把握できるのです。要は拉致被害者を救出する気があるかないかということです。その意味では情報の収集と集積すら自衛隊に任務が与えられていないということは政府が本気でないという証拠だと言えるでしょう。大した予算がかかるわけでもなく、それをやって別のところで救出の妨げになるはずはないのですから。

 もちろんまだまだ「九牛の一毛」ではありますが、とにもかくにも永田町や霞ヶ関に先んじて世論が動き始めているようには感じています。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月16日

感謝 【調査会NEWS2373】(29.1.16)

 ときどき高校での講演を依頼されることがあるのですが、拓大一高(武蔵村山市)では、私自身が拓大の教員であることもあり、毎年1年生に拉致問題を話させていただいています。アニメ「めぐみ」のDVDを見て、私がお話しして、その後感想文を書かせます。

 私は予備役ブルーリボンの会でやった拉致のシミュレーションの映像なども見せ、拉致は人ごとでなく自分にも起こり得ること、だから皆が気をつけなければならないと強調しています。あわせて個人情報をむやみに人に伝えたりネットに載せないことなども含め、最低限の自分の守り方もあわせてお話ししているのですが、多少は薬になるようです。

 ところで去年の12月にやった講演の後、感想文にこんなことを書いてくれた生徒さんがいました。

 「帰るときはなるべく1人にならない、明るい道を通るなど、親に昔から言われ続けたことはこういうことがないようにするためなんだと分かり、わかったわかったと軽く受け流していたことを申し訳なく思う。ずっと心配してくれたことに感謝し、自分の身は自分で守ろうと思った」

 今回この感想文を読んだだけでもお話しした甲斐があったと思いました。そして同時に、失踪者のご家族で、「あのときもっと厳しく言っておけば…」と思った方、あるいは北朝鮮で「あのときお母さんの言う通りにしておけば…」と思った方も少なくないだろうと感じました。

 紙一重の差なのですが、その後の人生は全く違ったものになっています。一度拉致されてしまえば、帰国が実現してもその間の人生は取り返しがつきません。そうならないように注意すること、そしてそうなった人に対しては取り返せない時間が少しでも短くなるようにするのが無事に暮らしている人間の責務だと思います。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・5月7日(日)14:00「西村真悟政局講演会 SIMULATE自衛隊による拉致被害者奪還」(真悟の会・堺主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ 真悟の会・堺(072-277-4140)
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

1月14日付産経新聞広島版、清水桂子さんの記事です

1月14日付の産経新聞広島版。翌15日に広島で開催された集いの前振りを兼ねて掲載してくれました。

20170116105836_2


|

2017年1月14日

拉致認定 【調査会NEWS2372】(29.1.14)

 たびたび指摘していることではあるのですが、意外とまだ知らない人が多いので「拉致認定」のことについて書いておきます。実は拉致認定は法的には北朝鮮にいる被害者を救出するためのものではありません。

 平成14年(2002)9月17日の小泉訪朝で金正日が拉致を認めるまで、日本では現在の認定者も「拉致疑惑」と呼ばれていました。ある意味今の特定失踪者に近い位置づけでした。

 犯人の親分が認めれば「疑惑」というわけにはいかず、「拉致」と断定することになったのですが、そのための法律は支援法(北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律)です。第2条には「被害者 北朝鮮当局によって拉致された日本国民として内閣総理大臣が認定した者をいう」とあり、「内閣総理大臣は、前項第一号の認定をしようとするときは、あらかじめ、関係行政機関の長と協議するものとする」とされています。

 しかしこの法律は基本的に帰国した拉致被害者やその家族を支援するためのものです。確かに政府が支援する場合、誰がその対象であるかを定義する必要があるのは当然です。しかし、その意味での認定は本人たちが帰国してからでも構いません。最優先の問題はまだ北朝鮮に囚われている人たちを救い出すことです。

 一方で政府があたかも認定被害者だけが拉致被害者であるかのようにアピールし(適当に逃げは打ってありますが)、警察庁に特別指導班なる組織まで作り、800人を越える「拉致の可能性の排除出来ない失踪者」を発表し、その一方でこの11年間1件の拉致認定もしないというのは、逆に拉致認定自体が救出への障害になっているとすら思えるのです。

 調査会は現在直接拉致認定を求める活動はしていません。もちろん認定を求める活動を否定するつもりはありませんし、認定されていない被害者が1人でも認定されるべきだとは思いますが、この点は少しでも多くの人が知っておいていただきたいと思います。今日は福岡で予備役ブルーリボンの会のシンポジウムがあり、私もパネラーの1人として参加しますが、救出にあたってもこの点が逆に障害になる可能性があります。そのこともお話ししようと思っています。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月12日

最高領導者 【調査会NEWS2371】(29.1.12)

 北朝鮮のメディアは昨年暮れから金正恩の敬称に「最高領導者」を付けるようになりました。「敬愛する金正恩同志」が「敬愛する最高領導者金正恩同志」という具合に変化しています。

 1月8日の誕生日には何もしなかったので(2月16日の金正日、4月15日の金日成それぞれ誕生日は国家最大の祝日)、やはり色々なところで不安定要因があるのでしょう。母親高英姫が在日出身であることがネックになっているとの説もあります。

 韓国内で昨年から起きている反朴デモと執拗な報道は様々な要因がありますが、その中でも重要なものは北朝鮮の影響でしょう。金正恩体制が不安定なことが韓国への対南工作、特に「統一は大当たり」と言ったり、脱北を促したり。北朝鮮人権法を制定したり、親北極左政党を解散させたりした朴槿恵政権への攻撃につながっています。

 いずれにしても、若大将はあの3人の中でも一番実績もないですし、ある意味「最低領導者」ではあります。そのコンプレックスの裏返しが「最高領導者」という敬称につながっているのかも知れません。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月11日

RBRAシンポジウム(博多)告知記事です

Photo

 産経新聞の九州・山口版です。ぜひ拡散をお願いします。

|

2017年1月10日

成人の日 【調査会NEWS2370】(29.1.10)

 昨日は成人の日でした。街には晴れ着やスーツ姿の新成人が目につきました。私たちの年だと成人の日は1月15日でないとピンとこないのですが、今の新成人には当然のことになっているのでしょうか。

 警察断定の拉致被害者、高敬美・剛姉弟が拉致されたのは44年前。当時敬美さんは6歳、剛さんは3歳でした。2人もすでに49歳と46歳になっているのですが、どんな思いで成人を迎えたのでしょう。学齢前ですし、場合によっては自分たちの置かれた境遇すら知らないかもしれません。特定失踪者リストから考えても未成年で失踪した拉致被害者は多数いるはずです。彼らは晴れ着を着ることもできず、酒を飲んで騒ぐこともできず、救い出してくれない祖国を恨みながら成人の日を迎えたのでしょうか。

 ところでその高姉弟ですが、在日の工作員高大基と日本人渡辺秀子さんの間に生まれた2人は国籍が朝鮮籍で、そのため警察は拉致と断定しているものの政府は支援法の国籍条項によって拉致認定していません。警察断定をしたとき政府は親族に対して政府認定者と同様に扱う旨伝えていますが、実際には全く別の扱いをしています。対策本部のパンフレットにもほとんど載っておらず、拉致問題に関心を持っている人でも高姉弟のことをご存じの方はごく僅かでしょう。

 この問題も今後あらためて対応していかなければと思っている次第です。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月 8日

銅像 【調査会NEWS2369】(29.1.8)

 一昨年暮れの日韓合意の結果として(?)釜山総領事館の前に慰安婦像が置かれました。この調子だと韓国中にあの像が置かれていくんでしょうか。それならこっちは東京の韓国大使館や各地の総領事館の前にでも豊臣秀吉か加藤清正の銅像でも建てたらどうかとか、まあ同じレベルになってしまいますが。

 韓国最大手紙の「朝鮮日報」東京特派員が6日の衆議院本会議で岡田克也・民新党議員がこの件で質問したという記事を書きました。どこか日本国民の知らないところで本会議が秘密裏に開かれ、岡田さんはいつの間にか民「新」党に入っていたのかも知れませんが、普通なら編集局長の首が飛んでもおかしくない誤認、というよりねつ造記事です。現時点ではまだ削除されてませんが相当混乱しているのでしょう。

 それはともかく、今回外務省、というか日本政府の姿勢は結構毅然としたものでした。まあ腹が据えかねたのでしょうが、それならもっと腹を据えかねて欲しい相手がその北にいます。この勢いで北朝鮮から金日成の銅像の撤去を求めるというのはどうでしょう。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月 6日

ランボー 【調査会NEWS2368】(28.1.6)

 拉致被害者救出に自衛隊を使うというと、賛成の人でも反対の人でも勘違いしていることがあります。それは映画の「ランボー」よろしく特殊部隊が潜入して派手な撃ち合いをやって被害者を取り返すというイメージで考えていることです。

 現実問題、シャレではありませんが、そんなランボーなことは日本のみならず世界中の国でできるところはほとんどありません。特に拉致被害者の場合何人いるかも分からないのですから。オペレーション自体はかなり限定的なものになり、当然外交交渉とか、様々なことと取り混ぜて行うことになります。もちろん、現地の情報の収集など、事前に可能な限りの準備をしておかなければならないことは当然です。

 そのあたりの詳しい議論は『自衛隊幻想』(産経新聞出版)をお読み下さい。また、予備役ブルーリボンの会では本書の出版記念のシンポジウムを各地で行っています。そのDVDも販売していますのでぜひご参加・ご覧下さい。また、産経新聞の正月の特集「拉致40年 なぜ救えないのか」の2回目、1月3日付には「自衛隊活用 議論なし」とのタイトルで自衛隊と拉致問題について書かれており前掲書の著者である荒谷卓・伊藤祐靖両氏も登場します。そちらもご一読いただけえれば幸いです。

 現実の救出における準備と併せて、付け加えておけば

(1)交渉も含めた救出作業の中では軍事的威嚇、つまり「いい加減にしねえと痛い目にあわせるぞ」という恐怖感を与える。

(2)自衛官はともかく拉致問題が自分たちが関わるのが当然であり、関わらないでいることが異常であるという認識を持つ

 ということも必要だと思います。ともかく国民の中で議論が進むよう、ご協力をよろしくお願い申し上げます。まあ、個人的にはランボーにやりたいのですが。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月 4日

加藤大臣 【調査会NEWS2367】(28.1.4)

 加藤勝信・拉致問題担当大臣は歴代(民主党政権時代も含め)拉致問題担当大臣の中で極めて珍しい拉致議連役員未経験の大臣でした。就任したときは関係者の皆が「加藤勝信?誰それ?」と驚いたものでした。

 最初に加藤大臣と会ったとき、「この(拉致)問題は総理の専権事項ですから」と言われて「それなら大臣はいらないのではないか」と思いました。安倍総理は拉致問題についてやる気を失ったのではないかとすら考えたのです。

 もともと拉致問題担当大臣というのは、国民一般の印象とは全く異なり、被害者救出にはほとんど権限を持っていません。主な任務は家族会への対応、広報活動などです。極論すれば「拉致問題で大臣を置いている」というPR以外には大きな意味はないとすら言えます。

 ただ、この間加藤大臣と話した印象や様々な人々の加藤勝信評価から考えると、加藤さんという人は無茶苦茶なことをやって現状をぶち壊すのには向いていませんが、調整能力には極めて秀でていると思いました。拉致問題担当大臣は政府の拉致問題対策本部の副本部長として、事態が動けば調整役になるはずであり、もし総理に本気で拉致問題を動かそうという気があって、そのような状況が到来すれば加藤大臣というのは極めて当たり役であり、相当な能力を発揮すると思います。もちろんそのときには兼務している他の担当大臣の役職を全部放り投げてもらわなければなりませんが。

 問題は無茶苦茶なことをやって現状をぶち壊す役を誰がやるかです。これは加藤さんにはできないでしょうし、安倍総理にもおそらくできないでしょう。国民がやるしかありません。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月 3日

約束 【調査会NEWS2366】(28.1.3)

 もう一昨年のこと、になってしまいましたが平成27年(2015)末の日韓合意は昨年の韓国の大騒ぎで吹っ飛んでしまいました。まあどのみち吹っ飛んでしまうだろうとは思っていたのですが、ソウルの大使館前の慰安婦像を撤去するどころか釜山の総領事館の前にもう一つ建ててしまうとまでは思いませんでした。釜山は総領事も領事も古くからの友人で、ご苦労されていることでしょう。

 日本人的には「約束は守るべきもの」というのが共通認識ですが、世界を見渡してみれば必ずしもそうではありません。程度の差こそあれ「約束は相手に守らせるもの」という方が多いでしょう。北朝鮮はもちろん中国もそうですし米国もそんなところがあります。

 しかし相手が約束を守らなかったらどうするか。日本のお役所的には「約束はまだ生きている。相手が守るように求めていく」ということになるのでしょう。慰安婦合意もこちらからは10億円出して向こうはさらに慰安婦像を立てる。その時点で破綻しているはずですが、政府の見解はそうはならないはずです。日朝平壌宣言もストックホルム合意も同様。失敗したといえば責任問題になるので続いていることにする、この建前と現実の乖離をどこかで断ち切らなければ進展はありえません。

 もし約束を守らせようとするなら「守らなければ何をされるか分からない」という恐怖感が必要です。どちらにするのかは仕事始め以降様々な形で政府に質していこうと思っています。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月 2日

特別調査班へのご協力御願い 【調査会NEWS2365】(28.1.2)

 新年早々の御願いで恐縮です。調査会では「特別調査班」を組織し、情報の洗い直しを行っています。とは言え調査会自体吹けば飛ぶような組織ですから、北朝鮮に工作員を送って情報収集するなどという派手なことはできません。しかし、地味な作業ですが例えば昔の新聞記事とか拾っていくと「えっ!」と驚くような報道が結構あるものです。

 つきましては御願いですが、お時間のある方はそれぞれの地元紙の昔の記事などめくってみていただけないでしょうか。不審な事件とかお気付きになったら調査会に送って戴けると幸いです。また不審な船、海岸近くにいた不審な男とか自衛隊施設や在日米軍基地近くで不審な動きをしていた人物とか、情報をお持ちの方はぜひお寄せ下さい。

 それらの中には政府機関や警察が知らない情報、知っていても隠している情報はあるでしょうし、警察の場合はいずれにしても得た情報を出すことはほとんどありません。国会で質問されても「捜査に支障を来す恐れがあるので答弁は差し控えたい」とか言って答えません(そう言いながら都合の良いことはマスコミにリークするのですが)。これまで情報を提供して下さった方の中にも「警察に話したが相手にしてくれなかった」というケースがいくつもあります。

 いずれにしても、まだ山ほど情報が埋もれているはずです。私たちの力だけでは限界があります。拉致問題を少しでも進展させるため、全国の皆様のご協力をよろしくお願いします。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
23:30〜24:00 中波1431kHz(12月31日まで)
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年1月 1日

海陸全力を挙げて戦い…【調査会NEWS2364】(28.1.1)

 「海陸全力を挙げて戦い、余力をもって米英にあたる」

 前にもメールニュースで書いたことがありますが、先の大戦で陸軍と海軍が犬猿の仲だったことを揶揄した言葉です。陸軍と海軍が大げんかし、陸軍が航空母艦や潜水艦まで作った国は他にないと思いますが、そんな状態で世界中の大国相手に戦争して米国以外にはほとんど負けなかったというのは考えてみれば凄いことなのかも知れません。

 ちょっと意味は異なりますが、15年前、平成14年(2002)9月の小泉訪朝で北朝鮮が拉致を認めたのは「国交正常化をしたい」という小泉政権と、「拉致問題を解決しなければ国交正常化はすべきでない」という国民世論の両方があって実現したと言えないこともありません。

 政府が勝手にやれば拉致問題は封印したままで国交正常化に行ってしまったでしょうし、国民世論だけでは北朝鮮は話し合いに乗ってこなかったでしょう。政府は拉致問題をこれで終わりにするつもりだったからこそ北朝鮮は拉致を認めた。しかしその結果世論はさらに高まり、特定失踪者の問題もクローズアップされるに至りました。金正日は騙されたことになり、「日本というのは何とずるがしこい国か」と思ったかもしれません。

 今でも日本の中はバラバラで、「オールジャパン」など念仏に過ぎませんが、「北朝鮮の体制など潰してやる」という立場と「自分だけは皆さんの立場を理解している」と北朝鮮に寄り添う(?)人が、気がついたら共同謀議で拉致被害者救出の役割分担をすることになるかも知れません。

 そんなことが初夢で終わらないようにがんばりましょう。最後になりましたが明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波7410kHz 6145kHz 5935kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波7325kHz 5935kHz 5910kHz(100kW)のいずれか
23:30〜24:00 中波1431kHz(12月31日まで)
01:00〜02:00 短波6180kHz 6110kHz 6085kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・1月14日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 博多」(同会主催)
・TKPガーデンシティ天神(地下鉄空港線天神駅1番出口すぐ 092-720-8003)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

・1月15日(日)13:30「拉致問題を考える国民の集い」(政府拉致問題対策本部・広島県・救う会広島主催)
・広島県民文化センター(広電市内線紙屋町下車徒歩3分)
・代表荒木が参加

・1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分)
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166) 

・2月26日(日)14:00「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 名古屋」(同会主催)
・桜華会館(地下鉄名城線市役所前駅徒歩10分 052-201-8076)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp
 ※曜日と時間が間違って記載されていました。お詫びして訂正します。

・4月29日(土)17:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム in 秋田」(同会主催)
・にぎわい交流館「あう」(秋田駅前 018-853-1133)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp 

----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »