« 2017年9月 | トップページ

2017年10月18日

現実を知ることが抑止につながる 【調査会NEWS2570】(29.10.18)

 明日新潟に入り明後日佐渡の特別検証を行います。2568号で流した概要に一部加筆し、関連資料を付けました。特別な変更がない限り当日もこれを配付する予定です。関連資料は主に特別調査班が過去の新聞記事などを時間をかけて調べたものですが、公刊資料というのは馬鹿にできません。中に貴重な情報が山ほど眠っています。

 ところで、2568号で記載した今回の目的について、もう一つ付け加えました。これは特別検証による工作活動の抑止です。公開して検証を行うことは、佐渡における工作活動にブレーキをかけることになります。警察は外事事件の場合、手の内を見せられないことが多いので同様のことはなかなかできないでしょうが、具体的に知らせなければ啓発はできません。佐渡、そして日本の安全を守るためにも、これらのことをぜひ広めていただくようお願い申し上げます。
-------------------------------------------------------------------------------------
第7回 特別検証 「佐渡宿根木・新穂」

1、目的
 大澤孝司さん失踪・宿根木事件をはじめとする佐渡における事案について検証をい、北朝鮮の対日工作活動についてその一端を明らかにし、今後の工作活動を抑止する。

2、日程
(1)実施日:平成29年10月20日(金)
    ※ 地元以外の参加者は19日(木)夕刻、新潟市内に集合
(2)時程:20日(当日の状況によって一部変更がある可能性があります)
 0755 新潟港発(ジェットフォイル) 
 0900 両津港着 車輌で移動
 1000 小木着
 1030 観光船乗船 宿根木事件現場海上及び陸上から検証
 1230 昼食
 1330 小木発 車輌で移動
 1400 新穂着 大澤孝司さん失踪現場調査
 1500 新穂発 車輌で移動
 1530 両津着・解散
 1625 両津港発(ジェットフォイル)
 1730 新潟港着

3、参加者
(1) 特定失踪者問題調査会役員 代表 荒木和博・代表代行 岡田和典・副代表兼事務局長 村尾建兒・特定失踪者家族会担当常務理事 武藤政春
(2)地元関係 大澤昭一特定失踪者家族会会長・高橋正救う会新潟会長・平岡一郎大澤孝司さんと再会を果たす会会長・高野宏一郎前佐渡市長・金子高敏佐渡市役所拉致被害者対策係長 他
(3)家族会 増元照明前事務局長
(4)他県関係 救う会福島赤塚公生代表・救う会兵庫島尾百合子さん
(5)報道関係者
※今回の検証にあたっては佐渡市役所の全面的な協力をいただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

4、検証(考察)事項
 新潟県における北朝鮮工作員の活動は公式に発表されている中では現時点、1955年(昭和30)6月に新潟中央埠頭から北朝鮮に向けて漁船で出港しようとして摘発された「第3次朝鮮スパイ事件」をはじめとして横田めぐみさん等の拉致事件などを含め20件近くになるが、このほかにも帰還事業船を使った工作活動や検挙されなかったものも含めると相当数の工作活動が新潟県を舞台に行われていたことが窺える。
 その中で今回当会が注目したのは特に小木町(当時)の宿根木海岸を利用した工作員の出入事案で、昭和36年(1961)6月中旬、工作員1名が密出国し、1名が入れ替りで密入国したとされる。また昭和45年(1970)5月中旬には宿根木から工作員が潜入、佐渡汽船経由で東京へ向かった事件、昭和47年(1972)3月中旬には宿根木の海岸に潜んでいた在日朝鮮人尹義重が逮捕される事件(宿根木事件)が生起している。
 小木町については元朝鮮総連中央本部財政局副局長だった韓光煕が全国38箇所に工作員の上陸地点を設定していた中の1ヶ所であり、佐渡ではこのほかに藻浦崎、黒姫と計3ヶ所の地点を設定していた。ただし設定の時期は昭和43年(1968)頃の話であり、少なくとも小木町ではそれ以前から工作員の出入場所として利用されていたことになる。
 一方佐渡では昭和49年(1974)2月下旬、新穂村(当時)の佐渡農地事務所に勤務していた県庁職員大澤孝司さんが同村の寮近くで行方不明となった。昭和53年(1978)8月12日、曽我ひとみさん、ミヨシさんの母娘が拉致され、その約1か月前には佐渡の沖合で不審船が目撃され、同時期工作船のものと思われる電波も傍受されていた。約2カ月前に拉致された田口八重子さんについても佐渡から拉致されていった可能性があると見られている。ちなみに平成14年(2002)9月17日の小泉訪朝以前、新潟県警の認識は大澤さんについては拉致の可能性があるが曽我さんは拉致ではないというものだったと言われている。
 今回の特別検証では以上の問題点に基づき、主に下記3点についての検証を行う。

(1)なぜ佐渡島を密出入国地点として選んだのか

 佐渡から本土への移動はフェリー又は漁船等を利用しなければ不可能であり、フェリーを利用する場合、日中しか移動できず、人目に付くというリスクがあるにもかかわらず、佐渡を利用した理由は何か。

◎新潟県警の位置づけ
 平成14年(2002)版「警察白書」では北朝鮮工作員による事件が戦後、非公開も含め50件を超えていることが明らかにされた。
 読売新聞の取材によれば新潟県では新潟周辺の海岸から工作員が上陸・脱出した事件は二十数件に上がる事も明らかになり、取材に対し警察当局が「新潟沿岸は佐渡島などの中継地点があるため工作船が接近しやすく、拉致の格好の現場になったのではないか」と分析したという。
 この記事から警察は佐渡島を工作活動の中継地点と位置付けていることがわかる。警察が「中継地点」として位置付ける理由の一つが佐渡島の地形で、「朝鮮半島から日本を目指して航海すると、佐渡島の金北山(標高1,172メートル)や、新潟市近郊のや弥彦山(同634メートル)、柏崎市の米山(同993メートル)などが上陸の重要目標になる」としている。沖合から新潟沿岸を眺めた場合、佐渡の金北山、新潟本土の弥彦山、柏崎市の米山などが接近目標として使われていたことを示唆しているのだが、これだけでは佐渡が中継地点として使われたと位置づける理由としては弱い。
 同記事内には新潟県警が1960年代から工作員の上陸・脱出を警戒し、佐渡島や柏崎市、村上市などの海岸線で警戒を始めていたということで、「月の出ない夜は、工作員が上陸しそうな海岸線に捜査員を張り付けていた」と県警OB談を紹介しており、県警が佐渡、村上、柏崎と工作員事件が生起した場所を注目していたことは間違いない。
(読売新聞:平成14(2002)年9月27日付「北朝鮮工作員事件、摘発50件、新潟『上陸・脱出』20件超す」)

◎ 佐渡に工作員の中継基地的な拠点があった可能性
 「拠点」は、固定化された拠点と一時的に使うと思われる流動的な拠点に分けて考えられる。固定化された拠点の場合、在日朝鮮人、又は潜入してきた工作員が自宅や貸家などを拠点にすると思われる。
 曽我ひとみさん母娘の拉致に関連して国際手配されているキム・ミョンスクは一説によれば「数日前から数年前の間、佐渡に潜伏していた」といわれており、旅館やホテルに滞在していたとは考えにくく、拠点があったと考えるのが自然と思われる。
 これまで日本に潜入してきた工作員が拠点として在日朝鮮人に協力させる場合、家族が北朝鮮にいる在日朝鮮人を事前に選び出し、北朝鮮から家族の手紙や肉声を持ってきて、いわゆる脅迫によって協力させていたことが確認されており、北朝鮮ではこれを「工作土台」と呼んでいる。仮に佐渡島内に拠点があったとするなら土台性がある在日朝鮮人が協力した可能性が高い。
 他には日本人による協力の可能性であり、北朝鮮に友好的な政党・団体の関係者が拠点・中継点としての協力を行った可能性もある。

◎ 本土よりも人の気配が少なく、目につきにくいという特性
 佐渡島で人口の密集しているのは中央部の平坦地と海岸線沿いであり、佐渡の北端や南端部では集落も少なく、山の多い地形によって平坦地と区切られている。これらの地域では観光地を別にすれば居住者以外、外部の人間が訪れることは少なかったであろう。

(2)何故、工作員による密出入国の場所として宿根木が選ばれたのか

 佐渡での島内移動は自動車を使わない限り路線バスを利用しての移動となるが、仮に両津港からのフェリーを利用して本土に渡る場合、宿根木から両津港までは真野を経由する路線が一般的で、宿根木〜真野間が1時間余り(途中小木乗換の可能性あり)、真野〜両津港間が約40分となっており、乗り換えがスムーズにいったとしても約2時間かかり、この間衆目に身をさらしていることになる。宿根木事件で逮捕された尹ら2人はバスで現地まで行ったのか。あるいは誰かが車で連れていったのか。後者であれば佐渡に協力者がいたことになり、この点は曽我さん拉致について北朝鮮側が発表した「日本人請負業者」との関係も注目される。

◎昭和43(1968)年頃から元朝鮮総連中央本部財政局副局長だった韓光煕が全国38箇所に工作員の上陸地点を設定していた中で佐渡では藻浦崎、黒姫、宿根木の3箇所が挙げられていたが、現時点判明している事件で出てくるのはこのうち宿根木だけである。
 宿根木は北前船の廻航地として歴史がある地域ではあるが、近代以降は観光客以外に外部の人間はあまり訪れないと思われ、夜間に上陸や脱出をするには適していたのか、ここで発生した事件が多い。

◎上陸した工作員はどのようにして本土に移動、浸透していったか。
 宿根木に上陸した工作員が本土に移動しようとする場合、佐渡島からは5つの方法しかない。
A)小木港から直江津港に向かうフェリーを利用
 ここで問題になるのが工作員の潜入時刻とフェリーの発着時期である。通常工作員が隠密裏に上陸してくる時間帯は夜半とされるが、小木を出港する直江津行きフェリーは夕刻には最終便が出港してしまう。そうすると、深夜に上陸してきた工作員はフェリーの出航時刻まで上陸地点か、港で時間を過ごすことになり、不審者として通報されるリスクが高くなる。
B)小木港から15km離れた赤泊港から寺泊港に向かうフェリーを利用
 これも季節によって便数に違いがあり、やはり夕刻には最終便が出てしまうため深夜に上陸した工作員は始発の便が出るまで島内で過ごすしかなくリスクは高い。
C)両津港から新潟港に向かうフェリーを利用する方法
 宿根木から両津港までは鉄道路線もないことから通常の場合、佐渡交通のバスで移動するが、前述のように宿根木から両津港までの直通路線は無く、一旦真野町を経由・乗換でしか両津港には行けない。バスの運行時間も夕刻で最終となる路線であり、深夜に上陸しても両津港方面へのバスは使えず、バスの運行開始まで時間を過ごすことになる。人眼に着く点では一番リスクが高いと言える。
D)私有車を使う方法
 一番リスクが低く、深夜でも動けるのは工作員をサポートする案内人(補助工作員)が車で迎えに来ていることで、上陸して直ぐに案内人の運転する車に乗ってしまえば人目に付くリスクも避けられる。また、フェリーを利用する場合はフェリーの発着時刻に合わせて送ってもらえば、難なくフェリーを利用することが出来るであろう。
 しかし、これもリスクが全くない訳ではなく、フェリーの船内では人目に付くことは避けられない。また案内人が本土から車ごと佐渡に渡ってきて工作員を出迎える可能性もあると思われるが、フェリーで車両を運ぶ場合は車検証や車番などの提示を求められる場合もあり、後々証拠となるリスクもある事から可能性としては低いかとも思われる。
E)協力者による漁船等で本土に渡る方法
 最初から協力者と連絡が取れていれば、上陸後に人目に付くことなく漁船に乗り換え、希望する港まで移動できるためリスクとしては一番低いようにも思われる。問題は協力者がどの程度信頼できるかであり、工作員にとってはこれもリスクの一つかもしれない。

(3)大澤孝司さん拉致に関する再検証

 大澤孝司さんは佐渡から島外に連れ出されたわけだが、その連れ出された場所がどこかについては私たち自身これまで検討してこなかった。直接、佐渡から工作小船等で連れ出された可能性が最も高いと思われるが、漁船などで一度本土に送られた可能性もある。また、乗用車などに閉じ込められフェリーで本州に一旦連れ出された可能性も全く否定することはできない。
 佐渡から直接島外に連れ出された場合、地理的には曽我さんが連れ出されたという真野湾が一番近いが、人目に付きやすい点などを考慮すると、相川町(当時)の藻浦崎、宿根木の可能性もある。今回の宿根木での検証はそのように使われる可能性があったかについても行う。
 昭和49年(1974)2月24日の気象データ(佐渡・相川地区データ)を見る限り、波高は高くても2m程だったとみられ、工作船の活動に影響はなかったと思われる。したがって工作船が大澤さんを連れ出したとする場合、連れ出す場所として可能性が高い場所は、これまで事件が起きていた宿根木海岸が実績上から一番の適地ではなかったかと思われる。
 二番目の適地としては、約4年後に曽我さん母娘が拉致される真野町(当時)の海岸、真野湾からであるが、実際問題として曽我さん母娘が真野湾から連れ出されたということに疑義もあり、現段階では「距離的に一番近い海岸」という程度の認識である。
 三番目は藻浦崎で宿根木よりも大澤さんが失踪した新穂に近い位置にあり、韓光煕が設定したポイントでもある。
 昭和53年(1978)6月下旬、東京・池袋から行方不明となった田口八重子さんの母の実家が相川町であり、同年7月5日前後、佐渡島周辺で工作船から発信された電波(A3)を政府機関が傍受していたことから、後に田口八重子さんが佐渡から拉致されたという「田口八重子=佐渡拉致説」の根拠となった場所でもある。
 なお平成に入ってから相川町の漁師が沖合で不審船に声を掛けられたという情報もあるが、これは後に盗み出した船を回送してきたものであったことが海上保安部の検挙によって判明したということであり、工作活動との関連性はないと思われる。

◎在日朝鮮人帰国(北送)運動との関連について
 大澤孝司さんが失踪した昭和49年(1974)2月24日前後の在日朝鮮人帰国(北送)運動との関連について確認した結果、直近では帰還船の「第170次船」が出港していたが、その出港日は大澤さんが拉致される2日前の2月22日であり、また次の帰還船「第171次船」は6月21日の出航だったということで、帰還船を使用した拉致・移送の可能性は無かった。
 ただし、これまで帰還船と工作船(貨物船を工作活動に使用した場合も含む)の関係を見ると、新潟港を利用して帰還船が出入港する際に工作船も連動して活動していた痕跡が幾つか確認されている。北朝鮮籍の貨物船で帰還船が新潟港に出入港するのに合わせて近隣の港に入り、不正輸出をしていた事例もある。新潟港に帰還船が入港する場合、近隣の港で勤務する税関や海保、入管職員などが応援のために新潟港に集められてしまい、その地域の港や沿岸部で警戒が薄くなるとも言われ、警戒が薄くなったところを狙って工作員の上陸や脱出を遂行していた可能性が高い。

 また事件と併せてみると、昭和36年(1961)6月13日、小木海岸から工作員1名が脱出?潜入?(逮捕された他の工作員の供述)という事件があった際、新潟港には帰還船の第63次船が入港していたとみられる。同帰還船は事件の3日後の6月16日、新潟港を出港している。また宿根木事件の3日後の3月17日には帰還船第163次船が新潟港を出港しており、翌18日には朝鮮総連第一副議長の金柄植が新潟市内で講演もしている。
 金柄植は前年の昭和46年(1971)に工作組織の隠れ蓑「ユニバース・トレーディング」を設立し、警察断定拉致被害者の高敬美・剛姉弟の母であり拉致の可能性の高い特定失踪者である渡辺秀子さん(殺害説もあり)の夫で工作員の高大基は金柄植の配下だったこともあり、宿根木事件との関連性もないとは言えない。
 治安機関ではこれまで帰還船を利用して北朝鮮当局が工作員に指示を出したり、工作員からの報告を受け、或いは工作員の交代をしていたともいわれており、帰還船と関連した新潟での工作事案もあると思われる。

◎直江津港を利用していた北朝鮮籍貨物船について
 直江津港を利用していた北朝鮮籍の貨物船は当時多かったとみられ、この貨物船に大澤さんを乗せて国外に連れ出そうとする場合、小木港から直江津直行のフェリーに乗せるのが簡単だが、これでは大澤さんが騒いだりすれば失敗する。しかし、協力者の船があれば小木港付近の海岸から乗せ、直江津港に向かい、深夜であれば貨物船に乗せることも可能であったと思われる。

◎ その他考察
 大澤孝司さんが失踪したのは内陸部、中心地に近い新穂である。最後に大澤さんが新穂で立寄った先では、大澤さんが店を出た直後に車の急発進する音を聞いていることから車を使用した拉致の可能性が高い。
 ここから考えられるのは偶発的な拉致ではなく、計画的な拉致であったということである。車まで準備し、立寄り先を出た直後に拉致していると思われる状況は、周到に計画・準備していなければ不可能である。
 では、何故大澤さんだったのか。通常工作員が拉致被害者になりかわる「背乗り」の場合家族関係をはじめとする人間関係が希薄な人を対象とするのが一般的で、大澤さんはこれには該当しない。とすると専門の農業土木という技術に目が付けられた可能性が考えられるのではないか。


5、参考:佐渡を含めた新潟県での事件概要

 ★が佐渡関連、○はそれ以外の新潟関連事件、※は参考文献

★ 昭和28年(1953)9月26日
 佐渡北端、弾崎沖で不審船を目撃、不審船は逃走
 ※読売新聞:昭和28年(1953)9月27日付「佐渡沖に怪船」
○ 昭和30年(1955)6月26日
「第3次朝鮮スパイ事件」の北朝鮮工作員・竹村基こと韓載徳(当時40歳、新潟日報では金永基とされている)が他の工作員らと共に北鮮貿易のため広島で購入した富榮丸(20トン)で新潟港から北朝鮮に出港しようとしていたところを検挙される。
 ※新潟日報:昭和30年(1955)6月27日付「北鮮の対日工作グループ新潟などで6名逮捕密航寸前に一斉手入れ」
 ※新潟日報:同年6月28日付「当局、怪船“富栄丸”に手入れー北鮮の対日工作団の調査進む」
 ※新潟日報:同年6月28日付「密貿易事件へ拡大かー富栄丸から暗号メモ発見」
 ※新潟日報:同年6月30日付「富栄丸、新潟を出港」
(この事件に関連し、西新井病院長の金万有も逮捕されている)
 ※読売新聞:同年9月7日付「北朝鮮地下代表部の全容―ジェット機の奪取企つー逮捕18名、スパイ活動にとどめ」
★ 昭和36(1961)年6月13日
 小木海岸から工作員1名が脱出?潜入?(逮捕された他の工作員の供述)
 ※『海鳴40号』では脱出となっている。
 ※毎日新聞 :昭和36年(1961)7月30日付「北朝鮮の工作隊員―日本への潜入ふえるー日本海岸に多いー警察庁、取締り強化を指示」(記事内では潜入)
○昭和37年(1962)6月29日
「董グループ事件(昭和39年(1964)5月14日検挙)」の北朝鮮工作員・柳川昌儀こと 董吉模が柏尾浜海岸から密入国した。
 ※朝日新聞:昭和39年(1964)5月18日付「秘密工作員2人捕う 北朝鮮から密入国 資金援助者も追及」
○昭和37年(1962)9月24日
 村上市岩ヶ崎海岸から金泰煥が潜入
 ※読売新聞:昭和37年(1962)9月26日付「北朝鮮工作員と断定密入国の3人、暗号書など押収」
○昭和37(1962)年9月24日
 村上市大月海岸から金鳳国が潜入、工作船「解放号」の伝馬船が小舟で漂着、3名逮捕(解放号事件)
 ※読売新聞:昭和37年(1962)9月25日付「北朝鮮から密入国船―新潟 2人逮捕」
 ※読売新聞:同年9月26日付「北朝鮮工作員と断定密入国の3人、暗号書など押収」
★ 昭和37年(1962)9月26日
 夜9時ごろ、佐渡島北端・弾崎北西約80キロの海上で山形県鶴岡市加茂港所属の第2勝丸(30トン)がイカ釣り漁をしていたところ、直ぐ傍を2〜30トンの船が航行していったが様子がおかしいので近づいたところ急にライトを消してスピードを上げ逃げるように東へ去った。
 ※読売新聞昭和37年(1962)9月27日付「佐渡沖に怪船」
★昭和45年(1970)5月13日
 宿根木から工作員(前年7月17日秋田県の海岸から密出国、北で対韓工作教育後)が潜入、佐渡汽船経由で東京へ。
※「海鳴40号」
○昭和45年(1970)8月8日
 午前3時頃、新潟県岩船郡山北町勝木の羽越線・勝木駅に居た自称韓国人・趙■(ネに羽)行を職務質問し、外国人登録証を持っていなかったため逮捕した。一緒にいたもう1名は外国人登録証を持っていた。
 ※読売新聞:昭和45年(1970)8月10日付「密入国のスパイか?逮捕の自称韓国人―現金50万円を所持」
 ※読売新聞:同年8月11日付「韓国から密入国自供―目的や所持金には黙秘」
○昭和46年(1971)7月初旬
 柏崎市鯨波海岸で工作員尹孝同が50歳の男性(工作員)を出迎える。
○昭和47年(1972)3月14日
 佐渡宿根木海岸で警察官が張り込み中、海岸の洞窟付近の岩場にかがみこんでいる不審人物2名を発見、職質の上、両名を外登法で検挙(宿根木事件)
 ※新潟日報:昭和47年(1972)3月17日付「外国人登録法違反で逮捕」
 ※読売新聞:平成14年(2002)9月27日付「北朝鮮工作員事件、摘発50件、新潟『上陸・脱出』20件超す」
○昭和48年(1973)11月25日
 新潟県柏崎市鯨波海岸から尹孝同が脱出。11月14日に「11.25第2地点で戦闘を実施せよ」とのA3電波指令を受け、同海岸へ行き工作船で不法出国し、清津経由平壌へ。尹は大同江近くの招待所で事業報告を行なうとともに、対南工作教育と指令を受ける。
○昭和48年(1973)12月23日
 柏崎市鯨波海岸から尹孝同が潜入、再入国。
★昭和49年(1974)2月24日
 佐渡農地事務所勤務の県庁職員大澤孝司さんが新穂村の寮近くで行方不明となる。
 ※読売新聞:昭和49年(1974)3月7日付「新穂で県職員が行方不明」
 ※読売新聞:平成12年(2000)4月15日付「佐渡・新穂村の27歳男性―失踪26年 拉致情報の波紋」
★昭和50年(1975)9月27日
 両津市の弾崎灯台から北方約76キロの海上で気球が浮いているのを新潟の底引き網漁船が発見、ズック製のゴンドラの中から死後24〜48時間経過した北朝鮮の軍人と思われる男の水死体が発見された。
 ※読売新聞:昭和50年(1975)9月29日付「墜落気球 ナゾの死体 佐渡沖で漂流 北朝鮮軍人?の服装」
○昭和52年(1977)
 柏崎市近くの海岸で工作員同士が接触。
○昭和52年(1977)11月15日
 新潟市寄居町の自宅近くで横田めぐみさんが拉致される。
★昭和53年(1978)6月下旬から7月初め
 佐渡の沖合約20キロを不審な船が移動、停泊しているのを漁業関係者らが目撃していた。
 ※新潟日報:平成11年(1999)3月31日付「李恩恵拉致疑惑の78年夏 佐渡周辺で不審電波 北工作船が発信か」
★昭和53年(1978)7月5日前後
 佐渡島周辺で工作船から発信された電波(A3放送)を政府機関が傍受。後に田口八重子さんが失踪した時期と重なることから「田口八重子=佐渡拉致説」の根拠となった模様。
 ※新潟日報:平成11年(1999)3月31日付「李恩恵拉致疑惑の78年夏 佐渡周辺で不審電波 北工作船が発信か」
○昭和53年(1978)7月31日
 柏崎市中央海岸から蓮池薫さんと奥土祐木子さんが拉致される。
★昭和53年(1978)8月12日
 真野町で曽我ひとみさん、ミヨシさん母娘が拉致される。
 ※読売新聞:平成14年(2002)9月21日付「北朝鮮拉致 『あの日小舟が…』曽我さん母娘失踪、住民ら『今でも記憶』 」
 ※新潟日報:平成16年(2004)3月24日付「曽我事件検証(上)-山も川も温かくー現場沖合に不審船」
 ※新潟日報:同年3月25日付「曽我事件検証(中)-山も川も温かくー黙秘“工作員”を釈放」
 ※新潟日報:同年3月26日付「曽我事件検証(下)-山も川も温かくー存在明かし、突然帰国」
★平成元(1989)年1月28日
 警察発表者 佐渡・小木の菊地豊さんが小木の飲食店を出た後、行方不明となる。
 ※読売新聞:平成元年(1989)1月31日付「小木で会社員帰らず」
★平成3年(1991)12月
 警察発表者 佐渡市金井町の本間進さん(当時47歳)が「相川に釣りに行く」と言って出掛けたまま行方不明となる。
★平成11年(1999)3月23日
 佐渡沖と石川県能登半島沖に侵入した2隻の工作船が日本海を逃走、北朝鮮の清津港へ。


<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月28日(土)15:00「朝鮮半島有事!自衛隊は拉致被害者を救えるか」(自民党新潟県連・青年部局・LDP新潟政治学校主催)
・自民党新潟県連(新潟市中央区新光町15ー5 025ー285ー5011)出来島変電所バス停徒歩8分
・代表荒木が参加
・問合せ 自民党新潟県連(025ー285ー5011)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)

・11月18日(土)17:30「草莽志塾」(草莽志塾・第11戦車大隊士魂協力会共催)
・かでる2.7(札幌市中央区北2条西7丁目 011-204-5100)JR札幌駅徒歩13分
・代表荒木が参加
・問合せ・出口塾頭(011-737-1798)
  ※事前申込みが必要です。
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告?延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2017年10月17日

アメリカ頼み・横田さん頼み 【調査会NEWS2569】(29.10.17)

 トランプ大統領の訪日の折、横田夫妻らと面会する予定が明らかにされています。先日の国連での演説と言い、米国大統領が関心をもってくれるのは良いことだと思いながら、一方で釈然としない気持ちがあるのも正直なところです。

 本来日本人の拉致被害者は日本が取り返すべきものです。協力は求めるとしても米国に取り返してもらうものではありません。米国の大統領が発言してくれたとか、あるいは家族に会ってくれたというのをそんなにはしゃいで良いものか。

 何かと言えば横田さんご夫妻を使うのも同様です。もうお二人とも高齢で体調も悪く、とくに滋さんは外に出るのもままならない状態です。本来国家主権の侵害の問題に家族を先頭に出すのは可能な限り避けるべきだと思います。しかも前にも書いたようにめぐみさん拉致に関する3回の隠蔽については政府は何の釈明もしていないのです。大事なことを隠しておいて都合の良いことだけ使うというのが許されて良いのか、と思います。

 アメリカ頼みと横田さん頼み。これが残念ながら今の日本の姿です。これを恥ずかしいと思ったところから本当の意味の救出へと向かうのではないかと思います。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月28日(土)15:00「朝鮮半島有事!自衛隊は拉致被害者を救えるか」(自民党新潟県連・青年部局・LDP新潟政治学校主催)
・自民党新潟県連(新潟市中央区新光町15ー5 025ー285ー5011)出来島変電所バス停徒歩8分
・代表荒木が参加
・問合せ 自民党新潟県連(025ー285ー5011)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告?延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2017年10月16日

佐渡特別検証の概要について 【調査会NEWS2568】(29.10.16)

 すでにお知らせしていますが、今週金曜特別検証を実施します。報道関係の皆様には総選挙投票直前でお忙しいと思いますがぜひ取材方よろしくお願いします。船への乗船の都合がありますので取材に来られる場合は調査会にご連絡下さい(すでに連絡済みの社は結構です)。

第7回 特別検証 「佐渡宿根木・新穂」

1、目的
 大澤孝司さん失踪・宿根木事件をはじめとする佐渡における事案について検証をい、北朝鮮の対日工作活動についてその一端を明らかにする。

2、日程

(1)実施日:平成29年10月20日(金)
    ※ 地元以外の参加者は19日(木)夕刻、新潟市内に集合
(2)時程:20日(当日の状況によって一部変更がある可能性があります)
 0755 新潟港発(ジェットフォイル) 
 0900 両津港着 車輌で移動
 1000 小木着
 1030 観光船乗船 宿根木事件現場海上及び陸上から検証
 1230 昼食
 1330 小木発 車輌で移動
 1400 新穂着 大澤孝司さん失踪現場調査
 1500 新穂発 車輌で移動
 1530 両津着・解散
 1625 両津港発(ジェットフォイル)
 1730 新潟港着

3、参加者

(1) 特定失踪者問題調査会役員 代表 荒木和博・代表代行 岡田和典・副代表兼事務局長 村尾建兒・特定失踪者家族会担当常務理事 武藤政春
(2)地元関係 大澤昭一特定失踪者家族会会長・高橋正救う会新潟会長・平岡一郎大澤孝司さんと再会を果たす会会長・高野宏一郎前佐渡市長・金子高敏佐渡市役所拉致被害者対策係長 他
(3)家族会 増元照明前事務局長
(4)他県関係 救う会福島赤塚公生代表・救う会兵庫島尾百合子さん
(5)報道関係者
※今回の検証にあたっては佐渡市役所の全面的な協力をいただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

4、検証(考察)事項

 新潟県における北朝鮮工作員の活動は公式に発表されている中では現時点、1955年(昭和30)6月に新潟中央埠頭から北朝鮮に向けて漁船で出港しようとして摘発された「第3次朝鮮スパイ事件」をはじめとして横田めぐみさん等の拉致事件などを含め20件近くになるが、このほかにも帰還事業船を使った工作活動や検挙されなかったものも含めると相当数の工作活動が新潟県を舞台に行われていたことが窺える。

 その中で今回当会が注目したのは特に小木町(現佐渡市)の海岸を利用した工作員の出入事案で、昭和36年(1961)6月中旬、小木海岸から工作員1名が密出国し、1名が入れ替りで密入国したとされる。また昭和45年(1970)5月中旬には宿根木から工作員が潜入、佐渡汽船経由で東京へ向かった事件、昭和47年(1972)3月中旬には宿根木の海岸に潜んでいた在日朝鮮人尹義重が逮捕される事件(宿根木事件)が生起している。

 小木町については元朝鮮総連中央本部財政局副局長だった韓光煕が全国38箇所に工作員の上陸地点を設定していた中の1ヶ所であり、佐渡ではこのほかに藻浦崎、黒姫と計3ヶ所の地点を設定していた。ただし設定の時期は昭和43年(1968)頃の話であり、少なくとも小木町ではそれ以前から工作員の出入場所として利用されていたことになる。

 一方佐渡では昭和49年(1974)2月下旬、当時新穂村の佐渡農地事務所に勤務していた県庁職員大澤孝司さんが同村の寮近くで行方不明となった。昭和53年(1978)8月12日、曽我ひとみさん、ミヨシさんの母娘が拉致され、その約1か月前には佐渡の沖合で不審船が目撃され、同時期工作船のものと思われる電波も傍受されていた。約2カ月前に拉致された田口八重子さんも佐渡から拉致されていった可能性もあると見られている。ちなみに平成14年(2002)9月17日の小泉訪朝以前、新潟県警の認識は大澤さんについては拉致の可能性があるが曽我さんは拉致ではないというものだったと言われている。

 今回の特別検証では以上の問題点に基づき、主に下記3点についての検証を行う。

(1)そもそも何故、佐渡島を密出入国地点として選んだのか
 佐渡から本土への移動はフェリー又は漁船等を利用しなければ不可能であり、フェリーを利用する場合、日中しか移動できず、人目に付くというリスクがあるにもかかわらず、佐渡を利用した理由は何か。

(2)何故、工作員による密出入国の場所として宿根木が選ばれたのか
 佐渡での島内移動は自動車を使わない限り路線バスを利用しての移動となるが、仮に両津港からのフェリーを利用して本土に渡る場合、小木から両津港までは真野を経由する路線が一般的で、小木〜真野間が約50分、真野〜両津港間が約40分となっており、乗り換えがスムーズにいったとしても約1時間30分かかり、この間衆目に身をさらしていることになる。宿根木事件で逮捕された二人はバスで現地まで行ったのか。あるいは誰かが車で連れていったのか。後者であれば佐渡に協力者がいたことになり、この点は曽我さん拉致について北朝鮮側が発表した「日本人請負業者」との関係も注目される。

(3)大澤孝司さん拉致に関する再検証
 大澤孝司さんは佐渡から島外に連れ出されたわけだが、その連れ出された場所はどこか。直接、佐渡から工作小船等で連れ出された可能性が最も高いと思われるが、漁船などで一度本土に送られた可能性もある。また、乗用車などに閉じ込められフェリーで本州に一旦連れ出された可能性も全く否定することはできない。佐渡から直接島外に連れ出された場合、地理的には曽我さんが連れ出されたという真野湾が一番近いが、人目に付きやすい点などを考慮すると、相川町の藻浦崎、工作員らが密出入国を繰り返していた宿根木の可能性もある。今回の宿根木での検証はそのように使われる可能性があったかについても行う。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月28日(土)15:00「朝鮮半島有事!自衛隊は拉致被害者を救えるか」(自民党新潟県連・青年部局・LDP新潟政治学校主催)
・自民党新潟県連(新潟市中央区新光町15ー5 025ー285ー5011)出来島変電所バス停徒歩8分
・代表荒木が参加
・問合せ 自民党新潟県連(025ー285ー5011)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告?延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

「ふるさと」と「故郷の春」

 日本の「ふるさと」にあたる「故郷の春」、これをいつか集会で両方歌えないかなと思っていたのが今回岡山の集会で実現しました。しかも山口采希さんが歌ってくれました。山口さんの歌に合わせて皆で合唱しました。
 以下はそのとき配った二つの歌の両国語の歌詞です。「故郷の春」の日本語、「ふるさと」の韓国語はどちらも私の作詞。「故郷の春」はYouTubeなどでも日本語の歌詞が載っていますが、歌いやすいように少し意訳しました。韓国語の歌詞はFBFの崔覧憲さんが直してくれました。
 歌いやすい方の言葉で、日韓両国語チャンポンで歌うということで、今後勧めてみようと思いますので、ご協力いただければ幸いです。

고향의 봄(故郷の春)
(1)
나의  살던   고향은    꽃피는    산골
ナエ サルドン コヒャグン コッピーヌン サンゴル
私の      ふるさと   花の里

복숭아꽃     살구꽃   아기  진달래
ボクスンアッコ サルグッコ アギ チンダルレ
桃の花     あんずの花 赤ちゃんツツジ

울긋불긋      꽃대궐     차리인    동내
ウルグップルグッ コーッデーコル チャリイン ドンネ
色とりどり    花の御殿    飾った   里

그속에서     놀던때가    그립습니다
クーソーゲーソ ノルドンデーガ クーリッスムニーダ
その中で    遊んだ頃を   思い出す

(2)
꽃동내     새동내   나의  옛고향
コーッドンネ セードンネ ナエ エッコーヒャン
花の里    鳥の里   私の村

파란들      남쪽에서    바람이    불면
パーランドゥル ナムチョーゲソ パーラーミ プルミョン
野原の      南から    風が     吹けば

냇가에    수양버들      춤추는      동내
ネーッカエ スーヤンボードゥル チュムチュヌン ドンネ
川辺の   柳たちが      踊る      里

그속에서     놀던때가    그립습니다.
クーソーゲーソ ノルドンデーガ クーリッスムニーダ
その中で     遊んだ頃を   思い出す


ふるさと(고향)
(1)
うさぎ追いし かの山
산토끼 뒤쫓은 저 산들

こぶな釣りし かの川
붕어들 낚던 저 강변

夢は今も めぐりて、
언제나 내꿈에 떠오르는

忘れがたき ふるさと
잊지 못하는 옛고향

(2)
いかにいます 父母
무사히 계시나 부모님

つつがなしや 友がき
변함이 없냐 옛친구들

雨に風に つけても
비가내려 바람부려 세월이 훌려도

思いいずる 故郷
생각이 나는 옛 고향

(3)
こころざしを はたして
나의 뜻이이루어져서

いつの日にか 帰らん
언젠가는 돌아간다

山は青き 故郷
산이 푸른 옛고향

水は清き 故郷
물이 맑은 예고향

|

2017年10月15日

誤算 【調査会NEWS2567】(29.10.15)

 戦争は誤算の連続です。だからこれから何が起きるか、実際のところは誰にも分かりません。

 もう少しすると朝鮮戦争の中国軍介入から67年になります。昭和25年(1950)6月25日に始まった朝鮮戦争では中国の人民志願軍が10月19日に中朝国境を越え、25日に最初の戦闘が行われました。

 当時国連軍の指揮を執っていたマッカーサーにとって、中国軍の介入は青天の霹靂でした。「ろくな武器もない中国軍が米国に戦いを挑むはずがない」という誤算は大きな被害をもたらし、一度奪回したソウルを再び手放すことになりました。

 逆に金日成が戦争を始めたのも誤算があったからこそでした。在韓米軍を撤収させ、極東の防衛線を日本海に引いていた米国がその向こうにある韓国を助けに来るはずはないという誤算と、南に行けば人民は皆自分たちの側に立ち上がるという誤算があったからこそでした。

 そして9月の仁川上陸作戦を成功させたマッカーサーは、自分が朝鮮半島から共産主義者を追い出して統一を実現させたヒーローになるという思い込みのもと、中国が参戦するという情報を全て遮断していました。周りの茶坊主も親分が不快に思う情報はほとんど上げませんでした。

 考えてみれば中国の介入もソ連からの「うちも行くからね」という曖昧なメッセージが影響しています。気付いてみたらソ連は知らん顔をして、送ったパイロットも中国軍に偽装させていました。そして中国は最も少ない推定で18万人、通常言われるのは数十万人の戦死者を出すことになったのです。これも毛沢東の誤算だったのかも知れません。

 私は最近まで米国は自分たちが攻撃されない限り二度と朝鮮半島で戦火を交えることはないと言ってきました。米国にそんな能力も意思もない、と。しかしこの春くらいから少し「ひょっとしたら」と思うようになってきました。米国と北朝鮮、そして中国のバランスの中で「誤算」の増幅が何かをもたらすかもしれないと。

 何しろ北朝鮮問題はバイプレーヤーである日本・韓国・ロシアもからみ複雑です。ありえないことが起きる可能性があります。映画「宣戦布告」(石侍露堂監督)で、日本に上陸した北朝鮮工作員の鎮圧作戦がきっかけになって周辺国が一気に軍事行動の方向に進んだとき、佐藤慶扮する官房長官が「なぜだ、誰が宣戦布告をしたっていうんだ!」というシーンがありますが、あるいはそんなことが起きるかもしれません。

 いずれにしてもそういう不安定なときなら「これからどうなるだろう」とどきどきしているよりは、誤算覚悟で自分が主役になるように動いた方が良いと思います。トランプも金正恩も、そして習近平もどうせ「誤算」をするでしょうし。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月15日(日)13:30「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)
・岡山シティホテル桑田町(岡山市北区桑田町3-30 086-221-0001)岡山駅徒歩7分
・代表荒木が参加
・問合せ 藤井代表(090-8246-6094)

・10月28日(土)15:00「朝鮮半島有事!自衛隊は拉致被害者を救えるか」(自民党新潟県連・青年部局・LDP新潟政治学校主催)
・自民党新潟県連(新潟市中央区新光町15ー5 025ー285ー5011)出来島変電所バス停徒歩8分
・代表荒木が参加
・問合せ 自民党新潟県連(025ー285ー5011)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告?延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2017年10月13日

チャンネルAJER 朴信浩監督と

 チャンネルAJER、今回は映画「かん天な人」などの監督朴信浩さんをゲストにお迎えしました。後半は会員制有料ですが前半部分はこちらでご覧になれます。ぜひご覧下さい。

|

コンプライアンス 【調査会NEWS2566】(29.10.13)

 鉄鋼会社の製品のデータ改竄問題が色々報道されています。他の会社でも色々出ていますから、業界を問わず隠れている偽造や改竄は沢山あるのでしょう。

 こういうニュースを聞いて思うのは、よく使われる横文字、「コンプライアンス」(法令遵守)とかいう横文字や、そんな考え方がかえって不正を生んでいるのではないかということです。

 私は経営に関しては全くの門外漢なので的外れだったら御指摘下さい。法律を守るということ自体が目的になれば、逆に「法律にひっかからなければ何をしても良い」ということになり、その抜け道を塞ごうとすれば法律がさらに複雑になるということはないのでしょうか。

 それよりは自分の心に照らして「こんなことをしたら恥ずかしい」とか「こんなことになったらご先祖に申しわけが立たない」といったような昔からの倫理基準の方が良いのではないかと思います。内面に嘘は付けませんから。もちろん大きな組織でそれですむのかという問題はあるでしょうが。

 拉致問題も同様で、前にも書いた横田めぐみさんの事件の3回にわたる隠蔽や、山本美保さんDNAデータ偽装事件などもそういうことではないかと思います。おそらく隠されていることは今分かっていることの数十倍、あるいは数百倍あるのでしょう。その一部でも表に出れば拉致問題は一気に前に進むはずなのに出てこない。それはそれぞれの組織を守るためには必要なのかも知れませんが、結果的には被害者を見捨てて国家としての整合性を損ねているように思います。

 役所でも熱心な人は自分の仕事がどうこういう以上に本人の心意気があるからこそ一所懸命動いてくれています。前に警察庁の幹部に「拉致被害者を救えるなら法律違反でも何でもしますよ」と言ったことがありますが、「コンプライアンス」よりは国民を守るという当たり前のことの方が重要ではないかと思う次第です。どのみち法律の条文は何を書いてもそれだけで国民を守ることはできないのですから。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月14日(土)13:30「拉致問題の早期解決を願う国民のつどい」政府・鳥取県・米子市・鳥取県拉致議連・救う会鳥取主催)
・米子コンベンションセンター(米子市末広町2940859-35-8111)米子駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 鳥取県人権同和対策課(0857-26-7590)

・10月15日(日)13:30「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)
・岡山シティホテル桑田町(岡山市北区桑田町3-30 086-221-0001)岡山駅徒歩7分
・代表荒木が参加
・問合せ 藤井代表(090-8246-6094)

・10月28日(土)15:00「朝鮮半島有事!自衛隊は拉致被害者を救えるか」(自民党新潟県連・青年部局・LDP新潟政治学校主催)
・自民党新潟県連(新潟市中央区新光町15ー5 025ー285ー5011)出来島変電所バス停徒歩8分
・代表荒木が参加
・問合せ 自民党新潟県連(025ー285ー5011)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告?延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2017年10月11日

特定失踪者家族会、失踪者63名57家族に 【調査会NEWS2565】(29.10.11)

 特定失踪者家族会の入会はその後も続いており、今日の時点で失踪者の数にして63名、家族の数で57家族になりました。9日には福井県小浜市での集会に大澤会長が参加するなど、役員の皆さんの活動も活発化しています。ICC(国際刑事裁判所)検察官への申立は1月下旬に行うこととなり、ICCのあるオランダ、ハーグに行く役員も決まりつつあります。申立の中心になっている須田洋平弁護士と私も同行の予定です。

 緊迫した情勢の中、来年1月に朝鮮半島情勢がどうなっているかは想像もつきませんが、状況によっては申立の趣旨である拉致問題の責任者(現在であれば金正恩)を処罰するということが現実の問題になっている可能性もないとは言えません。また申立より前に作成する予定の失踪者英文リストが北朝鮮の体制変化に伴って避難した人の確認に使われるかも知れません。

 昨日から総選挙が始まっていますが、日本が選挙だからといって様々な状況変化が待っていてくれるわけではありません。こういうときこそ緊張感を持ってやっていかなければと思っています。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月14日(土)13:30「拉致問題の早期解決を願う国民のつどい」政府・鳥取県・米子市・鳥取県拉致議連・救う会鳥取主催)
・米子コンベンションセンター(米子市末広町2940859-35-8111)米子駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 鳥取県人権同和対策課(0857-26-7590)

・10月15日(日)13:30「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)
・岡山シティホテル桑田町(岡山市北区桑田町3-30 086-221-0001)岡山駅徒歩7分
・代表荒木が参加
・問合せ 藤井代表(090-8246-6094)

・10月28日(土)15:00「朝鮮半島有事!自衛隊は拉致被害者を救えるか」(自民党新潟県連・青年部局・LDP新潟政治学校主催)
・自民党新潟県連(新潟市中央区新光町15ー5 025ー285ー5011)出来島変電所バス停徒歩8分
・代表荒木が参加
・問合せ 自民党新潟県連(025ー285ー5011)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告?延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2017年10月10日

朝鮮労働党 【調査会NEWS2564】(29.10.10)

 今日は朝鮮労働党の創建記念日です。またお祝いの花火でも打ち上げるのかなどと言われていますが今のところ静かなようです。

 この朝鮮労働党について、玉城素・元現代コリア研究所理事長(故人)は次のように述べています。

「最初の『革命』がソ連軍占領下でその庇護を受けながら行われたということを起点として、ソ連の一国社会主義建設方式をほぼそのまま圧縮的に踏襲し、いっそう純粋化して遂行して来たことが明らかである。朝鮮戦争はソ連の1918〜20年内戦に相当し、朴憲永、崔昌益、金ドゥ奉、朴金喆らの各反対派グループの粛清はトロツキー、ジノビエフ、ブハーリン、ラデックらの粛清に相当し、千里馬運動はスタハノフ運動に相当し、自主独立路線・主体路線は一国社会主義路線に相当し、1972年社会主義憲法はソ連の1936年スターリン憲法に相当している。これらの歴史経過が、ほぼパラレルに重なり合うだけでなく、国有化方式、計画化方式、農業集団化方式も、ほぼ全く同じタイプで時間を短縮して実施されて来たのである。しかもこれは客観的必然性によるというよりも、金日成の意識的なスターリン模倣によるものであった」

 そう言えば朝鮮戦争の作戦計画書は元々ロシア語で書かれていたそうです。当時の朝鮮人民軍には大戦争を戦えるだけの作戦を作る能力がなかったということでしょう(考えようによっては今もですが)。

 日本時代の遺産である膨大なインフラとソ連の模倣で国を作った金日成、その金日成を似せてカリスマを維持しようとしている金正恩、虚構という意味ではこれ以上ない虚構です。結局何もかもが借り物で、しまいに人も連れて来てしまったというのが労働党支配下の北朝鮮でした。しかしその北朝鮮に振り回されているわが国をはじめとする国際社会もまた情けないと思いますが。

 結局、朝鮮労働党の歴史を閉じてしまう意外にこの地域の安定も、北朝鮮の人々の平安も、そして全ての拉致被害者の救出もないのではないかと思います。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月14日(土)13:30「拉致問題の早期解決を願う国民のつどい」政府・鳥取県・米子市・鳥取県拉致議連・救う会鳥取主催)
・米子コンベンションセンター(米子市末広町2940859-35-8111)米子駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 鳥取県人権同和対策課(0857-26-7590)

・10月15日(日)13:30「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)
・岡山シティホテル桑田町(岡山市北区桑田町3-30 086-221-0001)岡山駅徒歩7分
・代表荒木が参加
・問合せ 藤井代表(090-8246-6094)

・10月28日(土)15:00「朝鮮半島有事!自衛隊は拉致被害者を救えるか」(自民党新潟県連・青年部局・LDP新潟政治学校主催)
・自民党新潟県連(新潟市中央区新光町15ー5 025ー285ー5011)出来島変電所バス停徒歩8分
・代表荒木が参加
・問合せ 自民党新潟県連(025ー285ー5011)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告?延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2017年10月 7日

どの官庁 【調査会NEWS2563】(29.10.7)

 「シン・ゴジラ」で閣僚から指示を受けた役人が左右を見回して「今の、どの官庁に言っておられるのですか」とか言うシーンがあります(正確ではありませんが、そんなセリフだったと思います)。

 今後北朝鮮からの難民がやってきたとき、どの省庁がどう対応するのかは、かなり大変な問題になります。外務省の中でも北東アジア課と邦人保護課で押しつけ合っているという話もあり(確認したわけではありませんが複数の筋から聞こえてきました)、省庁同士となるとどうなることやら。昔「踊る大捜査線」で警察署の境を流れる川で発見された水死体を両方の警察官が自分たちの仕事にしないために竿で相手側に押し出すシーンがありましたが、あれを彷彿することが今後あちこちで起きるのでしょう。

 9月29日の「『その後』を考える集い」については現在まとめており、その中には個々の問題についてどの省庁が対応すべきかも入れて後日発表しようと考えています。おそらく「とんでもない」という声があちこちから出てきそうですが、それならそれで「ではどこがやるべきなのか」という議論になってくれればと思います。

 なお、「『その後』を考える集い」については映像教育研究会稲川和男代表制作、予備役ブルーリボンの会荻原克啓幹事協力のビデオがYouTubeにアップロードされています。ご興味のある方はぜひご覧下さい。

https://youtu.be/S9l5I8ZkLW0

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月8日(日)14:00「横田めぐみさんとの再会を誓うチャリティコンサート」(横田めぐみさんの同級生の会主催)
・新潟県民会館(新潟市中央区一番堀通町3ー13 025-228-4481)市役所前バス停徒歩5分
・専務理事村尾が参加
・前売り券の販売については県民会館チケットセンターにお問い合わせ下さい(0125-223-1200)。

・10月9日(月・祝)13:30「拉致されて40年・横田めぐみさんのことを語ろう?拉致被害者救出 府民の集い」(大阪ブルーリボンの会主催)
・大阪國民会館(大阪市中央区大手前2-1-2 住友生命ビル12階)地下鉄谷町線天満橋駅徒歩3分
・代表荒木が参加
・問合せ 大阪ブルーリボンの会(06-6121-2306)

・10月9日(月・祝)9:30「拉致・特定失踪者問題の早期解決を願う福井県集会」(救う会福井主催)
・小浜市文化会館(小浜市大手町7-32 0770-53-1111)小浜駅徒歩10分
・特定失踪者家族会大澤会長が参加
・問合せ 小浜市総務課(0770ー64ー6002)

・10月14日(土)13:30「拉致問題の早期解決を願う国民のつどい」政府・鳥取県・米子市・鳥取県拉致議連・救う会鳥取主催)
・米子コンベンションセンター(米子市末広町2940859-35-8111)米子駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 鳥取県人権同和対策課(0857-26-7590)

・10月15日(日)13:30「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)
・岡山シティホテル桑田町(岡山市北区桑田町3-30 086-221-0001)岡山駅徒歩7分
・代表荒木が参加
・問合せ 藤井代表(090-8246-6094)

・10月28日(土)15:00「朝鮮半島有事!自衛隊は拉致被害者を救えるか」(自民党新潟県連・青年部局・LDP新潟政治学校主催)
・自民党新潟県連(新潟市中央区新光町15ー5 025ー285ー5011)出来島変電所バス停徒歩8分
・代表荒木が参加
・問合せ 自民党新潟県連(025ー285ー5011)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告?延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2017年10月 5日

佐渡特別検証について 【調査会NEWS2562】(29.10.5)

 10月20日実施予定の佐渡における特別検証は概ね次のように行う予定です(ジェットフォイルの便以外、佐渡島内の日程は変更の可能性がありますのでご注意下さい)。

0755 新潟港発(ジェットフォイル) 
0900 両津港着 車輌で移動
1000 小木着
1030 観光船乗船 宿根木事件現場を検証
1230 昼食
1330 小木発 車輌で移動
1400 新穂着 大澤孝司さん失踪現場調査
1500 新穂発 車輌で移動
1530 両津着・解散
1625 両津港発(ジェットフォイル)
1730 新潟港着

 当日は衆議院選挙投票直前ではありますが、報道関係の皆さんの取材をぜひお願いします。なお、御一緒に観光船に乗船取材される場合は人数をご連絡下さい。費用は1人あたり1500円程度になると思います。

 以下は現時点で明らかになっている新潟関連の北朝鮮工作関連事案です。その後に宿根木事件について報じた事件当時の新潟日報の記事を付けておきます。

(1)1955(昭和30)年6月26日、「第3次スパイ事件」の北朝鮮工作員・竹村基こと韓 載徳(当時40歳)が他の工作員らと共に北鮮貿易のため広島で購入した富榮丸(20トン)で新潟港から北朝鮮に出港しようとしていたところを検挙される。

(2)1961(昭和36)年6月13日、「海鳴40号」新潟県佐渡小木海岸から工作員1名が脱出(逮捕された他の工作員の供述)

(3)1961(昭和36)年6月29日、新潟県村上市柏尾海岸で工作船「栄光丸」の3名検挙。
別工作員が密入国後、都内に潜伏し、自衛隊・民団の諜報活動に従事(薫グループ事件)

(4)1961(昭和36)年9月24日、新潟県村上市岩ヶ崎海岸から金泰煥が潜入

(5)1962(昭和37)年9月24日、新潟県村上市大月海岸から金鳳国が潜入、工作船「解放号」の伝馬船が小舟で漂着、3名逮捕(解放号事件)

(6)1962(昭和37)年9月26日、夜9時ごろ、佐渡島北端・弾崎北西約80キロの海上で山形県鶴岡市加茂港所属の第2勝丸(30トン)がイカ釣り漁をしていたところ、直ぐ傍を2〜30トンの船が航行していったが様子がおかしいので近づいたところ急にライトを消してスピードを上げ逃げるように東へ去った。

(7)1970(昭和45)年5月13日、「海鳴40号」新潟県佐渡宿根木から工作員(69年7月17日秋田県の海岸から密出国、北で対韓工作教育後)が潜入、佐渡汽船経由で東京へ。

(8)1970(昭和45)年8月8日、午前3時頃、新潟県岩船郡山北町勝木の羽越線・勝木駅に居た自称韓国人・趙(ネに羽)行を職務質問し、外国人登録証を持っていなかったため逮捕した。
一緒にいたもう1名は外国人登録証を持っていた。

(9)1971(昭和46)年7月初旬、新潟県柏崎市鯨波海岸で工作員尹孝同が50歳の男性(工作員)を出迎える。

(10)1972(昭和47)年3月14日、新潟県佐渡宿根木海岸。
同日、同海岸で警察官が張り込み中、海岸の洞窟付近の岩場にかがみこんでいる不審人物2名を発見、職質の上、両名を外登法で検挙(宿根木脱出事件)

(11)1973(昭和48)年11月25日、新潟県柏崎市鯨波海岸から尹孝同が脱出。
11月14日に「11.25第2地点で戦闘を実施せよ」とのA3電波指令を受け、同海岸へ行き工作船で不法出国し、清津経由平壌へ。
尹は大同江近くの招待所で事業報告を行なうとともに、対南工作教育と指令を受ける。

(12)1973(昭和48)年12月23日、新潟県柏崎市鯨波海岸から尹孝同が潜入、再入国。

(13)1974(昭和49)年2月24日、佐渡農地事務所勤務の大澤孝司さんが新穂村の寮近くで行方不明となる。

(14)1975(昭和50)年9月27日夜、佐渡・両津市の弾崎灯台から北方約76キロの海上で気球が浮いているのを新潟の底引き網漁船が発見、ズック製のゴンドラの中から死後24〜48時間経過したと思われる北朝鮮の軍人と思われる男の水死体が発見された。

(15)1977(昭和52)年、新潟県柏崎市近くの海岸で工作員同士が接触。

(16)1977(昭和52)年11月15日、新潟市寄居町の自宅近くで横田めぐみさんを拉致。

(17)1978(昭和53)年6月下旬から7月初めにかけ佐渡の沖合約20キロを不審な船が移動、停泊しているのを漁業関係者らが目撃していた。

(18)1978(昭和53)年7月5日前後、新潟県佐渡島周辺で工作船から発信された電波(A3)を政府機関が傍受。
後に田口八重子さんが失踪した時期と重なることから「田口八重子=佐渡拉致説」の根拠となった模様。

(19)1978(昭和53)年7月31日、新潟県柏崎市中央海岸から蓮池薫さんと奥土祐木子さんを拉致。

(20)1978(昭和53)年8月12日、佐渡郡真野町で曽我ひとみさん、ミヨシさん母娘が襲われ拉致。

(21)1989(平成元)年1月、「警察発表者」佐渡・小木の菊地豊さんが小木の飲食店を出た後、行方不明となる。

(22)1991(平成3)年12月、「警察発表者」佐渡市金井町の本間進さん(当時47歳)が「相川に釣りに行く」と言って出掛けたまま行方不明となる

(23)1999(平成11)年3月23日、新潟県佐渡沖と石川県能登半島沖に侵入した2隻の工作船が日本海を逃走、北朝鮮の清津港へ。

■宿根木事件に関する当時の新潟日報1972(昭和47)年3月17日付の記事

「外人登録法違反で逮捕」

 相川署は、13日正午過ぎ、石川県沖に不審な船がいたという連絡があったため、警戒を続けていたが、同日夜半、佐渡小木町宿根木の海岸のほら穴を出た岩場に2人の男が腹這いになっているのを発見したので職務質問。外国人登録証明書の提示を求めたところ、1人が拒否したため、同登録法違反の疑いで逮捕した。逮捕されたのは、調べで川崎市上平間、伊藤重(32)=本籍朝鮮忠清南道論山郡魯城面竹林里=とわかった。

 県警外事課の話では、15日午前零時ごろ、小木沖1000mのところでノロシのようなものがあがり、懐中電灯のようなもので信号が送られてくるのを、相川署員が確認する事実があった。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月8日(日)14:00「横田めぐみさんとの再会を誓うチャリティコンサート」(横田めぐみさんの同級生の会主催)
・新潟県民会館(新潟市中央区一番堀通町3ー13 025-228-4481)市役所前バス停徒歩5分
・専務理事村尾が参加
・前売り券の販売については県民会館チケットセンターにお問い合わせ下さい(0125-223-1200)。

・10月9日(月・祝)13:30「拉致されて40年・横田めぐみさんのことを語ろう?拉致被害者救出 府民の集い」(大阪ブルーリボンの会主催)
・大阪國民会館(大阪市中央区大手前2-1-2 住友生命ビル12階)地下鉄谷町線天満橋駅徒歩3分
・代表荒木が参加
・問合せ 大阪ブルーリボンの会(06-6121-2306)

・10月9日(月・祝)9:30「拉致・特定失踪者問題の早期解決を願う福井県集会」(救う会福井主催)
・小浜市文化会館(小浜市大手町7-32 0770-53-1111)小浜駅徒歩10分
・特定失踪者家族会大澤会長が参加
・問合せ 小浜市総務課(0770ー64ー6002)

・10月14日(土)13:30「拉致問題の早期解決を願う国民のつどい」政府・鳥取県・米子市・鳥取県拉致議連・救う会鳥取主催)
・米子コンベンションセンター(米子市末広町2940859-35-8111)米子駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 鳥取県人権同和対策課(0857-26-7590)

・10月15日(日)13:30「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)
・岡山シティホテル桑田町(岡山市北区桑田町3-30 086-221-0001)岡山駅徒歩7分
・代表荒木が参加
・問合せ 藤井代表(090-8246-6094)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告?延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2017年10月 4日

「『その後』を考える集い」動画

「『その後』を考える集い」の動画です。映像教育研究会の稲川和男代表制作・予備役ブルーリボンの会荻原克啓幹事協力。ぜひご覧下さい。

|

総選挙 【調査会NEWS2561】(29.10.4)

 総選挙の公示も近づき、マスコミの方からもときどき「総選挙で各党に望むことは」と聞かれます。聞かれても何がなんだか分からない選挙で答えようがないのですが、とりあえずはこの選挙が終わって落ち着くまで戦争とか大規模な混乱が起きてくれないよう祈るばかりです。

 しかしあらためて考えると、わけの分からない選挙なのですから、「瓢箪から駒」で、これまで戦後体制の構造の中で隠蔽されていたことが表に出てくるなら、大きな影響が期待できると思います。

 前に書いたように横田めぐみさんの拉致についても歴代政権は(政権交代しても何しても関係なく)隠し続けてきました。そのようなことが他にも表に出てきてくれないでしょうか。これまでも藤田進さんや加瀬テル子さんの写真、あるいは古川了子さんや生島孝子さんをはじめとする多数の目撃証言がそこで止まってしまい政府が何も動かなかったり火消しに回ったことが少なくありませんでした。その封印が解かれることがあればそれまでの構造は根底から覆されるでしょう。漆間元警察庁長官が言った「拉致認定の三要件」など吹っ飛んでしまうはずです。

 また、選挙中に混乱が起きたら起きたで、例えば難民船に山本美保さんが乗っていればあの「DNA鑑定」なるものに関わった人間は何をしたのか、明らかにせざるをえません。それ以外でも帰ってきた拉致被害者の証言で、これまで行ってきた1万キロ現地調査や特別検証で私たちが行った推論も裏付けを取ることができるようになるかも知れません。

 どの党がやろうと誰がやろうと、そのような形で戦後体制が「リセット」されるなら本当の意味で拉致問題を進めることができるはずです。「希望」か「絶望」か分かりませんが、こうなったら行き着くところまで行くのも良いのかと。たまには「乱暴」も必要です。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月8日(日)14:00「横田めぐみさんとの再会を誓うチャリティコンサート」(横田めぐみさんの同級生の会主催)
・新潟県民会館(新潟市中央区一番堀通町3ー13 025-228-4481)
   市役所前バス停徒歩5分
・専務理事村尾が参加
・前売り券の販売については県民会館チケットセンターにお問い合わせ下さい(0125-223-1200)。

・10月9日(月・祝)13:30「拉致されて40年・横田めぐみさんのことを語ろう?拉致被害者救出 府民の集い」(大阪ブルーリボンの会主催)
・大阪國民会館(大阪市中央区大手前2-1-2 住友生命ビル12階)
   地下鉄谷町線天満橋駅徒歩3分
・代表荒木が参加
・問合せ 大阪ブルーリボンの会(06-6121-2306)

・10月9日(月・祝)9:30「拉致・特定失踪者問題の早期解決を願う福井県集会」(救う会福井主催)
・小浜市文化会館(小浜市大手町7-32 0770-53-1111)
   小浜駅徒歩10分
・特定失踪者家族会大澤会長が参加
・問合せ 小浜市総務課(0770ー64ー6002)

・10月14日(土)13:30「拉致問題の早期解決を願う国民のつどい」政府・鳥取県・米子市・鳥取県拉致議連・救う会鳥取主催)
・米子コンベンションセンター(米子市末広町2940859-35-8111)
   米子駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 鳥取県人権同和対策課(0857-26-7590)

・10月15日(日)13:30「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)
・岡山シティホテル桑田町(岡山市北区桑田町3-30 086-221-0001)
   岡山駅徒歩7分
・代表荒木が参加
・問合せ 藤井代表(090-8246-6094)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)
   関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告?延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2017年10月 3日

特急で2時間 【調査会NEWS2560】(29.10.3)

 9月29日の「『その後』を考える集い」のまとめはあらためて流しますが、北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会の山田文明代表のお話の中で印象的な話がありましたのでご紹介しておきます。

 山田代表が世話をしているある脱北帰国者(日本に縁故があり北朝鮮を脱出して日本に戻って定着している人)が夜電話をしてきたそうです。聞くと伊賀上野のあたりの山中にいるとのこと。その人は大阪に住んでいるのですが、前に山田代表と名古屋の話をしていて、山田代表が「名古屋なら近鉄特急で2時間で行けるから行ってみたらいいよね」という話をしたそうです。

 その人は「特急で2時間なら自転車で4時間位で行けるだろう」と考えて自転車で大阪から名古屋に向かったものの、いつまで経っても着かないうちに夜が更けてきたとのこと。結局山田代表が電車で現地に向かったのですが、もう上りの電車もなく、タクシーに自転車を積んで大阪まで帰ったそうです。北朝鮮の鉄道の状況から考えれば、いくら日本の方がましだと言ってもそれくらいと考えてしまったのでしょう。

 山田代表のご苦労は別として、これくらいの意識のギャップはまだ序の口でしょう。全く別世界のような北朝鮮で暮らしてきて、しかも命がけで逃げてきた人の感覚は平和なこの国で生まれ育ってきた私たちとは全く異なるはずです。

 好むと好まざるとにかかわらず、åやがて「異次元」の状況が起きることは覚悟しておかなければならないでしょう。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月8日(日)14:00「横田めぐみさんとの再会を誓うチャリティコンサート」(横田めぐみさんの同級生の会主催)
・新潟県民会館(新潟市中央区一番堀通町3ー13 025-228-4481)
   市役所前バス停徒歩5分
・専務理事村尾が参加
・前売り券の販売については県民会館チケットセンターにお問い合わせ下さい(0125-223-1200)。

・10月9日(月・祝)13:30「拉致されて40年・横田めぐみさんのことを語ろう〜拉致被害者救出 府民の集い」(大阪ブルーリボンの会主催)
・大阪國民会館(大阪市中央区大手前2-1-2 住友生命ビル12階)
   地下鉄谷町線天満橋駅徒歩3分
・代表荒木が参加
・問合せ 大阪ブルーリボンの会(06-6121-2306)

・10月9日(月・祝)9:30「拉致・特定失踪者問題の早期解決を願う福井県集会」(救う会福井主催)
・小浜市文化会館(小浜市大手町7-32 0770-53-1111)
   小浜駅徒歩10分
・特定失踪者家族会大澤会長が参加
・問合せ 小浜市総務課(0770ー64ー6002)

・10月14日(土)13:30「拉致問題の早期解決を願う国民のつどい」政府・鳥取県・米子市・鳥取県拉致議連・救う会鳥取主催)
・米子コンベンションセンター(米子市末広町2940859-35-8111)
   米子駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 鳥取県人権同和対策課(0857-26-7590)

・10月15日(日)13:30「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)
・岡山シティホテル桑田町(岡山市北区桑田町3-30 086-221-0001)
   岡山駅徒歩7分
・代表荒木が参加
・問合せ 藤井代表(090-8246-6094)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)
   関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告〜延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2017年10月 1日

横田めぐみ拉致、3回の隠蔽 【調査会NEWS2559】(29.10.1)

 調査会特別調査班の活動の中では色々な副産物があるのですが、その中で見つかった平成12年(2000)3月28日号の週刊誌「FLASH」の「横田めぐみさんの生存場所を記した衝撃文書」という記事は今あらためて考えると重大な意味を感じます。

 記事の内容は警察庁が官邸に報告するために作成した22枚の極秘文書のスクープで、そこには平成8年(1996)9月から9年(1997)10月までの拉致問題関連事項が書かれた表があります。記事で取り上げている問題の部分は平成9年2月18日の欄で、次のように書かれています。
----------------------------
 〜22日までに訪朝した日本国際交流機構(ICO)代表団=平壌市内を見物中に北朝鮮側案内人から「横田めぐみはあのアパート付近に住んでいる」と説明を受けた
----------------------------
 この説明を受けたのはICOの代表の本多一夫氏で、訪朝から1年半後の平成10年(1998)7月に亡くなっています。民族派の団体の幹部だったそうですが、葬儀には橋本総理が参列して弔辞を読んだとのこと。本多氏の訪朝から半月前、平成9年(1997)2月3日には横田めぐみさんについて、西村眞悟議員が国会で初めて取り上げています。訪朝は橋本総理の密使として行ったということです。

 密使の話、そしてアパートの話は前にも聞いたことがありましたが警察庁の文書の中に書かれていたことは知りませんでした。そうすると、日本政府は横田めぐみさん拉致について3回も隠蔽したことになります。

1、事件発覚当時
2、平成7年(1995)前後、韓国の情報機関から少女拉致の情報がもたらされ横田めぐみだと確認したとき
3、本多氏の訪朝で北朝鮮側がその存在を認めたとき
 
 小泉訪朝で北朝鮮側が「5人生存、8人死亡」と伝えるのは本多氏の訪朝の5年後です。そのときの通知ではめぐみさんの「死亡」は平成5年(1993)3月13日となっていました。つまりこのとき死亡情報は明らかに嘘だと分かっていたわけですが、日本政府はそれについて何も明らかにしませんでした。

 拉致問題の象徴とも言える横田めぐみ拉致について隠蔽するのであれば、認定被害者だろうと特定失踪者だろうと、おそらく驚くような数の人々の拉致が隠蔽されているのでしょう。「山本美保さんDNA偽装事件」ももちろんそうです。今回の総選挙をきっかけにそのようなウミが摘出されることを期待しています。

<「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>
22:00〜23:00 短波6040kHz 5965kHz 7215kHzのいずれか
23:05〜23:35 短波6090kHz 7295kHz 6165kHzのいずれか
23:30〜00:30 中波1431kHz(9月30日まで)
01:00〜02:00 短波7215kHz 6090kHz 6165kHzのいずれか

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月8日(日)14:00「横田めぐみさんとの再会を誓うチャリティコンサート」(横田めぐみさんの同級生の会主催)
・新潟県民会館(新潟市中央区一番堀通町3ー13 025-228-4481)
   市役所前バス停徒歩5分
・専務理事村尾が参加
・前売り券の販売については県民会館チケットセンターにお問い合わせ下さい(0125-223-1200)。

・10月9日(月・祝)13:30「拉致されて40年・横田めぐみさんのことを語ろう〜拉致被害者救出 府民の集い」(大阪ブルーリボンの会主催)
・大阪國民会館(大阪市中央区大手前2-1-2 住友生命ビル12階)
   地下鉄谷町線天満橋駅徒歩3分
・代表荒木が参加
・問合せ 大阪ブルーリボンの会(06-6121-2306)

・10月9日(月・祝)9:30「拉致・特定失踪者問題の早期解決を願う福井県集会」(救う会福井主催)
・小浜市文化会館(小浜市大手町7-32 0770-53-1111)
   小浜駅徒歩10分
・特定失踪者家族会大澤会長が参加
・問合せ 小浜市総務課(0770ー64ー6002)

・10月14日(土)13:30「拉致問題の早期解決を願う国民のつどい」政府・鳥取県・米子市・鳥取県拉致議連・救う会鳥取主催)
・米子コンベンションセンター(米子市末広町2940859-35-8111)
   米子駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 鳥取県人権同和対策課(0857-26-7590)

・10月15日(日)13:30「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)
・岡山シティホテル桑田町(岡山市北区桑田町3-30 086-221-0001)
   岡山駅徒歩7分
・代表荒木が参加
・問合せ 藤井代表(090-8246-6094)

・11月11日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・沼田市・片品村・川場村・昭和村・みなかみ町・群馬県拉致議連・救う会群馬主催)
・川場村文化会館(川場村大字谷地2409ー1 0278-52-3458)
   関越自動車道沼田インターから車で10分。
・代表荒木が参加
・問合せ 群馬県地域福祉係(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
・チャンネル桜【防人の人の道NEXT】北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」近況報告〜延坪島モニタリング-村尾建兒氏に聞く[桜H29/8/9]
・専務理事村尾が出演
・下記で視聴できます。
https://youtu.be/YQNt_poTnUU

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

« 2017年9月 | トップページ