« 安明進氏が竹下珠路さんと最初に会ったときの話(7月27日のショートメッセージです) | トップページ | 産経新聞「北で日本人7人と接触」との記事について(7月29日のショートメッセージです) »

2020年7月29日

産経「北で日本人7人と接触」の記事について【調査会NEWS3309】(R02.7.29)

 今日29日付の産経新聞1面に掲載された「『北で日本人7人と接触』解放の米博士 拉致示唆の女性も」という記事は極めて重要な意味を持つものです。ネットの記事は以下から読むことができます。

https://www.sankei.com/world/news/200728/wor2007280020-n1.html

 証言をしたのは一昨年5月、北朝鮮から解放された韓国系米国人のドンチョル・キム博士です。飛行機から降りてくるのをトランプ大統領が迎えた姿は覚えている方もおられると思います。北朝鮮で事業を行い、東北端の経済特区羅先市の要職にもあったキム氏に接触してきた日本人についての証言です。

 キム氏には桜井紀雄ソウル特派員が時間を掛けて接触を続け、インタビューを行ってきました。私もご本人と電話でのお話しやメールでのやりとりをしています。本当は4月にも米国に行ってお会いするつもりだったのですが、コロナのおかげでまだ果たせずにいます。

 記事にも私のコメントは載っていますが、とりあえず記者会見の代わりに毎日流しているYouTubeのメッセージで私自身の見解を明らかにする予定です。11時頃には流せると思うのでぜひご覧下さい。

https://www.youtube.com/channel/UCSa3H61PRYDyRy4aHvF_VSA

 特に重要な点は、日本人拉致被害者が監視つきながら一般社会に出ていたという話しです。これは私自身たびたびその可能性を言ってきましたし、園田敏子さんのように実際に目撃証言や写真が出てきた人もおられますが、このような形で多数の人がいたという証言は初めてです。

 また、騙されて北朝鮮にやってきたというのも、有本恵子さんらヨーロッパ拉致以外では初めての証言だと思います。これまで拉致というと海岸でいきなり工作員に袋詰めにされ、隔離された招待所で暮らすというイメージとは異なるケースが多数あるということが明らかになったという点で重要な意味を持つものと思われます。

 さらに拉致被害者が一般社会に出ているということは、監視はあるにしても一般の北朝鮮の人々と同様の処遇ということですから、コロナの感染可能性も同様に受け、このところ極端に悪化していると言われる経済事情による打撃も同様に受けるということです。

 いずれにしても北朝鮮が混乱している今、予備役ブルーリボンの会のパンフレットにある「救いますか、それとも見捨てますか」という言葉が現実であるということを一人でも多くの方にご理解いただきたいと思います。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧(令和2年3月24日現在確認分)

http://araki.way-nifty.com/araki/2020/03/post-f7a8e9.html

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

////////////////////////////////////////////////// 

<調査会・特定失踪者家族会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。 

 

★8月7日(金)14:00「『その後』を考える集い25 in Zoom」(調査会主催)

・インターネット会議アプリ「Zoom」を使って行います。参加希望の方は代表荒木まで直接ご連絡下さい(kumoha551@mac.com)。

 

★9月5日(土)「北朝鮮人権シネマフォーラムin安来」

・安来中央交流センター(安来駅徒歩15分 島根県安来市安来町896-1 Tel0854-23-1721)

・調査会代表荒木・理事石原が参加

・問合せ 石原理事(090-9417-8363)

 

★9月6日(日)「北朝鮮人権シネマフォーラムin岡山」

・岡山県立図書館デジタル情報シアター(岡山市北区 丸の内2-6-30 Tel 086-224-1288 バス「県庁前」すぐ) 

・調査会代表荒木が参加

・問合せ:岡山采希会・佐々木さん(okayama.ayakikai.60@gmail.com

 

★10月10日(土)「北朝鮮人権シネマフォーラムin能代」

・調査会代表荒木が参加

---------- 

★FM「オレがやらなきゃ誰がやる!」 

毎週木曜日21:00~、「RADIO TXT FM Dramacity 776.fm」(札幌) 他

副代表村尾がパーソナリティー 

インターネット「ListenRadio」で札幌以外でもパソコン・スマホから聴取できます。 

http://listenradio.jp

YouTube Office Movementのチャンネルからはいつでも聴取できます。

https://www.youtube.com/channel/UCTtzOOIcIOa22_gnLubk8Dg

★代表荒木のYouTubeチャンネル

 毎日5~10分配信しています。RadioTalk・GooglePodcastなどでは音声配信で聞くことができます。

https://www.youtube.com/channel/UCSa3H61PRYDyRy4aHvF_VSA

 

★channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回26分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp 

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A 

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(郵便振替以外で領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128(イチニハチ) 口座番号4097270 特定失踪者家族会

_____________________________________________________

 

|

« 安明進氏が竹下珠路さんと最初に会ったときの話(7月27日のショートメッセージです) | トップページ | 産経新聞「北で日本人7人と接触」との記事について(7月29日のショートメッセージです) »