« 結びつけられたライフジャケット【調査会NEWS3176】(R02.1.29) | トップページ | 捕らぬタヌキの皮算用【調査会NEWS3178】(R02.2.1) »

2020年1月30日

12万平方キロ現地調査の実現に向けて【調査会NEWS3177】(R02.1.30)

 調査会では1月24日に理事会を行いました。以下はそこで議論されたことを集約したものです。今後北朝鮮での現地調査に向けて実現可能なことを進めて参ります。ご支援・ご協力をお願い申し上げます。

――――――――――――――――――――――――

12万平方キロ現地調査の実現に向けて

 松本京子さんが拉致認定されてから14年、その間1人の拉致認定もされてこなかった。最近「帰ってくれば同じ扱いになるし、間違っていれば北朝鮮から攻撃されるから認定しない方が良い」という声すら与党内にあるようだが、それは本末転倒の話だ。調査会で拉致認定を求めないことにしたのは、帰国した5人を除いて政府認定拉致被害者ですら誰も帰ってきていないから、それ自体を目標に定めないという意味であって、拉致認定をしなくてよいということではない。

 いずれにしても現状を追認していれば時間が経過するばかりである。この動かない状況を打開するために調査会では1月24日に理事会を開催し、特定失踪者家族会三役も参加して議論を行った。以下はその議論を集約したものである。

 政府が取り返すことができず、拉致であると新たに認めることもできないのなら私たちの手で取り返すしかない。そのためにはまず、北朝鮮に誰がいるのか調べることが必要である。

 調査会では平成23年(2011)から平成27年(2015)まで28回にわたり「1万キロ現地調査」を行った。現在も「特別検証」としてテーマを絞った検証を行っているが、今後は北朝鮮に対して直接の調査を行うことを目標とする。北朝鮮全土12万平方キロの現地調査である。

 もちろん今の北朝鮮が私たちの現地調査を受け入れる可能性はないが、金正恩の体調悪化なども伝えられ、周辺国の政治情勢などの影響で状況が急変することも当然にありえる。最終的には私たち自身が北朝鮮に入る準備を進めることを目標としながらその方向に向かうための可能な策を推進する。具体的には次のような活動を進める。

①国内外の北朝鮮関連人権団体とも協力して北朝鮮に対する「拉致・人権査察」を進めるための国際世論の醸成

②直接入っての調査の前段階として北朝鮮からの情報収集活動の強化

③北朝鮮から情報を引き出すために「しおかぜ」の強化と加えUSBメモリなどによる情報注入・韓国文在寅政権によって中止を余儀なくされている「バルーンプロジェクト」の再開

 また、政府に対しては抽象的な「助け出して下さい」ではなく、個別具体的な要請を続け、その実現を図っていく。昨年12月14日に今井英輝・特定失踪者家族会会長から菅義偉・内閣官房長官兼拉致問題担当大臣にお渡しした要請文書には13項目の個別要請項目があり、1月の終わりか2月の初めには回答があるものと期待している。今後も国会質疑や質問主意書なども含め具体的な要請を行っていく。

令和2年1月30日

 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博

—————————————————————

北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(令和2年1月8日現在確認分)

http://araki.way-nifty.com/araki/2020/01/post-23fc12.html

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★2月9日(日)14:30 「せいうんセミナー」(星雲塾主催)

・尼崎市女性センター トレピエ 兵庫県尼崎市南武庫之荘3-36-1(阪急神戸線武庫之荘駅徒歩4分)

・吉見美保特定失踪者家族会副会長が参加

・問合せ seiunjuku.hyogo@gmail.com

★2月24日(月・祝日)14:00 「拉致問題の早期解決を願う国民のつどいin奈良」(政府拉致対・奈良県主催)

・奈良春日野国際フォーラム甍(奈良市春日野町101)

・植村照光家族会副会長が参加

★3月1日(日)「帰すべき人を日本へ 拉致被害者救出! 北朝鮮に自由と平和を! 関西集会」(特定失踪者問題調査会・特定失踪者家族会主催)

・兵庫県民会館(神戸市営地下鉄県庁前下車すぐ。神戸市中央区下山手通4-16-3)

・調査会・特定失踪者家族会役員が参加

・問合せ:調査会

★3月22日(日)「人権啓発集会&国民大行進」(救う会福岡主催)

・天神スカイホール(福岡市中央区天神1-4-1)

・吉見美保家族会副会長が参加

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128(イチニハチ) 口座番号4097270 特定失踪者家族会 代表者大澤昭一 

______________________________________________________

|

« 結びつけられたライフジャケット【調査会NEWS3176】(R02.1.29) | トップページ | 捕らぬタヌキの皮算用【調査会NEWS3178】(R02.2.1) »