« 631万円【調査会NEWS2873】(30.11.29) | トップページ | 本当の「オールジャパン」【調査会NEWS2875】(30.12.2) »

2018年11月30日

失敗 【調査会NEWS2874】(30.11.30)

 宮崎県県北地域での特別検証は無事終了しました。今回時間的に余裕があったので前に特別検証で行き、ドローンを水中に墜落させてしまった青島海岸で再度ドローンを飛ばして空撮に成功。前回のリベンジも果たしました。ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

 今回の特別検証は昭和55年6月24日に日向市の金ヶ浜海岸で工作員黄成国が逮捕された、いわゆる「日向事件」が中心のテーマでした。黄成国はこの金ヶ浜の北、小倉ヶ浜海岸から密入国2回、密出国1回を成功させており、2回目の密出国のとき、迎えに来た工作員と出会うことができず、付近をさまよっているうちに見つかったという事件でした。

 特別検証自体の報告は後日行いますが、この金ヶ浜に来て思ったのは、このような失敗はおそらく相当あったのではないかということです。すでに明らかになっている事件でも拉致未遂とか、工作員と思われる人間が目撃されたケースは多数あります。そのような失敗のケースをもっと研究すればさらに拉致を含めた北朝鮮工作活動を明らかにする手がかりになるのではないかと思う次第です。

 日向事件でも黄成国が捕まったのは一般的に言われている金ヶ崎海岸の岩陰という説だけでなく、水を飲もうとして民家に入り通報されたという説がありました。そのあたりももう一度明らかにする必要があるのではないかと思います。「現場百回」と言いますが、やはり来てみないとわからないことは多いと痛感しました。

 ところで事件の翌年、昭和56年(1981)7月29日付讀賣新聞夕刊に日向事件の記事が大きく載っているのですが、そのメインタイトルは「老スパイの意外な背景」でした。黄成国の年齢は当時62歳、今の私と同じ歳でした。ちょっと落ち込みました。

------------------------------------------------------
最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧
http://araki.way-nifty.com/araki/2018/08/30816-64b3.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
——————————————————————————
<特定失踪者データ>
◎氏名:山田 妙子
◎よみかた:やまだ たえこ
◎生年月日:昭和28(1953)年2月17日
◎当時の年齢:22歳
◎失踪年月日:昭和50(1975)年8月25日
◎特徴:身長167〜8センチ。体重45キロ位。細身。足が長くスタイルは良かった。顔は小さく卵形で色白。
◎当時の身分:飲食店従業員
◎最終失踪関連地点:北海道札幌市
◎当時の居住地:北海道札幌市
◎失踪の状況:失踪当時、妹が姉に電話をすると、同棲相手が電話に出て「(妙子さんは)2、3日前からいない」と言われた。またいも友人とともにその部屋を訪ねたが、妙子さんの姿はなかった。その後何の手がかりも見つからない。数日前に妙子さん本人から妹に電話があり「兄弟仲良く、元気で暮らすように」と言われた。また妙子さんの友人から「別人のようにやつれていたし、お別れの挨拶にきたのでどこかに行くの?」聞かれた。本名は阿部妙子。山田洋子という通称も使っていた。
//////////////////////////////////////////////////

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等>
※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・12月7日(金)13:30「北朝鮮人権侵害問題啓発週間講演会」 (北九州市主催)
・戸畑市民会館(戸畑駅徒歩2分 北九州市戸畑区汐井町1-6)
・特定失踪者家族会竹下事務局長・調査会荒木代表が参加
・問い合わせ 北九州市人権推進センター人権文化推進課(093-562-5010)

・12月8日(土)15:00(海上保安資料館横浜館前集合)「工作船を見る会」(調査会主催)
・海上保安資料館横浜館( 横浜市中区新港1-2-1 みなとみらい線馬車道駅ないし日本大通り駅下車歩8分)
・調査会代表荒木が参加
・問合せ 調査会

・12月9日(日) 15:00「緊急トークセッション&上映会『キューポラのある街』から見える拉致」
・JazzBarサムライ(JR新宿駅東南口 徒歩2分 甲州街道ガード沿 新宿区新宿3丁目35-5 守ビル5F・03-3341-0383)
・特定失踪者家族会藤田隆司副会長・調査会代表荒木が参加

・12月12日(水)18:30「『その後』を考えるつどい7in函館—拉致と漂着船— 今、危機をどう乗り越えるか」(調査会主催)
・函館市地域交流まちづくりセンター(市電・バス十字街下車すぐ )
函館市末広町4-19Tel 0138-22-9700
・調査会代表荒木が参加
・問合せ 調査会

・12月15日(土)14:00「国際シンポジウム」「『ふるさとの風』『しおかぜ』共同公開収録」(政府主催)
・イイノホール(地下鉄霞ヶ関駅C4出口直結 千代田区内幸町2-1-1飯野ビル)
・特定失踪者家族会大澤会長他役員・調査会副代表村尾が参加
・内容・参加申込方法等はホームページで確認して下さい。
Https://www/abductees2018.jp

・1月12日(土)13:30「拉致問題を考える川口の集い」(川口市主催)
・川口駅前市民ホール フレンディア(川口駅東口前、キュポラ4階)
・特定失踪者家族会藤田副代表・調査会代表荒木が参加
・問合せ先 川口市福祉部福祉総務課(048-259-7929)

----------
・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」
毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌)
副代表村尾がパーソナリティー
インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。
http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
-----------
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)>
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)>
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)>
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
■特定失踪者問題調査会■
●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。
●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博
(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
■特定失踪者家族会■
郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会
銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一
______________________________________________________

|

« 631万円【調査会NEWS2873】(30.11.29) | トップページ | 本当の「オールジャパン」【調査会NEWS2875】(30.12.2) »