« 仲人口(なこうどぐち) 【調査会NEWS2821】(30.9.19) | トップページ | 家族懇談会と新ホームページ【調査会NEWS2823】(30.9.21) »

2018年9月20日

いつか来た道 【調査会NEWS2822】(30.9.20)

 文在寅と金正恩は今日は白頭山に登るそうです。じいさんの金日成がここで抗日闘争をやったことになっている場所に二人で行くというのも相当なもんだと思います。ロシア生まれの父親金正日の「生家」(?)の訪問でもすればさらに大したものです。文在寅の親分である盧武鉉、そのまた親分である金大中ですら南北首脳会談で平壌は訪問してもさすがに白頭山までは行きませんでした。

 ここまでやれば当然韓国の中でも反発は起きるでしょうが、もう一つ気になるのは中国の反応です。白頭山は中国との国境にある山で、山頂にある「天池」という、蔵王のお釜みたいな池の真ん中を国境線が通っています。ここに南北の首脳が立てば、当然領土問題で中国を刺激します。

 中国は周りじゅうの国と領土問題を起こしている国であり、そもそもチベットも南モンゴルもウイグルも中国ではありませんでした。だから一つ裂け目ができれば他にも広がる可能性があり、その意味でも領土問題には非常に神経質です。これからどうなるか、表面的な動きでは分かりにくいかも知れませんが気になります。

 それにしても、あの二人はひょっとしたら「南のカネと北の核があれば、もう怖いものはないぜ」という束の間の高揚感にひたっているのでしょうか。少なくともそれが南北の国民にどれだけ被害を与え、国際的な不安定を招来するのかは眼中にないと思います。

 平成12年(2000)6月15日、初めての南北首脳会談の終わった後、ソウルに戻った金大中大統領の第一声は「皆さん、もう戦争はなくなりました」でした。その2年後、日韓サッカーW杯の最中に北朝鮮は黄海で韓国海軍の高速艇にいきなり攻撃をしかけ1隻が沈没、6人が戦死しました。応戦された北朝鮮側でも韓国軍を上回る死傷者が出たと言われています。金正日に人民軍が忖度しただけの、全く無意味な戦いで南北の多くの若者が命を落としたのです。

 今回の南北蜜月も、結局やがては「いつか来た道」になるのでしょうが、そのような傍観者的物言い以上に、あの二人の笑顔の下に、日本人拉致被害者・日本人妻・戦後残留者・韓国人をはじめとする外国人拉致被害者・そして政治犯収容所に入れられている人たちをはじめとする北朝鮮の罪もない人々がいること、二人の靴の底で踏みつけられていることを忘れてはいけないと思います。
------------------------------------------------
最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
特定失踪者データ(59)(60)(61)(62)

◎氏名: 紙谷 慶五郎
◎よみかた:かみや けいごろう
◎生年月日:明治45(1912)年3月5日
◎当時の年齢:55歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年11月7日
◎特徴:身長175センチ。温厚だが、子どものしつけは厳しかった。男の子どもには義務教育も受けさせなかった。しかし、他人の世話は人一倍好きなことで有名だった。

◎氏名:紙谷 圭剛
◎よみかた:かみや けいご
◎生年月日:昭和16(1941)年3月20日
◎当時の年齢:26歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年11月7日
◎特徴:身長178センチ。義務教育も受けなかったが、数学と幾何学は天才的だった。

◎氏名:紙谷 礼人
◎よみかた:かみや のりひと
◎生年月日:昭和23(1948)年4月11日
◎当時の年齢:19歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年11月7日
◎特徴:人思いの性格。優しい。明るい。女の子に特にやさしかった。スポーツ万能。くよくよしない。指導力もあった。

◎氏名:紙谷 速水
◎よみかた:かみや はやみ
◎生年月日:19510109
◎当時の年齢:16歳
◎失踪年月日:昭和42(1967)年11月7日
◎特徴:身長170センチ。体が弱かった。内股で歩く。女の子のように優しい。
(以下は4人共通)
◎当時の身分:漁師
◎最終失踪関連地点:北海道雄武町元稲府(おうむちょう もといねっぷ)北岸港から7キロ付近
◎当時の居住地:北海道紋別郡雄武町
◎失踪の状況:父慶五郎さん所有の漁船「圭運丸」(6トン)に息子の3人とともに乗船。当日午前6時頃に北海道雄武町元稲府北岸港を出港し、港から7キロ付近にてイカ底建て網漁を操業。帰港する他の僚船とすれ違って漁場に出て遭難。遭難当時はベタなぎだったが、潮の流れが速く、他の僚船は操業を中止していた。 そのため遭難現場を目撃した人物はおらず、付近に他の船が存在したかどうかも確認されていない。船体は、遭難付近の海底にて発見されたものの、引き上げ作業に失敗した。船の油や残留品などが海面で発見された後に、雄武町付近の海岸でも発見された。乗組員4人の遺体は発見されないまま、捜査は打ち切られた。


//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月27日(土)14:00「『ふるさとの風』『しおかぜ』共同公開収録in愛媛」
・愛媛生涯学習センター(松山市上野町甲650)
 JRバス・伊予鉄バス下原町バス停下車
・調査会村尾建兒副代表が参加
・問合せ 調査会

・11月10日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)
----------
・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

« 仲人口(なこうどぐち) 【調査会NEWS2821】(30.9.19) | トップページ | 家族懇談会と新ホームページ【調査会NEWS2823】(30.9.21) »