« 尹錫悦新政権と日本(R4.5.10) | トップページ | 国会議員のための弁明(R4.5.11) »

2022年5月10日

とりあえず拉致、あとから洗脳【調査会NEWS3602】(R4.5.10)

特定失踪者問題調査会副幹事長 杉野正治

 神奈川県横須賀市でカフェバーを開いていた八尾恵は、平成13(2001)年、同じよど号犯の妻・赤木恵美子(平成13年に旅券法違反で逮捕)の裁判で、自らがよど号犯の妻であり、軍事情報収集のためにカフェバーに客として訪れていた同市内の海上自衛隊隊員や防衛大学校の学生らから話を聞き出そうとしていたと証言しました。横須賀には米軍基地があり、陸海の自衛隊基地・駐屯地も存在するからです。証言では北朝鮮から潜入した昭和59(1984)年から逮捕される昭和63(1988)年の間、市内のパチンコ店や喫茶店に勤め、さらに昭和62(1987)年に自ら開店したカフェバーなどに客として訪れた自衛隊員や防大学生らと親しくなり、日米の軍事情報を得ようとしていました。

 証言や自著などの中で注目したいのは、八尾恵が防衛大学校の学生ばかりではなく、防大を目指す高校生も標的にしていたということです。つまり高校生のうちに仲間に引き入れ、防大に入学して洗脳をしていこうというものです。

◆防大に行く高校生の獲得 

 これまでも述べてきたとおり拉致の対象の選定は非常に難しかったものと考えられます。できれば拉致して北朝鮮に送り込む前に抵抗されるというリスクは避けたい。となると、最初から親北朝鮮の人物を対象に選ぶというのは一つの手です。納得ずくだからです。

 ただ、こうした人は理屈っぽいというかなんというか…中には自分の理想とずれたことには「それは私の考えとは違う!」とヘソを曲げることも想定されます。よど号グループは過去にも、自分の思想と少々ずれていることから袂を分かち、新たなグループを形成していった光景を幾度となく見てきました。

 そうなると、思想的にニュートラルな人物を若い時分から仲間に引き入れ、あとから金日成主義を叩き込んだ方が、日本国内や世界中で工作活動を行う際には遥かに使い勝手がいい。つまり日本崩壊など微塵も考えていなかった人物を拉致しておいて、その人物を北朝鮮の色に染めていこうというものです。

 八尾恵が横須賀で知り合った自衛官から聞き取ったのは以下のようなものでした。

「氏名、住所、本籍地、趣味、生年月日、電話番号、出身地、学歴、女性の好み、所属、家族状況、血液型…」

 これを見ると、軍事情報の獲得というよりは、拉致が目的だったのではないのだろうか? そんな印象です。

 よど号の妻の一人である福留貴美子さんはそのケースの一つだと思われます。福留さんは父親が警察官で自身も警察官を目指すなど、どちらかといえば保守的な考えを持っていました。一方で、モンゴルに渡りたいという夢を持って四国から上京しました。そして昭和51(1976)年、友人に「モンゴルへ行く」と言って出国したまま行方がわからなくなっていました。北朝鮮に拉致され、よど号犯岡本武と結婚させられたのです。彼女の「大好きなモンゴルに行きたい」と思い描く夢にまんまとつけ込んで、拉致したと言っていいのかもしれません。

 また昭和58(1963)年、英国留学中に八尾恵らに拉致された有本恵子さんも、思想的な「色」を持っていた人ではありません。二人に共通する点があるとすれば「日本以外の文化に触れてみたい…」という思いです。八尾恵は冒頭に記した裁判での証言や自著などで、欧州での日本人獲得についてこのように述べています。

―私は自衛隊工作のために防衛大学校に入学させるための高校生を発掘し、獲得するという任務を与えられました―

―思想的に獲得する場合もありましたが、嘘の「口実」を作ることもありました。仕事を探している人には「いいアルバイトがある」、旅行が好きな人には「世界を見せてあげる」などと話しました―

 つまり自分の世界を広げたいと思っている若者たちを対象にしているのです。ここで明らかになったのはよど号グループによる拉致ではありますが、拉致を疑われる他の失踪についても十分にあてはめられるものだと言えます。

 ◆人生の転機につけ込んだ拉致

 20歳前後になると、誰しもが進学、就職など様々な岐路に立たされます。そのたびに彼らはどの道を進んでいくか決断をしていかなければならなりません。確固とした将来を思い描いている人はいいけれども、さて自分の夢とは何なのだろうか? このままサラリーマンになって普通の人たちと同じように年をとっていく運命か。たとえ将来の夢があったとしたても、そこへの道が正しいのかどうか…。

 ほとんどの若者はそんな不安や悩みを抱え、右往左往している。そこにそれまで考えてもみなかった世界を提示されたらどうでしょう。「いままで見たことのない世界を覗いてみないか?」とか「誰も経験のない世界を感じてみないか?」などと誘われたら、ちょっと乗ってみようと思うのではないでしょうか。

 拉致をする側から見ても、そこは大きな目の付けどころです。有本さんや福留さんも、そうしたところに目をつけられたと言えます。さらにはこうした不安を抱える多くの若者に近づき、巧みな言い回しで誘い、拉致をしていった可能性は十分に考えられます。

 あるいは「外国に行こう」と言って旅立った若者たちを狙っていたのかもしれません。有本恵子さんは神戸外国語大学を卒業し、英国に留学していて拉致されました。また同じく昭和55(1980)よど号犯の妻たちとスペインで出会い、拉致された石岡亨さんと松木薫さんも欧州留学の最中でした。特定失踪者にも、語学留学やバックパック一つで旅をする人が姿を消してしまったという例が何件かあります。もしかすると、こうした世界を旅しようという思いを持つ若者たちを、日本にいた頃から狙っていたとしてもおかしくありません。

 このことは、こうした年齢層の国内での失踪にも当てはまる話です。暗闇の中になんとも魅力的な光を提示されたら、飛びついてみようかと思っても不思議ではありません。あるいは小さな子どもたちも、「とりあえず拉致。あとで洗脳」ということを考えて拉致に及んだ可能性もあります(実際に北朝鮮で子供を工作員にするための施設があったとの情報もあります)。

 特定失踪者の中には進学、就職、転居、転職など、いわば「人生の転機」といったタイミングで失踪するケースが数多く見られます。他人に公に言えないような密かな悩みにつけ込んで、拉致を行ってきたことも大いに考えられるのです。

==================================  

■6月10日までクラウドファンディング実施中■

https://readyfor.jp/projects/shiokaze-2022

<調査会・特定失踪者家族会役員等の参加するイベント(拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

※記載されている参加者は調査会・特定失踪者家族会役員のみです。

★5月12日(木)14:00 Zoomによるリモート懇談会(調査会主催)

※ どなたでも参加できますが、発言できるのは特定失踪者家族・調査会役員・国会議員・報道関係者に限ります(他の方々は視聴のみ)。また、視聴のみでも実名でのご参加に限らせていただきます。

 参加ご希望の方は代表荒木(kumoha551@mac.com)までメールをお送りください。追ってIDとパスワード等をお送りします

★5月21日(土) 14:00 RBRAシネマフォーラム 「めぐみへの誓い」上映会 in 恵庭(予備役ブルーリボンの会主催)

・恵庭市民会館(恵庭市役所隣り 恵庭市新町10 Tel:0123-33-3171)

・代表荒木が参加

・問合せ:info@yobieki-br.jp   090-1388-2710(釜石さん)

★5月22日(日) 13:50 RBRAシネマフォーラム 「めぐみへの誓い」上映会 in 旭川(予備役ブルーリボンの会主催)

・旭川市民文化会館(旭川市役所隣 旭川市7条通9丁目 Tel:0166-25-7331)

・代表荒木が参加

・問合せ:info@yobieki-br.jp   0166-51-7158(影本さん)

★6月4日(土) 13:00 横田めぐみさんを忘れない上田の会(同会主催)

・上田市城南公民館(上田市中之条460 Tel:0268-27-7618)

・代表荒木が参加

・問合せ:090-1119-6087(久保田代表)

★7月10日(日)14:00 RBRAシネマフォーラム 「めぐみへの誓い」上映会 in 横須賀(予備役ブルーリボンの会主催)

・ヴェルクよこすか(横須賀中央駅徒歩6分 横須賀市日の出町1-5 Tel:046-822-0202)

・代表荒木・副幹事長杉野が参加

・問合せ:info@yobieki-br.jp

★9月17日(土)10:30 拓殖大学国際講座「第一次小泉訪朝20年と拉致問題の真実」(拓殖大学海外事情研究所主催)

・拓殖大学文京キャンパス(茗荷谷駅徒歩5分 東京都文京区小日向3-4-14)

・代表荒木が参加

・問合せ:拓殖大学研究支援課(03-3947-7595)

★9月25日(日)13:00 「めぐみへの誓い」上映会 in宇部

・宇部市男女共同参画センターフォーユー(JR宇部線琴芝駅から徒歩6分 宇部市琴芝町1-2-5 0836-33-4004)

・代表荒木・幹事石原が参加

★代表荒木のYouTubeチャンネル

 毎日5~10分配信しています。RadioTalk・GooglePodcastなどでは音声配信で聞くことができます。

https://www.youtube.com/channel/UCSa3H61PRYDyRy4aHvF_VSA

★インターネット放送 channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回26分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp

★予備役ブルーリボンの会の動画配信「レブラ君とあやしい仲間たち」

・代表荒木がキャスターをつとめています。

https://www.youtube.com/channel/UCPrqeCO5CGlj9Imyzz1_XTg

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

////////////////////////////////////////////////////////// 

北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧

http://araki.way-nifty.com/araki/2021/12/post-1a801e.html

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 https://www.chosa-kai.jp/net_de_kifu

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(銀行口座のカンパで領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128(イチニハチ) 口座番号4097270 特定失踪者家族会

_____________________________________________________

|

« 尹錫悦新政権と日本(R4.5.10) | トップページ | 国会議員のための弁明(R4.5.11) »