« コロナ・CO2削減・福島の処理水や甲状腺ガンの問題から考えた拉致問題(3月2日のショートメッセージ) | トップページ | 寺越事件と北朝鮮の体質(3月3日のショートメッセージ) »

2021年3月 2日

幻のスパイ団事件(日本における外事事件の歴史4)【調査会NEWS3405】(R03.3.2) 幻のスパイ団事件(日本における外事事件の歴史4)

特定失踪者問題調査会特別調査班

 戦後、国内で摘発された北朝鮮系スパイ事件は、内容の大小はともかく新聞などで報道され、多くの書物などでも紹介されており、現代でも当時の状況を知ることが出来ますが、中には当時「スパイ事件」として報道されながら歴史の陰に埋もれてしまった事件もありました。

 その一つが昭和31(1956)年に摘発された「第3鎮海丸事件」です。

 この事件は大阪の貿易会社が活動拠点となって北朝鮮との密貿易などを行っていたグループが摘発されたというものですが、グループの中には北朝鮮の特務機関員が財務担当者として活動し、多額の米ドルを国内で日本円に換金して物資の買い付けなどを行う一方、第3次朝鮮スパイ事件で逮捕された2名の男としばしば密会していたことが当局に把握され、またグループ内には密入国してきた人物もいるとのことで、大阪府警、警視庁、海上保安庁が一体となって摘発したものです。

 当時、新聞報道は摘発直前から「北鮮スパイ団」「密輸船」「全国30カ所を一斉捜索」などの文言を付けて報道していましたが、摘発後には海上保安庁第6管区海上保安本部(広島)が「関税保違反容疑」などで一斉摘発を行った旨の報道だけで終わっています。 

 この事件については後追い記事を捜しましたが発見できず、戦後のスパイ事件を紹介した新聞記事でも「物資の輸送、スパイの秘密連絡」という紹介だけで終わっていますから多分後追い記事はないのでしょう。

以下、当時の報道記事を基に事件の概要を紹介してみたいと思います。

 昭和31(1956)年4月12日午後2時半、海上保安庁の巡視船が広島県の斉島東方海上で、表向きは韓国向けの輸出としながら実際には北朝鮮に物資を運ぶ第3鎮海丸を摘発しました。また第3鎮海丸の摘発に合わせ、東京、大阪、神戸などで警視庁や大阪府警によって一斉摘発が行われ貿易会社の社長などが逮捕されました。

 事の発端は、警視庁、大阪府警、海上保安庁がそれぞれの情報に基づいて個別に捜査を行っていたことで、警視庁公安3課では前年(昭和30年)に摘発した「第3次朝鮮スパイ事件」の逮捕者2名が自称Mという男としばしば秘密裏に会合をもっていたことで内偵を進めていたこと。大阪府警は昭和29(1954)年または30(1955)年ごろからA貿易会社などの動向に注目して内偵していました。

 また海上保安庁は、昭和30(1955)年秋ごろから第3鎮海丸など100トン前後の船数隻が、韓国との合法貿易を装って盛んにロープ、機械、薬品類を積んで神戸、下関港を出港、しばらくして同じ船が今度はスクラップなどを持ち帰っていることが判明したため、不審を抱き、内偵を進めていたところでした。

 大阪府警では内偵を進める中で警視庁や海上保安庁もそれぞれに内偵中であることが判り、情報の共有を図ったところ、A貿易会社を中心として水面下で北朝鮮と密貿易をしているグループがあること、そのグループ内には日本の経済事情などの調査や政治工作、民間の漁業者に対する働きかけをしていたふしもあること、また北朝鮮からの密入国者2,3名が含まれている模様であること、グループの財政担当は東京中野区に居住する自称Mで、前年に第3次朝鮮スパイ事件で逮捕された中心人物・韓裁徳の後継として送り込まれてきた模様であることなどが浮上しましたが、Mは10個以上の偽名を使い分けており、その素性は「北朝鮮の特務機関員」というだけで実名などは把握できずにいました。

 

 捜査の過程でこのグループは第3鎮海丸などを使い、韓国向け輸出品と称して、大工道具、ミルク、ラジオ、レーヨン、医薬品、船舶用具など1回に1千万円(現在の貨幣価値で2億円~2億5千万円)相当の品物を積んで神戸、尾道、新浜の税関で検査を受けていました。

 ところが同船の行動に不審を抱いた海上保安庁が秘かに監視を続けたところ、同船は韓国行きとは全くのデタラメで、北朝鮮の新浦、新昌などの港に入り、帰りには副蚕糸、非鉄金属、顔料、ウニ、スクラップなどを積んできており、第3鎮海丸は判明しただけでも日本と北朝鮮間を10回は往復しており、その内容は密貿易だけでなく日本に潜入するスパイも運んでいるものとみられていました。

 このような状況下で昭和31(1956)年4月11日夜に名目上、韓国・釜山に向けて第3鎮海丸が捜査対象者の大半が乗船した形で出港することを突き止め、警視庁、大阪府警、海上保安庁の3者で一斉摘発を行うことになり、第3鎮海丸については神戸港出港後、領海外に到達するのを待って海上保安庁が摘発し、それと同時に警視庁や大阪府警などで12日夕刻ら東京、大阪、神戸、広島、小倉、対馬など10数か所で一斉摘発(捜索)に入りました。この結果、船の乗組員も含め計12名が逮捕されましたが、肝心の中心人物Mは逮捕者の中に含まれませんでした。

 

 大阪のA貿易会社には12日の午後5時から捜索が入りましたが報道記事によれば同社の社長は逮捕したものの、捜査陣が会社に入った時には事務所内は「数個の机と椅子が並べられているだけで従業員の姿もほとんど見えなかった」となっており、スパイ事件摘発時にみられるような「無線機、乱数表を押収」などの記載は一切ありませんでした。一斉摘発から2日後の14日に発行された新聞記事には、「北鮮密輸団の全容発表」と題して海上保安庁が一連の事案を「関税法違反、私文書偽造、同行使容疑で福岡地検小倉支部に身柄とも送検する。」と発表した旨が掲載されたのみでした。

 摘発当日まで新聞の見出しは「北鮮スパイ団に手入れ」などと書かれていたにもかかわらずスパイ事件のスの字も見当たらなくなっています。何故でしょうか?スパイ事件など最初からなかったのでしょうか?

 これはあくまで推測でしかありませんが、スパイ事件はあったものの、その中心人物である自称Mに逃亡され、A貿易会社やその他の場所に入った捜索でも無線機や乱数表、暗号文書などの物証が押収できなかったのではないでしょうか。そのためにスパイ事件自体が幻となってしまった気がします。

 摘発当日の報道記事では警視庁の警備部第2部長名の話として「相当大がかりなり組織があると思う」とか「昨年検挙した韓載徳らの第3次北鮮スパイ団に代わるもので・・・」などの記述もありますから「スパイ事件はあった」と判断して間違いないと思います。

 では、何故中心人物に逃亡され、物的証拠も押収できなかったのでしょうか?考えられる理由としてはやはり事前に察知されたということでしょう。

 三つの治安機関が同時並行的に捜査・内偵していたわけですから、スパイグループが周囲の微妙な変化や兆候に気付いたのかもしれません。また、仮に事前に察知されていなくても、報道によればA貿易会社に警官隊が到着したのは午後6時です。摘発される前に犯人たちが夕刊を読めば証拠となる物を処分する時間的余裕はあったかもしれません。

 この「第3鎮海丸事件」では同船の他に5隻の船舶名が公表されています。一見韓国や中国との貿易船に見せかけて実態は北朝鮮との往来に使われていたとすれば、工作員だけでなく拉致被害者も乗せて北朝鮮に向かった可能性もあります。このように埋もれてしまっている事件も一つずつ解明していくことも必要と思われます。

 

(本件に関する報道記事は以下の通りです)

 

1956.4.12 読売新聞・夕刊「北鮮スパイ団に手入れー全国10カ所一斉にー密易の第三鎮海丸も

 

 警視庁公安3課では共産圏から潜入し、諜報活動に暗躍している“対日工作グループ”がある事実を突き止め大阪府警、海上保安庁など関係当局と協力、その実態を追及中であったが、このグループがさる5日から神戸港に停泊中の小型貨物船・第三鎮海丸(193トン)に各種の資料や密輸物資などを積んで12日午前0時10分、北鮮向け出港したので同船が日本の領海をでる13日払暁に船をおさえるが、これに先立ち12日午後密貿易、為替管理法違反で主犯とみられる北鮮政府特務機関員船員・政田実(40位)(東京都中野区居住)、大阪市南区二井戸足尾貿易株式会社社長・上野振浩こと孫振浩(52)のほか同社社員・佐々木武雄(38)(大阪府下居住)、事務長・小西千代太(41)ら10数名を検挙する予定で、これと同時に東京、大阪、対馬の各地で約10カ所を一斉に手入れする。

 このグループは同課が昨年6月26日摘発した北鮮スパイ事件と同一ケースのものであるといわれており、取り調べの進展によっては共産圏の対日スパイ活動の全容が解明されるものとみられている。

今度の手入れは関係者のほとんどが乗船しており、陸上の逮捕者は政田、佐々木のほか、2,3名ぐらいとみられる。

 調べによるとこのグループは大阪市南区二井戸の足尾貿易株式会社に本拠をおき、一昨年春ごろから北鮮と日本との間を数回にわたって往復していた。

 表面上は対香港貿易といいながら、航路を勝手にかえて北鮮に行き副蚕糸、ホタル石などを運び、日本からは医療機器や雑貨類を密輸していた。

 財政面は政田が担当し、密輸の代金をドル買いし上野らに渡していた。

 大阪府警がこのグループに目を付け始めたのは一昨年春ごろで、その後警視庁、海上保安庁でも捜査していることが分かり追及したところ、このグループ関係者に北鮮からの密入国者2,3名が浮かんだ。

 しかも政田は北鮮系の特務機関員で警視庁が昨年、北鮮スパイ事件の一員として逮捕した東京都杉並区阿佐ヶ谷4-964、福田商会社員、福田満こと李炳宇(47)、新宿区戸塚町4-776,朝鮮人・安部修(45)らとしばしば秘密の会合に出席していたこともわかった。

 国内での具体的な活動状況についてはまだ詳細につかんでいないが日本の経済事情などの調査や政治工作、民間の漁業者に対する働きかけをしていたふしがあるといわれており、この中には一昨年3月、日本に潜入した北鮮政府の情報文化海外工作員も含まれている。

 なお上野はもと大阪でキャバレー・パラマントを経営していたほか難波新地で内妻に飲食店を開かせている。

警視庁当局談

 「このグループについては昨年から動きをみていたが北鮮スパイ事件の関係者らと連絡をとっていたことからみても単なる密貿易業者とは考えられぬ。 スパイ・グループとみられる疑いは十分にある」

1956.4.12 毎日新聞・夕刊「大組織の北鮮スパイ団―密輸船を追うー全国30カ所も一斉捜索

 警視庁公安3課では海上保安庁と協力、北鮮系朝鮮人を中心とする国際スパイ団を約半年にわたって秘密に捜査していたが、11日午後11時55分、スパイ一味を乗せた第3鎮海丸(193トン)が神戸港を出港したので追跡を開始、同船を関門沖合の領海外で捕らえるとともに東京、大阪、神戸など数府県下30カ所の一斉捜索を行うことになった。同事件は昨年警視庁が検挙した第3次北鮮スパイ団と同様な大がかりなもので、捜査の成り行きが注目されている。

 捜査の端緒は昨年秋ごろから第3鎮海丸など100トン前後の船数隻が、韓国との合法貿易を装って盛んにロープ、機械、薬品類を積んで神戸、下関港を出港、しばらくして同じ船が今度はスクラップなどを持ち帰っていることを探知した。

 ところがこの船は韓国に行かず北鮮を往復して密貿易を行っていることが海上保安庁の調査でわかり、警視庁に連絡があった。

 関係者を調べると、かねてからスパイの疑いで内偵していたものが多数参加していた。

 船は物資輸送のほかスパイ運搬と北鮮との秘密連絡にも使っていることが分かった。

 警視庁の調べによると、このスパイ一味は昨年6月、第3次スパイ事件として検挙された韓載徳らの穴埋めに派遣されたとものとみられ、第3次グループより人員も多く複雑な組織で活発な工作を行っている。

 主犯は日本名政田某という朝鮮人らしいが、同人は10以上の偽名を使っており、検挙してみないと本命が分からないという状況である。

 彼らは北鮮から多額のドルを持込み、これをさきおろから為替管理法違反で当局の捜査を受けたドイツ人、白系ロシア人、中国人らを通じて日本円に取り換え、物資を買い付けていた。

 当局では、この中国人らも単なるドル売買だけでなく、スパイの一味だとみている。

 任務は日本を対象とする政治、経済工作、自衛隊の装備、人員配置の調査、米軍の移動状況のスパイなどで、北鮮との連絡は無電機を使っている。

 特に経済工作では“経済謀略”が主で日韓関係に水をさし北鮮との密貿易によって交易の既成事実をつくり、近い将来北鮮貿易を正式ルートにのせようとする裏面活動をしている。

 第3鎮海丸は大阪市南区井戸、亜州貿易社長朝鮮人・上野振浩氏(46)と関係のある同市西成区千本道3の31、谷崎啓子の名義になっている。

 

野田警視庁警備第2部長談

 船を押さえて関係者を調べてみないと何とも言えないが、相当大がかりなり組織があると思う。

 昨年検挙した韓載徳らの第3次北鮮スパイ団に代わるもので東京、大阪、神戸など数府県にまたがり警察庁が統一指揮をしている。

 密貿易の背景に政治的関係などが、どう絡まっているかも解明したい。

 

1956.4.13 読売新聞・夕刊「主犯の孫も逮捕―北鮮スパイ団 大阪発

 

 対日北鮮スパイグループを追及中の警視庁公安3課、大阪府警では12日夜、主犯の1人とみられている大阪市南区二ツ井戸、亜州貿易会社社長・上野振浩こと孫振浩(52)を同社で逮捕、13日朝、身柄を東京に護送した。

 これで逮捕者は13日正午まで11名になり亜州貿易会社社員・佐々木武雄(38)と北鮮政府の特務機関員とみられる政田実(40)の2人は目下逃走中であるが、政田については既に北鮮へ潜入したとの観測が強い。

 

1956.4.13 読売新聞・夕刊「船内を捜索」 (北鮮スパイ団) 広島発

 

 第3鎮海丸に対し13日午前9時から第6管区海上保安本部保安官10名が捜索令状に基づき正規の船内捜索を行い、北鮮の日本海側沿岸を主体とした海上保安庁関係の120万分の1の海図と同船船体青写真を押収した。

 

1956.4.13 毎日新聞・朝刊「怪船、広島沖で捕らうー北鮮大スパイ団の手入れー上野社長ら12名逮捕」

 既報、北鮮スパイ団事件を追及中の警視庁公安3課と海上保安庁では11日夜、北鮮向け物資を積んで神戸を出港した第3鎮海丸を追跡していたが、12日午後2時半、海上保安庁の巡視船が広島県の斉島東方海上で同船を捕らえた。

 さらに同夕、東京、大阪、広島、小倉などで18か所の一斉家宅捜索を行い、大阪市南区二ツ井戸、亜州貿易社長・上野振浩(46)ら12名を外国為替および外国貿易管理法違反の疑いで逮捕した。

一部は同夜直ちに警視庁に護送、他は現地で取り調べに入ったが、背後のスパイ組織にもメスが入れられることになった。

 ▽4巡視船で追跡―瀬戸内海の捕り物 広島

 第2管区海上保安本部は11日午後11時、神戸港を出港、釜山に向かった第3鎮海丸(船長・岩崎忠次郎氏ほか乗組員9名)が密輸の疑いがあるとの手配により巡視船「ひなづる」「むらちどり」「からくさ」「ちどり」の4隻を出動警戒中、12日午後2時半ごろ広島県豊田郡斉島東方2カイリの海上で同船を発見、停船を命じた。

6時40分広島港に回航、武装した保安官15名が船内を一斉捜索するとともに、同船事務長・小西千代太(40)、同一等航海士・森本政義(40)、同機関長・高本重郎(22)の3名を密輸貿易による関税法違反容疑で逮捕した。

 なお同船に積んであった釜山向けの硫酸、チャックなどは押収はしなかった。

▽高本機関長の話

 「この船には昨年1月から乗り組み、毎月1回、薬品や雑貨を釜山に輸出、鉱石やコルクを輸入していた。 私は機関士なのでよくわからない」

▽アジトを急襲 大阪

 大阪では第3鎮海丸逮捕と同時に12日午後5時、大阪南区二ツ井戸、亜州貿易および同社長・上野振浩=住吉区南加賀屋町=方などアジト7カ所を捜索、亜州貿易では上野社長を逮捕した。

亜州貿易には午後6時、10数名の警官隊が到着、約3時間にわたり捜索を行ったが、貿易商社とは名ばかり、数個の机とイスが並べられてあるだけで、すでに手入れを察知してか従業員の姿もほとんどみえなかった。

▽新宿でも金を逮捕

 警視庁公安3課では12日午後5時から新宿区西大久保2-296、第2植木荘内・金任根(39)方と文京区丸山福山町4、平壌商会ほか1カ所の家宅捜索を行い金を逮捕した。

 金は朝鮮から持ってきた1万数千ドルを頼まれて日本円に替えた疑いである。

▽他に数隻も?

 当局の調べによると、第3鎮海丸は昨年秋ごろから南鮮向け輸出品と称して、大工道具、ミルク、ラジオ、レーヨン、医薬品、船舶用具など1回1千万円相当の品物を積んで神戸、尾道、新浜の税関で検査を受けていた。

 ところが同船の行動に不審を抱いた海上保安庁で、秘かに監視を続けたところ同船は南鮮行きとはまっかなウソで、北鮮の新浦、新昌などの港に入り、帰りには副蚕糸、非鉄金属、顔料、ウニ、スクラップなどを積んできていた。

 鎮海丸は当局にわかっているだけで10回往復しているので、これまでに約1億円ぐらいの取引をしていたと見られている。

 また鎮海丸のほかスパイ団が使っているとみられる船は数隻あり、大がかりな組織があって、これらの船を動かしているとみている。

▽逮捕者氏名

①新宿区西大久保2-29、第2植木荘内、金在根(39)

②尾道市上富野寿和台、大和興業社長、足立正雄(41)

③尾道市山波町972,大和興業社員、国本定義(40)

④大阪市阿倍野区西田辺町、第3鎮海丸事務長、小西千代太(40)

⑤尾道市吉和町新浜、船員、高本重郎(21)

⑥広島県佐伯郡大柿町、船員、森本正義(40)

⑦大阪市城東区古市北道、帰化朝鮮人、川尻慶人(36)

⑧広島県佐伯郡大垣市柿浦、元船員、森林太郎(30)

⑨和歌山県新宮市、船員、湯浅栄寿(41)

⑩大阪市南区二ツ井戸、亜州貿易社長、朝鮮人、上野振浩(46)

⑪広島県沼隈郡浦崎町、佐場増夫(23)

⑫1名=氏名不詳

 

1956.4.14 読売新聞・朝刊「税関だまし5億円 北鮮密輸団の全容発表」 門司発

 海上保安庁第6管区海上保安本部(広島)では警察庁の協力を得て12日、瀬戸内海を北鮮に向け航行中の貨物船第3鎮海丸(193トン、岩島沖次郎船長(48)ら9名乗組)を関税法違反容疑で検挙、さらに同事件に関連する大阪市城東区古市北通、川尻慶人(43)ら7名を同容疑で逮捕、鎮海丸の乗組員・盛本正義(40)ら2名、計9名(このほか東京などで2名逮捕)を13日、同捜査本部に連行、本格的な取調を開始するとともに北鮮密貿易におどった第12日華丸、浩成丸、東海丸、登美丸、鎮海丸などの事件の全容を発表した。

これらの密輸団は巧妙に日本の税関をだまし10数回にわたり日本―北鮮間を往復、密輸団の取引額は5億円を上回るものとみられ、さらに7名の容疑者が指名手配されている。

 なお前記9名はいずれも密貿易の事実、輸入関税書類偽造を認めたので14日、関税法違反、私文書偽造、同行使容疑で福岡地検小倉支部に身柄とも送検する。

 同本部の発表によると昨年9月4日、大阪市北区天神橋筋通り、東海貿易所属機帆船・東海丸(19トン)が對馬厳原を出港、秘かに北鮮に向かい、10月12日、くず繭170梱(時価350万円)を積んでひょっこり尾道に入港、荷揚げに失敗し門司に回航した。

 同海上保安本部と水上署が密易の疑いで取調を始めたが輸入承認書があったので北鮮貿易は認められないとして積戻しを命じたにとどまった。

 ところがこの荷を下関市、小田海運所属・登美丸(193トン)で南鮮に逆送したところ、今度は愛媛県新居浜港に再搬入され税関も通っていることが判って通関書類への疑惑が浮かんだ。

 この荷主の小倉市上高野、大和興産社長、足立正雄(41)方の捜索から航海メモが押収されたのがきっかけで、さらに大和興産の捜索から南鮮馬山税関の偽造出港免状などを押収、追及の結果、大和興産、亜州貿易、佐々木商事、東海貿易の4社が話し合い、証明書、免状、税関印を偽造、登美丸を対馬近海で漂流したとみせかけ、巡視船ににらまれたら李ライン内に避難することまで打合せ、門司を出港後、対馬北端を回って取締りの手薄な新居浜に入港、問題のくず鉄を大阪の業者に売っていることが判った。

 しかし同本部では他との関連性を探るため満を持し今度の鎮海丸事件で一斉検挙に乗り出した。

 

|

« コロナ・CO2削減・福島の処理水や甲状腺ガンの問題から考えた拉致問題(3月2日のショートメッセージ) | トップページ | 寺越事件と北朝鮮の体質(3月3日のショートメッセージ) »