« UAゼンセンからカンパ金贈呈【調査会NEWS3619】(R4.6.16)   | トップページ | 拉致問題とお役所の整合性(R4.6.17) »

2022年6月16日

大森勝久氏の新し論文です

 以下のブログの論文は北海道庁爆破事件(昭和51年)の犯人として逮捕され、死刑判決を受け現在札幌拘置所で再審請求を行っている大森勝久氏が書いたものです。
「専門家の誤り―国防軍を持たなければ、中露北に対する抑止力を持ち得ない」
 私はふとしたことから大森さんと手紙のやりとりをすることになり、その後ホームページの設置など多少のお手伝いをしてきました。この論文のことをお知らせするのはご本人の依頼によるものです(死刑囚のため外部交通権が制限されており、直接の手紙発信ができないため)。
 私自身は大森さんとは色々意見の違いもありますが、数少ない外部に向けての情報発信のルートであること、また道庁爆破事件自体については明らかに冤罪と確信していることなどでボランティアの一人としてお手伝いを続けているところです。ご一読いただければ幸いです。

|

« UAゼンセンからカンパ金贈呈【調査会NEWS3619】(R4.6.16)   | トップページ | 拉致問題とお役所の整合性(R4.6.17) »