« 2018年1月 | トップページ

2018年2月23日

 調査会特別調査班の活動の中で平成28年以前も北朝鮮船の着岸・漂流が非常に多く、また状況が深刻であることが分かりました。以下はとりあえず確認できたものだけで、まだ氷山の一角です。地方紙に掲載されただけの漂着を全部加えれば膨大な数になるはずです。

 あらためて見て深刻なのは、日本の海岸に生存者が乗ってやってきた場合、大部分が着岸するまで誰も気付いていないということです。去年11月の由利本荘、松前の事案でも同様ですが、要は工作員である必要もなく、普通の人が普通に上陸できるのです。

 前にも書きましたが11年前の青森県深浦の4人は、遊園地の手こぎボートを大きくした程度の船でやってきました。海保の発表は清津から約800キロを自力でやってきたとのこと。4人は麻薬を所持しており、また長時間海上に板にもかかわらず60代の女性も含めて元気でした。海保の発表が本当なら、誰でも、麻薬だろうが武器だろうが持ったままで日本の海岸に気付かれずに上陸できるということになります。

 海保が嘘をついているなら母船に搭載されて何らかの目的で日本の沿岸まで来たことになりますから、これはこれで大変なことです。由利本荘と秋田の18人が工作員でなかったから良かったなどという悠長な話ではありません。ともかく、日本の海岸は工作員でなくても簡単に上陸できるのだということに、もっと神経を使うべきではないでしょうか。海には国境のように壁を作ることはできないのです。これから先難民が何万人やってきても止めることはできません。

 しかしこれは今こうなったのではなく、昔からそうだったのです。だからこそ工作員が自由に出入りして多数の人々を連れて行くことができたのです。「安全」が日本の売りだったわけですが、それは網にかからなかった人にとっての安全でしかなかったのではないか、からないようにするための努力を日本は国家として怠ってきたのではないか、そしてかかった人は見捨ててきたのではないかと思います。

 今起きていることは様々な意味で私たちに突き付けられた重大な問題提起です。多くの方がこの問題に関心をもち、また発言していただきたく思います。

 なお下の平成28年までのリストはまだ一部です。各地でお気付きの方がありましたらぜひお知らせ下さい。

《平成28年(2016)以前の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/22 現在

平成18年(2006)
1月4日 京都府舞鶴海上保安部管内 木造船(180131読売大阪朝刊)
1月 鳥取県内に4隻の木造船が漂着(180126読売大阪朝刊)
1月24日 鳥取県大山町 木造船(180126読売大阪朝刊)
1月25日 鳥取県鳥取市伏野海岸 木造船(長さ5.65メートル幅1.4メートル)(180126読売大阪朝刊)
1月30日 京都府京丹後市久美浜町箱石海岸 木造船(180131読売大阪朝刊)

平成19年(2007)
6月 青森県深浦町 木造船・生存者4人
11月中旬以降北朝鮮からの木造船16隻が漂着、新潟と石川の海岸が大部分。(191227読売東京夕刊)

平成20年(2008)
1月10日 福井県福井市西二ツ屋町海岸 木造船(長さ約6メートル幅約1.5メートル 船尾に船外機、船首にハングルが彫られていた)(200112読売大阪朝刊)
3月26日 秋田県男鹿市北浦入道崎海岸 木造船(長さ約5.8メートル幅約1.4メートル 側面や船尾にハングル)(200326読売秋田版)

平成23年(2011)
9月 輪島市沖合で木造船に乗った脱北者9人を救助(後に韓国に移送)
9月26日福井県美浜町関電美浜原発敷地内の岩場 木造船の一部(230927読売大阪朝刊)

平成24年(2012)
1月6日 島根県隠岐の島町那久岬沖 木造船・生存者3人(9日に北に引き渡し)・遺体1体(241224読売島根版)
1月19日 島根県隠岐の島町 木造船(241224読売島根版)
2月22日 島根県隠岐の島町 木造船(241224読売島根版)
2月27日 島根県海士町 木造船(241224読売島根版)
4月4日 島根県隠岐の島町 木造船(241224読売島根版)
11月28日 新潟県佐渡市大小海岸 木造苑(長さ約12.8メートル幅約3.4メートル エンジン 船首にハングル)・遺体5体(241129読売新潟版)
12月12日 石川県輪島市 木造船(長さ約11メートル幅約3.5メートル 船首両横にハングル、漁網や釣り針)内から遺体1体(一部白骨化)
(270110読売記事では「輪島市沖合で木造船の漂着や漂流が相次ぎ、漂流した船体の近くで3遺体が見つかる」)
平成25年(2013)
12月18日 新潟県粟島浦村 木造船(長さ約12メートル・幅約3.5メートル 船首にハングル 船内からイカ釣り漁の針や「朝鮮平壌」と書かれた箸)・遺体1体(身長約1メートル75センチ、防寒ジャンパー着用・死後数週間)(251218読売東京朝刊)
12月25日 秋田県男鹿市北浦湯本 木造船(長さ約12メートル幅約3.5メートル船内に漁網など)・遺体3体(251225読売秋田版)
12月28日 新潟県長岡市寺泊野積海岸 木造船(長さ8.25メートル幅2メートル 船首に数字やハングル)(251229読売新潟南版)
12月29日 新潟県柏崎市西山町石地海岸 木造船(長さ6.6メートル幅1.7メートル 船首に数字やハングル)(251230読売新潟南版)

平成26年(2014)
8月 珠洲市沖合で北朝鮮船の乗組員4人救助(後に大連経由で帰国)

平成27年(2015)
1月9日 石川県志賀町安部屋漁港北400メートル 木造船・生存者1人(服などが入っている透明ビニール袋を所持 61歳 後に帰国)
7月23日 青森県佐井村矢越漁港 木造船1隻(271209読売)
10月27日 青森県佐井村福浦漁港 木造船1隻・遺体1体(271209読売)
11月1日 秋田県三種町沖 木造船(271209読売)
11月2日 秋田県男鹿市 木造船(271209読売)
11月6日 北海道松前町沖 木造船・遺体2体(271107読売東京朝刊)
11月14日 新潟県佐渡市沖 木造船・遺体1体(271209読売)
11月19日 秋田県能代市沖 木造船・遺体2体(271209読売)
11月20日 石川県輪島市沖 木造船3隻・遺体10体(271209読売)
11月22日 福井県越前町沖 木造船・最低でも7人とみられる遺体・遺骨(271209読売)
11月22日 新潟県佐渡市沖 木造船(271209読売)
11月23日 石川県輪島市沖 木造船の一部(271209読売)
12月2日 青森県佐井村長後牛滝漁港 木造船(船内にハングルの書かれた救命胴衣)・遺体4体(海保の司法解剖結果で死後1〜6カ月経過 靴にハングル)(271207・1209読売東京朝刊)
12月2日 兵庫県新温泉津町沖 木造船の一部(271209読売)
12月7日 石川県金沢市沖 木造船(271209読売)

平成28年(2016)
5月20日 青森県風間浦村易国間桑畑漁港近く 木造船(長さ約6.7メートル幅約1.5メートル 左舷船首部分にハングル)(280522読売青森版)
6月5日 青森県むつ市大畑町大畠漁港沖 木造船(全長約9メートル幅約2.3メートル 船体に海藻が付着 右舷船首部分にハングル)(280607読売青森版)
10月17日 青森県深浦町沖(十二湖駅近くの岸壁に引航) 木造船(281018読売青森版)
10月18日 青森県佐井村沖 木造船(281029読売青森版)
10月29日 青森県佐井村牛滝漁港 木造船(長さ6.2メートル幅2.53メートル)(281029読売青森版)
10月30日 青森県つがる市七里長浜 木造苑(長さ16.2メートル幅4メートル 船首に赤色数字 船内にロープや網)(281101読売青森版)

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・3月2日(金)18:30 「その後」を考える集い4 in 石川(特定失踪者問題調査会・救う会石川主催)
・会場 野々市市交遊舎(ののいちし・こうゆうしゃ 野々市市二日市1-2 JR野々市駅北口隣接 北陸自動車道金沢西インターより5分 076-294‐8166)ß
・荒木代表他調査会役員・加藤博「『その後』プロジェクト」特別顧問らが参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/22 現在
※記載内容は元の情報を可能な限りそのまま使っているので不揃いです。
※出典については逐次書き加えています。石川関連のほとんどが北國新聞、新潟関連の大半は新潟日報の記事です。

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船
 6日 福井県美浜町菅浜弁天崎南1キロ 木造船(船体にハングルのような文字 船内にエンジンの一部とドラム缶)(290106読売大阪朝刊)
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船
 11日 石川県金沢市 木造船
 15日 京都府京丹後市間人 木造船
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル 船尾の白い板にハングル)(271209読売)
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船
 28日 京都府京丹後市 木造船
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船
 26日 兵庫県香住町余部海沖 木造船(「0제16749」と記載 男性遺体1体身長約168センチ)
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル幅3.7メートル 「888-88879」の数字記載)
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル) 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っていた)周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル) 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船(長さ約10メートル幅約2メートル 船体にハングルと数字が記載 エンジン 周辺から漁網やイカ釣り針、防寒具など)
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル) プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)・遺体8体(白骨化)・北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船の一部(「88737」の記載)・遺体1体
 26日 新潟県佐渡市石花 遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される。
 30日 新潟県佐渡市藻浦崎 遺体1体
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船(長さ約10メートル幅約2.4メートル)
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船(長さ約9.8メートル幅約2.3メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船(幅約3.1メートル)
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船・遺体1体
 7日 新潟県佐渡市和木沖 木造船・遺体1体
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 新潟県佐渡市水津漁港 木造船の一部(幅約2.8メートル)・後に男性の遺体1体発見
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 9日 新潟県佐渡市姫崎沖 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船(幅約3メートル)
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船
 12日 新潟県佐渡市宿根木 木造船の一部
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船(全長約13.5メートル幅約3メートル)
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖 木造船
 15日 新潟県佐渡市下相川 木造船(長さ約13メートル幅約3メートル)
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船・遺体2体
 19日 石川県羽咋郡志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県羽咋郡志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体1体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約10メートル、幅約2.2メートル)
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)

平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー)
 4日 新潟県佐渡市北田野浦 木造船の一部
 5日 新潟県佐渡市相川鹿伏 木造船の一部
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル) その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)
 7日 新潟県佐渡市入桑漁港 木造船の一部
 8日 新潟県新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)
8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。

2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載) 
 9日 石川県かほく市白尾海岸 木造船(船体に番号表記)
 10日 石川県羽咋郡志賀町 木造船2隻(1隻は海士崎灯台北500メートル、長さ約12メートル幅約2メートル 船首部分に「505-64271」の番号記載があり1日に金沢港沖で発見された漂流船と思われる。もう1隻同灯台北約200メートル、長さ約5.4メートル幅1.5メートル 船尾破損 文字番号等記載なし)
 11日 石川県加賀市美崎町漁協加賀支所から400メートル海岸 木造船(長さ約19メートル幅約5メートル)
 13日 石川県羽咋市一ノ宮町一ノ宮海岸 木造船(長さ約7メートル幅約1.85メートル)
 13日 石川県輪島市門前町池田海岸 木造船(長さ約メートル幅約1.85メートル 船体にハングルと番号表記)
 13日 石川県西海千ノ浦海士崎灯台近くの海岸 木造船(長さ約5.6メートル幅約1.4メートル 船首と船尾にハングルと番号表記)
 13日 秋田県男鹿市野石字五明光海岸三種町との境から南約1.3キロ 木造船(長さ約10.1メートル幅約2.1メートル 船内にエンジンと漁網を巻き上げる機械 船体に「29488」とハングルの記載)
 15日 石川県羽咋郡志賀町百浦海岸 木造船(長さ9.7メートル幅約2.19メートル スクリューとエンジンあり)
 20日 石川県金沢市金沢港北西20キロ沖 木造船(長さ約6メートル幅約1.5メートル 船首に「4233」の記載)
 22日 石川県輪島市深見町海岸 木造船(全長10メートル幅2.65メートル 船尾にスクリュー)(300223北國新聞) 
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月22日

ICC申立、「しおかぜ」について加藤大臣に要請 【調査会NEWS2669】(30.2.22)

 本日18:10より内閣府の大臣室で加藤勝信・拉致問題担当大臣に面会し、要請を行いました。ICC申立に関する報告と要請が主たる目的ですが、あわせて特定失踪者家族会から「しおかぜ」に関する要請も行いました。

 参加者は特定失踪者家族会大澤会長・矢島副会長・竹下事務局長・森本幹事・生島幹事・吉見幹事、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会増元照明前事務局長、特定失踪者問題調査会代表荒木・特定失踪者家族会担当常務理事武藤の9人です。

 以下二つの要請文書の内容です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ICC申立に関する要請)
 拉致問題担当大臣 加藤勝信殿
             2018年2月22日
          特定失踪者家族会会長  大澤昭一

       オランダ訪問の報告ならびに今後の要望

 平素より拉致問題に対する様々なご対応に感謝申し上げます。

 昨年、特定失踪者家族会を設立して第一の行動として、国際刑事裁判所(ICC)への申し立てをすることについてかねてよりご報告しておりましたが、本年1月にオランダへ赴き、拉致被害者の人権擁護と北朝鮮の責任者の処罰を求めた申し立て書を無事提出して参りましたので、以下のようにご報告申し上げます。

 このことに関しては、御職はじめ関係各省庁の皆様に、現地での対応も含め様々にご支援お力添えを賜りましたこと、ここに深くお礼申し上げます。

1.日程  平成30年(2018年)
1月23日(火) 成田発11:25 KL862便  アムステルダム着
     スキポール空港より特急列車にてデン・ハーグ着現地時間16:56
1月24日(水) ハーグ滞在  ICC訪問申し立て書手交  日本大使館訪問
1月25日(木) ハーグ滞在   予備日
1月26日(金) デン・ハーグ発現地時間10:33 特急列車にてスキポール空港着 アムステルダム発14:30 KL861便 機内泊
1月27日(土) 成田着9:45

2.参加者 
  大澤昭一  特定失踪者家族会会長(大澤孝司の兄)
  森本美砂   同家族会 幹事   (山本美保の妹)
  竹下珠路   同家族会 事務局長 (古川了子の姉)
  増元照明  拉致被害者家族連絡会前事務局長(増元るみ子の弟)
  平岡一郎  大澤孝司さんと再会を果たす会代表
  須田洋平  弁護士 北朝鮮による拉致と人権問題に取り組む法律家の会会員
  荒木和博  特定失踪者問題調査会代表
 この他
 吉見美保 家族会幹事 (秋田美輪の姉) 雪によるフライトアクシデントのため別便で北京空港まで行ったものの、更に乗り継ぎ便不能となり引き返した
 生島馨子 家族会幹事 (生島孝子の姉) 参加の予定で計画していたが、末妹の看護のため直前に訪蘭を断念した

3.訪問の概要

 ハーグの国際刑事裁判所(ICC)では、出発直前になって面会できないかもしれないという状況になりましたが、須田弁護士や荒木代表が大変努力されて政府拉致対作本部、外務省の大きな協力も得てようやく「通訳を含めて3人だけ面会可能。ただし書類を受け取るだけ」という返事を頂き出発しました。

 1月24日11:00須田弁護士(通訳兼)と大澤会長、竹下事務局長だけがICCの事務官1名と面会できました。お会いしてみればとても人間味のある事務官で、須田弁護士と手続き上の問題などをやり取りした後、大澤会長と竹下から家族の思いを聞いて深く頷き、合計30分もの時間をいただきました。事務官は、「この申し立て文書は確かに受理した。この申し立てがICCのルールに適っているかどうかの精査をまず担当部署で行い、その結論を出したものが検察官に送られる。ここまでに早くても2カ月以上はかかるだろう。その結果により、さらに調査するか、調査に値しないとするかの判断は検察官から下される。微妙で大変な問題なので、慎重に判断されるであろう」と答えてくださいました。

 提出したのは、申立書、英文失踪者リスト(545名)、調査会ポスター、政府の拉致広報冊子(各国語)、そして家族会からと吉見幹事からの英文請願文の計2通も提出しました。

 同行した他の皆さんは寒い中、館内に入ることも許されず外で待機していただきましたが、とにかく、多くの特定失踪者家族の思いと共に申立書を手渡すことができたことをご報告いたします。

 同日午後には日本大使館を訪問し、後藤総務参事官に面会しました。

 ICCでの面会をめぐって、外務省の方々にも多くのご支援を頂いたので、そのお礼とICC訪問の報告、そして在オランダの各国大使館に対する拉致問題の啓発をお願いしてきました。特に「ご自分の家族がこのような事になったらどう思うかという事を心に置いて、是非今後も協力してほしい」と結んできました。 

4.この旅程を終えて

 日本がICCに加盟した2007年当時は、拉致問題そのものは大きなニュースになっていたものの、ICCのルールに日本人拉致問題が該当するのかどうかという疑問視もあり、今まで具体化して来ませんでした。しかし2016年12月の政府主催国際シンポジウムに於いて、ICCでの経験も豊かな野口検事がICC提訴の可能性を述べてくださったので、特定失踪者家族会としてはその可能性を信じて国際経験豊かな須田洋平弁護士をお願いし、この度の申し立てを行いました。

 民間の特定失踪者家族会が国際刑事裁判所に申し立てをするという事で、拉致問題が国際的な関心を呼ぶことにも役に立っていると思います。

 多くの特定失踪者家族たちはあらゆる手段を通して、とにかくこの事態を一日も早く動かして、自分たちの家族を「命のあるうちに」取り戻したい一心です。

 今後とも、救出に向けて可能と思われる行動は様々に起こしていく所存です。

5.今後に向けての要望事項

 今回の申し立てをきっかけに以下の事柄につき更にお力添えを賜りますよう要望申し上げます。

一、 ICCへの最大の拠出国であり判事も出している日本として、この問題をICCがしっかりと取り扱うよう強く求めていくこと
二、 その状況について政府から家族に対して報告すること
三、今回作成したリストを各国の日本大使館に配付し、当該国政府の担当部署に渡して拉致問題への 協力、非常時における対応を求めること
            以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー                                             
(しおかぜ支援に関する要請)

内閣総理大臣 安倍晋三 殿
拉致問題担当大臣 加藤勝信 殿          
              平成30年2月22日
                                                 特定失踪者家族会会長  大澤昭一

      北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」支援のお願い

 安倍内閣総理大臣様、加藤拉致問題担当大臣様におかれましては、最重要課題と位置付けている拉致問題解決のため、平素より数々のご労苦とご努力に心から敬意を表します。

 先日特定失踪者家族会は、オランダのデン・ハーグにおきまして、国際刑事裁判所(ICC)に北朝鮮による拉致事件の被害者の人権の擁護と、北朝鮮の責任者の処罰を求める申し立てを行いました。国のお力添えもいただき、無事ICC事務官に面会して申立書を手交することができましたことを有り難く思っております。

 拉致問題が明るみになってから20年以上の年月が経過し、いまだ全面解決の道筋が見えない中で、被害者も高齢化していますが、その家族は年々歳を重ね、再会を果たせぬまま黄泉へ旅立つ方々が後を絶ちません。

 そんな中、特定失踪者問題調査会で送信しています「しおかぜ」は長年北朝鮮にいる被害者に必要な情報を提供し、生きる勇気を与え続けて参りました。

 国連の北朝鮮人権調査委員会のマイケル・ドナルド・カービー委員長らはこのラジオ放送が、北朝鮮内部への情報注入の方策として大変有効だと発言していただきました。

 特定失踪者家族も認定被害者家族も、生の声で北朝鮮に居る家族への呼びかけができることは、励ましの心を直接伝える重要なツールであり、多くの被害者たちにとっては生きる光明だと思います。

 多くの政府関係者や地方自治体関係者の方々も直接その声を収録・放送されており、北朝鮮にとって電波による圧力になっていることも周知のとおりです。
さらに昨今の北朝鮮による核・ミサイルの脅威は世界を震撼させるものであり、有事に避難するための緊急情報も必要不可欠なものです。

 これらの事から、北朝鮮向けラジオ放送の意義は我々の想像以上に大きいものと考えております。

 先日の官房長官による「しおかぜ」中波放送の資金援助の発表は、誠に有り難く伺いました。しかし、中波放送の経費は一日1時間の放送で1ヵ月200万円、年間2,400万円が必要となり、短波放送にも1,400万円弱の経費を費やしています。一民間団体が単独で集められる額ではありません。

 何卒、北朝鮮向けラジオ放送の重要性をご理解いただき、より効果の高い中波放送の実質放送可能となる資金援助と更なる支援をお願いする次第です。

 合わせて「ふるさとの風」も更に内容を充実して中波放送で北朝鮮に向け、現実に即した、より有効な情報を積極的に発信してくださるなど、御配慮いただきたくお願い申し上げます。

 北朝鮮の拉致問題の解決に向け、今後尚一層のお力添えを賜りますよう、よろしくお願いいたします。
                  以上

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・3月2日(金)18:30 「その後」を考える集い4 in 石川(特定失踪者問題調査会・救う会石川主催)
・会場 野々市市交遊舎(ののいちし・こうゆうしゃ 野々市市二日市1-2 JR野々市駅北口隣接 北陸自動車道金沢西インターより5分 076-294‐8166)ß
・荒木代表他調査会役員・加藤博「『その後』プロジェクト」特別顧問らが参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/14 現在
※記載内容は元の情報を可能な限りそのまま使っているので不揃いです。
※ここに記載されていない情報をお持ちの方はご提供下さい。

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船
 11日 石川県金沢市 木造船
 15日 京都府京丹後市間人 木造船
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船
 28日 京都府京丹後市 木造船
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船
 26日 兵庫県香住町余部海沖 木造船(「0제16749」と記載 男性遺体1体身長約168センチ)
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル幅3.7メートル 「888-88879」の数字記載)
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル) 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っていた)周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル) 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船(長さ約10メートル幅約2メートル 船体にハングルと数字が記載)
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル) プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)・遺体8体(白骨化)・北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船の一部(「88737」の記載)・遺体1体
 26日 新潟県佐渡市石花 遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される。
 30日 新潟県佐渡市藻浦崎 遺体1体
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船(長さ約10メートル幅約2.4メートル)
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船(長さ約9.8メートル幅約2.3メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船(幅約3.1メートル)
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船・遺体1体
 7日 新潟県佐渡市和木沖 木造船・遺体1体
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 新潟県佐渡市水津漁港 木造船の一部(幅約2.8メートル)・後に男性の遺体1体発見
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 9日 新潟県佐渡市姫崎沖 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船(幅約3メートル)
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船
 12日 新潟県佐渡市宿根木 木造船の一部
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船(全長約13.5メートル幅約3メートル)
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖 木造船
 15日 新潟県佐渡市下相川 木造船(長さ約13メートル幅約3メートル)
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船・遺体2体
 19日 石川県羽咋郡志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県羽咋郡志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体1体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約10メートル、幅約2.2メートル)
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)

平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー)
 4日 新潟県佐渡市北田野浦 木造船の一部
 5日 新潟県佐渡市相川鹿伏 木造船の一部
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル) その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)
 7日 新潟県佐渡市入桑漁港 木造船の一部
 8日 新潟県新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)
8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。

2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載) 
 9日 石川県かほく市白尾海岸 木造船(船体に番号表記)
 10日 石川県羽咋郡志賀町 木造船2隻(1隻は海士崎灯台北500メートル、長さ約12メートル幅約2メートル 船首部分に「505-64271」の番号記載があり1日に金沢港沖で発見された漂流船と思われる。もう1隻同灯台北約200メートル、長さ約5.4メートル幅1.5メートル 船尾破損 文字番号等記載なし)
 11日 石川県加賀市美崎町漁協加賀支所から400メートル海岸 木造船(長さ約19メートル幅約5メートル)
 13日 石川県羽咋市一ノ宮町一ノ宮海岸 木造船(長さ約7メートル幅約1.85メートル)
 13日 石川県輪島市門前町池田海岸 木造船(長さ約メートル幅約1.85メートル 船体にハングルと番号表記)
 13日 石川県西海千ノ浦海士崎灯台近くの海岸 木造船(長さ約5.6メートル幅約1.4メートル 船首と船尾にハングルと番号表記)
 13日 秋田県男鹿市野石字五明光海岸三種町との境から南約1.3キロ 木造船(長さ約10.1メートル幅約2.1メートル 船内にエンジンと漁網を巻き上げる機械 船体に「29488」とハングルの記載)
 
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月21日

加藤大臣への面会について 【調査会NEWS2668】(30.2.21)

 先日の特定失踪者家族会のICC(国際刑事裁判所)への申立について、明日加藤勝信拉致問題担当大臣への報告及び要請を行います。報道関係各位にはご多忙中恐縮ですが、対応賜りますようお願い申し上げます。

日時:平成30年2月22日(木)18時10分~18時25分(予定)
場所:内閣府本府3階 大臣室
参加者:
 大澤昭一特定失踪者家族会会長
 矢島文恵 同副会長
 竹下珠路 同事務局長
 森本美砂 同幹事
 生島馨子  同
 吉見美保  同
 増元照明 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会前事務局長
 荒木和博 特定失踪者問題調査会代表
 武藤政春 同特定失踪者家族会担当常務理事

内容:ICC申立に関する報告と要請
 
<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・3月2日(金)18:30 「その後」を考える集い4 in 石川(特定失踪者問題調査会・救う会石川主催)
・会場 野々市市交遊舎(ののいちし・こうゆうしゃ 野々市市二日市1-2 JR野々市駅北口隣接 北陸自動車道金沢西インターより5分 076-294‐8166)ß
・荒木代表他調査会役員・加藤博「『その後』プロジェクト」特別顧問らが参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/14 現在
※記載内容は元の情報を可能な限りそのまま使っているので不揃いです。
※ここに記載されていない情報をお持ちの方はご提供下さい。

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船
 11日 石川県金沢市 木造船
 15日 京都府京丹後市間人 木造船
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船
 28日 京都府京丹後市 木造船
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船
 26日 兵庫県香住町余部海沖 木造船(「0제16749」と記載 男性遺体1体身長約168センチ)
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル幅3.7メートル 「888-88879」の数字記載)
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル) 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っていた)周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル) 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船(長さ約10メートル幅約2メートル 船体にハングルと数字が記載)
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル) プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)・遺体8体(白骨化)・北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船の一部(「88737」の記載)・遺体1体
 26日 新潟県佐渡市石花 遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される。
 30日 新潟県佐渡市藻浦崎 遺体1体
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船(長さ約10メートル幅約2.4メートル)
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船(長さ約9.8メートル幅約2.3メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船(幅約3.1メートル)
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船・遺体1体
 7日 新潟県佐渡市和木沖 木造船・遺体1体
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 新潟県佐渡市水津漁港 木造船の一部(幅約2.8メートル)・後に男性の遺体1体発見
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 9日 新潟県佐渡市姫崎沖 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船(幅約3メートル)
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船
 12日 新潟県佐渡市宿根木 木造船の一部
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船(全長約13.5メートル幅約3メートル)
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖 木造船
 15日 新潟県佐渡市下相川 木造船(長さ約13メートル幅約3メートル)
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船・遺体2体
 19日 石川県羽咋郡志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県羽咋郡志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体1体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約10メートル、幅約2.2メートル)
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)

平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー)
 4日 新潟県佐渡市北田野浦 木造船の一部
 5日 新潟県佐渡市相川鹿伏 木造船の一部
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル) その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)
 7日 新潟県佐渡市入桑漁港 木造船の一部
 8日 新潟県新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)
8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。

2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載) 
 9日 石川県かほく市白尾海岸 木造船(船体に番号表記)
 10日 石川県羽咋郡志賀町 木造船2隻(1隻は海士崎灯台北500メートル、長さ約12メートル幅約2メートル 船首部分に「505-64271」の番号記載があり1日に金沢港沖で発見された漂流船と思われる。もう1隻同灯台北約200メートル、長さ約5.4メートル幅1.5メートル 船尾破損 文字番号等記載なし)
 11日 石川県加賀市美崎町漁協加賀支所から400メートル海岸 木造船(長さ約19メートル幅約5メートル)
 13日 石川県羽咋市一ノ宮町一ノ宮海岸 木造船(長さ約7メートル幅約1.85メートル)
 13日 石川県輪島市門前町池田海岸 木造船(長さ約メートル幅約1.85メートル 船体にハングルと番号表記)
 13日 石川県西海千ノ浦海士崎灯台近くの海岸 木造船(長さ約5.6メートル幅約1.4メートル 船首と船尾にハングルと番号表記)
 13日 秋田県男鹿市野石字五明光海岸三種町との境から南約1.3キロ 木造船(長さ約10.1メートル幅約2.1メートル 船内にエンジンと漁網を巻き上げる機械 船体に「29488」とハングルの記載)
 
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月20日

常識 【調査会NEWS2667】(30.2.20)

 前に書いたことのある、平成19年(2007)6月2日に青森県の西岸深浦町に北朝鮮船がやって来た話です。この船には女性1人を含む4人が乗船していましたた。4人は脱北者として後に韓国に送られたのですが、当時海保は船が北朝鮮清津港から約800キロを自力で航海して深浦に来たものとしていました。長さ約7.3メートル、幅約1.8メートルの小舟です。常識的には単独で航海するのは不可能に近いと思えます。ちなみに海保は同年9月6日にこの船を補修し秋田港に浮かべてレーダー検証実験を行いました。その折の映像はYouTubeに救う会秋田が公開しており見ることができます。日本海を渡るどころか秋田港を出ることすら難しいような船です。

 これについて予備役ブルーリボンの会の幹事長である伊藤祐靖・元海上自衛隊特別警備隊先任小隊長に意見を求めたところ、われわれの常識で考えるべきではないとの答えが返ってきました。「発展途上国の人間は、信じられないくらい生存能力が高い。我々の祖先は、芦の船で太平洋を渡ったし、カヌーでトラック島からサイパンまで1人で貿易をしている人に4年くらい前に会った」とのこと。

 なるほどなあと思いました。私自身はこの船がやはり直接は来ておらず、母船に乗せられて近くまで来て海に降ろされたものと思っているのですが、日本の常識だけでものを考えてはいけないのかも知れません。ただ、もし海保の発表が本当だったとしたら、遊園地の手こぎボートを少し大きくした程度の船で、小さなエンジンに鉄板を曲げたようなスクリューを付ければ北朝鮮から日本まで来ることができるということですからもっと大変です。

 一番大変なのはこういうことに危機感を持たない私たち自身の「常識」なのかも知れません。
 
<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・3月2日(金)18:30 「その後」を考える集い4 in 石川(特定失踪者問題調査会・救う会石川主催)
・会場 野々市市交遊舎(ののいちし・こうゆうしゃ 野々市市二日市1-2 JR野々市駅北口隣接 北陸自動車道金沢西インターより5分 076-294‐8166)ß
・荒木代表他調査会役員・加藤博「『その後』プロジェクト」特別顧問らが参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/14 現在
※記載内容は元の情報を可能な限りそのまま使っているので不揃いです。
※ここに記載されていない情報をお持ちの方はご提供下さい。

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船
 11日 石川県金沢市 木造船
 15日 京都府京丹後市間人 木造船
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船
 28日 京都府京丹後市 木造船
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船
 26日 兵庫県香住町余部海沖 木造船(「0제16749」と記載 男性遺体1体身長約168センチ)
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル幅3.7メートル 「888-88879」の数字記載)
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル) 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っていた)周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル) 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船(長さ約10メートル幅約2メートル 船体にハングルと数字が記載)
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル) プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)・遺体8体(白骨化)・北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船の一部(「88737」の記載)・遺体1体
 26日 新潟県佐渡市石花 遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される。
 30日 新潟県佐渡市藻浦崎 遺体1体
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船(長さ約10メートル幅約2.4メートル)
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船(長さ約9.8メートル幅約2.3メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船(幅約3.1メートル)
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船・遺体1体
 7日 新潟県佐渡市和木沖 木造船・遺体1体
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 新潟県佐渡市水津漁港 木造船の一部(幅約2.8メートル)・後に男性の遺体1体発見
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 9日 新潟県佐渡市姫崎沖 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船(幅約3メートル)
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船
 12日 新潟県佐渡市宿根木 木造船の一部
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船(全長約13.5メートル幅約3メートル)
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖 木造船
 15日 新潟県佐渡市下相川 木造船(長さ約13メートル幅約3メートル)
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船・遺体2体
 19日 石川県羽咋郡志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県羽咋郡志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体1体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約10メートル、幅約2.2メートル)
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)

平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー)
 4日 新潟県佐渡市北田野浦 木造船の一部
 5日 新潟県佐渡市相川鹿伏 木造船の一部
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル) その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)
 7日 新潟県佐渡市入桑漁港 木造船の一部
 8日 新潟県新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)
8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。

2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載) 
 9日 石川県かほく市白尾海岸 木造船(船体に番号表記)
 10日 石川県羽咋郡志賀町 木造船2隻(1隻は海士崎灯台北500メートル、長さ約12メートル幅約2メートル 船首部分に「505-64271」の番号記載があり1日に金沢港沖で発見された漂流船と思われる。もう1隻同灯台北約200メートル、長さ約5.4メートル幅1.5メートル 船尾破損 文字番号等記載なし)
 11日 石川県加賀市美崎町漁協加賀支所から400メートル海岸 木造船(長さ約19メートル幅約5メートル)
 13日 石川県羽咋市一ノ宮町一ノ宮海岸 木造船(長さ約7メートル幅約1.85メートル)
 13日 石川県輪島市門前町池田海岸 木造船(長さ約メートル幅約1.85メートル 船体にハングルと番号表記)
 13日 石川県西海千ノ浦海士崎灯台近くの海岸 木造船(長さ約5.6メートル幅約1.4メートル 船首と船尾にハングルと番号表記)
 13日 秋田県男鹿市野石字五明光海岸三種町との境から南約1.3キロ 木造船(長さ約10.1メートル幅約2.1メートル 船内にエンジンと漁網を巻き上げる機械 船体に「29488」とハングルの記載)
 
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月19日

OTP-CR-37/18 【調査会NEWS2666】(30.2.19)

 先日の申立について2月6日付で代理人須田洋平弁護士にICCから受理番号の通知連絡がありました。「OTP-CR-37/18」というのがその番号で、これは調査を開始するということではなく、書類を受け取ったということを意味するそうです。

 脱北者の川崎栄子さんも同様にまもなく帰国運動について金正恩と朝鮮総聯許宗萬議長の責任を問う申立をICCに行う予定です。すでに国連では毎年北朝鮮の人権問題についての決議が行われ、報告書も出されています。北朝鮮にとって人権問題はアキレス腱でありさらに厳しい追及が必要です。

 特定失踪者家族会でも近くハーグを訪問したメンバーを中心に加藤勝信拉致問題担当大臣に、日本政府からICCへの働きかけを要請する予定です。報道関係の皆様始め各方面のご協力をよろしくお願い申し上げます。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・3月2日(金)18:30 「その後」を考える集い4 in 石川(特定失踪者問題調査会・救う会石川主催)
・会場 野々市市交遊舎(ののいちし・こうゆうしゃ 野々市市二日市1-2 JR野々市駅北口隣接 北陸自動車道金沢西インターより5分 076-294‐8166)ß
・荒木代表他調査会役員・加藤博「『その後』プロジェクト」特別顧問らが参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/14 現在
※記載内容は元の情報を可能な限りそのまま使っているので不揃いです。
※ここに記載されていない情報をお持ちの方はご提供下さい。

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船
 11日 石川県金沢市 木造船
 15日 京都府京丹後市間人 木造船
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船
 28日 京都府京丹後市 木造船
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船
 26日 兵庫県香住町余部海沖 木造船(「0제16749」と記載 男性遺体1体身長約168センチ)
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル幅3.7メートル 「888-88879」の数字記載)
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル) 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っていた)周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル) 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船(長さ約10メートル幅約2メートル 船体にハングルと数字が記載)
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル) プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)・遺体8体(白骨化)・北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船の一部(「88737」の記載)・遺体1体
 26日 新潟県佐渡市石花 遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される。
 30日 新潟県佐渡市藻浦崎 遺体1体
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船(長さ約10メートル幅約2.4メートル)
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船(長さ約9.8メートル幅約2.3メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船(幅約3.1メートル)
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船・遺体1体
 7日 新潟県佐渡市和木沖 木造船・遺体1体
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 新潟県佐渡市水津漁港 木造船の一部(幅約2.8メートル)・後に男性の遺体1体発見
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 9日 新潟県佐渡市姫崎沖 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船(幅約3メートル)
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船
 12日 新潟県佐渡市宿根木 木造船の一部
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船(全長約13.5メートル幅約3メートル)
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖 木造船
 15日 新潟県佐渡市下相川 木造船(長さ約13メートル幅約3メートル)
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船・遺体2体
 19日 石川県羽咋郡志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県羽咋郡志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体1体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約10メートル、幅約2.2メートル)
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)

平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー)
 4日 新潟県佐渡市北田野浦 木造船の一部
 5日 新潟県佐渡市相川鹿伏 木造船の一部
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル) その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)
 7日 新潟県佐渡市入桑漁港 木造船の一部
 8日 新潟県新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)
8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。

2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載) 
 9日 石川県かほく市白尾海岸 木造船(船体に番号表記)
 10日 石川県羽咋郡志賀町 木造船2隻(1隻は海士崎灯台北500メートル、長さ約12メートル幅約2メートル 船首部分に「505-64271」の番号記載があり1日に金沢港沖で発見された漂流船と思われる。もう1隻同灯台北約200メートル、長さ約5.4メートル幅1.5メートル 船尾破損 文字番号等記載なし)
 11日 石川県加賀市美崎町漁協加賀支所から400メートル海岸 木造船(長さ約19メートル幅約5メートル)
 13日 石川県羽咋市一ノ宮町一ノ宮海岸 木造船(長さ約7メートル幅約1.85メートル)
 13日 石川県輪島市門前町池田海岸 木造船(長さ約メートル幅約1.85メートル 船体にハングルと番号表記)
 13日 石川県西海千ノ浦海士崎灯台近くの海岸 木造船(長さ約5.6メートル幅約1.4メートル 船首と船尾にハングルと番号表記)
 13日 秋田県男鹿市野石字五明光海岸三種町との境から南約1.3キロ 木造船(長さ約10.1メートル幅約2.1メートル 船内にエンジンと漁網を巻き上げる機械 船体に「29488」とハングルの記載)
 
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月17日

金メダル 【調査会NEWS2665】(30.2.17)

 羽生選手の金メダル、そして宇野選手の銀メダル。ややこしいことばかりの中で久方ぶりにほっとしました。飛び抜けた素質と努力、とても凡人には真似ができるものではありませんが、それでも世界の強豪としのぎを削ってあそこまで行ったのは強い精神力のたまものだと思います。

 羽生選手にしても怪我をしたとき、あきらめる口実はいくらでもあったと思います。次のオリンピックにもう一度挑戦しなくても十分に栄誉は与えられていたはずです。それでも彼はやりとげました。

 拉致問題、米国があの調子で、韓国があれで、中国はあんな感じで、北朝鮮は言うに及ばず。日本の法律は憲法も含め真面目に守っていたら拉致被害者を取り返すことはできません。できない理由はいくらでもありますが、それでやめたら男がすたる(女もすたる)と思います。

 被害者が帰ってきても失われた時間は取り返せません。おそらくは国家の不作為(その責任は当然私も含めて全国民が負うべきものでしょうが)が明らかになるだけで何の名誉も得られないと思います。私たちに金メダルはありません。しかし、だからこそやらなければならないのだと思います。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・3月2日(金)18:30 「その後」を考える集い4 in 石川(特定失踪者問題調査会・救う会石川主催)
・会場 野々市市交遊舎(ののいちし・こうゆうしゃ 野々市市二日市1-2 JR野々市駅北口隣接 北陸自動車道金沢西インターより5分 076-294‐8166)ß
・荒木代表他調査会役員・加藤博「『その後』プロジェクト」特別顧問らが参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/14 現在
※記載内容は元の情報を可能な限りそのまま使っているので不揃いです。
※ここに記載されていない情報をお持ちの方はご提供下さい。

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船
 11日 石川県金沢市 木造船
 15日 京都府京丹後市間人 木造船
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船
 28日 京都府京丹後市 木造船
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船
 26日 兵庫県香住町余部海沖 木造船(「0제16749」と記載 男性遺体1体身長約168センチ)
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル幅3.7メートル 「888-88879」の数字記載)
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル) 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っていた)周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル) 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船(長さ約10メートル幅約2メートル 船体にハングルと数字が記載)
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル) プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)・遺体8体(白骨化)・北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船の一部(「88737」の記載)・遺体1体
 26日 新潟県佐渡市石花 遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される。
 30日 新潟県佐渡市藻浦崎 遺体1体
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船(長さ約10メートル幅約2.4メートル)
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船(長さ約9.8メートル幅約2.3メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船(幅約3.1メートル)
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船・遺体1体
 7日 新潟県佐渡市和木沖 木造船・遺体1体
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 新潟県佐渡市水津漁港 木造船の一部(幅約2.8メートル)・後に男性の遺体1体発見
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 9日 新潟県佐渡市姫崎沖 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船(幅約3メートル)
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船
 12日 新潟県佐渡市宿根木 木造船の一部
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船(全長約13.5メートル幅約3メートル)
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖 木造船
 15日 新潟県佐渡市下相川 木造船(長さ約13メートル幅約3メートル)
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船・遺体2体
 19日 石川県羽咋郡志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県羽咋郡志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体1体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約10メートル、幅約2.2メートル)
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)

平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー)
 4日 新潟県佐渡市北田野浦 木造船の一部
 5日 新潟県佐渡市相川鹿伏 木造船の一部
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル) その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)
 7日 新潟県佐渡市入桑漁港 木造船の一部
 8日 新潟県新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)
8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。

2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載) 
 9日 石川県かほく市白尾海岸 木造船(船体に番号表記)
 10日 石川県羽咋郡志賀町 木造船2隻(1隻は海士崎灯台北500メートル、長さ約12メートル幅約2メートル 船首部分に「505-64271」の番号記載があり1日に金沢港沖で発見された漂流船と思われる。もう1隻同灯台北約200メートル、長さ約5.4メートル幅1.5メートル 船尾破損 文字番号等記載なし)
 11日 石川県加賀市美崎町漁協加賀支所から400メートル海岸 木造船(長さ約19メートル幅約5メートル)
 13日 石川県羽咋市一ノ宮町一ノ宮海岸 木造船(長さ約7メートル幅約1.85メートル)
 13日 石川県輪島市門前町池田海岸 木造船(長さ約メートル幅約1.85メートル 船体にハングルと番号表記)
 13日 石川県西海千ノ浦海士崎灯台近くの海岸 木造船(長さ約5.6メートル幅約1.4メートル 船首と船尾にハングルと番号表記)
 13日 秋田県男鹿市野石字五明光海岸三種町との境から南約1.3キロ 木造船(長さ約10.1メートル幅約2.1メートル 船内にエンジンと漁網を巻き上げる機械 船体に「29488」とハングルの記載)
 
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月16日

「その後」を考える集い4 in 石川(3/2)

30024


 3月2日の「『その後』を考える集い4 in 石川」です。金沢から北陸線で福井方向に二つ目、野々市駅前で行います。近隣のかたぜひご参加下さい。また、情報の拡散ご協力よろしくお願いします。

|

2018年2月15日

布きれ 【調査会NEWS2664】(30.2.15)

Dsc04088


201411190101s

 2656号(2月3日)「暗闇の漂着船」で書いた志賀町の北朝鮮船ですが、一昨日その近くにまた北朝鮮船が漂着したようです。下の漂着一覧も大幅に加筆していますので御参考にしていただければ幸いです。

 ところでその「暗闇の漂着船」ですが、懐中電灯の光であちこちを見ていて、何ともやりきれない思いになったことがありました。

 この船のエンジンは既にもぎ取られているのですが、その先の変速機と思われるものは残っており、そこから恐らくスクリューにつながっていたと思われる、シャフトのパイプが残っていました。そしてそのパイプには布きれが詰まっていました。

 おそらく波浪の中でシャフトが折れてスクリューが脱落してしまったのでしょう。そこから入ってくる水を止めるために布きれを詰め込んだものではないか。だとしたら、そのときこれを詰め込んだ人はどんな気持ちだったのでしょう。

 日本海沿岸には今もたびたび北朝鮮船の乗組員だったと思われる遺体が流れ着きます。流れ着けばやがて無縁仏として埋葬されますが、それはまだましな方、おそらく大部分は海の藻屑です。

 4年前の平成26年(2014)11月19日、労働新聞には金正恩が山と積まれたイカを前に笑っている写真が掲載されました(その後も同様の写真はあったと思いますが、あれが一番印象的でした)。あの写真を撮るためにおそらく滅茶苦茶なノルマが課されたのでしょう。昨年も同様、おそらくはさらに厳しいものだったのだと思います。何人死んだのかと思うとやりきれない気持ちです。

 韓国で慰安婦問題とか、それが怪しくなると徴用工問題とかで騒ぐ人々の中心には北朝鮮につながった勢力が少なくありません。おそらく日本の「人権問題」を誇張捏造して騒ぎ立てる理由の一つは北朝鮮の人権問題を隠すためだろうと思います。危険を冒して小さな木造船で荒れた日本海に出て行かなければならない漁民こそ韓国映画「軍艦島」の世界です。

 パイプに布きれを突っ込んで何とか助かろうとした人にも親兄弟はいたでしょう。奥さんとか子供もいたかも知れません。大量漂着や難民流入による日本の危機も、北朝鮮の人々の無用な死も、そして拉致も、その根っこは一つだと思います。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月17日(土)14:30 拉致問題を考える国民の集いin大阪(政府拉致問題対策本部・大阪府・大阪市・府内全市町村主催)
・会場 KKRホテル大阪(大阪市中央区馬場町2-24 森ノ宮駅徒歩10分)
・調査会村尾副代表が参加
・問合せ 大阪市人権企画課(06-6208-7619)
※事前申込みで既に満席になっています。

・3月2日(金)18:30 「その後」を考える集い4 in 石川(特定失踪者問題調査会・救う会石川主催)
・会場 野々市市交遊舎(ののいちし・こうゆうしゃ 野々市市二日市1-2 JR野々市駅北口隣接 北陸自動車道金沢西インターより5分 076-294‐8166)ß
・荒木代表他調査会役員・加藤博「『その後』プロジェクト」特別顧問らが参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/14 現在
※記載内容は元の情報を可能な限りそのまま使っているので不揃いです。
※ここに記載されていない情報をお持ちの方はご提供下さい。

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船
 11日 石川県金沢市 木造船
 15日 京都府京丹後市間人 木造船
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船
 28日 京都府京丹後市 木造船
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船
 26日 兵庫県香住町余部海沖 木造船(「0제16749」と記載 男性遺体1体身長約168センチ)
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル幅3.7メートル 「888-88879」の数字記載)
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル) 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っていた)周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル) 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船(長さ約10メートル幅約2メートル 船体にハングルと数字が記載)
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル) プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)・遺体8体(白骨化)・北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船の一部(「88737」の記載)・遺体1体
 26日 新潟県佐渡市石花 遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される。
 30日 新潟県佐渡市藻浦崎 遺体1体
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船(長さ約10メートル幅約2.4メートル)
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船(長さ約9.8メートル幅約2.3メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船(幅約3.1メートル)
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船・遺体1体
 7日 新潟県佐渡市和木沖 木造船・遺体1体
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 新潟県佐渡市水津漁港 木造船の一部(幅約2.8メートル)・後に男性の遺体1体発見
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 9日 新潟県佐渡市姫崎沖 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船(幅約3メートル)
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船
 12日 新潟県佐渡市宿根木 木造船の一部
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船(全長約13.5メートル幅約3メートル)
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖 木造船
 15日 新潟県佐渡市下相川 木造船(長さ約13メートル幅約3メートル)
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船・遺体2体
 19日 石川県羽咋郡志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県羽咋郡志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体1体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約10メートル、幅約2.2メートル)
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)

平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー)
 4日 新潟県佐渡市北田野浦 木造船の一部
 5日 新潟県佐渡市相川鹿伏 木造船の一部
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル) その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)
 7日 新潟県佐渡市入桑漁港 木造船の一部
 8日 新潟県新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)
8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。

2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載) 
 9日 石川県かほく市白尾海岸 木造船(船体に番号表記)
 10日 石川県羽咋郡志賀町 木造船2隻(1隻は海士崎灯台北500メートル、長さ約12メートル幅約2メートル 船首部分に「505-64271」の番号記載があり1日に金沢港沖で発見された漂流船と思われる。もう1隻同灯台北約200メートル、長さ約5.4メートル幅1.5メートル 船尾破損 文字番号等記載なし)
 11日 石川県加賀市美崎町漁協加賀支所から400メートル海岸 木造船(長さ約19メートル幅約5メートル)
 13日 石川県羽咋市一ノ宮町一ノ宮海岸 木造船(長さ約7メートル幅約1.85メートル)
 13日 石川県輪島市門前町池田海岸 木造船(長さ約メートル幅約1.85メートル 船体にハングルと番号表記)
 13日 石川県西海千ノ浦海士崎灯台近くの海岸 木造船(長さ約5.6メートル幅約1.4メートル 船首と船尾にハングルと番号表記)
 13日 秋田県男鹿市野石字五明光海岸三種町との境から南約1.3キロ 木造船(長さ約10.1メートル幅約2.1メートル 船内にエンジンと漁網を巻き上げる機械 船体に「29488」とハングルの記載)
 
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月13日

漂着情報提供のお願い【調査会NEWS2663】(30.2.13)

 ご案内の通り毎号のニュースに北朝鮮船や人の着岸・漂流情報を入れています。ほぼ毎回追加修正を行っていますが、これでもおそらく一部だと思います。全国紙・地上波のキー局の報道では報道は稀になってきており、それぞれの地域の地元紙や地元のテレビで報じても他の地域には届いていません。

 現状では海保も警察も着岸・漂流に関する情報を提供しておらず、また都合の悪い情報は隠されています。その中で毎日のように北朝鮮の船が漂着しているという状態です。おそらく前にニュースで書いた「漁民以上、工作員以下」の人間も何人かは既に上陸していると思われます。事態の進展によっては昨年から行っている「『その後』プロジェクト」の議論のようなことが起きて収拾できなくなる可能性もあります。

 お役所に任せてもおけないのでまずは情報の共有のため、今後も着岸・漂流に関する情報はできるだけ収拾・公開していきたいと思います。マスコミ一般を問わず各地でそのような情報をお持ちの方はぜひお知らせ下さい。また、この情報の拡散にもご協力よろしくお願いします。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月17日(土)14:30 拉致問題を考える国民の集いin大阪(政府拉致問題対策本部・大阪府・大阪市・府内全市町村主催)
・会場 KKRホテル大阪(大阪市中央区馬場町2-24 森ノ宮駅徒歩10分)
・調査会村尾副代表が参加
・問合せ 大阪市人権企画課(06-6208-7619)
※事前申込みが必要です。

・3月2日(金)18:30 「その後」を考える集い4 in 石川(特定失踪者問題調査会・救う会石川主催)
・会場 野々市市交遊舎(ののいちし・こうゆうしゃ 野々市市二日市1-2 JR野々市駅北口隣接 北陸自動車道金沢西インターより5分 076-294‐8166)ß
・荒木代表他調査会役員・加藤博「『その後』プロジェクト」特別顧問らが参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/11現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府京丹後市間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
 26日 兵庫県香住町余部海沖 木造船1隻(「0제16749」と記載 遺体1体(男性・身長約168センチ)
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻(長さ約10メートル)1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船1隻(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船1隻(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船1隻・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻(長さ約9.5メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船1隻・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県羽咋郡志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県羽咋郡志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1隻
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻 その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載) 
 9日 石川県かほく市白尾海岸 木造船1隻(船体に番号表記)
 10日 石川県羽咋郡志賀町 木造船2隻(1隻は海士崎灯台北500メートル、長さ約12メートル幅約2メートル 船首部分に「505-64271」の番号記載があり1日に金沢港沖で発見された漂流船と思われる。もう1隻同灯台北約200メートル、長さ約5.4メートル幅1.5メートル 船尾破損 文字番号等記載なし)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月11日

「その後」を考える集い4 in 石川 【調査会NEWS2662】(30.2.11)

 前にお知らせした「『その後』を考える集い4 in 石川」の会場が決まりました。金沢から北陸線で2駅(7分)、野々市(ののいち)駅に隣接した会場です。下の一覧表にも逐次記載していますが、このところまた石川県には相次いで北朝鮮船が漂着しています。近隣の方はお誘い合わせの上ご参加下さい。

日時 3月2日(金) 18:30〜20:30
場所 野々市市交遊舎(ののいちし・こうゆうしゃ)
 野々市市二日市1-2(JR野々市駅北口隣接 076-294‐8166)
 車は北陸自動車道金沢西インターより5分
内容 この日日中実施する特別検証についての報告
   北朝鮮漂着船・漂着遺体・上陸及び難民流入などの問題について
参加者 代表荒木他調査会役員・加藤博「その後」プロジェクト特別顧問他
主催 特定失踪者問題調査会・救う会石川
問合せ 特定失踪者問題調査会
※事前申込みはありません。直接会場においで下さい。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月10日(土)18:00 救う会佐賀勉強会(同会主催)
・会場 サンホテル ミーティングルーム(鳥栖市京町781-1 JR鳥栖駅前)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 柴藤さん(090-2856-6091)

・2月17日(土)14:30 拉致問題を考える国民の集いin大阪(政府拉致問題対策本部・大阪府・大阪市・府内全市町村主催)
・会場 KKRホテル大阪(大阪市中央区馬場町2-24 森ノ宮駅徒歩10分)
・調査会村尾副代表が参加
・問合せ 大阪市人権企画課(06-6208-7619)
※事前申込みが必要です。

・3月2日(金)18:30 「その後」を考える集い4 in 石川(特定失踪者問題調査会・救う会石川主催)
・会場 野々市市交遊舎(ののいちし・こうゆうしゃ 野々市市二日市1-2 JR野々市駅北口隣接 北陸自動車道金沢西インターより5分 076-294‐8166)ß
・荒木代表他調査会役員・加藤博「『その後』プロジェクト」特別顧問らが参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/11現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府京丹後市間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
 26日 兵庫県香住町余部海沖 木造船1隻(「0제16749」と記載 遺体1体(男性・身長約168センチ)
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻(長さ約10メートル)1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船1隻(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船1隻(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船1隻・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻(長さ約9.5メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船1隻・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県羽咋郡志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県羽咋郡志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1隻
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻 その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載) 
 9日 石川県かほく市白尾海岸 木造船1隻(船体に番号表記)
 10日 石川県羽咋郡志賀町 木造船2隻(1隻は海士崎灯台北500メートル、長さ約12メートル幅約2メートル 船首部分に「505-64271」の番号記載があり1日に金沢港沖で発見された漂流船と思われる。もう1隻同灯台北約200メートル、長さ約5.4メートル幅1.5メートル 船尾破損 文字番号等記載なし)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月10日

またもロウソク 【調査会NEWS2661】(30.2.10)

 昨日平昌オリンピックの開会式を見ていて「おそらく出てくるだろうな」と思ったら案の定出てきたのがロウソク。言うまでもなく朴槿恵政権を倒す原動力となったロウソクデモをイメージしたものです。ハーグにいたときにテレビを見ていて平昌オリンピックのコマーシャルにもロウソクが出てきたことは前に書きましたが、やはり文在寅政権というのは「革命政権」なのだなと感じました。

 南北合同チームなどというのは決めて直ぐにできることではなく、おそらく政権発足直後からIOCにも根回しをしていたのでしょう。「平和」を演出して北朝鮮への国際的圧力を弱めようということです。本当に平和にしようというのではありません。本当に平和にしようというのであれば北朝鮮の人権問題(もちろん拉致も含めて)に手を付けざるをえないからです。

 大規模なロウソクデモの始まったのは確か10年程前、保守系に政権交代した李明博大統領の就任直後、韓国で起きた狂牛病騒ぎのときでした。あの発端となった報道は捏造、今風に言えばフェイクニュースだったと言われていますが李明博政権には大きな打撃でした。朴槿恵大統領を解任に追い込んだ「崔順実ゲート」も結局は一国の大統領を解任に追い込むような問題ではありませんでしたが、今や大きな資金力・動員力を誇る韓国の親北左派にとってロウソクデモは一般市民を巻き込む重要な手段となっています。

 韓国はロウソクデモや光州事件などを含めた武装蜂起を「民主主義」と誇る大統領の時代になりました。そして北朝鮮は昨年ミサイルを「乱射」し、一方で膨大な漂着船が日本海に流れ着いている、それが北東アジアの現状です。もはや個別の対処では間に合いません。米国にお任せというわけにもいきません。日本が自分の頭で考えて、自力で行動していかなければならないはずです。これはもう、憲法改正して自衛隊を明記するなどというごまかしで済むことではありません。

 平壌で金正恩退陣、拉致被害者をそれおぞれの国に返せというロウソクデモができるようにしなければならないと思います。攻撃は最大の防御ですから。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月10日(土)18:00 救う会佐賀勉強会(同会主催)
・会場 サンホテル ミーティングルーム(鳥栖市京町781-1 JR鳥栖駅前)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 柴藤さん(090-2856-6091)

・2月17日(土)14:30 拉致問題を考える国民の集いin大阪(政府拉致問題対策本部・大阪府・大阪市・府内全市町村主催)
・会場 KKRホテル大阪(大阪市中央区馬場町2-24 森ノ宮駅徒歩10分)
・調査会村尾副代表が参加
・問合せ 大阪市人権企画課(06-6208-7619)
※事前申込みが必要です。

・3月2日(金)18:30 「その後」を考える集い4 in 石川(特定失踪者問題調査会・救う会石川主催)
・会場未定
・荒木代表他調査会役員・加藤博「『その後』プロジェクト」特別顧問らが参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/9現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府京丹後市間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻(長さ約10メートル)1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船1隻(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船1隻(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船1隻・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻(長さ約9.5メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船1隻・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1隻
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻 その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 2月4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 2月7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載)
  
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月 9日

特別検証と「『その後』を考える集いin石川について 【調査会NEWS2660】(30.2.9)

 2月2日の代表荒木の石川県での調査を踏まえ、次の日程で特別検証8及び「その後を考える集い4 in 石川を実施することとなりました。詳細は後日お知らせしますが概略は次の通りです。

特別検証8「北朝鮮船漂着・接岸事案」
3月2日(金)9:00〜17:00 石川県内の関連地域について検証

「その後」を考える集い4 in 石川(調査会・救う会石川共催)
3月2日(金)18:30〜20:30 場所未定

 石川は雪で大変ですが、そんな中一昨日も輪島に木造船が漂着しています。ひと月後にどうなっているか分かりませんがしっかり検証をしようと思います。関係各位にはご協力方よろしくお願いします。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月10日(土)18:00 救う会佐賀勉強会(同会主催)
・会場 サンホテル ミーティングルーム(鳥栖市京町781-1 JR鳥栖駅前)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 柴藤さん(090-2856-6091)
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/9現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府京丹後市間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐郡隠岐の島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 15日 秋田県西400キロ沖(大和堆北方EEZ外)転覆した木造船 3名救助
 16日 秋田県西沖(大和堆)木造船 遺体4体
 16日 秋田県にかほ市 木造船
 19日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 「913185」の数字記載。スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻(長さ約10メートル)1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 26日 青森県西津軽郡深浦町 木造船1隻(船首部分に「2093」の数字が記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県西津軽郡深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市三崎町小泊沖 漂流船1隻(長さ12メートル幅2.5メートル 船内に「264軍部隊 軍船」と記載された紙片)
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻(長さ約10メートル 「朝鮮人民軍第854部隊」との記載)・生存者10名
 28日 山形県鶴岡市鼠ヶ関沖 木造船1隻・遺体3体(うち2体の衣服に金日成バッジ) 12月2日鶴岡市温見漂着、12月4日遺体漂着
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船2隻 11月30日乗組員21名が北朝鮮僚船に救助される
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻(長さ約9.5メートル)・遺体2体
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻(ハングルの書かれたバケツ)・遺体1体
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県新潟市西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部(ハングルの書かれたバケツ、缶詰)・遺体1体
 4日 青森県西津軽郡深浦町 木造船1隻・遺体2体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 5日 新潟県新潟市 木造船漂流(ブロックに衝突し大破)・遺体2体
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻・遺体2体
 7日 秋田県山本郡三種町 木造船1隻(ハングル表記のライフジャケット)
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体(一部白骨化し性別不明 死語数か月 セーター、シャツ着用
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田県秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 新潟県佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 石川県羽咋市千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 新潟県佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1隻
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県羽咋郡志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県山本郡三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻 その後不明
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京都府京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定 近くに「10465료대」と書いた木片あり)
 28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約400メートル)木造船(長さ5.871メートル、幅1.87メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし ハングルと「9-964」の記載)
 30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 2月4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
 2月7日 石川県輪島市名舟町海岸 木造船(長さ約5メートル幅約2メートル 「760-75200」と船体に記載)
  
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月 8日

Img_0797


 佐渡の去年以降の漂着船です。私が把握している分だけですから実際はもっとあるでしょう。

|

2018年2月 7日

松岡伸矢さんの情報について 【調査会NEWS2659】(30.2.7)

 テレビの番組で記憶喪失の青年が特定失踪者松岡伸矢さんではないかとされたことについて、先程ご家族から別人であることが明らかになったとの連絡がありました。私も画像では確かに似ていたように感じましたが、ご家族は当初から別人の可能性が高いと思っておられたようです。おそらくは家族の直感の方が正しいでしょう。

 私たちとすれば、北朝鮮に拉致されていたことが確定したからといって「良かった」ということにはならないわけで、日本国内で消息が確認できればそれに越したことはありません。松岡さんについてはこれまでもいくつかの日本国内にいるとの情報があり、私自身も情報提供者に会いに行ったりしたことがありますが、結局本人にはたどりつきませんでした。

 「特定失踪者」はあくまで拉致の可能性の排除できない失踪者です。ご本人にとってもご家族にとっても、拉致ではなく日本国内で見つかる方が望ましいことは言うまでもありません。

 また、福留貴美子さんも一時日本に戻っていたことがありますし、拉致されてからまた何らかの使命を帯びて日本に入っている人もいるはずです(おそらく北朝鮮に家族を人質として残されているでしょうが)。そういう人も身柄を確保できるならしなければなりません。他の方々も含め、国内での情報がありましたらぜひお寄せ下さい。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月10日(土)18:00 救う会佐賀勉強会(同会主催)
・会場 サンホテル ミーティングルーム(鳥栖市京町781-1 JR鳥栖駅前)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 柴藤さん(090-2856-6091)
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/6現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府丹後町間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市沖 漂流船
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻・生存者10名
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船
 30日 石川県能登沖 漂流船2隻 21人救助
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部・遺体1体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1席
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 1月10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 1月21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 1月24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定)
 1月28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約4キロ)木造船(長さ約5.9メートル、幅約1.9メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし)
 1月30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
 2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2月2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 2月4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
   
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月 6日

「死亡」 【調査会NEWS2658】(30.2.6)

 グーグルで「横田めぐみ」を検索すると「死亡:2004年12月14日」と出てくることが話題になっています。誰がこんなデータを入れたのか知りませんが、こういうのは広報啓発活動に力を入れている政府の拉致問題対策本部が直ぐに対処すべきだと思います。

 もともと横田めぐみさんについては早紀江さんが皇室の血を引いているとか、めぐみさんが金正恩の母親だとか、わけの分からない情報が散々流れてきました。これもおそらく情報謀略戦の一環なのでしょう。そもそも本当に亡くなっているなら証拠を出せば良いわけで、しっかり管理しているはずの拉致被害者の死亡の日付が訂正されたり(小泉訪朝のときは1993年3月13日とされていたがその後1994年に変更)、発表が荒唐無稽(細い木で首を吊って自殺し、埋葬したのを当時の夫が掘り返して持っていったとか)な説明しかできないこと自体生きている証拠です。

 そういえば昔救う会の事務局長をしていた当時(つまり金正日が白状する前)、夜事務所に電話がかかってきて「俺は横田めぐみを殺して山に埋めた男だよ。北朝鮮のせいにしてくれてありがとうよ」と言って切れたことがありました。もともと謀略は大好きな人たちなのでこれからも様々な情報を流してくるでしょう。しかし、基本的に北朝鮮は臆病ですから、これだけ注目されている人を簡単に殺すなどできるはずがありません。

 まあ、もし死んだという話にでもなれば今は平和ボケした日本国民でもどう反応するか分かりません。もちろん、他の被害者についてもそうですが、北朝鮮に拉致されてから、あるいは拉致される途中死んだ人がいれば当局者、とどのつまりは金正恩には相応の報いがあってしかるべきです。もちろん、本人たちを連れ出してくれたり情報を提供してくれれば一種の司法取引のようなことがあっても良いとは思いますが。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月10日(土)18:00 救う会佐賀勉強会(同会主催)
・会場 サンホテル ミーティングルーム(鳥栖市京町781-1 JR鳥栖駅前)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 柴藤さん(090-2856-6091)
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/2/6現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府丹後町間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市沖 漂流船
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻・生存者10名
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船
 30日 石川県能登沖 漂流船2隻 21人救助
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部・遺体1体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1席
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 1月10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 1月21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 1月24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定)
 1月28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約4キロ)木造船(長さ約5.9メートル、幅約1.9メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし)
 1月30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
 2月2日 石川県金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
 2月2日 秋田県由利本荘市出戸字浜山の海岸(西目漁港北東1キロ) 木造船の一部(長さ4.5メートル幅約2.7メートル 船体に赤い字で「556-60269」と記載
 2月4日 秋田県由利本荘市親川河口付近 木造船の一部(長さ約5.4メートル幅約1.9メートル 赤い数字のような文字が記載)
   
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

元自衛官・予備自衛官等の皆様へ

 予備役ブルーリボンの会では下記の署名を集めることとなりました。ご賛同いただける元自衛官・予備自衛官等の方々はご協力お願いします。なお、一般の方は参加出来ません。また署名者の氏名は様々な場で公開しますので予めご了承下さい。ご記入いただいた方は下記に郵送いただければ幸いです。

〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-8-301 荒木和博宛


Photo


|

2018年2月 5日

木片 【調査会NEWS2657】(30.2.5)

 1月16日に開かれた希望の党外交安全保障調査会(渡辺周会長)で、警察庁が配付した資料には由利本荘の上陸事件について次のように書かれています。

○平成29年11月23日午後11時25分頃、秋田県由利本荘市において「不審者がいる」旨の110番通報を受け、秋田県警の警察官が臨場し、男性8名を発見・保護。所持品検査を実施した結果、武器等禁制品の所持はなかった。
○関係当局による事情聴取に対し、全員が一貫して「北朝鮮から漁のために来たが、船が故障して漂着した」などと述べた。
○付近において発見された、男性らが乗っていたとみられる木造船についても、同船の一部とみられる木片や漁具等を発見・回収。
○平成29年12月1日、警察から入国管理局に8名を引き渡し。

 この文書を読むと、係留してあった重要な証拠品である船を警察が見失ったことは全く書かれていません。沈んだ後で慌てて木片などを拾い上げたことはこれを読んでもだれも気付かないでしょう。上陸した北朝鮮人8人に秋田県警で韓国語のできる人間が8人というのですから、入管に引き渡すまでの1週間余でどれだけ事情聴取ができたのかも怪しいものですが、それについては何も書かれていません。この作文能力には何かほれぼれする(?)ほどです。

 おそらくこんな調子で、警察であれ海保であれ他の役所であれ、政府の発表は大事なところがすべて抜け落ちているのでしょう。だからなおのこと東京にいると問題の深刻さを感じないのです。いや、逆に深刻であると気付かれないようにする方にエネルギーを使っているのかも知れません。

 2月2日に石川の漂着船を見てきたときにも「木片」がそのままの状態でした。あのとき持ってきてどこかに展示したら良かったかもしれません。いや、木片どころかこうなったら船そのものを東京の真ん中に運んできて展示するとか、もう少しショックを与えないとお役所もマスコミも動かないのかなとすら思っています。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月10日(土)18:00 救う会佐賀勉強会(同会主催)
・会場 サンホテル ミーティングルーム(鳥栖市京町781-1 JR鳥栖駅前)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 柴藤さん(090-2856-6091)
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/1/31現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府丹後町間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市沖 漂流船
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻・生存者10名
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船
 30日 石川県能登沖 漂流船2隻 21人救助
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部・遺体1体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1席
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 1月10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 1月21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 1月24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定)
 1月28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約4キロ)木造船(長さ約5.9メートル、幅約1.9メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし)
 1月30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
 2月2日 金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
  
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

『その後』を考える集い3(稲川和男氏提供)

 「『その後』を考える集い3」の模様です。映像教育研究会稲川和男代表の提供によるもの。この場をお借りして御礼申し上げます。

|

2018年2月 3日

暗闇の漂着船 【調査会NEWS2656】(30.2.3)

Dsc04103


 昨日は昼から漂着・漂流船の現場を見てきました。行った場所は次の4か所です。

(1)白山市美川灯台 1月5日に7キロ沖合に漂流船
(2)金沢市安原海岸 1月10日漂着船 船内に遺体7体、15メートル離れたところに遺体1体
(3)羽咋市千里浜 漂着船
(4)志賀町西浦千ノ浦 1月24日漂着船

 (1)は場所の確認だけ、(3)は船にブルーシートがかけられ釘で固定されていたため(どこかのお役所がやったと思われます)船体の確認はできませんでしたが、(2)と(4)は現物を見ることができました。

 書きたいことは山ほどあるのですが、(4)の志賀町まで行ったときは夜の8時頃になり真っ暗でした。海士崎灯台の南200メートルと書かれていたので、灯台の横に車を置いて海岸に下り、真っ暗な岩場を懐中電灯だけを頼りに歩きました。とても見つからないだろうと半ばあきらめかけたのですが、「もう少し行ってみましょう」と大口英夫・救う会石川事務局長に言われ、駄目元でもと思って岩場を歩いていたら、100メートル程先、懐中電灯の光の中に船が浮かび上がりました。

 船は岩や流木の上に乗っかったようになっており、闇夜に浮かんだ姿は言葉に表せない凄みを感じました。何か「ほら、こんな事が起きてるんだよ。何もしなくていいのかい」と私たちをあざ笑っているようにも感じました。男3人で行ったから近寄れたのであって、自分1人であれば怖くてとても行けなかったでしょう。今でも思い出すとぞっとします。

 今回見た現場はすべて遭難による漂着と思われます。これだけでも何人が犠牲になったことでしょう。それぞれの人に親兄弟や妻子がいたはずです。ご家族は今どんな思いで海を眺めているのでしょうか。船を離れるとき岩場を歩きながら覚えていたお経を唱えていました。そして、これから日本に何が起きるのかを考えると、それはそれでまた重くのしかかってきました。

 今朝の北國新聞を見たら私の調査の記事、連載「戦場の大和堆」とともに、昨日また能登沖で漂流船が発見されたとの記事が載っていました。ともかく今回のことは早く整理して次の対応を考えていきたいと思います。拉致問題の進展のためにも今起きていることを可能な限り前向きに対処していかなければならず、お役所が隠しているのであれば民間、可能であれば自治体も含めて情報を収集発信していかなければなりません。関係各位のご協力をよろしくお願いします。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月10日(土)18:00 佐賀集会(救う会佐賀主催)
・会場 サンホテル ミーティングルーム(鳥栖市京町781-1 JR鳥栖駅前)
・調査会荒木代表が参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/1/31現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府丹後町間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市沖 漂流船
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻・生存者10名
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船
 30日 石川県能登沖 漂流船2隻 21人救助
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部・遺体1体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1席
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 1月10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 1月21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 1月24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定)
 1月28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約4キロ)木造船(長さ約5.9メートル、幅約1.9メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし)
 1月30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
 2月2日 金沢港北西約64キロ沖 木造船。船体に文字や数字とみられる表記。
  
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月 2日

続・弾丸 【調査会NEWS2655】(30.2.2)

 前号ニュースで報じた鶴岡の薬莢はFacebookに載せた写真について何人かの方から散弾銃のものではないかとのご指摘がありました。様々確認したところ、その通りと思われます。地元の猟師の使用した散弾銃弾で、北朝鮮とは関係なかった可能性が高いようです。本件については情報を訂正しておきます。

 その上で、なのですが、今後やってくる船に武器が積まれている可能性はあらためて考えなければならないと思います。能登の漁協の人が説明会の場で前述薬莢を水産庁の職員に見せたところ、「『見たくなかった』と言わんばかりに鈍かった」
(北國新聞)とのことでした。お役所としてはその薬莢が何かには関心がなく、そのようなことが起こること自体を認めたくなかったのでしょう。「日本人が上陸した北朝鮮の人間に撃たれることはあってはならないことだ。だからなかったことにしよう」というのは「日本人が北朝鮮に拉致されることはあってはならないことだ。だからなかったことにしよう」というのと同じです。政府認定の拉致被害者が21人(警察断定及び未遂を含む)に過ぎないのもその証拠です。

 水産庁の取締船は全くの非武装です。海上保安庁の巡視船も射撃については警察比例の原則で厳格にタガがはめられています。海上自衛隊には領域警備任務はありません。そして昭和59年7月には能登の漁船が北朝鮮船(このときは軍艦と思われる)の銃撃を受け船長が死亡、船ごと拿捕されているのです。

 木造船と同列には扱えないものの、現在横浜の会場保安資料館に展示されている九州南西海域工作船事件の北朝鮮工作船には14.5ミリ対空機銃やランチャーをはじめ武器が満載されておりいました。実際事件当時は小銃を乱射し、ランチャーも当たらなかったものの2発発射しています。

 北朝鮮は日常茶飯事で公開処刑を行い、指導者の叔父であれ高級幹部であれ銃殺する国です。その国から何かの意図を持って来る人間が全て丸腰だと思う方が不自然でしょう。

 AK47の弾丸が日本の陸上で、日本人に向かって発射される。考えたくないことですが、その準備をしていなければ取り返しの付かないことになるのではないかと思っている次第です。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月10日(土)18:00 佐賀集会(救う会佐賀主催)
・会場 サンホテル ミーティングルーム(鳥栖市京町781-1 JR鳥栖駅前)
・調査会荒木代表が参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/1/31現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府丹後町間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市沖 漂流船
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻・生存者10名
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船
 30日 石川県能登沖 漂流船2隻 21人救助
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部・遺体1体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1席
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 1月10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 1月21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 1月24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定)
 1月28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約4キロ)木造船(長さ約5.9メートル、幅約1.9メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし)
 1月30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くおの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
 
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

弾丸 【調査会NEWS2654】(30.2.1)

0122_2


 北國新聞がらみの続きですが、連載「戦場の大和堆」の19回目(1月22日付掲載)「『丸腰』では対応に限界」には昨年末に山形県鶴岡市に漂着した木造船の近くに薬莢(やっきょう)が落ちていたことが書いてありました。これは下の「着岸・漂流一覧」でみると12月24日の事件だと思います。

 薬莢というのは弾丸を打ち出すための火薬が入った部分です。つまり薬莢があったということはこの弾丸はどこかで発射されたことになります。おそらくは海上で撃ったときの薬莢が船内に残っていたのでしょうが、この船だけに銃が積まれていたとは考えられません。となると例えば松前小島で窃盗を行った船にも載せていた可能性があります。捕まる前に海中に投棄していたのは盗品だけではなかったのかも知れません。

 大和堆では昨年7月水産庁の取締船が北朝鮮船に小銃を向けられるという事件が起きています。そのうち銃を持った人間が上陸するかも知れません。というより上陸するという前提で対処しなければなりません。ちなみに交番には小銃は置いてありません。お巡りさんの拳銃ではAK47には対抗できません。

 この薬莢の発見はそれだけで本来なら全国紙の1面トップになってもおかしくないと思います。しかし私自身が記事を送ってもらって初めて知った体たらくです。ひょっとしたらもう何か起きているのではないか。そして警察も海保も隠しているのではないかとすら思います。気付いたときには収拾がつかなくなっているのではないでしょうか。杞憂に終わってくれれば良いのですが。

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月10日(土)18:00 佐賀集会(救う会佐賀主催)
・会場 サンホテル ミーティングルーム(鳥栖市京町781-1 JR鳥栖駅前)
・調査会荒木代表が参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/1/31現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府丹後町間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市沖 漂流船
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻・生存者10名
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船
 30日 石川県能登沖 漂流船2隻 21人救助
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部・遺体1体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1席
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 1月10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 1月21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 1月24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定)
 1月28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約4キロ)木造船(長さ約5.9メートル、幅約1.9メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし)
 1月30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くおの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
 
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年2月 1日

温度差 【調査会NEWS2653】(30.2.1)

 昨日の「『その後』を考える集い3」にご参加、ご視聴いただいた皆様ありがとうございました。今回の接岸・漂流(意図的にやってきたケースもあると考え呼び方を変えました)には様々な理由が考えられ、あらためて整理し直す必要があると思った次第です。

 色々重要な指摘はあったのですが、一つ心に残ったのは石川の北國新聞で「戦場の大和堆」を担当している坂内記者の指摘、地元と東京では温度差があるということ、つまり地元では極めて深刻な状態でも、太平洋側では関心が低いということです。ちなみに今日石川の別のマスコミの人と電話で話をしていてその話をしたら「石川県内でも能登の当事者と金沢では温度差があるんです」と言われました。

 拉致被害者の救出運動が始まったころも、まさにご家族や運動に携わっている者と一般の温度差が大きく、「まさか」という人が大多数でした。もちろん温度差は今でもあり、しかも政府は政府で温度差を保とうとしています。それが今も拉致問題解決への道を遅らせているのです。

 坂内記者から送ってもらった「戦場の大和堆」の中に、山形で漂着船の周囲に弾丸の薬莢が落ちていたという記事がありました。そのうち誰かが犠牲にならないと分からないのでしょうか。実際拉致はそうやって被害が続いてきたのです。

 その温度差を明日、石川で少しでも感じてきたいと思います。 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・2月10日(土)18:00 佐賀集会(救う会佐賀主催)
・会場 サンホテル ミーティングルーム(鳥栖市京町781-1 JR鳥栖駅前)
・調査会荒木代表が参加
---------
《平成29年以降の北朝鮮船・船体の一部・遺体の着岸・漂流》H30/1/31現在

1月1日 新潟県糸魚川市筒石 木造船の一部
 6日 新潟県上越市柿崎区 木造船1隻
 7日 福井県小浜市犬熊 木造船1隻
2月7日 島根県隠岐郡隠岐の島町神尾 木造船1隻
 11日 石川県金沢市 木造船1隻
 15日 京都府丹後町間人 木造船1隻
 15日 京都府舞鶴市瀬崎海岸 木造船1隻
3月8日 島根県隠岐島町油井 木造船1隻
 14日 石川県輪島市門前町 木造船の一部
 18日 石川県羽咋郡宝達志水町 木造船1隻
 22日 石川県羽咋市寺家町 木造船1隻
 28日 京都府京丹後市 木造船1隻
4月28日 秋田県男鹿市入道崎灯台付近 木造船1隻・遺体1体
5月1日 北海道函館市函館港 木造船の一部
 2日 新潟県佐渡市石名地区 木造船1隻
6月1日 新潟県佐渡市鷲崎地内 木造船1隻
7月31日 島根県隠岐郡隠岐の島町福浦 木造船の一部
8月9日 島根県隠岐郡西ノ島町三度埼 木造船1隻
9月6日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船1隻
 25日 北海道室蘭市東町 木造船の一部
11月7日 新潟県佐渡市羽茂三瀬地区 木造船(長さ13.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県北津軽郡中泊町小泊 木造船(長さ8.7メートル)1隻 船体にハングル表記
 20日 青森県西津軽郡深浦町大間越 木造船(長さ12.6メートル)1隻 スクリューやエンジンが残っており周辺で救命胴衣6個発見
 21日 山形県鶴岡市五十川八斗島南  木造船(長さ7メートル)1隻 船体にハングルや「89829」の数字が記載
 23日 新潟県佐渡市南片辺 木造船1隻 船体にハングルが記載
 23日 秋田県由利本荘市マリーナ 木造船(長さ20メートル)1隻 プレートにハングルで「チョンジン」と記載。生存者8名 内2名が近くの民家に行ってインターフォンを鳴らしたことで上陸が分かる(従って検疫を受けずに上陸した9。証拠品である船はマリーナに係留していたが県警が見失い、後に破片の一部を回収。
 24日 秋田県男鹿市宮沢 木造船(長さ7メートル 船首付近に「556-60756」と記載)1隻 白骨化した遺体8体 北朝鮮製たばこ等
 25日 新潟県佐渡市藻浦崎 木造船1隻・遺体1体
 26日 北海道松前郡松前町小浜 木造船の一部(船首部分長さ4メートル 黒く塗られ数字のようなもの記載)
 27日 石川県羽咋郡志賀町西海 木造船の一部
 27日 石川県羽咋市 木造船1隻
 27日 青森県深浦町 木造船(船首に赤い文字で「2093」と記載)1隻
 27日 石川県珠洲市沖 漂流船
 28日 青森県下北郡佐井村 木造船1隻 サイズ24センチ男物革靴(ヒールの高いシークレットブーツ様のもの)と英文の書かれたジャケット
 28日 北海道松前郡松前町松前小島 木造船1隻・生存者10名
 28日 石川県輪島市舳倉島沖 漂流船
 30日 石川県能登沖 漂流船2隻 21人救助
12月1日 青森県西津軽郡深浦町森山海岸 木造船1隻
 1日 新潟県佐渡市両津湾 木造船1隻
 2日 新潟県佐渡市小木江積海岸 木造船1隻
 2日 秋田県山本郡八峰町八森岩館付近海岸 木造船1隻
 4日 新潟県柏崎市西山町石地付近 木造船の一部
 4日 新潟県長岡市寺泊大和田 木造船1隻
 4日 新潟県西蒲区角田浜沖 木造船1隻
 4日 山形県鶴岡市温見米子漁港沖 遺体3体
 4日 秋田県にかほ市海水浴場 木造船の一部・遺体1体
 5日 新潟県佐渡市高千漁港 木造船1隻
 6日 青森県西津軽郡深浦町入良川河口付近 木造船(「915430」と記載)1隻
 7日 秋田県男鹿市五里合 木造船(「913300」と記載)1隻
 7日 新潟県佐渡市北狄(きたえびす)地区海岸 木造船1隻
 7日 新潟県佐渡市両津湾内 木造船1隻
 7日 福井県坂井市三国町サンセットビーチ 木造船の一部
 8日 石川県珠洲市長橋町 木造船の一部
 9日 石川県珠洲市笹波町 遺体1体
 9日 新潟県村上市府屋海岸 木造船1隻
 9日 新潟県佐渡市岩谷口海岸 遺体1体
 10日 山形県鶴岡市堅苔沢海岸 遺体1体
 10日 新潟県佐渡市石名沖 木造船1隻
 12日 新潟県柏崎市荒浜 木造船1隻・遺体2体遺体は白骨化しており、服や身の回りの物も無かった。船はその後産業廃棄物として処理。白骨化した遺体は火葬後、無縁仏として埋葬。
 12日 新潟県村上市沖 木造船1隻
 12日〜13日 石川県羽咋市 木造船の一部
 13日 秋田県潟上市出戸浜海水浴場付近 木造船1隻・遺体2体
 13日 秋田県男鹿市北浦入道崎 木造船1隻
 13日 秋田市浜田 遺体1体
 13日 新潟県村上市瀬波温泉海岸 木造船(「632-90452」と記載)1隻
 13日 新潟県胎内市松浜海岸 木造船1隻
 13日 青森県西津軽郡深浦町十二湖海浜公園 木造船(「912358」と記載)1隻
 14日 秋田県秋田市雄物川河口近く 木造船2隻・遺体6体
 14日 青森県深浦町白神浜 遺体1体 木造船の一部
 14日 新潟県長岡市寺泊郷本海岸 木造船1隻・人骨5本
 14日 佐渡市鵜ノ瀬鼻沖 木造船1隻
 14日〜15日 石川県羽咋市志賀町 木造船の一部
 15日 石川県金沢市金沢港沖に漂流船 
 16日 千里浜インター付近 木造船の一部
 16日 青森県深浦町田野沢 木造船(「547-66205」と記載)1隻
 17日 石川県珠洲市 木造船の一部 
 18日 佐渡市鷲崎沖 木造船1隻
 19日 秋田県にかほ市飛字餅田海岸 木造船1隻・遺体2体
 19日 石川県志賀町 漂流船(海保は発見できず)
 20日 石川県志賀町 富来漁港(西海漁港) 漂着船1席
 21日 新潟県佐渡市関岬 木造船(長さ11.6メートル幅2.75メートル 船首にハングル表示)1隻
 21日 新潟東港沖18キロ 木造船1隻
 21日 新潟県粟島浦村釜谷 木造船の一部(縦1.5メートル横1.2メートル)
 23日 石川県志賀町 木造船(長さ約8.4メートル幅約2.2メートル 15日に金沢港沖を漂流していた船と同じ番号が船体に記載)1隻
 24日 新潟県新潟市 新潟港沖12キロ 木造船1隻(21日のものと同じ可能性あり)
 24日 山形県鶴岡市油戸漁港付近 木造船の一部・周辺に遺体4体
 24日 山形県酒田市浜中 遺体(星型マークがバックルに付いた布製ベルト)1体
 25日 新潟県佐渡市羽茂大橋 木造船(長さ約8メートル、幅約2メートル)1隻
 29日 鳥取県鳥取市気高町奥沢見海岸 遺体1体(ハングルが書かれたタグのついた黒い長袖ジャージと長袖Tシャツ、ズボン下着用。身長約170センチ、頭部はほぼ白骨化)
 29日 新潟県新潟市西蒲区越前浜海岸 木造船の一部(長さ3メートル幅1.6メートル高さ1.43メートル 煙突あり)
平成30年(2018)
1月4日 秋田県三種町釜谷浜海水浴場 木造船の一部(長さ約8.1メートル幅約2メートル 船底及びスクリュー )
 5日 石川県白山市沖 木造船(長さ約13メートル幅約3.5メートル 船首にハングル)1隻
 6日 秋田県由利本荘市松ヶ崎漁港 木造船の一部(長さ4メートル幅約2メートル 白地に赤の数字)
 7日 京丹後市網野町 木造船(長さ約10メートル幅約3メートル ハングルのような文字の書かれた板が付近に漂着)1隻
 8日 新潟市西蒲区間瀬海岸 木造船(長さ約5メートル幅約1.5メートル)1隻
 8日 秋田県男鹿市野石申川海岸 木造船の一部(長さ約7.7メートル幅約1.9メートル)
 1月10日 金沢市下安原町安原海岸 遺体1体(年齢不詳顔などの一部が白骨化。黒色のジャンパーと青色のズボンを着町。身元や国籍の分かるものは身に着けていなかった) 木造船(遺体から15メートルの距離 長さ16メートル幅高さともに3メートル 船尾にプロペラ 船体にハングルや数字などの標記見つからず 船内から16日7遺体発見 船首付近に4人、真ん中あたりに3人が折り重なるように倒れていた。セーターやトレーナーを着ており目立った外傷はなかった。 金日成と金正日の並んだバッジ1個)1隻
 1月21日 新潟県粟島八幡神社から200メートルの海岸 木造船の一部(船尾 長さ1.2メートル幅1.3メートルのコの字型 赤字でハングル2文字が書かれていた)
 1月24日 石川県志賀町西海千ノ浦海岸 木造船(長さ8.15メートル幅1.9メートル高さ1メートル平底型 船体に白く614という番号記載 コールタールのようなもので塗装、傷み激しく長期間漂流したものと推定)
 1月28日 石川県羽咋市新保町(志雄パーキングエリアの北約4キロ)木造船(長さ約5.9メートル、幅約1.9メートル 船体に黒い塗料。目立った損傷なし)
 1月30日 石川県志賀町大津、上野の境界近くおの海岸 木造船の一部。不鮮明だが「3682370」と白い文字で船体に記載。
 
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

ハーグで収録したしおかぜメッセージ

 ICC申立の後収録した短波放送「しおかぜ」:のメッセージです。

|

漂着船問題で櫻井よしこさんが書いてくれました。

週刊新潮の連載で櫻井よしこさんが漂着船について書いてくれました。私のコメントも載っています。

Img001


|

« 2018年1月 | トップページ