« 2017年5月 | トップページ

2017年6月29日

延坪島にて【調査会NEWS2492】(29.6.29)

特定失踪者問題調査会専務理事 村尾建兒

 27日から韓国入りし、昨日28日からは延坪島(ヨンピョンド)に来ています。仁川国際空港から西に約70キロの北朝鮮を間近に望む島で、ご存知の通り、2010年11月、北朝鮮人民軍と韓国軍が砲撃戦を交えています。この砲撃戦のことは【調査会NEWS2483】(29.6.16) に代表荒木が書いています。

 砲撃で破壊された住宅など一部が保存され、当時の状況を解説する資料館も建てられています。ひとつ面白かったのは北朝鮮の兵器が非常に古く、不発弾が大変多かったとの事。

 ほとんどの住宅は再建されていますが、まだ当時のまま壁にヒビが入った家もたくさん見かけます。また、たくさんの防空壕や軍事施設が点在し、街には韓国海兵隊、韓国海軍の兵士が実銃を装備してトラックで移動するなど、半ば軍事要塞です。未だに休戦、戦争は終わっていない状態である事を強く認識します。

 地元の方の話しでは、当時、とにかく飛んでくる弾頭の音がとても怖かったと話してくれました。民間人がお二人、軍人がお二人犠牲になられています。

 そして夜には今回の目的、しおかぜのモニタリングを実施。短波は予想を上回る電波の強さで、ボリュームを抑えないと割れてしまうくらいの受信感度です。

 一方中波については、混信の中に聴こえるという状況でした。それも混信してるのは我が国の放送、オールナイト◯ッ◯ンです!!

 いかに中波が国内向けの電波であっても、ここ延坪島でここまでクリアに聴こえるという事は北朝鮮内でも十分に聴取可能であると言えますね。中波放送しおかぜについてはモニタリング地域を変えるなどしてもう少しデータを集める必要があるでしょう。

 さて、最後になりますが、延坪島は海を隔てて対岸は北朝鮮です。しかし残念ながら、霧が濃く発生しているために、北朝鮮を目視する事が出来ていません。さらに自分は本日、ソウルへ戻る予定でしたが、なんとその霧のため船が欠航!! もう一泊する事に…
今夜もまたモニタリング出来るので良しとしますか!! 北朝鮮も目視出来るかも知れないし!!(砲弾も飛んでくるかも知れませんが)

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月21日(金)14:00「アニメ『めぐみ』上映会」(拉致問題対策本部・北海道庁・札幌市・救う会北海道主催)
・札幌駅前地下広場(地下鉄札幌駅と大通り駅をつなぐ地下通路のオープンスペース)
・代表荒木が参加
・問合せ 北海道庁国際課(道庁代表番号 011-231-4111)
※イベント自体は10:30に開会され14:00までは映画が繰り返し上映されます。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・「未来韓国TV」(韓国語)
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/nsMax9mlRdU

・チャンネル桜【防人の道NEXT】「しおかぜ」緊急放送 / 特定失踪者問題調査会「特別検証 in 宮崎」報告-村尾建兒氏に聞く[桜H29/6/21]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/ED_FO29H8P4

チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月28日

安村文夫さん 【調査会NEWS2491】(29.6.27)

 今月刊行された『朝鮮大学校研究』(産経新聞出版刊)を読んで、よくもまあ、こういう学校が認可されたものだと半ば呆れ、半ば感心(?)しました。最近の加計学園問題での騒ぎを見るにつけ、「こっちの認可問題の方がよっぽど大事だろう」と思わざるをえません。

 左翼都政だった美濃部知事時代のことではありますが、本書には認可の運動をしている最中に学内では北朝鮮さながらの権力闘争が行われていたとも書かれています。文科省も女性の貧困の研究は厚労省に任せて、今からでもしっかりチェックしてもらいたいものです。

 ところで特定失踪者の中で1人朝鮮大学校に在籍した人がいます。安村(尹)文夫さん。昭和52年(1977)9月16日、新下関駅から新幹線で東京に向かったまま行方が分からなくなりました。当時23歳。

 安村さんは山口県立の普通科高校を卒業後朝鮮大学校工学部に入学しました。お父さんが朝鮮総聯から表彰されたこともあったので朝大にはスムーズに入学できたそうですが、言葉が通じないのと思想的な違和感から1年生の途中で退学、実家に戻っていました。ご家族によれば東京には知人は朝大関係者しかいないとのことなので、何か声がかかったのかも知れませんが詳細は不明です。

 安村さんが失踪する5年前、昭和47年(1972)は金正恩の祖父金日成の還暦の年でした。『朝鮮大学校研究』にも出てきますが朝鮮総聯はその年朝鮮大学校の学生200人を北朝鮮に送ります。還暦祝いの貢ぎ物で、もちろん片道切符です。

 私の中学の1年後輩(在日)も同じ昭和47年、中学2年の夏休みに北朝鮮に行って帰ってきませんでした。夏休みが終わっても登校せず、北朝鮮に行って戻ってこないということは分かったもののそのまま除籍になったようです。このことを知ったのは数年前なのですが、行った経緯は分からないものの、おそらく同じ扱いになったのではないかと思います。

 そして安村さん失踪の3日後には久米裕さん拉致、いわゆる宇出津事件が起きています。翌月には松本京子さん、その翌月には横田めぐみさんが拉致されています。帰還事業と拉致というのは決して無関係ではない、そんな思いもしている次第です。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月21日(金)14:00「アニメ『めぐみ』上映会」(拉致問題対策本部・北海道庁・札幌市・救う会北海道主催)
・札幌駅前地下広場(地下鉄札幌駅と大通り駅をつなぐ地下通路のオープンスペース)
・代表荒木が参加
・問合せ 北海道庁国際課(道庁代表番号 011-231-4111)
※イベント自体は10:30に開会され14:00までは映画が繰り返し上映されます。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・「未来韓国TV」(韓国語)
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/nsMax9mlRdU

・チャンネル桜【防人の道NEXT】「しおかぜ」緊急放送 / 特定失踪者問題調査会「特別検証 in 宮崎」報告-村尾建兒氏に聞く[桜H29/6/21]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/ED_FO29H8P4

チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月27日

報告会画像YouTubeにアップロード 【調査会NEWS2490】(29.6.26)

 去る6月23日に行われた宮崎特別検証の報告会はシステムの都合で中継ができませんでしたが、映像教育研究会の稲川和男代表が撮影された映像を提供して下さり、YouTubeにアップロードすることができました。質疑を除いた約1時間ですが、ぜひご覧下さい。前にお送りした報告書に記載されていない話も出てきます。この場をお借りして稲川代表に御礼申し上げます。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月21日(金)14:00「アニメ『めぐみ』上映会」(拉致問題対策本部・北海道庁・札幌市・救う会北海道主催)
・札幌駅前地下広場(地下鉄札幌駅と大通り駅をつなぐ地下通路のオープンスペース)
・代表荒木が参加
・問合せ 北海道庁国際課(道庁代表番号 011-231-4111)
※イベント自体は10:30に開会され14:00までは映画が繰り返し上映されます。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・「未来韓国TV」(韓国語)
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/nsMax9mlRdU

・チャンネル桜【防人の道NEXT】「しおかぜ」緊急放送 / 特定失踪者問題調査会「特別検証 in 宮崎」報告-村尾建兒氏に聞く[桜H29/6/21]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/ED_FO29H8P4

チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

未来韓国TV

 先日韓国に行って「未来韓国」編集部を訪れたらインターネットテレビに出てくれと言われ、お話ししてきました。準備もしていなかったしいい加減な韓国語でお恥ずかしいのですが。
 지난날 서울로갔을때 "미래한국"편집부를 방문했는데 "미래한국TV"에 출연해 달라고 부탁받고 이렇게 나오게 됐습니다. 한국말이 서투러서 부끄럽지만.

|

2017年6月25日

特別検証(宮崎)報告 【調査会NEWS2489】(29.6.25)

 以下、23日の報告会で発表した宮崎での特別検証報告をお送りします。長くなりますがご関心のある方は御一読いただけると幸いです。なお報告会のもよういついては後日YouTubeなどで公開する予定です。

特定失踪者問題調査会第6回(宮崎海上)報告書
特定失踪者問題調査会
1 第6回特別検証について
 宮崎県において1980年代を中心に拉致・失踪・工作員関連事案が相次いでいる。その理由が何なのかを中心に海上からの検証を行った。

2 日時 平成29年(2017)6月8日(木曜日)

3 場所 宮崎県南部(小丸川河口〜青島)

4 参加者

(1)調査会:代表・荒木和博、副代表・岡田和典、専務理事・村尾建兒、常務理事・杉野正治、同・武藤政春

(2)家族:家族:水居徹(水居明さん子息)、前山利恵子・光秋(園田一・敏子夫妻の娘夫妻)、増元照明(増元るみ子さんの弟)

(3)支援者:吉田好克・救う会宮崎代表、津曲久美・美代ちゃんの失踪を考える33の会代表

5 日程

 08:30宮崎港・檍浜(あおきはま)漁協集合。ブリーフィング後乗船(マスコミも含め4隻)小丸川河口・一ツ瀬川河口、石崎浜と検証を行い檍浜に戻って昼食、その後青島に向かい海上からの検証後16:30頃帰港。ブリーフィングを行い終了。

6 検証内容

(1)不審船による追跡事案(小丸川河口付近)

 平成25年(2013)10月5日放送されたTBS『報道特集』の中で、林田さん・水居さんが行方不明となる前の昭和62年(1987)に高鍋町小丸川(おまるがわ)河口で船から友人と釣りをしていた人が不審船に追いかけられるという事案が発生していた。概要は以下の通り。
------------------------------------
 この年7月か8月頃、男性が友人と海釣りをしていたところ、正体不明の船が近づいてきた。銃でも撃たれるのではと恐怖を感じ、慌てて糸を切って様子をうかがいながら逃げたがゆっくりとついてくる。河口付近の水深の浅いところへ逃げたらようやく引き返していった。船は約25メートル位(平成13年奄美沖工作船事案で自沈した工作船は約30メートル)。 後部にクレーンがあり、後部の柵がなかった。船体は黒っぽかった。
------------------------------------
 一方、2003(平成15)年9月18日に放送されたテレビ朝日の報道番組『迷宮の扉』でもこの不審船に関する場面があった。
------------------------------------
 高鍋町の沖合い約4キロメートルの海上で釣りをしていた二人の船に沖合いから見たことのない船が近づいてきたので錨を上げて逃げたら、その船が追いかけてきた。少し離れて見ているとジワジワとまた寄ってきた。クレーンのような物を装備していた。奄美沖で自沈した工作船に似ていた。
------------------------------------
 宮崎市から小丸川河口まで向かう途中感じたのはこの地域の地形が平坦で目標とすべきものが極めて少ないということだった。第4回の特別検証では反対側(九州の西側)となる鹿児島吹上浜周辺を海上から検証したが、吹上浜も同様松林と砂浜が続いているものの、沖合には中継地点となる久多島があり、陸上には目標となる金峰山があった。宮崎市以北の海岸にはそのどちらにあたるものも存在しない。

 宮崎ー高鍋間で目標となるものはこの小丸川及び南にある一ツ瀬川(後述)の河口、そしてその間にあるKDDIのマイクロ波通信タワー(現在は使われていないが平成4年-1992-に設置されており岩本美代子さん失踪の時点では存在した)、あとは後述の航空自衛隊新田原基地(新富町)である。

 これらから考えると河口は重要な上陸ポイントである可能性が高く、上記の目撃証言の船も北朝鮮の工作船である可能性は否定できない。ただしこれまで明らかにされた工作船の写真の中に後ろが開いた船というのは目撃されていないのでさらに検証は必要だと思われる。

 なお小丸川の河口は奥に中州があり、周辺も身を隠すのに便利であるとのこと。あらためて陸上の検証が必要である。

(2) 林田さん・水居さん失踪関連事案(一ツ瀬川河口付近)

 昭和63年(1988)7月17日日曜早朝、高鍋町の建設会社社長・林田幸男さん(当時53歳)と宮崎市の不動産会社社長・水居明さん(当時51歳)の2人は、宮崎市赤江の通称タンボリに停泊させていた林田さん所有のプレジャーボート「共擁丸」1t(ヤンマー製・マリン・ハンターFZ25)で海釣りのため午前4時頃出港したが夜になっても帰港せず行方不明となった。林田さんの家族は翌18日午前、海上保安庁油津海上保安部へ届け出を行い、海と空から捜索が行われた。

 その結果、タンポリから北東57kmのところで海保の船が救命胴衣を見つけた。救命胴衣には髪の毛が2〜3本着いており灯油が染みていたが、結局『共擁丸』のものかどうかは分からなかった。それ以外には船体はもちろん一切の遺留品が見つからず、また事案発覚後、宮崎市稗原町所在の釣具店によるパーソナル無線を使用した連日の呼びかけにも応じることはなく、行方不明のままとなった。

 林田さんは失踪事件の前に宮崎県警が作成したビラを見ていた。娘さんに「もしデートするなら夜遅くとか、暗くなってから海岸には近づくな、大変なことになる」と言っていた。失踪ひと月前に林田さんは夫人に「探偵でも付けているのではないか」と言っている。また林田さんは、弟さんに「一か月後に自分がいなくなったら…」と言ったことがあった。これが何を意味するのか不明だが、あるいは固定スパイに追尾されていた可能性がある。

 船が近海でまるごといなくなるケースは他にない。共擁丸の大きさはアンテナを外せば工作母船に収納できる大きさとも言われ、工作子船代わりに使われた可能性もある。プレジャーボートであれば漁船以上に怪しまれないからである。

 今回検証したのは前述TBS『報道特集』の中で、林田幸男さん・水居明さんが行方不明となった翌日、一ツ瀬川の河口付近で沈みかけているクルーザーのような船を見かけたという証言についてである。

☆報道要約
------------------------------------
 昭和63年(1988)7月18日(林田さん・水居さん失踪の翌日)、福岡から宮崎へ福岡在住の会社員K氏(福岡在住)が福岡空港から飛行機で宮崎空港に向かう際、沈みかけた船を目撃した。飛行機は一ツ瀬川河口の南側を川に沿って東へ向かい、海上でUターンして宮崎空港に着陸(10:45着)するが、そのとき河口付近で白いクルーザーのような船が沈みかかっているのを目撃した。船は船尾の方が沈みかけていて船首が上の方を向いていた。着陸後、すぐに海保に連絡をした。その後平成18年(2006)になってK氏のもとに宮崎南署が聴取に訪れている。
------------------------------------
 K氏は非常にまめな性格で、極めて詳細な記録を残しており、当時すぐに海保に連絡をするなどの行動からしても、そのような船があった可能性は極めて高いと思われる。問題はそれが共擁丸であったかというだが、平成18年になって警察がK氏のもとを訪れていることは海保から警察に情報が伝わったということでもあり、当時何らかのう動きはあったものと思われる。この情報については関係機関に何らかの記録がないか調査を進める必要がある。

 なお、前述のように一ツ瀬川の北側には航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地がある。新田原基地は昭和15年(1940)陸軍の飛行場として開隊し、終戦後一旦開拓農地になった後航空自衛隊設置後再度飛行場として使用することが決定。昭和33年(1958)滑走路が完成し、現在は第5航空団などが置かれている。検証中もF15などがひっきりなしに訓練で離着陸を繰り返していた。目標物という意味のみならず、朝鮮半島有事にかかわる軍事施設という意味で北朝鮮が注目していたとしても不思議ではない。その見地からの調査も今後必要であると思われた。


(3) 岩本美代子さん失踪関連(石崎浜)

 平成7年(1995)11月5日(日曜日)、佐土原町(現宮崎市)に居住していた岩本美代子さん(当時36歳・建設会社勤務)が自身の私有車で交際していた男性A氏と出かけたまま一人行方不明となり、その後私有車だけが石崎浜(佐土原)の海岸で斜面に乗り上げるようにして放置されているのが発見されている。

 平成26年(2014)6月22日付朝日新聞宮崎版の記事によれば当日の朝、家を私有車で出た美代子さんは宮崎市フェニックス自然動物園の駐車場に私有車を置き、A氏の車に乗り換えて北に向かったが途中で喧嘩となり、引き返して正午ごろ動物園の駐車場でA氏と別れたとされている。美代子さんの行方不明後、私有車は動物園駐車場から北に約3km離れた石崎浜の海岸で鍵が付いたまま放置されているのが発見された。美代子さんは酒を嗜まないのにA氏から誕生日のプレゼントとして送られたというウイスキーが撒かれ、ボトルが残っていた。ウイスキーの箱には美代子さんの物と思われる衣服が詰め込まれた状態で残されていたという。

 当日の朝、美代子さんは自宅を出る際に祖母から「手紙を投函してほしい」と頼まれていた。その手紙は宛先に届いていたが消印は日南市宮浦に所在する『鵜戸郵便局』のものであり、A氏の証言が正しいのであれば、美代子さんは当日の正午頃、フェニックス自然動物園の駐車場でA氏と別れた後、約50キロ南下し日南市まで行き、鵜戸郵便局の管内で手紙を投函し、再び佐土原に戻ってきたことになる。さらに美代子さんが当日持参したカメラは後日、日向方面の質屋から発見された模様であるが、A氏の証言では当日は日向方面に向かったものの、日向大橋で引き返したことになっており、カメラだけが日向方面で発見されたことも不可思議である(佐土原と日向の距離は約60キロ)。なおA氏は当時警察に事情聴取を受けたが、アリバイがあったとされている。

 当日の検証では岩本美代子さんの同級生で、「美代ちゃんの失踪を考える33の会」の津曲久美代表が車輌の置かれていた海岸に立って位置を示してくれた。この場所は近くに一ツ瀬川の河口、さらにその北に前述のKDDIマイクロ波通信タワーがあり、海上から見ると3カ所はかなり近くに感じられる。またその一ツ瀬川の上流にあるのが岩本さんとA氏が引き返したとされる日向大橋である。海上から見た位置関係からすれば何らかのつながりも考えられる。
 
※本件について海上からの検証とは関係ないが今回の検証の準備段階で岩本美代子さんの失踪について次の様な問題点が提起されている。

・従来の「失踪当日の経緯」の殆どはA氏の供述が基になっているが、失踪後のA氏や勤務先の上司の言動などから、疑いは拭いきれない。また郵便物の消印や質屋から出てきたカメラなど、疑問は多く残る。したがって岩本美代子さんの失踪の経緯については今一度ゼロベースで考える必要を感じる。

・失踪約1週間後、11月11日から13日まで天皇皇后両陛下が宮崎県を行幸啓されており県警・海保はかなり早い段階から厳戒態勢をしいていたはずであり、拉致を含む工作活動も通常より困難であった可能性がある。しかし逆に厳戒態勢下で事件性の疑われる失踪が発生した場合、責任を問われることを恐れて、自殺で処理した可能性も排除できない。

・失踪のおよそ4年前に岩本さんは周囲に「向かいのアパートから覗かれて…」と話していた。これが失踪(拉致)と関連しているとすれば、かなり早い時期に目をつけられていたことになる。したがって岩本美代子さんの失踪以前の背景についても改めて調査をする必要がある。

(4)原敕晁さん拉致現場及び田口八重子さん拉致関連(青島)

(ア)原敕晁さん

 昭和55年(1980)年6月中旬、当時大阪市天王寺区の中華料理店『宝海桜』に勤めていた原敕晁さん(当時49歳)が北朝鮮工作員・辛光洙の主導により、『宝海桜』店主の李三俊らによって宮崎市青島の橘ホテルで飲食させられた後、海岸まで誘い出されて拉致された。辛光洙は北朝鮮に帰国して工作員の再教育を受けていた際、指導部の幹部から「日本人を拉致し、本人になりすまして在日工作を続けよ」との指令を受け、李吉炳(在日朝鮮人大阪府商工会長)、李三俊(在日朝鮮人大阪府商工会元理事長)らと計画を練り、李三俊が経営する中国料理店「宝海楼」のコックとして勤務していた原さんに対し「良い職場を世話する」とだまして宮崎県日南市の青島海岸まで連れ出し、橘ホテルで飲食させて酔わせ、海岸に連れ出した後、「こどもの国」付近の海岸で工作員らに引き渡し、辛光洙も同行して北朝鮮に拉致していった。

 このあと辛は、原さんを監禁した招待所で原さんから本人の経歴、家族の構成、過去の生活から中国料理法までマスター、完全に本人になりすまして同年11月、再び日本に密入国し、原さん名義の旅券、運転免許証、国民保険証などの発給を受け、韓国へ渡航するなどしてスパイ活動を続けていた。昭和60年(1985)2月26日ソウルで逮捕された。同年6月28日付朝日新聞の記事には次のように記載されている。
------------------------------------
 (国家安全企画部)の発表によると、主犯の辛は北朝鮮の最高首脳から「日本人をら致し、本人になりすまして在日工作を続けよ」との指令を受け、八〇年四月、李三俊・在日朝鮮人大阪府商工会元理事長らと計画を練り、李氏が経営する中国料理店「宝海楼」=大阪市天王寺区下味原=に勤める日本人コック原敕晃(ただあき)さん(四九)が独身で身寄りの少ないことに目をつけた。八〇年六月、原さんを「良い職場を世話する」とだまして宮崎県青島にある李吉炳・在日朝鮮人大阪府商工会長所有の別荘に連れ込んだ。さらに青島海水浴場の児童公園に誘い出したうえ、ここで待ち構えていた北朝鮮工作員四人と力ずくで口をふさぎ、手足をしばった後、袋に入れて八人乗りゴムボートで五百メートル沖に待機していた北朝鮮の工作船に移し、辛が同行して北朝鮮へ連れ去ったという。このあと辛は、原さんの経歴、家族の構成、過去の生活から中国料理法までマスター、完全に本人になりすまして、八〇年十一月、日本に不法入国し、原さん名義の旅券、運転免許証、国民保険証などの発給を受け、韓国へ来るなどしてスパイ活動を続けていたという。
------------------------------------
 記事にある李吉炳の別荘は実在せず、「別荘に行こう」ということで声をかけられ、途中時間があるからと橘ホテルで食事をしたとされている。

 海上からの検証は全体の日程が遅れて時間が足りず、十分にできなかったが、宮崎市以北と異なり日南海岸は比較的変化が多く地形を識別しやすいように感じた。青島海岸の場合何と言っても青島が侵入のための目標物としては最も分かりやすいが、周辺の「鬼の洗濯板」と言われる地形は上陸には向いていないようにも思われる。青島が目標物としてのみ使われて、実際の上陸は海水浴場を使ったとも考えられる。

 ただし、当時新婚旅行ブームが下火になっていたとはいえ宮崎県の代表的観光地であり、観光客も多かったと思われるこの地域がなぜ拉致に使われたのかはやはり疑問が残る。人が多くても使ったということであれば、やはり安定した「工作土台」が存在し、使い易かったということであろう。本件で警察は拉致犯罪として立件をしようとしたが韓国の捜査当局の書類の不備などを理由に検察が起訴をしなかったと言われている。

(イ)田口八重子さん

 東京都豊島区に居住し、池袋駅近くの飲食店に勤めていた田口八重子さん(当時22歳)は、昭和53年(1978)6月12日、子供2人をベビーホテルに預けたまま行方不明となった。行方不明から9年後の昭和62年(1987)11月29日に発生した「大韓航空機爆破事件」で逮捕された北朝鮮工作員・金賢姫が北朝鮮で日本人化教育を受けていた際の教官役が田口八重子さんと判明し、北朝鮮による拉致事件だったことが判明した。

 平成14年(2002)9月、小泉首相が北朝鮮を訪問し金正日と会談した際に日本人拉致を認め、その後田口さんについては宮崎県の青島海岸から連れてきた旨の発表があった。拉致被害者で帰国した地村富貴恵さんは田口さんから「北朝鮮の南浦に着いた」と聞いていた。一方で佐渡からの拉致説もあり、現時点でも日本政府や警察は田口さんの拉致現場に関しては表向き「不明」としている。

 田口さんは拉致される前同僚に「新潟に行く」と話していたとも言われる。母の出身が佐渡であったことから「新潟」がいつの間にか「佐渡」になってしまったようにも思われる。新潟県の本土のどこか(例えば2カ月後に蓮池さん夫妻が拉致された柏崎等)から連れ出されたという仮定も成り立つのではないか。北朝鮮が拉致現場を青島としているのは逆に青島でないという証拠とも言える。結婚したことになっている原敕晁さんと結びつけようとする目的が考えられ、ここから連れ去られたものでないとするのが妥当であろう。

<参考>

 以下は今回行けなかった場所及び今後あらためて検証の必要な場所について参考まで記述する。

(1) 小戸之瀬(おどのせ)

 宮崎港南東部・青島沖約30kmの地点にある地点で林田幸男さん・水居明さんが好んで通っていた釣り場である。

(2)鵜戸崎 沖 不審船『第31幸栄丸』逃走事案

 昭和60年(1985)4月25日朝、宮崎県日南鵜戸崎の東南20kmの海上を北に向かう「第31幸栄丸」と表示された不審な漁船を漁業監視船が発見、臨検のため接近すると、不審船は猛烈なスピードで逃走したため、連絡を受けた第10管区海上保安本部は、空と海から2昼夜(38時間半)にわたって約1000kmを追跡した。しかし、不審船は時速32ノットのスピードで東シナ海に西進して、27日午前1時過ぎ、屋久島の北西約610kmの東シナ海海上で姿を消したが、南浦港に帰還したことが確認された。

(3)和田幸二さん失踪事案

 昭和63年(1988)8月19日、南郷町(現日南市)に居住する漁師の和田幸二さん(当時31歳)は知り合いのスナックで知り合った男性の漁師と意気投合し、自分の私有車で自宅近くまで送った後、車ごと行方不明となった。男性の言によればスナックを出た後、朝の2時か3時頃、うどん屋に入り、そこを出た後、男性を自宅近くまで車で送り(和田さんは酒を飲まない)、その後、南の方角に車で行ったとのことだが、痕跡がない。

 和田さんについては、脱北者が北朝鮮で平壌の羊角島ホテルの工事現場で空調や電気工事の責任者として働いていた旨の目撃証言を行っているが、未だに裏付けとなるものがない。家族によれば手先は器用だったが電気や空調関係の仕事に従事したことはなかったという。

(4)園田一さん・トシ子さん失踪事案

 鹿児島県大崎町に住む養鶏場管理人園田一さん(当時53歳)と夫人の敏子さん(当時42歳)は帰省する娘さんを宮崎空港に迎えに行くため昭和46年(1971)12月30日、車で鹿児島県大崎町の自宅(管理人宿舎)を出たまま失踪、車も見つかっていない。最後に目撃されたのは自宅前の道から国道269号線に出てまもなくのガソリンスタンドであった。ここで都城を経由して宮崎空港に向かうと言っている。このケースは車を何らかの方法で停止させられ、拉致されたものと思われるが、その場所が宮崎だったのか、あるいは鹿児島県内だったのかは分かっていない。

(4)宮崎県下の拉致・失踪・工作員密出入国

 宮崎県下での北朝鮮工作員による活動は、公表されているものでは辛光洙による密入国と、原敕晁さんを拉致しての密出国、「日向事件」の黄成国による密入国と密出国などが挙げられるが、これに特定失踪者の事案などを時系列に一覧で表すと以下のようになる。

・昭和46年(1971)12月30日 鹿児島県大崎町から自家用車で宮崎空港に向かった園田一・敏子夫妻が車ごと失踪。

・昭和48年(1973)〜51年(1976)のいずれかの時期 日南市青島海岸に辛光洙が同居女性を伴い青島海岸に旅行。到着後、女性を返し地形偵察及び工作員との接触行動を行ったと考えられる。

・昭和53年(1978)6月 田口八重子さんが東京・豊島区から拉致される。平成14年の小泉訪朝後北朝鮮側は「青島海岸から連れてきた」旨の発表

・昭和55年(1980)4月 辛光洙が日本人拉致・背乗りの指令を受けて日向市五十鈴川河口付近の海岸から潜入。

・同6月 日向市小倉ヶ浜から北朝鮮工作員黄成国が在日韓国人や韓国留学生の韓国潜入工作、工作員の指導監督などの目的をもって潜入

・同6月中旬 辛光洙が大阪から原敕晁さんを青島海岸まで連れ出し、拉致するとともに自らも北朝鮮へ向けて密出国

・同9月30日 日向市小倉ヶ浜から黄成国が北朝鮮へ向けて密出国(日向事件)

・同10月20日頃 日向市小倉ヶ浜から黄成国が密入国

・昭和56年(1981)6月24日 日向市金ヶ浜で黄成国は北朝鮮へ向けて密出国する予定でいたが、台風の影響で迎えの工作船と落ち合えず海岸を徘徊中に住民から通報され逮捕される。

・昭和58年(1983)年6月19日 警察発表者黒木節男さんが日向市駅まで友人を送った後、車ごと行方不明となる。

・昭和60年(1985)4月25日 日南市鵜戸崎沖約20kmの海上で「第1幸栄丸」と表記した不審船を海保が発見、追跡するも逃走、南浦に逃げ帰る。

・昭和63年(1988)7月17日 林田幸男さんと水居明さんがプレジャーボート「共擁丸」で釣りに出港したまま帰港せず船ごと行方不明となる。

・同8月19日 南郷町(現日南市)の和田幸二さんが飲食店で飲食後、知り合った男性を自宅近くまで送った後、車ごと行方不明となる。

・平成7年(1995)11月5日佐土原町(元宮崎市)の岩本美代子さんが交際相手とドライブに行き途中で別れた後、行方不明となった。本人の私有車は佐土原の海岸で発見された。

注:日向事件 (『戦後のスパイ事件』東京法令出版から要約)

 この事件は、宮崎県下の海岸から密入国した北朝鮮工作員 斉藤幸雄こと黄成国(当時62歳)が、北朝鮮から携行した偽造外国人登録証明書を使用して在日朝鮮人に成り済まし、東京都内に潜伏し、元朝鮮籍の帰化人である北朝鮮工作員 Aらを指導監督しつつ、在日韓国人等の獲得及び韓国送り込み、自衛隊や日本の対朝鮮政策に関する情報収集などを行っていたスパイ事件である。

 黄成国は、昭和18年 徴用工として渡日し、広島県呉造船所で2年間稼働の後に帰国し、昭和29年に北朝鮮工作員として採用され、約3年間のスパイ訓練を受けた後、北朝鮮の指定する在日朝鮮人の北朝鮮送り込み工作を指示され、昭和35年9月、京都府下の経ヶ岬から密入国した。

 その後、北朝鮮に密出国し、北朝鮮工作員に対する訓練を担当し、日本の情勢についての教育等を行っていたが、昭和55年3月、再度スパイ訓練を受け、韓国で指導的立場に立てる在日韓国人や韓国留学生の獲得、獲得した在日韓国人や韓国留学生の韓国潜入工作、北朝鮮工作員の指導監督などの任務を指示され、昭和55年6月、乱数表、暗号表、偽造外国人登録証明書、工作資金等を携行して宮崎県日向市の小倉ヶ浜海岸から密入国した。

 密入国後、黄成国は、Aと連絡をとり、東京都内の在日韓国人宅にアジトを設定し、会社を経営する大阪居住在日韓国人Bを獲得して、会社を韓国に進出させる準備を進め、Bを頻繁に渡韓させていた。

 その後、Bが韓国においてスパイ容疑で逮捕されたことから、身の危険を感じ、北朝鮮からの帰還指令を受けて昭和56年6月、宮崎県日向市の金ヶ浜海岸から北朝鮮に密出国しようとした。
 宮崎県警は6月24日、折からの台風のため北朝鮮工作船と合流できないまま、日向市の通称金ヶ浜海岸を徘徊中の黄成国を逮捕し、脱出しようとしていた海岸の松林から、暗号メモ、脱出地点の地図、偽造外国人登録証明書等を発見するとともに、7月10日、Aを逮捕し、暗号表、暗号指令受信録音テープ等のスパイ活動を裏付ける資料を押収した。

まとめ

 今回事前調査の中で日向事件などの意味がクローズアップされた。日向に工作拠点なども含めた重要性があったのではないかと思われたが、遠方であり行くことができなかった。今後陸上からだけでも調べてみる必要がある。この点は青島より南も同様である。また、海上から見て宮崎の河川の河口は地形が複雑で、小丸川の河口なども陸上からの検証をあらためて行う必要があるだろう。

 宮崎における工作員の活動は1980年代特に活発化しているが、おそらくその前から使われており、1970年代日本海側の警備が厳しくなったために頻繁に使われるようになったものと推定される。また、原敕晁さん拉致事件などに使われたことを考えると有力な工作土台が存在した(している?)と思われる。元朝鮮総聯財政局副局長韓光煕の著書にある38カ所の上陸ポイントには宮崎は1カ所もない。逆に考えれば日本中にどれだけ多数の上陸ポイントがあるか分からないということでもある。

 なお今次特別検証の実務面では以下の反省点があった。

・ドローンの喪失

 今回青島までの各所でドローンによる空撮を行ったが、最後の飛行の折操縦不能になりドローンが墜落水没した(写真)。原因は不明だがドローンの喪失以上にそれまでの画像データが全て失われたことが惜しまれる。今後使用の際には頻繁にSDカードの交換をすることが必要であると痛感した。

・船団による行動の問題点

 今回マスコミ用を含めて4隻をチャーターしたが、速力にかなりの差があり、遅い船に合わせたために大幅に日程が遅れた。本来は青島からさらに南下する予定だったが青島沖で引き返さざるをえなかった。船同士の意思疎通も難しく(艦対行動がいかに難しいかを痛感した)、今後はできるだけ大きな船で隻数を減らすべきであろう。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月21日(金)14:00「アニメ『めぐみ』上映会」(拉致問題対策本部・北海道庁・札幌市・救う会北海道主催)
・札幌駅前地下広場(地下鉄札幌駅と大通り駅をつなぐ地下通路のオープンスペース)
・代表荒木が参加
・問合せ 北海道庁国際課(道庁代表番号 011-231-4111)
※イベント自体は10:30に開会され14:00までは映画が繰り返し上映されます。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の道NEXT】「しおかぜ」緊急放送 / 特定失踪者問題調査会「特別検証 in 宮崎」報告-村尾建兒氏に聞く[桜H29/6/21]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/ED_FO29H8P4

チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月23日

生島馨子さんに聞く 【調査会NEWS2488】(29.6.23)

 これまでも代表荒木がキャスターを務めるインターネット放送「チャンネルAJER」で特定失踪者のご家族に出演いただいてきましたが、今回は特定失踪者家族会の幹事でもある生島孝子さんのお姉さん、生島馨子さんに出演いただきました。

 「チャンネルAJER」は会員制ですが、前半後半に別れた前半は無料で視聴でき、YouTubeでもご覧いただけます。ぜひご覧下さい。

 

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・6月23日(金) 18:30 特別検証緊急報告会(調査会主催)
・小石川運動場会議室(文京区後楽1-8-23 03-3811-4507)
都営地下鉄大江戸線飯田橋駅C3出口徒歩3分
・問合せ 調査会

・7月21日(金)14:00「アニメ『めぐみ』上映会」(拉致問題対策本部・北海道庁・札幌市・救う会北海道主催)
・札幌駅前地下広場(地下鉄札幌駅と大通り駅をつなぐ地下通路のオープンスペース)
・代表荒木が参加
・問合せ 北海道庁国際課(道庁代表番号 011-231-4111)
※イベント自体は10:30に開会され14:00までは映画が繰り返し上映されます。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の道NEXT】「しおかぜ」緊急放送 / 特定失踪者問題調査会「特別検証 in 宮崎」報告-村尾建兒氏に聞く[桜H29/6/21]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/ED_FO29H8P4

チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月21日

ワームビア氏 【調査会NEWS2487】(29.6.21)

 昨年1月北朝鮮で拘束された米国人青年ワームビア氏が6月13日に帰国、19日に亡くなったというニュースは衝撃的でした。死因はご家族が解剖を拒否したことから不明ですが、恐らく拘束されてからそれほど経たないうちに何らかの拷問によって脳に障害を来したものと思われます。

 これについてトランプ大統領は「残忍な北朝鮮政権を非難する」と言っていますが、今のところ特に報復するとかいうことでもないようで(米国内のことはよく分かりませんが)、その点ではあまり日本と変わらないのかも知れません。

 それはともかく、私がこのニュースを受けて感じたのは、「拉致被害者でこうなっている人はいないのだろうか」ということでした。正直ご家族とともにやっている身としては考えたくないのですが、北朝鮮に身柄がある限りその心配はぬぐえません。今そうでなくても明日そういう仕打ちを受ける可能性もあります。

 平成22年(2010)11月23日、北朝鮮は韓国の延坪島に突然砲撃を加えました、これで韓国軍の海兵隊員2名と民間人2名が亡くなりました。砲撃を行った陣地の一つがある茂島を5月に視察した金正恩は、当時のことを「停戦以後の最も痛快な戦いだった」と言っています。そんな人間、自分の叔父さんであろうが側近であろうが残虐な粛清をしてしまう人間が最高指導者をやっている国に拉致被害者がい続けることは、決して「現状維持」ではないということを正面から受け止めなければなりません。

 ワームビア氏のご逝去を悼み、せめてその教訓を活かさなければと思っている次第です。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・6月23日(金) 18:30 特別検証緊急報告会(調査会主催)
・小石川運動場会議室(文京区後楽1-8-23 03-3811-4507)
都営地下鉄大江戸線飯田橋駅C3出口徒歩3分
・問合せ 調査会

・7月21日(金)14:00「アニメ『めぐみ』上映会」(拉致問題対策本部・北海道庁・札幌市・救う会北海道主催)
・札幌駅前地下広場(地下鉄札幌駅と大通り駅をつなぐ地下通路のオープンスペース)
・代表荒木が参加
・問合せ 北海道庁国際課(道庁代表番号 011-231-4111)
※イベント自体は10:30に開会され14:00までは映画が繰り返し上映されます。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月19日

特別検証緊急報告会に多数のご参加を 【調査会NEWS2486】(29.6.19)

 既にお知らせしている宮崎特別検証について緊急報告会ですが、開催まであまり時間がなく周知が思うように進まない状態です。関係各位には恐縮ですが周辺の方へのお声がけ等拡散にご協力賜りたくお願い申し上げます。

日時 6月23日(金) 18:30〜20:00

場所 文京区小石川運動場会議室(文京区後楽1-8-23 03-3811-4507)都営地下鉄大江戸線飯田橋駅C3出口徒歩3分

 http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_sports_shisetsu_koishikawa.html

参加者 代表荒木他調査会役員
特定失踪者家族会 矢島文恵副会長・竹下珠路事務局長・水居徹幹事
※水居さんは今回の調査対象で昭和63年(1988)に海上で失踪した水居明さんの息子さんです。海上からの検証にも参加されました。

内容 海上からの特別検証に関する報告
   岩本美代子さん失踪について
   その他

中継 http://www.ustream.tv/channel/特定失踪者問題調査会 
※ただし今回は中継トラブルが起きる可能性がありますので予めご了承下さい。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・6月23日(金) 18:30 特別検証緊急報告会(調査会主催)
・小石川運動場会議室(文京区後楽1-8-23 03-3811-4507)
都営地下鉄大江戸線飯田橋駅C3出口徒歩3分
・問合せ 調査会

・7月21日(金)14:00「アニメ『めぐみ』上映会」(拉致問題対策本部・北海道庁・札幌市主催)
・札幌駅前地下広場(地下鉄札幌駅と大通り駅をつなぐ地下通路のオープンスペース)
・代表荒木が参加
・問合せ 北海道庁国際課(道庁代表番号 011-231-4111)
※イベント自体は10:30に開会され14:00まではアニメ「めぐみ」と映画「私たちは何故、気付かなかったのか」が繰り返し上映されます。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

新ポスター・ビラ完成 【調査会NEWS2485】(29.6.19)

Ver21
 新しいポスターとビラ(どちらもVer.21)ができました。

 ポスターはこれまでと同様B1版で前回から所在確認された人を抜き新たに公開された人を入れるなど(各1名)修正しています。1枚100円(送料調査会負担)でお分けしますのでご活用下さい。枚数×100円をお振込いただければ折り返しお送りします。

 郵便振替ご利用の場合は振替用紙にポスターの代金であることと送り先の住所をご明記下さい(カンパと混同される場合があるため)。20枚程度までなら切手でも結構です。詳しくは調査会までお問い合せ下さい。なお、特定失踪者ご家族等これまで郵送ニュース「ひびき」をお送りしているところには次号に同封します。

 ビラもこれまで同様A4版で片面はポスターを縮小したもの。集会・街頭活動などでご利用下さい。こちらは無料ですが在庫がなくなることがありますので使われる日にちが決まっている場合は早めにご連絡下さい。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月21日(金)14:00「アニメ『めぐみ』上映会」(拉致問題対策本部・北海道庁・札幌市主催)
・札幌駅前地下広場(地下鉄札幌駅と大通り駅をつなぐ地下通路のオープンスペース)
・代表荒木が参加
・問合せ 北海道庁国際課(道庁代表番号 011-231-4111)
※イベント自体は10:30に開会され14:00まではアニメ「めぐみ」と映画「私たちは何故、気付かなかったのか」が繰り返し上映されます。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月16日

特別検証(宮崎)緊急報告会 【調査会NEWS2484】(29.6.16)

 去る6月8日に行った宮崎における海上からの特別検証について緊急報告会を行います。開催まであまり時間がなく申しわけありませんが、多数の皆様のご来場をお待ちしております。

日時 6月23日(金) 18:30〜20:00

場所 文京区小石川運動場会議室(文京区後楽1-8-23 03-3811-4507)都営地下鉄大江戸線飯田橋駅C3出口徒歩3分

 http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_sports_shisetsu_koishikawa.html

参加者 代表荒木他調査会役員等

内容 海上からの特別検証に関する報告
   岩本美代子さん失踪について
   その他

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

「海外事情」6月号

 拓殖大学海外事情研究所の月刊「海外事情」6月号に「安全保障問題としての拉致事件」と題し寄稿しました。今月は朝鮮半島特集です。ご関心があれば御一読下さい。書店にはありませんのでお問い合わせ・ご購入は拓殖大学研究支援課までお願いします(03-3947-7595)。 

20170616150707


|

痛快 【調査会NEWS2483】(29.6.16)

Photo

(写真は砲撃2カ月後の延坪島市街地。手前は調査会武藤常務理事)

 「(偉大な領導者金正恩同志におかれては)延坪島砲撃戦は(朝鮮戦争の)停戦以後の最も痛快な戦いだった。茂(ム)島英雄防御隊軍人たちの遺訓はわが党歴史とともに永く伝えられる輝かしい軍功であるとおっしゃり、新たに入隊した軍人は誇らしい遺訓のバトンをしっかり引き継いで今後の戦いでも英雄防御隊の本領を再び見せなければならないとお話しになった」

 これは北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」の5月5日付「敬愛する最高領導者金正恩同志におかれては西南前線水域最南端に位置するチャンジェ島防御隊と茂島英雄防御隊を視察された」という記事の一部です。「延坪島砲撃戦」というのは平成22年(2010)11月23日、黄海にある韓国領の延坪島に北朝鮮側が突然大砲やロケット弾を撃ち込んだ事件です。

 撃たれてから韓国側も自走砲で反撃しましたが、海兵隊員2名と民間人2名が亡くなり、延坪島の市外もかなりの部分が焼失・破壊されました。

 その砲撃をした島を金正恩が視察した報道が冒頭の部分。何もしていない韓国側にいきなり砲撃を行い、民間人まで殺したのが「痛快」だったのだそうです。この8カ月前、3月26日には魚雷による奇襲で韓国海軍哨戒艦「天安」を撃沈し、46名を戦死させています。

 韓国の文在寅大統領には一昨年暮れの日韓合意を守る気はないようです。いわんやこんな発言をする若大将に3年前のストックホルム合意を守る気があるかどうか、考えれば分かります。守らせたいなら武力でねじ伏せて無理矢理守らせるしかないでしょう。

 それができれば本当に「痛快」だとは思うのですが。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月13日

チャンネルAJER 「特定失踪者家族会各党に要請」

チャンネルAJERで私が担当している「救い、守り、創る」第17回前半の無料部分です。今回はゲストなしで先日の特定失踪者家族会の各党要請を報じました。当日の画像は映像教育研究会(稲川和男代表)の提供です。

|

3キログラム 【調査会NEWS2482】(29.6.13)

 10日から韓国に来ていました。今日帰国します。途中までは旧民社党次代の仲間たちと一緒で、元工作員に会ったり北朝鮮の潜水艦を見学したりという日程でした。

 昨日はソウル南方の平澤(ピョンテク)にある海軍第2艦隊司令部に行ってきました。ここには日韓W杯の最中の平成14年(2002)6月29日、黄海海上の南北境界線(NLL)を越えてきた北朝鮮の艦艇を押し返そうとして交戦になった、いわゆる「第2延坪海戦」で沈んだ高速艇と平成22年(2010)3月26日に北朝鮮潜水艦の魚雷によって撃沈された哨戒艦「天安」が引き揚げられ展示されています。

 第2延坪海戦で6人、天安撃沈では46人が戦死し、天安の救助作業中に特殊部隊の1人が死亡しました。ほとんどが20代の若者です。

 第二延坪海戦は小艦艇同士の撃ち合いで、我々がイメージする「海戦」よりは平成13年(2001)の奄美沖における北朝鮮工作船と海保巡視船の撃ち合いに近いものです。そのため主に機銃や小銃が使われた接近戦でした。朴東赫兵長は20歳で戦死者の中では一番若く、100発以上の弾丸を浴び、3カ月後に亡くなりました。案内してくれた韓国海軍の宋中尉によればこの間たび重なる手術で摘出した銃弾を全部合わせたら3キログラムになったそうです。

 3カ月の間祈り続けたであろうご家族の思いを考えると何とも言えない気持ちです。ソウルの街中にいると平和で、日本以上に平和ボケしているようにも感じるのですが、その平和は朴兵長が身体に受けた3キログラムの弾丸と表裏一体のものだということです。恐らく日本も本当はそうなのでしょう。

 第2艦隊司令部の見学は事前申請が必要ですが、韓国に行かれて時間があればぜひご覧になっていただきたいと思います。

(重複した部分を一部カットしましたので送信されたニュースとは一部異なります)

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月12日

固定観念 【調査会NEWS2481】(29.6.12)

 宮崎での特別検証では岩本美代子さんが失踪した佐土原(現宮崎市)の石崎浜の前を通りました。同級生で「美代ちゃんの失踪を考える33の会」の津曲さんが現場で手を振ってくれたので海上から場所を確認できました。その直ぐ北には一ツ瀬川の河口があり、何か関係があるように感じられたのですが、それとは別にこの事件についてはもう一度今までの情報を考え直す必要があると思いました。

 岩本さんは平成7年(1995)11月5日、「朝、男性と日向近辺に美代子さんの運転でドライブに出かけたが、日向大橋までで計画中止して住吉の動物園の駐車場で昼12時頃別れた。石崎浜海岸に本人所有の車が鍵がついたまま発見される。その後一切連絡なし」となっています。

 これはその男性の証言に基づくもので、男性には警察も取り調べをしたもののアリバイがあったということになっています。しかし、当日祖母から投函を頼まれた葉書ははるか南の日南市宮浦に所在する鵜戸郵便局の消印があり、一方で岩本さん愛用のカメラはその後、今度は北の日向市方面の質屋で発見されたと言います。これまで男性の証言を基本に様々な状況を考えていたのですが、議論の中でもしこの証言部分を外したらどうなのだろうということになりました。今回の特別検証の報告には間に合わないと思いますが、もう一度ゼロベースで考えてみるつもりです。

 あるいは他にも最初の情報が固定観念になって誤った判断をしている場合があるかも知れません。そもそも拉致問題を「1970年代から80年代」という固定観念で捉えていたことが拉致問題の全体像を長い間つかめなかった大きな理由の一つです。全てについて常に固定観念を取り払っていくことが必要だと思った次第です。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月11日

日の丸と太極旗 【調査会NEWS2480】(29.6.11)

 昨日は大阪で日韓両国の国旗を掲げて「北朝鮮・金正恩を許すな!日の丸・太極旗デモ行進」が行われました。私は参加できず賛同人に名前を連ねただけですが、画期的なことだったと思います。

 反対の意見も色々あったとは聞いており、その気持ちも分かるのですが、日韓の間は例えば国交断絶したところで、お互い目の前にいるという位置関係は変わりません。日本がハワイの隣りに引っ越せるわけではなく、朝鮮半島を地中海に持っていくこともできません。いやでもなんでもこのややこしい隣人とは今後永遠にお付き合いをせざるを得ず、そしてそのややこしい隣人の状況によって日本の安全保障にも大きな影響が及びます。

 韓国のマスコミや労働組合は日本より遥かに親北・左傾化しており、その動きや、迎合する政治家を見ていると辟易とすることばかりです。しかし、日本から韓国に行く渡航者は減少している一方で、韓国から日本への渡航者は増えています。そして韓国の街中には日本語で「おでん」とか書いた居酒屋が盛業しています。

 言論空間では日本の肩を持っているように見られただけでマスコミなどから「弾圧」とも言える攻撃を受けます。まともな議論もできないので日本を支持する声は表に出にくいのですが、結構そういう人がいるのも事実です。

 そういう人たちの声が強くなることは日本にとってもプラスであることは間違いありません。しかしこれまでは「だから韓国の言うことを聞いておこう」「とりあえず謝っておこう」ということできてしまいました。それは日本に好意を持っている人には逆に二階に上がってハシゴを外されるようなことでした。「日本の官房長官が言ったではないか」とか言われればそれまでだからです。

 こちらの筋を通し、日本が大国として振る舞うことが、韓国で日本に好意を持つ人には最大の支援になります。「日本は大国だから怒らせない方が良い」という論理なら攻撃はしにくいからです。これは周辺を大国に囲まれた朝鮮半島ではそれなりの説得力を持ちます。

 好き嫌いは仕方ありませんが、受け身になっているだけではなく、こちらから状況を変える努力もすべきではないかと思う次第です。「日の丸と太極旗」というのは意外と大きな影響を及ぼすかもしれません。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月 9日

飛翔体領海に落下 【調査会NEWS2479】(29.6.9)

 ちょうど北朝鮮がミサイルを発射した日に宮崎での特別検証を行うこととなったのですが、こちらも飛翔体を打ち上げたものの、不時着水してそのまま水没してしまいました。もっともこちらは空撮用のドローンですが。

 どこかに落とせば良い北朝鮮のミサイルと違ってこちらは回収しないといけないので、より技術が必要です。今回他のところではすべて順調に飛行し、最後の青島海岸でも、一度操縦不能になったのですが、船長さんの巧みな操船で船の屋根に着艦できました。それであと一度でおしまいということで飛ばしたら離艦した途端90度傾いてそのまま海面に直行、あっという間に沈んでしまいました。

 特別検証の場合海で飛ばすことが多いため、どうしてもこういうリスクはあるのですが、一番最後で墜落というのは何とも残念でした(もしお使いでない「Phantom3 Standard」をお持ちの方がおられたらご一報下さい)。

 最後になりましたが、第6回の特別検証(宮崎)自体は成功裏に終了しました。結果については来週ないし再来週報告しますが、ご協力いただいた関係各方面の皆様に御礼申し上げます。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

6月9日付産経新聞記事

18951450_1352327741525148_571839395


今朝の産経新聞。同行した中村昌史記者が書いてくれました。この写真の後、最後のフライトの時にドローンは着水して海の藻屑となってしまいました。

|

2017年6月 7日

田口八重子さんはどこから連れ出されたのか 【調査会NEWS2478】(29.6.7)

 これから宮崎に向かいますが、この間の準備のなかで田口八重子さんに関する情報についてひっかかっています。

 連れ出された場所について、宮崎の青島海岸からという情報があり、今回の検証ではそれについて調べてみたのですが、飯塚繁雄・家族会代表に聞いたところ、飯塚さんも八重子さんがどこから連れ去られたかについて政府や警察からは全く説明を受けたことがないそうです。お母さんの故郷は佐渡であり、佐渡から連れ出されたとの説や、マレーシアに行ってから北朝鮮に向かったとの報道もあります。

 宮崎については金賢姫・元工作員と地村富貴江さんの話、そして北朝鮮発表が根拠になっているようですが、宮崎県警は情報収集を行ったものの何もつかめなかったとのこと。

 なぜか政府のホームページでも田口さん拉致は昭和53年(1978)6月頃とぼかしているのですが、飯塚さんによれば日記で6月13日にベビーホテルからの電話があったと書いてあり、12日に子供2人を預けたとのことでした。したがって失踪(拉致)は昭和53年6月12日になります。

 事前調査の段階では調べれば調べるほど田口八重子さんと宮崎の関係は薄くなるようにも感じられるのですが、それにしてもなぜ宮崎という言葉が出てくるのか、その端緒でも探すことができればと思います。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月 5日

宮崎での特別検証について 【調査会NEWS2477】(29.6.5)

 すでにお知らせしている宮崎での海上からの特別検証について概要をお知らせします。

1、目的当会ではこれまで全国各地の特定失踪者や政府認定の拉致被害者に関する調査・検証を行い、拉致現場とされる地域や失踪現場等について実態の解明に努めてきた。その中で今回は唯一太平洋側の宮崎県が拉致現場となっていることに注目し、原敕晁さんや田口八重子さんの拉致現場とも言われている青島海岸や、特定失踪者の失踪関連地点などを海上からの調査及びドローンによる空中撮影等により視察し、何故宮崎県が拉致現場として選ばれたのかという点について検証を行うこととなった。

2 日時 平成29年6月8日(木曜日) 08:30〜16:00(予定)

3 場所 宮崎県南部(佐土原地区〜鵜戸崎地区)

※以下参加者・日程については一部変更の可能性があります。

4 参加予定者
(1) 調査会:代表荒木、副代表岡田、専務理事村尾、常務理事杉野・武藤
(2) 家族:水居徹(水居明氏子息)、前山利恵子・光秋(園田一・敏子娘夫妻)、増元照明(増元るみ子氏弟・元家族会事務局長)

5 日程
○ 08:30   宮崎港・檍浜漁協(あおきはま・宮崎県宮崎市港1丁目15 ℡0985-25-2773)前集合完了。
 ※報道関係者で乗船希望を出している方はこの時間までに現地においで下さい。
○ 08:30〜 ブリーフィング
○ 08:45   乗船・出港〜佐土原へ
○ 09:15頃  佐土原・石崎浜着、特定失踪者・岩本美代子さん車両発見現場
○ 09:30頃  一ツ瀬川河口付近着、特定失踪者・林田、水居さん乗船船舶に似た船の目撃地点
○ 10:20頃  小丸川河口付近着、不審船目撃現場
○ 11:30頃  宮崎港着、昼食・休憩
○ 12:30   乗船・出港
○ 12:40頃  大淀川河口付近着、林田、水居さん乗船船舶出港地点
○ 13:50頃  青島海岸着、原敕晁さん(田口八重子さん)拉致現場
○ 14:20頃  小戸瀬付近着、林田、水居さん釣り場
○ 14:50頃  鵜戸崎沖着、不審船「第31幸栄丸」発見地点
○ 15:40頃  帰港
○ 下船後  ブリーフィング。終了後解散。ドローンの画像が必要な社にはこの時点でファイルのコピーが可能です。USBメモリをお持ち下さい。

●参考
 宮崎県下での北朝鮮工作員による活動は、公表されているものでは辛光洙による密入国と、原敕晁さんを拉致しての密出国、「日向事件」の黄成国による密入国と密出国などが挙げられるが、これに特定失踪者の事案などを時系列に一覧で表すと以下のようになる。

・昭和46年(1971)12月30日 鹿児島県大崎町から自家用車で宮崎空港に向かった園田一・敏子夫妻が車ごと失踪。

・昭和48年(1973)〜51年(1976)のいずれかの時期 日南市青島海岸に辛光洙が同居女性を伴い青島海岸に旅行。到着後、女性を返し地形偵察及び工作員との接触行動を行ったと考えられる。

・昭和53年(1978)6月 田口八重子さんが東京・豊島区から拉致される。平成14年の小泉訪朝後北朝鮮側は「青島海岸から連れてきた」旨の発表

・昭和55年(1980)4月 辛光洙が日本人拉致・背乗りの指令を受けて日向市五十鈴川河口付近の海岸から潜入。

・同6月 日向市小倉ヶ浜から北朝鮮工作員黄成国が在日韓国人や韓国留学生の韓国潜入工作、工作員の指導監督などの目的をもって潜入

・同6月中旬  辛光洙が大阪から原敕晁さんを青島海岸まで連れ出し、拉致するとともに自らも北朝鮮へ向けて密出国

・同9月30日 日向市小倉ヶ浜から黄成国が北朝鮮へ向けて密出国

・同10月20日頃 日向市小倉ヶ浜から黄成国が密入国

・昭和56年(1981)6月24日 日向市金ヶ浜で黄成国は北朝鮮へ向けて密出国する予定でいたが、台風の影響で迎えの工作船と落ち合えず海岸を徘徊中に住民から通報され逮捕される。

・昭和58年(1983)年6月19日 警察発表者黒木節男さんが日向市駅まで友人を送った後、車ごと行方不明となる。

・昭和60年(1985)4月25日 日南市鵜戸崎沖約20kmの海上で「第31幸栄丸」と表記した不審船を海保が発見、追跡するも逃走、南浦に逃げ帰る。

・昭和63年(1988)7月17日 林田幸男さんと水居明さんがプレジャーボート「共擁丸」で釣りに出港したまま帰港せず船ごと行方不明となる。

・同8月15日 南郷町(現日南市)の和田幸二さんが飲食店で飲食後、知り合った男性を自宅近くまで送った後、車ごと行方不明となる。

・平成7年(1995)11月5日佐土原町(元宮崎市)の岩本美代子さんが交際相手とドライブに行き途中で別れた後、行方不明となった。本人の私有車は佐土原の海岸で発見された。

問合せ 常務理事杉野(090-4061-8722)

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月 3日

拉致認定 【調査会NEWS2476】(29.6.3)

 前号ニュースでお知らせした特定失踪者家族会からの各党・拉致議連への要請文の中に「何十年も経った今では拉致の証拠探しは全く困難です。証拠主義にとらわれず拉致疑いが認められるものは被害者認定してくれるよう、ご支援ください」との文言があります。

 調査会としてはあえて拉致認定を求めないことにしています。それは家族会の方々が寺越さんのご家族以外は認定されているのに全く事態が動かず、ある意味では「認定」を目的にすることで本来の救出という目的から目を逸らされているのではないかと考えたからです。この点は今も同様であり、100メートル先にゴールがあるのにわざわざ50メートルのところにハードルを作る(しかもとてつもなく高いハードルを)べきではないと思っています。

 とはいえ特定失踪者ご家族からすれば、政府が認めるかどうかは極めて重要な問題です。ですから調査会としてもその思いには側面からではありますができるだけご支援していきます。もちろん松本京子さんがそうだったように、特定失踪者リストの中から誰か1人でも認定されれば、一つの突破口になることは間違いありません。

 ところで「認定被害者は17人」と言っても、拉致という意味では高敬美・剛姉弟もいるわけで、国籍が違うから法的に認定していないだけです。政府は認定被害者と同じに扱うと言っています。この2人を入れれば19人。さらに富山の未遂を入れれば拉致事件の被害者は今の時点でも実行・未遂をあわせて21人になります。なぜわざわざ少なくするのか、やはり数が多いと仕事が増えるし不作為や隠蔽を指摘されるからではないかと思わざるを得ないのですが。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・6月4日(日)13:30「拉致問題から本当の“人権”を考える集い」(同集い実行委員会主催)
・京都キャンパスプラザ(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939 京都駅徒歩5分 075-353-9111)
・代表荒木が参加
・問合せ 石原さん(090-9417-8363)

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

2017年6月 1日

各党・拉致議連に特定失踪者家族会から要請 【調査会NEWS2475】(29.6.1)

Dsc03222


 本日13時より衆議院第1議員会館にて拉致問題対策本部等の組織を持っている各党と拉致議連の代表者に対し特定失踪者家族会発足の報告と要請が行われました。参加者は前のニュースでお知らせした通りですが、各党とも代理ではなくそれぞれの対策本部等の代表者が国会開会中で衆議院は本会議も重なる中駆けつけて下さいました。

 以下は大澤会長より各代表者にお渡しした請願書です。皆様におかれましても特定失踪者家族会へのご支援をよろしくお願い申し上げます。

請願書

 平素より拉致被害者救出のためのご尽力に敬意を表し、心よりお礼申し上げます。

 さて私たち特定失踪者家族は、50年も60年も前から大事な家族が突然失踪し、行方を探してきましたが全く消息はつかめず、1997年に日本政府が北朝鮮による拉致の被害を認めてから、自分たちの家族ももしかしたらその被害者ではないかと思いつつ、その証拠となるものがないままなかなか声を上げられずにいました。

 そして2002年北朝鮮国家が拉致を認め、5人の被害者が帰国されたことをきっかけに、その失踪状況に自分たちの家族との共通点が多く、ようやく「拉致をされたのではないか」と声を上げることができました。

 特定失踪者問題調査会のご協力により、「北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者」として「特定失踪者」と名付けていただきました。その数は調査会の名簿だけで約470名、警察の発表によれば現時点で883名に上ると言われています。

 その後目撃情報や写真の情報など様々な拉致につながる情報を寄せられましたが、拉致被害者認定は、この15年間で2名、北朝鮮籍2名の実質4名しか増えていません。

 多くの皆さまによる国内外の拉致被害者救出運動の中で、いつかは自分たちの家族も拉致被害者として救出されると願い続けてきましたが、3年前のストックホルム合意においても、拉致被害者とは別に「その他の行方不明者」という呼称になっており、氏名の公表もありませんでした。そして何の進展もないまま3年が経過し、北朝鮮は無責任な行動を繰り返すばかりです。

 このままでは拉致問題はどこかで幕引きされ、特定失踪者は置き忘れられてしまうのではないか、高齢化した家族が亡くなったら、被害者の存在そのものが忘れ去られてしまうのではないかなどの危惧が増すばかりで、この度、止むにやまれぬ家族の思いから特定失踪者(北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者)家族有志の会(略称 特定失踪者家族会)を立ち上げました。現在安倍内閣総理大臣への面会も要請しております。

 拉致問題が膠着する中、なんとか風穴の一つも空けられないものかと、全国の孤立するご家族や、高齢になられたご家族の思いも共にしながら、まずは国際刑事裁判所(ICC)への提訴をはじめ、できうる限りの行動を起こしていく所存です。

 貴組織に置かれましては、日本には政府の認定被害者以外にも多数の拉致被害者がいるという現実を重視し、日本国が一丸となって拉致被害者を一刻も早く、命のあるうちに救出する行動を起こしていただけますよう、心からお願いする次第です。例えば、

(1)何十年も経った今では拉致の証拠探しは全く困難です。証拠主義にとらわれず拉致疑いが認められるものは被害者認定してくれるよう、ご支援ください。

(2)国際刑事裁判所(ICC)への提訴について、側面からの支援をお願いします。

平成29年6月1日
 特定失踪者(北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者)家族有志の会
   会長 大澤 昭一  
   
<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・6月4日(日)13:30「拉致問題から本当の“人権”を考える集い」(同集い実行委員会主催)
・京都キャンパスプラザ(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939 京都駅徒歩5分 075-353-9111)
・代表荒木が参加
・問合せ 石原さん(090-9417-8363)

・7月23日(日)13:30「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民の集いinいばらき」(拉致問題対策本部・茨城県・水戸市主催)
・常陽藝文センター(水戸市三の丸1-5-18 水戸駅北口徒歩10分 029-231-6611)
・代表荒木が参加
・問合せ 茨城県人権施策推進室(029-301-3135)
※事前申込みが必要です。
----------
・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【討論】どこへ行く朝鮮半島[桜H29/5/27]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/i2HCA2ay4mE

・チャンネル桜【防人の道NEXT】北朝鮮情勢と拉致問題〜日本はどうすべきか?-荒木和博氏に聞く[桜H29/5/3]
・代表荒木が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/afV83tkgALk

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________

|

« 2017年5月 | トップページ