« 2019年7月 | トップページ

2019年8月18日

池田欣一先生のこと【調査会NEWS3051】(R01.8.18)

 一昨日池田欣一・前救う会福井会長が亡くなられました。享年96歳。この20年余り、本当にお世話になりました。

 

 池田先生は小浜市の教育長などを務められ、確か現在の松崎市長も教え子だったとお聞きしました。救出運動が始まって間もなく救う会福井を立ち上げられ、先頭に立って活動してこられました。平成10年(1998)と記憶しているのですが、小浜で初めての救出の集会が開催され、私も参加しました。体育館に一杯の人が集まって熱気のあふれた集会でした。

 

 この集会については北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」が報じました。もちろん趣旨は「ありもしない拉致問題でけしからん集会をやった」というようなものでしたが、後に地村保志さんご本人から「あの記事は北朝鮮で読みました。自分たちを救おうとしてくれているんだなと分かりました」とお聞きしました。そして平成14年(2002)10月、地村夫妻を含む5人が帰国を果たしました。

 

 地村夫妻とお子さんたちが帰国を果たしてからは特定失踪者の問題にも積極的に取り組んで下さりました。さすがにお歳で、地村さんの同級生だった森本さんに会長を譲られましたがこの間どれだけお世話になったか分かりません。

 

 今晩がお通夜、明日が葬儀告別式で、私は明日参列する予定です。何より残念だったのはその後の進展をお見せできなかったことですが、一刻も早くご報告できるようにしますと、お誓いしてくるつもりです。

 ----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★10月12日(土)「帰すべき人を日本へ 拉致被害者救出! 北朝鮮に自由と平和を! 関西集会」(特定失踪者問題調査会・特定失踪者家族会主催)

・兵庫県民会館(神戸市営地下鉄県庁前下車すぐ。神戸市中央区下山手通4-16-3)

・調査会・特定失踪者家族会役員が参加

・問合せ:調査会

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

【討論】朝鮮総連と日本[桜R1/8/17]

https://youtu.be/YHfnlbjij1Y

 

チャンネル桜の討論番組に出演しました。朝鮮総聯がテーマ。総聯本体の力は確実に弱まっているのですが、その周辺、アイヌ問題とか沖縄問題など、様々なところに入り込んでいます。皆でそれを浮き彫りにしました。
————————————
荒木和博(ARAKI, Kazuhiro)
090-8517-9601
kumoha551@mac.com
————————————

|

2019年8月17日

金沢中署におしかける朝鮮総聯デモ隊

Photo_20190817223901

 北國新聞の特集記事から抜き出した写真。昭和46年(1971)8月、金沢中署前に集まって逮捕した工作員の「不当勾留」を訴えるデモ隊。北朝鮮の国旗も見えます。朝鮮総聯とはこういう集団だということです。

|

2019年8月16日

英雄【調査会NEWS3050】(R01.8.16)

 「北國新聞」8月11日付の特集記事、「狙われた石川、富山の海岸線」は非常に興味深い記事でした。石川の大口理事から送ってもらったものをスキャンしてブログやFacebook、Twitterに載せましたので、一度お読みいただければ幸いです。

4d266bd06b7e4898afc1a131aaf4a735

 記事は7月12日に富山・石川で実施した特別検証のこととあわせて昭和46年(1971)に起きた工作員密入国事件について書かれています。事件の概要は次のようなものです。

――――――――――――――――――――――-

 同年7月31日、「見たことのない黒い船が沖合にいる」との漁師からの通報で警察が加賀市篠原新町の海岸近くの松林に潜んでいたところ、午後9時頃ゴムボートで4人の男が上陸してきた。警察官と地元の防犯推進隊員が松林から出ると3人はボートで逃走し、1人が拘束された。拘束された男は大聖寺警察署に連行されたが翌日には警察に朝鮮総連の一団が押し寄せ、身柄を金沢中署に移してもデモは続いた。男はソ連製の猛毒物質を持っていたが結局地検は起訴を断念し拘留延長請求も却下された。結局北朝鮮に強制送還されたが、名古屋へ移送されるとき、金沢駅では見送りの一団が「マンセー」と叫び英雄扱いだった。

――――――――――――――――――――――

 ちなみに警察の外事関係者の参考書である外事事件研究会編著『戦後の外事事件-スパイ・拉致・不正輸出―』にはこの事件は出てきません。起訴されていないからでしょう。ということは表に出ていない事件は山ほどあるということです。

 

 昭和の後半、朝鮮総聯の勢力は極めて強く、党を挙げてそれを擁護した日本社会党のみならず、自民党の議員でも相当の数の議員が総聯からカネを受け取ったと言われています。おそらく送還されていくこの工作員を見送った警察関係者は歯ぎしりしたでしょうが、検察が腰砕けではどうしようもありませんし、それ以前に政府として腹を据えて国を守ろうとしていなかったのだから現場が苦労してもどうしようもなかったでしょう。

 

 そして長期間にわたって国民が多数拉致をされていきました。そしてそれは政府ではなく報道機関の手によって明らかにされました。横田めぐみさんの拉致を事件当時北朝鮮のしわざと分かっていながら政府中枢が隠したのも、国を守ろうとしたのではなく、虚構の「平和」を守ろうとしたということです。

 

 拉致や様々な任務を果たした工作員は本国に凱旋し、英雄として遇されたでしょう。昨日も同じようなことを書きましたが、戦後の「平和」とは何だったのかと、あらためて考えているところです。

 

 ----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★10月12日(土)「帰すべき人を日本へ 拉致被害者救出! 北朝鮮に自由と平和を! 関西集会」(特定失踪者問題調査会・特定失踪者家族会主催)

・兵庫県民会館(神戸市営地下鉄県庁前下車すぐ。神戸市中央区下山手通4-16-3)

・調査会・特定失踪者家族会役員が参加

・問合せ:調査会

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

北國新聞令和元年8月11日付

4d266bd06b7e4898afc1a131aaf4a735


 8月11日付「北國新聞」。明らかに工作員であるにもかかわらず総聯のデモ隊が警察におしかけ、検察は不起訴してしまう。工作員は凱旋将軍のように北朝鮮に帰っていった。こんなことがかつてはあったのです。工作員を捕まえて罪に問うこともできず、日本人が多数連れ去られていた。日本の「平和」というのはそういうことだったと、終戦記念日の翌日にもう一度考えてみても良いのではないでしょうか。なお、この特集には先日の特別検証のことも載っています。


|

今朝の靖国神社。静かでした。

F9de35b84f454c63953124f9dec9f34d90300000

|

2019年8月15日

8月15日と台風と【調査会NEWS3049】(R01.8.15)

 中四国九州の方は大変なようです。皆様大丈夫でしょうか。関東はそれほどでもありませんが土砂降りになるかと思うと晴れ間が見えたり、不安定な状態が続いています。その中での終戦記念日、参拝などに行かれた方々も大変だったと思います。

 

 今日の放送ではほとんど判を押したように「平和の大切さ」とか「二度と戦争をしない」という言葉が繰り返されています。別にこちらから侵略とかしないというのは良いのですが、戦争は一人ではできないのであって、相手からやられたらどうするのか、という部分はこれらの言葉からは見事に欠落しています。

 

 何をされても戦わない。自分や家族、友人や恋人が殺されようがレイプされようが構わないというのなら、それはそれで一つの信念かもしれませんが、おそらくそう思っている人は多くないと思います。だとすれば戦争(いわゆる宣戦布告をする正規戦ではなく、様々な形を含めて)をしかけられたら戦わざるをえないということになりますが、しかけられてから守ると言っても間に合いません。「泥縄」というのは泥棒を捕らえて縄をなうという意味ですが、泥棒が家に入ってきてから縄をなうようなものです。

 

 前にも書きましたが平和は守るものではなく、守った結果が平和です。守るためには戦う覚悟と準備が必要です。「台風の被害は受けない」と憲法に書けば台風が来ないというなら別ですが、そうでないなら「平和」憲法を守れば平和であるなどという偽善はもういい加減やめるべきではないかと思う次第です。

 

 そもそもこの間工作員が自由に出入りして、多数の人々が日本から拉致されているのです。そして彼らの大多数を私たちは取り返すことができないでいるのです。本当は平和でも何でもなかったのではないでしょうか。拉致被害者、特に北朝鮮の地で亡くなった方々、あるいは拉致の途中で殺害された方にはいかなる言葉をもってしても弁明できないと思います。

 

 ----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★10月12日(土)「帰すべき人を日本へ 拉致被害者救出! 北朝鮮に自由と平和を! 関西集会」(特定失踪者問題調査会・特定失踪者家族会主催)

・兵庫県民会館(神戸市営地下鉄県庁前下車すぐ。神戸市中央区下山手通4-16-3)

・調査会・特定失踪者家族会役員が参加

・問合せ:調査会

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

2019年8月13日

「ウソでやってるんですよ」【調査会NEWS3048】(R01.8.13)

 金正日は自分自身と自らの権威に対して強烈なコンプレックスを持っていました。下は拉致した韓国の映画監督申相玉さんと元妻で女優の崔銀姫さんに語った言葉です。2人は昭和53年(1978)香港で拉致されて北朝鮮で映画を作らされ、のちに脱出しました。自国の映画の質が低いと言って韓国の映画監督と女優を拉致するのがいかにも北朝鮮ですが(実際北朝鮮唯一の怪獣映画「プルガサリ」は申相玉監督・主演崔銀姫です)。それは拉致した5年後、昭和58年(1983)3月8日に2人を招いたパーティーの場での話です。

 

 ソ連によって伝説の「金日成将軍」になった父親金ソンジュの「神話」を盛りに盛って、その父や祖父にまで広げた虚構の家系に自分の正統性を求めた悲喜劇が金正日のこの言葉に現れています。おそらく金正日はこのコンプレックスに苛まれ続けたのでしょう。北朝鮮で最高の医療を受けながら70前で死んだ理由にもある程度はその精神的重圧が影響しているのかもしれません。

 

 金ソンジュ(いわゆる「金日成」)もやはり自分の虚像に対しコンプレックスを抱えていました。それを払拭しようとして朝鮮戦争を引き起こし、失敗すると今度は自分の政敵を約10年かけて全て粛清してしまいました。さて金正恩はどうでしょう。次から次へと残虐な粛清を行ったり、後見人だったはずの叔父張成沢や異母兄金正男まで殺してしまうというのはやはりコンプレックスの裏返しではないでしょうか。ただ、彼の不幸は、おそらく「ウソでやっているんです」と言う相手がいないということなのでしょう。

 

――――――――――――――――――

『闇からの谺』下巻(申相玉・崔銀姫著 文春文庫)から

 

 「夕刻からほとんど休む間もなく演奏していた男性バンドがいつの間にか出て行き、白いブラウスに空色のロングスカートをきた二〇歳前後の女性バンド員一〇数名が入ってきて、いっせいに「親愛なる指導者同志万歳!」と叫びながら飛び上がっていた。

 金正日はバンド員たちに手を挙げて答礼をし、もうそれくらいにしてという手振りをしたが、歓声はやまなかった。このとき、金正日はわたし(申相玉)の左手を取って前後に振りながらまたく予想外なことを口にした。

 『申先生、あれはみんなウソですよ、ウソでやってるんですよ』

 たとえ金正日が酔って口にした言葉だとしても、それは酔って本心が現れたように聞こえた。彼は自分の曽祖父と祖父と父、そして自分も含めた家系偶像化を進めているが、現実を見る目を持っていることは明らかだった」

 

 ----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★10月12日(土)「帰すべき人を日本へ 拉致被害者救出! 北朝鮮に自由と平和を! 関西集会」(特定失踪者問題調査会・特定失踪者家族会主催)

・兵庫県民会館(神戸市営地下鉄県庁前下車すぐ。神戸市中央区下山手通4-16-3)

・調査会・特定失踪者家族会役員が参加

・問合せ:調査会

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

2019年8月11日

姜錫柱の謝罪【調査会NEWS3047】(R01.8.11)

 何度もご紹介している太永浩・元英国駐在北朝鮮公使の著書『三階書記室の暗号』(邦題『北朝鮮外交秘録』)で平成14年(2002)9月の小泉訪朝についての部分はなかなか興味深いです。下にその部分を載せました。

 

 当時私たちから見ていれば日本政府は北朝鮮に譲歩しすぎのように感じられましたが、北朝鮮側からすると逆で、彼らは日本が徹底して拉致問題で強硬だったと感じたようです。その勢いに押されて金正日自身も拉致を認めてしまったわけで、そういう意味では9.17小泉訪朝のインパクトはとてつもなく大きかったと言えます。

 

 ただし、その後は北朝鮮側の巻き返しもあり、またおそらく小泉総理自身も日本に帰ってからこの問題が以下に底の深い問題であるかに気付いたのでしょう。日本政府は事態を収束させる方向に向かいました。「山本美保さんDNAデータ偽装事件」などもその流れの中で起きたことだと思います。拉致とは関係ありませんが最近様々なところで混乱が起きている簡保とか郵政の問題は小泉政権に相当責任があるわけで、功罪半ばするということでしょうか。

 

 それはともかく、北朝鮮から日本政府が強硬に見えた理由は拉致問題での世論が高まり、政府も棚上げできない状態になっていたからです。その数年前は拉致問題を棚上げして一刻も早く国交正常化したいという雰囲気が国会でも外務省でもかなり有力でした。9.17のときにはさすがにそれを表だって言うことはしにくい雰囲気になっていました。家族会の皆さんをはじめ全国の心ある支援者、そして多くの一般国民が拉致問題を許せないということで一致したのが政府や国会を動かしたと言えます。

 

 今、猛暑の中でも各地で街頭に立って署名活動をして下さっている方々がおられます。本当に大変だと思いますが、17年前、地道な努力が金正日に拉致を認めさせ、5人を取り返すことにつながりました。「人間には最後まで希望を持ち続ける権利がある。その権利を行使せよ」。がんばりましょう。

―――――――――――――――――――――

『三階書記室の暗号』(邦題『北朝鮮外交秘録』 以下の部分は原著からの荒木訳)

 姜錫柱第一外務次官が直接外務省講堂で全成員を対象に講演を行った。彼の解説はこのようなものだった。

 

 「小泉の平壌訪問に先立ち会談内容の善後問題について何度も協議がされたが意見の差を縮めることができなかった。我々は日本との関係改善を通して日本から経済的支援を得ることが目的だ。これを通じて経済的難関を解決し米国の対北朝鮮圧迫攻勢を緩和させようとした。しかし日本は拉致問題の解決なしには一歩も前に進めないという立場に固執した。今回の会談でも小泉の固執は予想より強かった。それでも拉致問題と関連した日本の要求が受け入れられれば日本も他の問題を譲歩しうるという意志を明らかにした」

 

 姜錫柱の説明では金正日も小泉がそのように出てくると思ってはいたが、自分が直接拉致問題を言及することは避けようという考えて会談に臨んだという。その代わり拉致問題を共同声明に一文程度入れるレベルで妥協案を持っていたということだ。しかし小泉は強硬な立場を固守した。金正日は他のテーマで譲歩を受け経済的支援を受けるためにとても口に出せないような発言をせざるを得なかった。

 

 「私も最近になって知った。今後はそんなことは起きないだろう」

 

 事実上の謝罪であり再発防止を約束する言葉に他ならなかった。北朝鮮の最高領導者が「日本チョッパリ(日本人の蔑称)」の前で謝罪するのは北朝鮮住民にとってはあり得ず、想像すらできないことだった。小泉との午前の会談が終わった後、姜錫柱は金正日に近づいて両手を合わせ平身低頭して謝罪した。

 

 「将軍様、外交戦士として本当に申しわけございません。将軍様にまで拉致問題が取り上げられないように私が処理しなければならなかったのにできませんでした。私の罪が大きゅうございます」

 ----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★10月12日(土)「帰すべき人を日本へ 拉致被害者救出! 北朝鮮に自由と平和を! 関西集会」(特定失踪者問題調査会・特定失踪者家族会主催)

・兵庫県民会館(神戸市営地下鉄県庁前下車すぐ。神戸市中央区下山手通4-16-3)

・調査会・特定失踪者家族会役員が参加

・問合せ:調査会

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

2019年8月10日

猛暑【調査会NEWS3046】(R01.8.10)

 暦の上では立秋になりましたが、相変わらずの猛暑です。「昔は夏でも30度超えるか超えない位だったのに」と言うと「歳が分かる」と言われそうなくらい猛暑が当たり前になってしまいました。梅雨前には沖縄より北海道の方が気温が高いなどということもありました。パリでも40度を越えたとか言っているので世界中異常気象ということでしょうか。

 

 そういえば1990年代の半ばから後半にかけて、北朝鮮は毎年「今年は何十年ぶりの日照り」とか「何十年ぶりの大雨」とか言ってました。水害対策委員会とかいうのが設けられたのが外務省の中で、要は自然災害をネタに外国の援助を受けるための委員会だったようです。亡命した太永浩元駐英公使の著書『3階書記室の暗号』(邦題『北朝鮮外交秘録』)にもいかに援助を受けるために苦労したかが書かれています。金日成が生きていたときは「地上の楽園」の建前が最優先で、自然災害や飢餓を認めませんでしたが、金正日の時代になってから逆にアピールして援助を得る方向に方針が変更されました。

 

 しかし日照りだろうと水害だろうと、どんなに援助してもほとんど困っている人に届くこともなく、北朝鮮の一般人民はただ苦しむだけでしょう。東日本大震災のとき自衛隊が災害派遣で出動している様子をテレビで見て、ある脱北帰国者が「北朝鮮でも災害があれば人民軍が出るが、北朝鮮の場合は救うのではなく皆持って行ってしまう」と言っていたという話がありますが、「命を守る行動をとってください」という呼びかけもされず、しようと思ってもできない人が少なくないと思います。

 

 猛暑の中ですが、それでも冷房の効いたところで休んだり、簡単に水分補給できることはそれだけでも幸せなのかなと思います。しかし私たちがしっかり体調を整えなければ拉致被害者をはじめ北朝鮮にいる人たちを救うこともできません。皆さん体調管理には十分お気をつけ下さい。

 

 ----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★10月12日(土)「帰すべき人を日本へ 拉致被害者救出! 北朝鮮に自由と平和を! 関西集会」(特定失踪者問題調査会・特定失踪者家族会主催)

・兵庫県民会館(神戸市営地下鉄県庁前下車すぐ。神戸市中央区下山手通4-16-3)

・調査会・特定失踪者家族会役員が参加

・問合せ:調査会

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

2019年8月 9日

10月12日神戸でのデモ・集会の案内です

R011012_20190809233701

10月12日の神戸でのデモと集会ですが、兵庫の拉致議連が後援に入って下さいましたので問合せ先の記入とあわせて一部直しました。何度もすみませんが拡散ご協力お願いします。この先も追加変更あるたびに流すと思います。

|

10月12日神戸集会

R011012

10月12日、神戸での集会です。ふるって御参加下さい。またネット等での拡散ご協力よろしくお願いします。


————————————
荒木和博(ARAKI, Kazuhiro)
090-8517-9601
kumoha551@mac.com
————————————

|

2019年8月 8日

10月12日神戸で関西集会・デモを実施します【調査会NEWS3045】(R01.8.8)

 特定失踪者問題調査会と特定失踪者家族会では来たる10月12日(土)、神戸で「帰すべき人を日本へ 拉致被害者救出! 北朝鮮に自由と平和を! 関西集会」を実施します。まだ変更はあると思いますが概要は以下の通りです。ふるって御参加ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 特定失踪者問題調査会と特定失踪者家族会では5月24日、炎天下の中東京でデモと国会請願、集会を行いました。今回は初めて関西での開催です。関西地方における拉致問題・特定失踪者の問題への世論喚起を図り、特に金田竜光さんをはじめとする在日の拉致についてアピールします。

 

 関西地方の中でも神戸は特に関連する拉致被害者・特定失踪者が多い地域です。元在日工作機関にいた張龍雲さんの著書に書かれている「洛東江」をはじめ協力者・固定スパイの事案も多数明らかになっており、現在も彼らは活動していると思われます。その摘発を求めます。

 

 今年はちょうど帰還事業開始60周年にあたります。帰還事業についてはすでに様々なところでその問題点が指摘されていますが、最大の当事者である朝鮮総聯は一切その責任をとろうとしていません。純粋に祖国に貢献しようとした在日朝鮮人、夫や子供たちのために言葉も分からない異国の地に渡った日本人妻など、様々な人々を地獄に落とした帰国事業の問題点もあわせて明らかにします。

 

 「帰すべき人を日本へ 拉致被害者救出! 北朝鮮に自由と平和を! 関西集会」

 

●日程(令和元年10月12日土曜)

10:30 神戸市役所南・東遊園地集合

11:00~12:00 デモ(東遊園地→元町神戸大丸前)

※東京でのデモと同様参加者全員が拉致被害者・特定失踪者の写真を掲げて行進する。(終了後各自昼食)

13:00 県民会館けんみんホール開場

13:30~15:30「拉致被害者救出・北朝鮮に自由と平和を」関西集会

参加家族の訴え・公開の特定失踪者・拉致被害者全員の氏名読み上げと参加者による写真掲示・アピール採択・他(映像上映等)

 

●主催 特定失踪者問題調査会・特定失踪者家族会

●後援(8月8日現在) 救う会兵庫・大阪ブルーリボンの会・北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会・予備役ブルーリボンの会・兵庫県民社協会

 

 ----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

2019年8月 7日

労働新聞8月3日付

201908030102

金正恩「モザイクとかかけて、なんかヒワイじゃね?」
右「まあ猥褻物陳列罪みたいなもんですし…」

 と言っているかどうか分かりませんが労働新聞8月3日付「敬愛する最高領導者金正恩同志におかれては新型大口径操縦放射砲試験射撃を再び指導された」という記事。それにしてもこんなにしょっちゅう撃っていると誰も相手にしなくなります。

|

2019年8月 6日

起・承・転・北朝鮮【調査会NEWS3043】(R01.8.5)

 韓流ドラマとか映画の好きな方ならときどきセリフで「チェーチョンシン」という言葉が出てくるのを聞いたことがあると思います。直訳すると「まともな精神」で、「ノ、チェーチョンシニヤ?」(お前気は確かか?)といったような使い方をします。

 

 今日付の韓国の大手新聞「朝鮮日報」の社説「国民が大統領を見て不安になったらどうするのか?」はまさに文在寅大統領に対して「ノ、チェーチョンシニヤ?」と言っているような内容でした。冒頭はこんな内容です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 文在寅大統領が5日青瓦台(訳注・大統領官邸)の会議で「日本の経済が我々より優位にあるのは経済規模と内需市場であり、南北経済協力で平和経済が実現すれば一気に日本経済に追いつくことができる」と語った。「今回のこと(日本の輸出規制)を経験して平和経済の切実さを再び確認できた」とも語った。文大統領の頭の中には北朝鮮だけしかないという話は多かったが、日本の貿易報復で企業は緊急事態、金融市場は揺れ始めた今になって「起・承・転・北朝鮮」というのだから言葉もない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 2日の国務会議では勇ましい発言をして国民の団結を呼びかけた文在寅大統領ですが、5日の発言はその裏付けが北朝鮮との協力しかないとも受け取れる内容です。さすがに北朝鮮の経済が良いと思っている韓国人は1人もいませんから(ひょっとしたら大統領は違うのかもしれませんが)、こんな発言を聞けば国民が不安に陥るのは当然です。しかもその一枚看板の南北関係は北朝鮮が盛んにミサイルを乱発しており、良くなる兆しは見えません。

 

 大統領中心制の韓国で大統領が「チェーチョンシン」でなくなったらこれ以上の悲劇はありません。まあ「チェーチョンシン」でない大統領は前にもいましたから何とかなるのかもしれませんが、それにしてもこれだけ反日を盛り上げた後で足下が崩れていくことに気付いたら韓国の世論も一気に変わるような気がします。

 

 そのときひょっとしたら「起・承・転・北朝鮮」で行くと北朝鮮にその影響が及ぶはずです。私たちが見据えるべきはそこではないかと思います。

 

 ----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

7月17日付「未来韓国」インタビュー

 7月初めソウルにいったときに受けた保守系隔週刊誌「未来韓国」のインタビューが掲載されました。いい加減な韓国語の割には良くまとめてくれています。

0518_001 0518_002

|

2019年8月 4日

賊反苛杖【調査会NEWS3042】(R01.8.4)

 日本政府が2日韓国を輸出管理のホワイト国から外すと決めたことについて、韓国では「宣戦布告」とか「日本が北東アジアを再編しようとしている」とか、大騒ぎです。文在寅韓国大統領は国務会議で日本を厳しく非難し、日本の一部マスコミでは「盗人猛々しい」という言葉を使ったと報道されました。原語では「賊反苛杖」(ジョッパンハジャン)と言い、捕まえるべき盗賊が逆ギレして鞭を振るうという意味。韓国語はもともと表現がオーバーですから、まあ「盗人猛々しい」とまでの意味はないと思います。国務会議の場で言う言葉かどうかは別にして。

 

 それにしても大統領の国務会議での発言は、韓国側には全く非がなく全て日本が悪いというものでした。さすがに労働新聞のような「人間のクズ」「殺人魔」といった言葉は使っていませんが発想の回路は北朝鮮と大差ありませんでした。まあ日本よりははるかに北朝鮮に近い人なので仕方ないのかもしれません。

 

 さて、これで文在寅大統領はもう引き返すことはできません。ともかく「日本が悪い」一本槍で行くしかないので、これはこちらとしては非常に面白い状況です。もちろん日本政府が変なところで腰砕けにならなければ、という前提ですが、必ずどこかの時点で韓国の世論は激変します。もちろんそのためには日本側から「韓国の皆さん、文在寅に騙されてはいけません」というメッセージを送り込む必要があります。

 

 文在寅に批判的な韓国の友人は「どうせ制裁一つやっても大騒ぎするのだから、日本は100でも制裁をかけた方が良い。そうして生活に支障をきたすようにならないと国民は目覚めない」と言っていました。

 

 文在寅政権が危機に見舞われれば、どういう形か分かりませんがそれが北朝鮮にもシンクロするはずです。北朝鮮問題は、ともかく何か動きを起こさないと事態を前に進めらません。その意味ではひょっとしたら「賊反苛杖」の文在寅大統領も歴史を動かしたと後世評価されることになるかもしれません。

 ----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

2019年8月 2日

花火大会【調査会NEWS3041】(R01.8.2)

 このタイトルなら本文読まなくても意味が分かるとは思います。

 

 最近では皆あまり相手にしなくなったようですが、もう北朝鮮の存在感を示す方法はミサイルを発射するくらいしかないのでしょうか。まもなく手持ちの外貨も底をつくとの話もありますし、多少は盾になってくれいた韓国が全く役に立たないとわかり、一方で米国からも中国からもああだこうだと言われては打つ手がなく、やけくそになっているのかもしれません。

 

 金正恩は先日潜水艦とか見に行ってましたが、まだ進水もしていないのに労働新聞では実戦配備間近のようなことを書いていました。私のような陸の、元予備自の人間でもこれまでにない規模の潜水艦を作って直ぐに使えるはずないだろうということくらい分かります。それとも進水式をやると「浸水式」になってしまうから陸の上に置いておかないと心配とか。確かにミサイルを搭載した潜水艦を陸上に置いて発射するならできるかもしれません。そういうのを潜水艦というのかどうかは別にして。

 

 米国の大統領がああいう人で、英国でも似たような人が出てきてます。フィリピンの大統領も同じ種類でしょうか。でも支持率は高い。一方で香港では反中国の動きが高まっています。日本では良し悪しは別として参院選で「れいわ新撰組」とか「NHKから国民を守る党」が議席を獲得しました。時代が変わるときなのかもしれません。気がついたら今までできるはずがないと思ってきたことができるようになっているかもしれません。ミサイル乱発がそのためのお祝いの花火大会であれば何よりです。もっともこちらがお祝いするとなれば金正恩の方は線香花火が燃え尽きる前ということになるかもしれませんが。

 ----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

2019年8月 1日

男の顔【調査会NEWS3040】(R01.8.1)

 「男の顔は履歴書で、女の顔は請求書だ」と言ったのは大宅壮一さんだそうです(藤本義一さんだと思い込んでいたのですが、今回調べ直して分かりました)。今同じことを言ったらフェミニストの皆さんから袋だたきに合うかもしれませんが、象徴的な意味では一面の真実かと思います。もっとも現代はまともな履歴書を感じられるような男が少なくなったのも事実です(もちろん私もご多分にはもれませんが)。

 

 顔というといつも思い出すのは昭和36年(1961)5月16日、韓国で「5.16」と言われる軍事革命のときの軍人たちの顔です。クーデターですから失敗すれば当然首謀者は死刑になるわけで、それ以前にこれが失敗したら韓国は滅びるという中心となった朴正煕ら「革命主体勢力」の思い、緊張感が当時の写真からも伝わってきます。誰かの本に書いてありましたが、朴正煕は当時の韓国の状況を「火事に遭って、さらに火事場泥棒にみな持って行かれた家を引き継いだような感じだった」と言ったそうです。

 

 アジアでも最貧国に近い状態で、さらに朝鮮戦争の被害がまだ残っていた韓国では今のような先進国になるとは国民の誰も想像できなかったと思います。朴正煕の政敵だった金大中・元大統領は大統領就任直前だったか、記者から「朴正煕大統領の功績はなんだったと思うか」と聞かれて「国民にハミョンテンダ(成せば成る)という意識を植え付けたこと」と答えたそうです。

 

 革命後、政権内では色々なことがありましたが、当時の韓国はともかく国民が一致して経済発展をめざしました。貧しく、矛盾だらけでしたが、大統領から普通の国民まで、あるいは政権の側も反体制側も、良い人も悪い奴も皆がそれぞれ一所懸命でした。私は1970年代後半、大学生の時代にはじめて韓国に行き、そんなところに惹かれて朝鮮半島研究を続けています。

 

 当時、男は基本的に皆軍隊に行き(今のように例外は多くありませんでした)、多くは厳しい最前線の勤務につかなければなりませんでした。また一般国民にも午前零時から4時までの夜間通行禁止とか、様々な安保上の規制があり、それに伴う様々な不便がありました。実際に北朝鮮のゲリラが浸透して住民、小学生の子供まで殺したりしたこともありました。それと戦わなければならないということは国民共通の意識でした。

 よく日本の保守系の人の中で「韓国の経済発展は日本の援助のおかげ」とか「日本が残していったものがあったから発展できた」という人がいます。確かにそれも一面の事実でしょうし、韓国でそれが不当に低く評価されているのも私自身納得できません。しかし、それを言ったら日本の戦後の復興も朝鮮戦争の特需がきっかけですし、何よりわが国は本当の意味での「国防」を外国に依存し、国民が拉致されていることを知りながらほとんど助けようともせず金儲けをしてきたのですから、韓国の発展を軽んじる資格はないはずです。

 

 時代が顔を作るのか、あるいはそういう顔の人たちが時代を作るのか分かりませんが、自分自身死ぬまでにもう少しまともな履歴書にしておきたいとは思います。

----------------------------------------------

最新の北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(更新に伴い場所を移動しました) 

http://araki.way-nifty.com/araki/2019/06/post-6cc9b5.html

 

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

―――――――――――――――――――――――――― 

 

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★9月8日(日) 14:00「中村三奈子さんをさがす会」集会(同会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩3分)

・特定失踪者家族会中村クニ幹事・調査会代表荒木が参加

・問合せ:中村三奈子さんをさがす会 090-4279-4724

 

★11月9日(土)「拉致問題講演会」(群馬県・救う会群馬他主催)

・館林市三の丸芸術ホール(館林市役所前バス停すぐ 館林市城町1-2   0276-75-3030)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ 群馬県地域福祉推進室(027-226-2518)

 

★12月7日(土) 13:00「みやこ町人権のつどい」(みやこ町主催)

・サン・グレートみやこ(みやこ町役場斜向かい 福岡県みやこ町勝山黒田86-1 0930-32-5540)

・調査会代表荒木が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

<荒木著『北朝鮮の漂着船』(草思社刊)> 

・定価1600円(税別) 

<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版)> 

・定価1200円(税別) 

<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊)> 

・定価1000円(税別) 

<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)> 

・定価1800円(税別) 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

« 2019年7月 | トップページ