« 前号「漂着シーズン」訂正【調査会NEWS2858】(30.11.8) | トップページ | 韓国研修の取材について【調査会NEWS2860】(30.11.11) »

2018年11月 9日

特定失踪者家族12日官房長官と面会【調査会NEWS2859】(30.11.9)

 来週月曜11月12日、16:30、特定失踪者家族が菅義偉官房長官兼拉致問題担当大臣と面会することになりました。官房長官日程の公開は前日夕方公開なのでお知らせするのが遅くなりましたがご了承下さい。席上大澤特定失踪者家族会会長から大臣に下の要請文書をお渡しする予定です。回答については後日いただくことになっています。

 出席予定のご家族は以下の20人です(失踪時期順・県名は参加家族居住地)。調査会からは代表荒木・副代表村尾の2名が同席します。

齋藤良司さん(齋藤正治さん弟・東京)
仲條富夫さん(加瀬テル子さん従妹の夫・千葉)
齊藤由美子さん(齊藤裕さん姉・北海道)
今井英輝さん(今井裕さん兄・青森)
Iさん(非公開Oさん妹・群馬)
生島馨子さん(生島孝子さん姉・東京)
竹下珠路さん(古川了子さん姉・千葉)
大澤昭一さん(大澤孝司さん兄・新潟)
矢島文恵さん(荒谷敏生さん妹・東京)
峰島榮子さん(関谷俊子さん姉・峰島英雄さん義姉・千葉)
伊藤美佐子さん(関谷俊子さん姉・千葉)
高野美幸さん(高野清文さん妹・東京)
Hさん(非公開Mさん娘・神奈川)
森本美砂さん(山本美保さん妹・山梨)
吉見美保さん(秋田美輪さん姉・愛知)
佐々木美智子さん(佐々木正和さん姉・埼玉)
橘哲夫さん・智子さん(橘邦彦さん両親・静岡)
安西茂雄さん(安西正博さん父・栃木)
中村クニさん(中村三奈子さん母・新潟)
(要請文書)

内閣官房長官・拉致問題担当大臣
      菅  義 偉様

 本日は大変ご多忙な中、私たちとお会いいただきありがとうございます。
 特定失踪者問題調査会が設立されてまもなく16年、特定失踪者家族会が結成されて1年半になろうとしています。この間にも多数の家族が他界していきました。おそらく北朝鮮の地でも帰国を果たせぬままに鬼籍に入っている被害者がいると思われます。家族が健在でも、高齢でここに出てくることのできない方々は少なくありません。私たちはその全ての方の思いを背負って今日ここに参りました。
 大臣には国会議員当選当初から総務大臣ご在任中も含め拉致問題・北朝鮮問題に真摯に取り組んでこられたこと、私どもとしても大変尊敬申し上げている次第です。ぜひとも大臣の一層のご尽力をお願い致します。
 今回は抽象的なお願いではなく、具体的に実現していただきたい事項について要請申し上げます。ぜひとも近いうちにご返答賜りますようお願い申し上げます。

1、拉致認定について
 政府認定拉致被害者は松本京子さんが認定されて以来11年間1人も増えておらず、高姉弟を入れても19人に過ぎません。国連の文書にはNGOの試算としてではありますが、「100人以上」と書かれています。青山学院大の福井義高教授も「拉致濃厚な失踪者とそれ以外の失踪者を合わせて、少なくとも100人程度が北朝鮮に拉致されたことは合理的な疑いを超える事実である」と述べています。それが正しければ19人との差は単なる誤差にとどまるものではなく、大幅な違いがあること自体が責任問題と言えます。政府は拉致被害者の全体像を現在の19人+αと考えているのか、あるいは100人以上と考えているのか、それとも警察の発表している900人弱程度と考えているのか、それを明らかにしていただきたくお願いします。

2、政府広報物の記載について
・政府のパンフレットには「1970年代から1980年代にかけ、多くの日本人が不自然な形で行方不明となった(中略)これらの事件の多くは北朝鮮による拉致の疑いが濃厚であることが明らかになった」と書かれています。しかし特定失踪者は60年代以前にも90年代以後にも存在します。家族会でも寺越事件は1960年代です。この記載は不適切であり、例えば「長年にわたって拉致が続けられ、特に70年代から80年代にかけて多くの日本人が拉致されている」といったように修正をしていただくようお願いします。
 また、「認定の有無にかかわらず」との方針であるにもかかわらず、広報物の記述はほとんどが認定被害者のことだけになっており、特定失踪者については「このほかにも」という、例外的扱いとなっています。この際抜本的な内容の見直しをしていただくようお願いします。

3、自衛隊への任務付与について
 拉致被害者救出のためにこれまで自衛隊にはほとんど任務が付与されてきませんでした。有事における邦人保護のため、あるいはその準備としての情報収集など、できること、しなければならないことは少なくありません。ぜひあらためて任務の付与をされますようお願い申し上げます。

4、対北放送について
 総務大臣時代の大臣のご尽力もあり、短波放送「しおかぜ」は順調に送信を行っており、緊急時には24時間放送もできる体制になっています。また、北朝鮮当局の妨害電波対策と、さらなる短波放送強化のために、同一時間、別周波数の二重放送を今後の検討課題にしたく、お力添えをお願いします。
 一方、第三国から送信している中波放送については当該国の事情により送信が中止された状態です。つきましては外交ルートも使い送信再開を促して戴くとともに、NHK中波第二放送の空き時間利用へのご協力をよろしくお願いします。

5、情報収集及び公開について
 (1)北朝鮮木造船乗組員等からの情報収集
 昨冬の大量の北朝鮮木造船漂着は、今後難民の上陸などにもつながる可能性があり、拉致被害者の救出とも密接に関連しています。国民保護の視点から、本件への一元的対処ができる体制を構築するとともに、上陸した人々から拉致被害者及び北朝鮮の一般状況に関する詳細な聞き取りをし、情報を蓄積するようお願いします。そのために対策本部事務局の体制強化もお願いします。
 あわせて、北朝鮮木造船については昨冬漂着した船でもまだ処理されていないものがあり、最近も漂流漂着が確認されています。国民への啓蒙のためにも漂着船を東京都内、ないし横浜の海上保安資料館近くに展示していただきたくお願いする次第です。
 (2)目撃情報・生存情報等公開について
 北朝鮮における目撃情報、生存情報(写真等も含む)のある人々について、未確認情報も含め、情報の一覧を日本語・英語・朝鮮語(韓国語)で一括して公開し、さらなる情報を求めて下さい。
 (3)刑事告発についての捜査進捗状況の報告について
 すでに刑事告発が行われている特定失踪者についてはその後捜査の状況が伝えられていません。あらためて一括ないし個々に捜査状況の報告をして戴くようお願いします。
 (4)DNAデータの収集について
 本人確認のための資料として、また場合によっては本人や家族が死亡した後の確認作業のためにも失踪者家族ないし本人の臍の緒などのDNAデータを積極的に収集していただきたくお願いします。

6、山本美保さんDNA偽装事件について
 本件については山梨県警の発表から既に14年が経過しており、疑問は全く解消されることなく、警察はただ「家族に説明したい」と繰り返すばかりです。本件の真相究明がなされないということは、他の認定・未認定の拉致事件についても政府・警察等による隠蔽が行われていることを証明することにもなります。
 実際横田めぐみさん拉致についても調査会の調べで失踪当時から政府・警察において本件を北朝鮮による拉致と認識していたことが確実視されています。過去に行われたそのような隠蔽は現在の担当者の責任ではなく、構造上隠蔽された状態を続けざるを得ないということは明らかです。私たちは現在の担当者の責任を問おうとするものではなく、救出の阻害要因を排除するべきだと考えている次第です。是非とも真相究明をしていただくようお願い申し上げます。

7、国内での協力組織・個人への取締りについて
 北朝鮮の拉致は今後も行われる可能性があります。日本国内の工作員・協力者は現在も行動しており、韓国の親北勢力とも連携をして公然・非公然にその活動を活発化させています。この際あらためて北朝鮮に協力的な組織及び個人に対して厳しい取締りを行い、可能な限り摘発をしていただきたくお願い申し上げます。

8、拉致途中及び北朝鮮での死亡者について
 拉致被害者は全員が無事に帰ってくることがもちろん最も望ましいものの、寺越昭二さんがそうであるとされるように、拉致の途中で殺害された人もいることが想像されます。また寺越外雄さんのように北朝鮮で亡くなった人は年齢等から考えて相当数いると思われます。拉致問題は生存者の帰国のみで終わるものではありません。家族もすでに高齢のケースが多く、拉致被害者が日本国民として存在としていた事実が永久に失われてしまう可能性もないとは言えません。政府はすでに亡くなった方々についても情報を収集し、拉致については北朝鮮側に厳しくその責任をただされるよう希望します。

9、他の北朝鮮の人権問題について
 韓国政府は政権交代以来北朝鮮人権問題について一切言及しなくなりました。日本人はおろか韓国人拉致被害者についても何もしておらず、逆に北朝鮮を救おうとする動きを強めるばかりです。生存している全ての拉致被害者を救出するためには北朝鮮の人権状況が抜本的に改善されることが必要不可欠です。総理はたびたび「拉致問題を解決しなければ北朝鮮は明るい未来を描けない」と発言しておられますが、逆に、一部拉致被害者の帰国が他の人々の人権を踏みにじることになってはなりません。
 日本政府として北朝鮮人権問題について、特に日本人妻や帰国者・戦後残留者及び強制収容所・公開処刑などの問題についてより踏み込んだ取り組みをされるようお願いします。 

10、連絡事務所の設置について
 最近平壌への連絡事務所設置との話が聞こえてきます。自民党総裁選の折には石破候補がそれを発言し批判を受けました。北朝鮮内部の反政府組織などが拉致を行ったのであれば北朝鮮との間に関係を強めて問題の解決にあたるのは分かりますが、拉致をしたのは北朝鮮の国家機関です。北朝鮮に対しては圧力を強めていく以外に救出の方法はありません。国交正常化の動きにつながりかねない連絡事務所設置はされないようお願い申し上げます。

    平成30年11月12日
特定失踪者家族会会長   大澤 昭一
特定失踪者問題調査会代表 荒木 和博

------------------------------------------------
最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
——————————————————————————
<特定失踪者データ>
◎氏名:酒井 秀俊
◎よみかた:さかい ひでとし
◎生年月日:昭和27(1952)年1月31日
◎当時の年齢:21歳
◎失踪年月日:昭和49(1974)年1月16日
◎特徴:身長170センチ。中肉中背。盲腸の手術痕。酒はつきあい程度。趣味は絵画、スキー。
◎当時の身分:大学4年生
◎最終失踪関連地点:京都(不詳)
◎当時の居住地:京都市右京区
◎失踪の状況:京都市右京区所在の下宿先から行方不明となる。当時、両親は転勤族で山形在住、お姉さんは結婚し祖母と一宮市に住んでいたので、いついなくなったのか正確に分からない。就職は岐阜県大垣市内に内定し、卒論に追われていた。正月に山形にも実家の岐阜県一宮市にも帰らなかった。部屋はたった今まで生活していたような感じだった。失踪前の11月、海外旅行で一人でアムステルダムに二、三週間に行っていた。

//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・11月10日(土)13:30「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)
・松井田文化会館( 信越線西松井田駅徒歩7分 027-393-4400)
・調査会荒木代表が参加
・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

・11月7日(金)13:30 (北九州市主催)
・戸畑市民会館(戸畑駅徒歩2分 北九州市戸畑区汐井町1-6)
・特定失踪者家族会竹下事務局長・調査会荒木代表が参加
・問い合わせ 北九州市人権推進センター人権文化推進課(093-562-5010)
----------
・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」
 毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌)
 副代表村尾がパーソナリティー
 インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。
http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。
●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博
(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

« 前号「漂着シーズン」訂正【調査会NEWS2858】(30.11.8) | トップページ | 韓国研修の取材について【調査会NEWS2860】(30.11.11) »