« 2018年8月 | トップページ

2018年9月20日

いつか来た道 【調査会NEWS2822】(30.9.20)

 文在寅と金正恩は今日は白頭山に登るそうです。じいさんの金日成がここで抗日闘争をやったことになっている場所に二人で行くというのも相当なもんだと思います。ロシア生まれの父親金正日の「生家」(?)の訪問でもすればさらに大したものです。文在寅の親分である盧武鉉、そのまた親分である金大中ですら南北首脳会談で平壌は訪問してもさすがに白頭山までは行きませんでした。

 ここまでやれば当然韓国の中でも反発は起きるでしょうが、もう一つ気になるのは中国の反応です。白頭山は中国との国境にある山で、山頂にある「天池」という、蔵王のお釜みたいな池の真ん中を国境線が通っています。ここに南北の首脳が立てば、当然領土問題で中国を刺激します。

 中国は周りじゅうの国と領土問題を起こしている国であり、そもそもチベットも南モンゴルもウイグルも中国ではありませんでした。だから一つ裂け目ができれば他にも広がる可能性があり、その意味でも領土問題には非常に神経質です。これからどうなるか、表面的な動きでは分かりにくいかも知れませんが気になります。

 それにしても、あの二人はひょっとしたら「南のカネと北の核があれば、もう怖いものはないぜ」という束の間の高揚感にひたっているのでしょうか。少なくともそれが南北の国民にどれだけ被害を与え、国際的な不安定を招来するのかは眼中にないと思います。

 平成12年(2000)6月15日、初めての南北首脳会談の終わった後、ソウルに戻った金大中大統領の第一声は「皆さん、もう戦争はなくなりました」でした。その2年後、日韓サッカーW杯の最中に北朝鮮は黄海で韓国海軍の高速艇にいきなり攻撃をしかけ1隻が沈没、6人が戦死しました。応戦された北朝鮮側でも韓国軍を上回る死傷者が出たと言われています。金正日に人民軍が忖度しただけの、全く無意味な戦いで南北の多くの若者が命を落としたのです。

 今回の南北蜜月も、結局やがては「いつか来た道」になるのでしょうが、そのような傍観者的物言い以上に、あの二人の笑顔の下に、日本人拉致被害者・日本人妻・戦後残留者・韓国人をはじめとする外国人拉致被害者・そして政治犯収容所に入れられている人たちをはじめとする北朝鮮の罪もない人々がいること、二人の靴の底で踏みつけられていることを忘れてはいけないと思います。
------------------------------------------------
最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(59)(60)(61)(62)

◎氏名: 紙谷 慶五郎
◎よみかた:かみや けいごろう
◎生年月日:明治45(1912)年3月5日
◎当時の年齢:55歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年11月7日
◎特徴:身長175センチ。温厚だが、子どものしつけは厳しかった。男の子どもには義務教育も受けさせなかった。しかし、他人の世話は人一倍好きなことで有名だった。

◎氏名:紙谷 圭剛
◎よみかた:かみや けいご
◎生年月日:昭和16(1941)年3月20日
◎当時の年齢:26歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年11月7日
◎特徴:身長178センチ。義務教育も受けなかったが、数学と幾何学は天才的だった。

◎氏名:紙谷 礼人
◎よみかた:かみや のりひと
◎生年月日:昭和23(1948)年4月11日
◎当時の年齢:19歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年11月7日
◎特徴:人思いの性格。優しい。明るい。女の子に特にやさしかった。スポーツ万能。くよくよしない。指導力もあった。

◎氏名:紙谷 速水
◎よみかた:かみや はやみ
◎生年月日:19510109
◎当時の年齢:16歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年11月7日
◎特徴:身長170センチ。体が弱かった。内股で歩く。女の子のように優しい。
(以下は4人共通)
◎当時の身分:漁師
◎最終失踪関連地点:北海道雄武町元稲府(おうむちょう もといねっぷ)北岸港から7キロ付近
◎当時の居住地:北海道紋別郡雄武町
◎失踪の状況:父慶五郎さん所有の漁船「圭運丸」(6トン)に息子の3人とともに乗船。当日午前6時頃に北海道雄武町元稲府北岸港を出港し、港から7キロ付近にてイカ底建て網漁を操業。帰港する他の僚船とすれ違って漁場に出て遭難。遭難当時はベタなぎだったが、潮の流れが速く、他の僚船は操業を中止していた。 そのため遭難現場を目撃した人物はおらず、付近に他の船が存在したかどうかも確認されていない。船体は、遭難付近の海底にて発見されたものの、引き上げ作業に失敗した。船の油や残留品などが海面で発見された後に、雄武町付近の海岸でも発見された。乗組員4人の遺体は発見されないまま、捜査は打ち切られた。


//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月27日(土)14:00「『ふるさとの風』『しおかぜ』共同公開収録in愛媛」
・愛媛生涯学習センター(松山市上野町甲650)
 JRバス・伊予鉄バス下原町バス停下車
・調査会村尾建兒副代表が参加
・問合せ 調査会

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年9月19日

仲人口(なこうどぐち) 【調査会NEWS2821】(30.9.19)

 仲人口、広辞苑には「仲人が縁談をまとめるために、ほどよくとりなしていうことば。多くは、あてにならないことにいう」と書かれています。

 南北首脳会談を見ているとまさにそんな感じです。この場合仲人は韓国の大統領ですが。要は米国、そして日本との仲人役のつもりでもあり、また韓国民と北朝鮮の仲人役とも言えます。文在寅のお師匠さんにあたる盧武鉉・元大統領もかつて韓国を「北東アジアのバランサー」とか言ってました。自分の頭の中にバランサーを置いておいたほうが良いんじゃないかという感じでしたが。

 今回の訪問団にはサムスン電子の副会長ら経済人一七人が同行したそうですが、韓国の新聞「朝鮮日報」が報じたところによると、北朝鮮側はこれを自分たちの求めに応じたものと語ったそうです。その30分前に大統領府は「韓国側の意志で同行する」と言っており、直ぐに嘘がばれてしまったことになります。まあ常識で考えても北朝鮮側が連れてこいとも言わないのに韓国政府が連れて行くこともないでしょう。

 この程度ならまだ可愛い方ですが、韓国の国民に対している説明と文在寅が金正恩に話していることはもっと重要な点まで含めて全く違うでしょう。同様、拉致は問題外としても核問題について北朝鮮に伝えていることと米国・日本に伝えることは全く違うと思います。

 この仲人口はまあやがて破綻するでしょう。そのときどうなるか、というよりどうするかが大事だと思います。
------------------------------------------------
最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(58)

◎氏名:岡田 優子
◎よみかた:おかだ ゆうこ
◎生年月日:昭和28(1953)年3月27日
◎当時の年齢:14歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)10月23日
◎特徴:日本舞踊をやっていた。
◎当時の身分:中学3年生
◎最終失踪関連地点:北海道常呂町
◎当時の居住地:北海道佐呂間町
◎失踪の状況:当日中学を休んだ。浜佐呂間から汽車で20分程離れた常呂で見たという人がいた。常呂駅近くの海岸で本人のカーディガンが見つかった。


//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

またも南北首脳会談 【調査会NEWS2820】(30.9.18)

 「え、またやってるの?」という感じの南北首脳会談です。どこかのテレビの報道で、「歓迎のために平壌空港に市民が集まってきている」とか言ってましたが、北朝鮮で自発的に韓国大統領を歓迎しようとして空港に行ったら収容所送りでしょう。

 文在寅は経済の悪化で低下しているとは言えまだ一定の支持率を保っています。私はその最大の理由は南北関係の緊張感に韓国人が堪えられないからだと思っています。南北関係が悪化すれば外資も出ていき、さらに経済が落ち込む。最低賃金のアップで雇用機会が減っているとは言っても今から最低賃金を下げることもできず、また、そのジレンマから国民の目を逸らさせるためにも南北関係が良好であると見せつけなければならないということでしょう。

 かといって韓国人の大半は本気で統一したいなどと思ってはいません。「やがて」とか「いつかは」とか付ければイエスと答えるでしょうが、自分の負担が増えてまで一緒になるという人はごく稀です。結局、とりあえず平和であれば問題の先送りで構わないという韓国の雰囲気の象徴が文在寅大統領の顔に表れているのではないでしょうか。

 しかし、こういうことがあるとわが国でも「だから日朝関係も良くしなければならない」という人が出てきます。まああの首脳会談で金正恩の頭の中には日本も「バスに乗り遅れる」という声を出させて揺さぶろうというのがあるかも知れません。

 あの二人が運転をしているバスなら乗らない方がましです。トランプと習近平がお客で乗っていたとしても、このお客たちはいざとなれば運転手を放り投げて自分で勝手に運転するでしょう。いずれにしてもろくな方向には行きません。

 結局自分でやるしかない。と、あの二人の抱擁を見てあらためて思いました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(57)

◎氏名:日高 信夫
◎よみかた:ひだか のぶお
◎生年月日:昭和19(1944)年11月27日
◎当時の年齢:22歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)9月
◎特徴:身長150センチ。体重55キロ。血液型A型。右手人指し指第2関節と中指第1関節欠損。
◎当時の身分:印刷工
◎最終失踪関連地点:東京都台東区上野駅
◎当時の居住地:東京都新宿区
◎失踪の状況:大阪で新しい仕事場が決まったというので、友人が駅まで見送りに行き、その後行方不明となった。


//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年9月15日

着岸・漂流一覧について 【調査会NEWS2819】(30.9.15)

 着岸・漂流一覧は官報の情報を入れたことで分量が非常に増えたため、ニュースでは毎号私のブログの中に置いて下のようにリンクを貼っています。
------------------------------------------------
最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
------------------------------------------------
 警察や海上保安庁がこのようなデータを明らかにしているわけではなく(国会で求められれば一部は出すでしょうが)、これが北朝鮮船・人の着岸・漂流に関する、おそらく公開されている中では日本で一番詳しい情報であると思います。

 昨日のニュースでも書きましたが、この先本当に状況を進展させるためには民間がやるしかありません。着岸漂流一覧についてももし皆さんの持っている情報でここに抜けていること、あるいはこの一覧の間違いなど、お気付きの点がありましたらお知らせいただければ幸いです。報道関係の方、心ある公的機関の方も含め、ぜひともご協力をお願いします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(57)

◎氏名:山崎 博司
◎よみかた:やまざき ひろし
◎生年月日:昭和19(1944)年3月8日
◎当時の年齢:23歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年5月8日
◎特徴:身長160センチ。左の頬の鼻に近いところにに4ミリ位のホクロ。趣味はカメラ
◎当時の身分:農業
◎最終失踪関連地点:北海道士別市
◎当時の居住地:北海道士別市
◎失踪の状況:昼「遊びに行く」と自転車に乗って出かけ帰ってこない。総出で2日捜す。自転車は国道のすぐ側の知人の家で見つかった。この日暗くなってから車が家の入口に来てUターンして行ってしまった。車を見つけた妹が「兄ちゃんが帰ってきた」と言ったが誰も降りてこなかった。

//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年9月14日

解決 【調査会NEWS2818】(30.9.14)

 今日、日本記者クラブで自民党総裁選の討論会が行われました。安倍総理・石破元幹事長のお二人がそれぞれの政見を述べていました。拉致に関わる部分しか見ていないのですが、その範囲では、お二人のどちらの発言も納得できませんでした。

 安倍総理は質問に答えて「『安倍政権しか拉致問題を解決できない』と言ったことはない。ご家族がそう言ったことは承知している。だから責任を感じている」と言っていました。これは間違いではありません。確かに安倍総理は自分の任期中に拉致問題を解決するとは言いましたが、自分しかできないとは言っていません。しかしこの言葉にはどうしてもひっかかります。国家の主権が侵害されているのですから、家族がどうこうという問題ではない。もっと大きな問題があることに気付いていないか、あるいは意図的にそこから目を逸らしているとしか思えない。

 石破元幹事長は日朝に双方の連絡事務所を設置すべきと言っていました。そして「(交渉を)少しずつ積み重ねて、その先に拉致問題の解決がある」とのことでした。そうやっていたら本人も家族も皆死んでしまうという、当たり前のことは全く念頭にないようでした。そしてその矛盾に悩んでいる様子もありません。

 さらに二人に共通することですが、どちらも「解決」というのを現在の政府認定者の残り12人にせいぜいプラスアルファ程度としか思っていないのではないかということです。特定失踪者については言葉のニュアンスからも念頭に置いていることはほとんど感じられませんでした。聞いている方もあまりそういう問題意識はなかったようですが。

 また、二人とも簡単に「解決」と言っていましたが、3日前に拉致された子供を取り返すといったことと、北朝鮮による拉致は根本的に違います。もし本当に「解決」というなら横田めぐみさんは昭和52年11月15日に時計の針を戻して、バドミントンの練習の後何事もなく家に帰って夕食がとれるようにしなければなりません。

 拉致されて北朝鮮で亡くなった人も、拉致される途中で殺害された人もいるでしょう。16年前に帰国を果たした5人にしても、それまでの24年間を取り返すことはできません。これらの、様々な形で拉致被害を受けた人々にとって「解決」とは何なのでしょう。また、長年にわたって拉致が続いてきて、それに対する備えは何も進んでいないというこの国の現状は全く議論にもなりませんでした。

 もちろん、他の政党の党首がこのお二人より拉致問題に積極的かというわけでもありません。これは本当に、何とか構造を変えることを国民の声、民間でやっていくしかないと、あらためて思っている次第です。
------------------------------------------------
最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(56)

◎氏名:城崎 瑛子
◎よみかた:しろさき えいこ
◎生年月日:昭和21(1946)年7月20日
◎当時の年齢:20歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年4月21日
◎特徴:身長153センチ。趣味は裁縫、洋裁。
◎当時の身分:家事(農業)手伝い
◎最終失踪関連地点:北海道岩内港
◎当時の居住地:北海道共和町
◎失踪の状況:朝8時か9時頃、いつものように母親に「服地を買いに町に行ってくる」と言い残して外出。12時頃、岩内港の防波堤に、本人の靴、かばん、服地、ケーキなどが置いてあるのを地元漁師が発見し、岩内署に連絡した。遺留品が本人のものと確認できたため、警察がダイバーを出し、付近海底を捜索したが死体は発見されなかった。


//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・9月15日(土)14:00「『ふるさとの風』『しおかぜ』共同公開収録in神戸」
・兵庫県民会館けんみんホール(神戸市中央区下山手通4-16-3)
 地下鉄県庁前駅東1出口徒歩2分
・調査会村尾建兒副代表が参加
・問合せ 調査会

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

「海外事情」9・10月号(朝鮮半島特集)

「海外事情」9・10月号に書きました。これ以外にコラム「日本海の向こう側」も書いています。今月号は特集「朝鮮半島の新構図」。御一読いただければ幸いです。

0141


|

2018年9月12日

電話の謎 【調査会NEWS2817】(30.9.12)

 今号の「特定失踪者データ」に載っている吉田雪江さんは電話交換手でした。電話交換手といっても若い方は分からないかも知れません。昔は電話は自動ではなく、電話局で交換手が切り替えてつないでいました。今もダイヤルインでない会社の総務などはそれに類する仕事をしていますが、昔は交換手という職種自体が専門職で資格試験もありました。

 交換手だけではないのですが、特定失踪者で電話に係わる仕事の人が多いのは前から注目されています。これがどういう意味を持つのか現時点では分かりません。考えられるのは、例えば「若い女性を連れてこい」という命令が北朝鮮から日本国内の固定工作員や土台人、日本人協力者にあった場合、対象者選定の基準として電話交換手というのがあった可能性があるということです。昔であれば社会的ステイタスのあった仕事ですから、その資格を持っていれば能力があるという証明になったのではないか。

 市川さん増元さんのアベック拉致の場合、市川さんがターゲットで、あわせて増元さんも連れて行かれたという可能性が高いと思われます。だとするとターゲットに選定されたのは市川さんの周辺にそういう人間がいた可能性があり、一つには職場の中だったのかも知れません。今の情報通信労連は違いますが、前身の全電通であれば昔なら労働組合の中にそのような動きをした人間がいた可能性はあります。

 そうであれば他の電電公社職員の失踪者はそのような関係で狙われた可能性もないとは言えません。これらはもちろん推測の域を出ませんし、一部がそうでも全てそうだとは証明できませんが、もう一度情報の見直しも必要ではないかと思っています。

(電話関係の仕事の失踪者)

吉田雪江   昭和42年(1967) 電話交換手
非公開男性A 昭和44年(1969) 電電公社(現NTT)職員(アベックで失踪)
加藤久美子  昭和45年(1970) 電電公社の交換手の資格を得ていた
生島孝子   昭和47年(1972) 電話交換手
峰島英雄   昭和49年(1974) 電話工事(女性二人と失踪)
非公開女性B 昭和50年(1975) 電電公社電話交換手
市川修一   昭和53年(1978) 電電公社職員(アベック拉致)
加藤八重子     同      電電公社電話交換手
本多茂樹   昭和55年(1980) 電話関係の仕事
非公開男性C 昭和58年(1983) 電電公社職員(電話交換機の保守)

------------------------------------------------
最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(55)

◎氏名:吉田 雪江
◎よみかた:よしだ ゆきえ
◎生年月日:昭和24(1949)年2月18日
◎当時の年齢:17歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年1月28日
◎特徴:156センチ。体重55キロ。鼻は丸い。性格は活発、明朗、真面目。
◎当時の身分:電話交換手
◎最終失踪関連地点:北海道釧路市
◎当時の居住地:北海道釧路市
◎失踪の状況:当日夕方、会社の同僚の結婚式が6時頃からあり、退勤後自宅に戻り着替えてから式場に向かった。終了後式場からいったん自宅に戻り、午後8時30分から9時の間位に新婚旅行への出発を見送りに行くと時刻表を指して時間を確認し、自宅から長靴で出かけた。服装は結婚式に出た服装で、その上にオーバーを羽織っていた。新婚旅行の出発は選挙のため投票してから出かけるために変更になっていた。


//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。


・9月15日(土)14:00
場所 兵庫県民会館けんみんホール(神戸市中央区下山手通4-16-3)
 地下鉄県庁前駅東1出口徒歩2分
・調査会村尾建兒副代表が参加
・問合せ 調査会

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年9月11日

「海外事情」9・10月号(朝鮮半島特集)

0915m


次の「海外事情」は朝鮮半島特集。15日発売です。これは日経に掲載される広告です。ぜひお買い求め下さい。

|

死因 【調査会NEWS2816】(30.9.11)

 身元不明漂着遺体のリストをまとめていると、官報に掲載されたものはほとんど死因不明になっています。一部に溺死と思われるものがありますが、本当のところはよく分かりません。

 たとえば、リストにある平成10年(1998)12月25日に福井県大飯郡高浜町和田海岸に漂着した遺体は次のような状況でした。
--------------------------------
 丸太組みのいかだとロープでつながれた男性遺体3体(軍服姿、腐乱し一部白骨化、死後1~3カ月 30~50代、身長1m60~70センチ 胴体と足に直径約20センチの球形ブイ数個が付いていた)。
-------------------------------
 まず、いくら北朝鮮でも丸太のいかだで海に漁に出ることはありえません。あの平底木造船で日本にやってくるのも私たちの常識を越えていますが、動力もないいかだで海に出るということ自体ありえないでしょう。いわんや軍服を着て。また、「胴体と足に直径約20センチの球形ブイ数個」というのですが、例えば亡命をしようとして(いかだで亡命というのも考えにくいですが)途中遭難したとすれば浮き輪代わりにブイを使った可能性もありますが、胴体はともかく足にブイを付けるというのも変な話です。

 そもそも、丸太組みのいかだが北朝鮮からいかだのままで日本に流れ着くかということも不思議です。冬の荒れた日本海ですから途中でバラバラになってしまうのではないでしょうか。考えられるのは海岸近くで軍服を着た死体をいかだに縛り付けて海に流したのではないかということです。死体など収容所でいくらでも手に入ります。

 あるいはこれが日本政府への何かのメッセージだった可能性もあります。ひょっとしたら昨年秋から冬にかけての多数の漂着船や漂着遺体の中にもそういうものがあるのかも知れません。実際石川県志賀町に漂着した木造船でスクリューのシャフトが脱落し、そこに布が詰めてあったものがありましたが、山田吉彦・東海大教授はこの船が最初からスクリューやエンジンを外して海に流したものと指摘しています。その意図は分かりませんが。

 5日の「『その後』を考える集い6」で、荒天になった場合船員が船の中にいるか甲板に出るかという議論になったとき、水産学部出身で実際に船に乗った経験のある増元照明・前家族会事務局長は船内にいることはできないだろうから甲板に出るはずと言っていました。そうすると遺体で流れ着いたものは船から振り落とされたということになりますが、逆に言えば船内にあった遺体は何なのか。機関故障で流されているいるうちに低体温症で亡くなったのかなど、色々疑問が出てきます。

 このようなことを政府のどこかで分析しているところはあるのでしょうか。あるならもう少し公開しないと、何かのときにパニックが起きかねないと思うのですが。
------------------------------------------------
最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(54)

◎氏名:蘇武 喆子
◎よみかた:そぶ てつこ
◎生年月日:昭和17(1942)年8月3日
◎当時の年齢:24歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年1月9日
◎特徴:身長158センチ。体重55キロ。血液型B型。中肉中背。太めの髪質。近視でメガネ着用。
素直で優しい。また慎重で几帳面な性格。
◎当時の身分:家事手伝い。編み物教室に通っていた。
◎最終失踪関連地点:北海道帯広市
◎当時の居住地:北海道帯広市
◎失踪の状況:失踪日は吹雪のような雪であった。夕方18時頃、兄が一時帰宅した際には喆子さんは在宅が、その後孝夫さんは仕事に出かけ、21時頃に妹が帰宅した際に喆子さんはいなくなっていた。いつも着ていたオーバーはなく、財布と普段履いていた靴もなくなっていた。保険証、貯金通帳等は残されてままで、荷物をまとめた形跡や荒らされた様子もいない。その後2年ほどの間、年に2、3回の無言電話が実家に掛かって来たがが、「てっちゃん?」と呼びかけても何も言わずに切れてしまった。


//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。


・9月15日(土)14:00
場所 兵庫県民会館けんみんホール(神戸市中央区下山手通4-16-3)
 地下鉄県庁前駅東1出口徒歩2分
・調査会村尾建兒副代表が参加
・問合せ 調査会

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

『その後』を考える集い6(30.9.5)

稲川和男・映像教育研究会代表が撮影・編集して下さいました。この場をお借りして御礼申し上げます。ぜひご覧下さい。

|

2018年9月 9日

建国70年 【調査会NEWS2815】(30.9.9)

 今日は朝鮮民主主義人民共和国政府樹立70周年です。平壌では軍事パレードがありました。元プロレスラーの議員さんも行ったようですが、人民軍に闘魂注入とかしたんでしょうか。

 東京では昨日朝鮮総聯の祝賀大会が行われました。近くで祝賀反対の街宣をした方々もおられましたが、おそらく大会に参加する人たちの中にも同じ気持ちの参加者はいたのだろうと思います。

 前にこのニュースでも書いたように金正恩の母親高容姫は大阪鶴橋出身の在日朝鮮人です。北朝鮮では在日が「帰胞」「在胞」と呼ばれて差別され、重要な地位には絶対に着けません。気付いていない方もおられるでしょうが、金日成と金正恩が一緒にいる写真はありません。要は在日だからこそ金日成は高容姫を嫁として、そして金正恩を孫として認めていなかったということです。

 北朝鮮からすれば総聯・そして在日朝鮮人は金づるか道具でしかありません。水曜日の「その後の集い6」のとき、川崎栄子さんが北朝鮮について「質問の許されない社会」と言っていましたが、どんなに理不尽な要求があっても総聯から「お言葉ですが」ということはできません。それだけ搾取され収奪されながらも建国を祝わなければならないというのは悲劇なのか喜劇なのか…。

 いずれにしても、米国にとってはミサイルと核だけで良いのでしょうが(それも手に余っているようには見えるものの)、日本にとってはそれだけでは済みません。拉致はもちろん、日本人妻や帰国者、そして一般の北朝鮮の人々も含め、あの地域がまともな状態になることが最終的には日本全体の安全も保障することになります。

 ついでに言えば今の韓国の政権は北朝鮮の傀儡(かいらい)政権のようなものですが、操り人形は糸が切れれば動けなくなります。そういう意味でも、早く金王朝崩壊○年を祝賀する日が来るようにしなければなりません。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(53)

◎氏名:宮脇 留義
◎よみかた:みやわき とめよし
◎生年月日:昭和14(1939)年3月15日
◎当時の年齢:27歳
◎失踪年月日:昭和41(1966)年9月30日
◎特徴:身長165センチ。体重60キロ位。中肉中背で骨組みがっちり。手足大きめ。左目尻に1センチくらいの傷あり。右足膝下に5センチくらいの切り傷あり。甲種坑内保安係員(国家試験免許)、起重機運転士免許。酒は好き。
◎当時の身分:会社員(製鉄会社)
◎最終失踪関連地点:山口県光市
◎当時の居住地:山口県光市
◎失踪の状況:失踪日は最後に郵便貯金を下ろした日付。同じ日付で鹿児島の父(平成13年死去)が手紙を送ったが「退社・帰郷、受取人不明」で返送される。10月、京都の消印で光市の寮の同室者に「テレビ等の家具はやる」との葉書が届く。同年12月末、母と次男が会社・寮を訪ね、会社の人事担当者と上司の作業長、寮母に会い、いきさつを聞くと「突然行方不明になった」とのこと。給料、退職金、社内預金にも手をつけていない。


//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。


・9月15日(土)14:00
場所 兵庫県民会館けんみんホール(神戸市中央区下山手通4-16-3)
 地下鉄県庁前駅東1出口徒歩2分
・調査会村尾建兒副代表が参加
・問合せ 調査会

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

チャンネル桜【討論】迷走する朝鮮半島[桜H30/9/8]

|

2018年9月 7日

共同公開収録in神戸開催 【調査会NEWS2814】(30.9.7)

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
-----------------------------------------------
特定失踪者問題調査会副代表 村尾建兒

 来たる9月15日、拉致問題対策本部と特定失踪者問題調査会は、「ふるさとの風」しおかぜ」共同公開収録in神戸〜希望の光、届け海を越えて!〜を、兵庫県民会館けんみんホールにて14:00〜16:00(開場13:00)で開催します。

 先月の名古屋開催では、河村たかし名古屋市長をゲストにお迎えしましたが、今回の神戸では、「大阪で生まれた女」が大ヒットしたミュージシャンBOROさんがスペシャルゲストです。BOROさんは、「しおかぜ」の存在をテレビで知り、自らの拉致被害者への想いを曲にして、是非、北朝鮮へ向けて放送してほしいと「春夏秋冬抱きしめて」という曲を作り、お手紙とともに送ってくれました。共同公開収録in神戸では、その曲を生で歌って頂きます。BOROさんの拉致問題解決の熱意と、北朝鮮で囚われたすべての日本人への励ましを、会場で一緒に共有しましょう。

 そして、今回のご家族メッセージ収録は、拉致被害者有本恵子さんの父、有本明弘さんと、特定失踪者福本勝利さんの母、福本えりさんが、皆さんの前で北朝鮮に向け呼びかけを行います。帰りを待ち続けるご家族の想いも是非会場で胸に刻んでください。

 また、いつものチームしおかぜメンバーの熱唱や、今年度からロビーにて同時開催しているイベント、みんなの声を収録できるブースや、拉致問題クイズなどもあり、会場全体を使ったイベント構成になっていますので、神戸近隣の方はもちろん、関西圏の方は是非会場にお越しください。

 再び膠着状態に陥った拉致被害者救出の流れを、会場にお集まり頂いた皆さん全員の声で、大きなうなりにして行きましょう。

 皆さんのご参加お待ちしております。

日時 9月15日(土)14:00〜16:00(開場13:00)
場所 兵庫県民会館けんみんホール(神戸市中央区下山手通4-16-3)
 地下鉄県庁前駅東1出口徒歩2分
出演者(敬称略) BORO・Saya・宇佐美由美子・山口采希
   福本えり・有本明弘
司会 葛城奈海・側田やよい・小林仁・村尾建兒
参加費 無料(事前申込みはありません。直接おいで下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(52)

◎氏名:小林 榮
◎よみかた:こばやし さかえ
◎生年月日:昭和18(1943)年4月29日
◎当時の年齢:23歳
◎失踪年月日:昭和41(1966)年8月21日
◎特徴:身長160センチ。体重60キロ。ボクシングをするためジムに入ると言っていた。活動的で中学時代は陸上部に入りマラソンなどをしていた。
◎当時の身分:会社員(印刷会社)
◎最終失踪関連地点:東京都千代田区
◎当時の居住地:東京都千代田区
◎失踪の状況:体調を崩して勤務先の印刷会社を休み、会社の者に「医者に行く」と言い残して外出後、行方不明となる。身の回りのもの、荷物などいつもの通りだった。

//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。


・9月15日(土)14:00
場所 兵庫県民会館けんみんホール(神戸市中央区下山手通4-16-3)
 地下鉄県庁前駅東1出口徒歩2分
・調査会村尾建兒副代表が参加
・問合せ 調査会

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年9月 6日

日本は例外ではない【調査会NEWS2813】(30.9.6)

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
-----------------------------------------------
 1日に発売になった月刊「正論」10月号に福井義高・青学大教授が「“拉致”解決への教訓ー捕虜を見捨てたアメリカー」と題して寄稿しています。前にも紹介した米国の著名なジャーナリスト、シドニー・シャンバーグの論文を中心に、ベトナムで捕虜になった米兵を米国政府が見捨てたこと、そしてそれを隠蔽し続けたことについての論文です。

 読んでいて思ったことは日本における拉致の隠蔽と構造は同じということです。例えば福井論文にはこんなことが出てきます。

「我々は、インドシナにおいてまだ生きている米国人の存在を示すものを現時点では持ち合わせていない」(国防総省担当官)

「国家の最重要課題(highest national priority)」(レーガン大統領)

「生存捕虜を示すいかなる信頼出来る証拠も、有無を言わせる証拠もない」(レナード・ペローツ国防情報局長官)

(1993年時点での生存捕虜に関して)「その可能性を示すいくつかの証拠を持ち、さらに精査する必要のある情報が存在するものの、現時点では東南アジアにおいて米国人が生きたまま捕らえられていることを証明する決定的証拠は存在しない」(乗員特別委最終報告書)

「いったん(ベトナムからの撤兵)合意時に公開しないことを決めてしまった以上、次の年、誰も公開することを望まない。それはあまりにばつが悪い。時がたてばたつほど、益々ばつが悪くなる」。こうして真実は伏せられ「先送りされていく」(デイビット・ボーレン上院情報特別委員長)

 どこかで聞いたような、あるいは感じたような話ばかりです。また、昭和60年(1985)米軍機が墜落したとされる場所(ラオス)で人骨が発見されると米軍は直ぐに13名に行方不明米兵の遺骨と断定するものの、再鑑定をしたところ軍の鑑定がずさんで、捏造の疑いすらあったとのことです。関係ない遺体を本人だとして死んだことにするというのもどっかで聞いたような話です。

 さらに生存米兵問題隠蔽の主役となったのが、共和党はベトナム帰還兵としてヒーローになり大統領候補になったジョン・マケイン、そして民主党はジョン・ケリー、後の国務長官という大物でした。また、米国大手のマスコミも、結果的にはその隠蔽に大なり小なり手を貸したわけで、まさにある意味「オール・アメリカ」だったとも言えるのではないでしょうか。

 さて、福井さんはこの論文で「拉致被害者救出にあたっても、しばしば主張される戦後日本『独自』の在り方は必ずしも決定的ハンディキャップとはならない」と書いています。言い換えれば隠蔽は日本の憲法や戦後体制が特殊だから起きたわけではないとも言えるでしょう。

 国家にとって参考書はあっても教科書はありません。一見揺るぎないような「文明社会」も台風や地震などの自然の力に対してはいかに脆いものかを実感します。私たちはもういちどゼロベースに帰り、原点に戻って今何をすべきか考える必要があるのではないでしょうか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(51)

◎氏名:山本 正樹
◎よみかた:やまもと まさき
◎生年月日:昭和12(1937)年6月1日
◎当時の年齢:29歳
◎失踪年月日:昭和41(1966)年7月11日
◎特徴:宅地建物取引主任資格。大工、少林寺拳法の心得あり。
◎当時の身分:会社員(不動産会社)
◎最終失踪関連地点:大阪府枚岡市(現東大阪市)
◎当時の居住地:大阪府枚岡市(現東大阪市)
◎失踪の状況:その年の3月、自転車を相手にした軽い人身事故を起こした。7月13日に家族が自宅へ行くと「数日友達の所へ行く。誰が訪ねてきても行方不明と言ってくれ」というメモがあり、隣室の人に聞くと「2日前にスーツケースを持って出て行くのを見た」と言っていた。その後消息なし。交通事故の裁判があったがそれにも出てこなかった。

//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年9月 4日

明日「『その後』を考える集い6」です

台風は過ぎていると思います。お誘い合わせの上ご参加下さい。

3009056


|

飯塚家族会代表アドレスのスパムメール 【調査会NEWS2812】(30.9.4)

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
-----------------------------------------------
 以下ご注意下さい。

 本日11:05に家族会飯塚繁雄代表の個人アドレス(OCN)から「主任児童委員レポート」というメールが届きました。本文はなく同じタイトルのWordの添付ファイル「主任児童委員レポート.docx」だけがついています。

 誰がどういう目的で送った者か分かりませんが、もし同様のメールを受け取った方がおられたら添付ファイルは絶対に開かずに消去して下さい。

 時折様々なスパムメールが送られています。北朝鮮のサイバー攻撃なども色々話題になっていますから、そういう攻撃は常に行われるものだと考え、不審な添付ファイルは開かないこと、身に覚えの無いメールで無闇にリンクをクリックしないこと、など注意できるところはできるだけお互い注意しあいましょう。。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(50)

◎氏名:丸山 義昭
◎よみかた:まるやま よしあき
◎生年月日:昭和18(1943)年8月9日
◎当時の年齢:22歳
◎失踪年月日:昭和41(1966)年3月31日
◎特徴:身長160センチ。優しい性格。父似で酒好き。
◎当時の身分:漁船員(底引き網船)
◎最終失踪関連地点:福井県三国漁港周辺
◎当時の居住地:福井県坂井郡三国町
◎失踪の状況:三国町の下宿に「加賀の実家に行ってくる」と伝言して出かけたまま行方不明となる。当日は月末の給料日で、天気が良くても出港をしないことになっていた。当日は背広上下で裸足で下駄履きの格好。

//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・9月5日(水)18:30「『その後』を考える集い6」(調査会主催)
・会場 UAゼンセン会館(千代田区九段南4-8-1 市ケ谷駅徒歩3分。地下鉄2番出口を出て直ぐ右に入り30メートル)
https://uazensen.jp/about/access/
・調査会役員及び加藤博・三浦小太郎「『その後』プロジェクト」特別顧問が参加
・問合せ先 調査会

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年9月 3日

「『その後』を考える集い6」にご参加を 【調査会NEWS2811】(30.9.3)

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
-----------------------------------------------
 先日来続けている「官報」記載事項の精査で、一つ驚いたことがありました。平成16年(2004)3月に警察が山本美保さんであると発表した山形県遊佐町の別人女性の身元不明遺体(美保さん失踪17日後の6月21日に海岸に漂着)について、官報での行旅死亡人としての記載が見つからなかったのです。

 いくら当時の総理秘書官でも官報の記事を消すことはできないだろうと思ったのですが、問い合わせたところ結論は当時町の掲示板に告示したのみで官報への掲載はしていなかったということでした。それ自体は違法ではなく、また最近のものは官報に掲載しています。

 しかし、これは当然遊佐町だけではなかったはずで、ということは官報に掲載された膨大な数の身元不明遺体以外に、多数の身元不明遺体が漂着していたと考えるべきだと思います。いったいどうなっているのか、底なし沼に足をつっこんでいる気分です。

 それにしても官報にも書かれていない情報を探してきて特定失踪者と結びつける能力は大したものです。その努力を別の方に使ったら工作員も一網打尽にできるのではないでしょうか。

 さて、そんな公開情報を中心に、あらためて「その後」を考えたいと思います。既にお知らせしている通りですが、ぜひ奮ってご参加下さい。また直接のお声がけやインターネットでの拡散よろしくお願いします。

日時 9月5日(水)18:30〜20:30

会場 UAゼンセン会館(千代田区九段南4-8-1 市ケ谷駅徒歩3分。地下鉄2番出口を出て直ぐ右に入り30メートル)
https://uazensen.jp/about/access/

参加者
 代表荒木他調査会役員
 加藤博・北朝鮮難民救援基金理事長(「『その後』プロジェクト」特別顧問)
 三浦小太郎・アジア自由民主連帯協議会事務局長(同)
 竹下珠路・特定失踪者家族会事務局長他特定失踪者家族
 増元照明・前家族会事務局長
 他

問合せ先 調査会

参加費 無料(事前申込みはありません。そのまま会場においで下さい。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(49)

◎氏名:西平 カメ
◎よみかた:にしひら かめ
◎生年月日:昭和3(1928)年4月20日
◎当時の年齢:37歳
◎失踪年月日:昭和40(1965)年10月
◎特徴:身長155〜160センチ。60キロ前後。酒はたまに飲む。庭造りが好きで畑仕事が得意。
◎当時の身分:主婦
◎最終失踪関連地点:北海道帯広市
◎当時の居住地:北海道帯広市
◎失踪の状況:失踪二、三日前に内縁の夫と喧嘩をしていた。ある朝本人がいなくなっていて、家財、衣服などもまったく手付かずで着の身、着のままだった。内縁の夫との間に2才くらいの乳呑児もそのまま置き去り。 その後、一切の連絡なし。戸籍上は「大田カメ」。

//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・9月5日(水)18:30「『その後』を考える集い6」(調査会主催)
・会場 UAゼンセン会館(千代田区九段南4-8-1 市ケ谷駅徒歩3分。地下鉄2番出口を出て直ぐ右に入り30メートル)
https://uazensen.jp/about/access/
・調査会役員及び加藤博・三浦小太郎「『その後』プロジェクト」特別顧問が参加
・問合せ先 調査会

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

2018年9月 2日

9月5日で予備自衛官任期満了退官です

 ちょうど「『その後』を考える集い6」の日に予備自衛官の任期満了退職になります。残念ながら迷彩で北朝鮮に乗り込む夢は実現できずに終わりそうです。

3006_2


|

島根県民大会(松江)

8月25日、松江の湘南学園で行われた島根県民大会での講演です。他の方々のお話も大変良いお話し(おそらく私より)でしたのでぜひご覧下さい。

全体のリストはこちらから

|

時間がない 【調査会NEWS2810】(30.9.2)

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
-------------------------------------------------------------------
 昨日はさいたま市で「拉致問題を考える埼玉県民の集い」(救う会埼玉主催)があり、お話しをさせていただきました。前日は秋田県男鹿市で日本維新の会拉致問題対策本部の役員である高木かおり参院議員・串田誠一衆院議員と漂着船の視察をし、秋田で泊まって朝新幹線で上京したのですが、新幹線の中ではずっと重い気分でした。

 「埼玉県民の集い」はこれで第16回になり、私も何度か参加させていただいていますが、「前回来た時から、また何の進展もさせられなかった」という思いで、「いったいどの面下げて講演するのか」と、何度も自問自答していました。もっとも話さないわけにはいきませんのでともかくできるだけの話はしたつもりですが。

 この集会でも当初ご挨拶を予定していた家族会飯塚繁雄代表は体調不良で事務局次長でもある飯塚耕一郎さんが代理で話されました。また、壇上にはお元気な姿で立たれましたが佐々木悦子さんのお母さん、アイ子さんは過日街頭活動の途中倒れて救急車で搬送されています。いつも作務衣を着て受付とか活躍されていた藤沢悦子さんの姿ももう見ることはできません。

 先週末は島根で松江と大田の集会があり、その合間に鳥取の上田英司さん(昭和44年東京で失踪)のお宅にお線香をあげに行っていました。お母さんの貞子さんは4月に亡くなりました。このお宅でもお会いし、お手紙もいただいたりしていたのですが。お母さんから英司さんにあてたしおかぜのメッセージ、「英司君、永い間、色々なことがあったでしょう。故郷も変わりましたよ。でも英司君が愛した大山は昔のままです」という言葉は今も忘れられません。その大山(だいせん)のふもと、日本の原風景のような美しいたたずまいが目に染みました。

 そして東京に戻ったらこんどは西村京子さん(昭和62年山口市で失踪)のお父さん、西村敏さんが8月半ば亡くなられていたとの連絡がありました。前にも書きましたが調査会でも昨年常務理事だった三宅博・前衆議院議員が亡くなり、杉野常務理事は脳内出血で緊急入院、岡田代表代行は心不全、村尾副代表はもともとの難病患者で、最近ではお互いの挨拶も「大丈夫ですか」とか「まだ生きてるか」という感じです。

 拉致問題に関わってからずいぶん沢山のご家族、支援者が亡くなっていきました。おそらくこの間に北朝鮮の地で命を落とした人もいるでしょう。そう言っている自分だって、明日事故や災害に遭わないとも限りません。時間がない、というのは人ごとではなく、自分自身、あるいは国全体がそうなのかも知れません。

 24時間一つのことを続けていくのは不可能です。誰でもやらなければならないことは山ほどあり、休みもとらなければ続きません。しかし、時間がないことは間違いない。少なくとも人任せにしてのんびり状況が変わるのを待っていることは許されないと思います。

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(48)

◎氏名:山形 キセ
◎よみかた:やまがた きせ
◎生年月日:昭和18(1943)年9月13日
◎当時の年齢:21〜22歳
◎失踪年月日:昭和40(1965)年8月以降
◎特徴:身長159センチ位。左右に八重歯がある。
◎当時の身分:和裁見習い
◎最終失踪関連地点:神奈川県
◎当時の居住地:神奈川県川崎市
◎失踪の状況:青森県弘前市の中学校を卒業後、川崎市で和裁の見習いをしていた。失踪年の3月に母が青森から上京して一緒に東京見物。また8月に姉妹とともに写真を撮ったが、それ以降音信不通になった。

//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・9月5日(水)18:30「『その後』を考える集い6」(調査会主催)
・会場 UAゼンセン会館(千代田区九段南4-8-1 市ケ谷駅徒歩3分。地下鉄2番出口を出て直ぐ右に入り30メートル)
https://uazensen.jp/about/access/
・調査会役員及び加藤博・三浦小太郎「『その後』プロジェクト」特別顧問が参加
・問合せ先 調査会

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

« 2018年8月 | トップページ