« 横田めぐみさん捜索の写真から分かったこと(7月8日のビデオメッセージです) | トップページ | なぜ拉致したのかなど(7月9日のビデオメッセージ) »

2020年7月 8日

新潟日報写真集から分かったこと【調査会NEWS3298】(R02.7.8)

 新潟日報社から横田滋さん追悼の写真集『祈り 忘れるな拉致』が出版されました。赤ちゃんのめぐみさんを滋さんが写した写真から失踪直後、そして救出運動と、55年間の貴重な記録が込められています。私自身その後半をご一緒しているわけですが、あらためて色々なことを思い出し、申し訳ない思いにかられています。

 ところでこの写真集で、二つ気になった写真がありました。

 1枚は56ページにある松林の捜索の写真です。キャプションには「めぐみさんが失踪した翌日の県警による捜索。松林の中をくまなく歩き、行方を追った=1977年11月16日、新潟市」とあります。拉致をされた翌日です。

 前にも何度か書いていますが、誘拐事件の場合公開捜査になるまでは警察が動いてることを犯人に察知されないようにすることが原則です。それを翌日からこうやって動いていたこと(ここには書かれていませんが県警は16日午前5時には機動隊員を760名投入して捜索しています)からしても通常の誘拐とは全く異なった捜査の仕方だったことが分かります。しかも松林ということは海の近くでしょうから、海から連れ出されると想定していたということではないでしょうか。

 もう1枚は新潟日報の小田敏三社長の寄稿している「『怒りのバトン』つないでいく」というコラムの写真です。同じ16日に新潟中央署で開かれた記者会見のときのもの。この時点では報道管制が敷かれており、報道が始まったのは22日からですが、マスコミにはこの時点で伝えられました。写真にはめぐみさんの写真の入った資料を手にする松本瀧雄署長(当時)の後ろ姿と、それをメモする各社の記者さんたちが写っています。その中には当時の小田記者の姿もあります。

 松本署長は退官後、平成20年(2008)11月15日、講演会で新潟を訪れた横田夫妻のところを訪れ、「いなくなった時から、あの人たち(北朝鮮工作員)の仕業だと思っていた。ずっと表に出せず申し訳なかった。私が生きている間に伝えたかった」と語りました。この場には救う会新潟の馬場会長や後に特定失踪者家族会会長になる大澤昭一さんも同席していたそうです。ということは、この記者会見のときすでに松本さんは拉致と分かって話をしていたということになります。ある人の話では、「他の全ての可能性を潰すことによって『拉致としか考えられない』という方向に持って行きたかったのではないかとのことでした。

 

 松本さんがこの写真から31年経って「拉致だと思っていた」と語るには相当な葛藤があったはずです。おそらく上からは厳重に箝口令を敷かれていたでしょう。当時どういう思いだったのか、あらためて考えさせられました。

 なお、これについて今日の私のビデオメッセージでもお話ししています。よろしかったらご覧下さい。

https://youtu.be/3iki1Jcw4M8

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(令和2年3月24日現在確認分)

http://araki.way-nifty.com/araki/2020/03/post-f7a8e9.html

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

★7月10日(金)18:00「『その後』を考える集い22 in Zoom」(調査会主催)

・インターネット会議アプリ「Zoom」を使って行います。参加希望の方は代表荒木まで直接ご連絡下さい(kumoha551@mac.com)。

★7月18日(土)13:00「北朝鮮人権シネマフォーラムin高知」(救う会高知主催)

・高知市立自由民権記念館( 高知市桟橋通4-14-3 088-831-3336)

 市電桟橋車庫前下車

・調査会代表荒木・理事上野が参加

・問合せ 上野理事(090-3184-3964)

★9月5日(土)「北朝鮮人権シネマフォーラムin安来」

・安来中央交流センター(安来駅徒歩15分 島根県安来市安来町896-1 Tel0854-23-1721)

・調査会代表荒木・理事石原が参加

・問合せ 石原理事(090-9417-8363)

 

★9月6日(日)「北朝鮮人権シネマフォーラムin岡山」

・岡山県立図書館デジタル情報シアター(岡山市北区 丸の内2-6-30 Tel 086-224-1288 バス「県庁前」すぐ) 

・調査会代表荒木が参加

・問合せ:岡山采希会・佐々木さん(okayama.ayakikai.60@gmail.com)

---------- 

・FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

YouTube Office Movementのチャンネルからはいつでも聴取できます。

https://www.youtube.com/channel/UCTtzOOIcIOa22_gnLubk8Dg

 

・代表荒木のビデオメッセージ(毎日放送中)

https://www.youtube.com/channel/UCSa3H61PRYDyRy4aHvF_VSA

 

・channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128(イチニハチ) 口座番号4097270 特定失踪者家族会

_____________________________________________________

|

« 横田めぐみさん捜索の写真から分かったこと(7月8日のビデオメッセージです) | トップページ | なぜ拉致したのかなど(7月9日のビデオメッセージ) »