« 「帰国した5人」と「田中実さん・金田龍光さん」の何が違うのか【調査会NEWS3664】(R4.10.16) | トップページ | 答弁を「控え」させない方法を募集します【調査会NEWS3666】(R4.10.19) »

2022年10月18日

政府は国会を愚弄しているのか【調査会NEWS3665】(R4.10.18)

 すでにお知らせしている斎木昭隆・元外務事務次官の「朝日新聞デジタル」でのインタビューについて、先週10月13日木曜日の衆議院安全保障・外務・拉致問題連合審査会で立憲民主党の徳永久志議員が取り上げました。内容は以下の通りですが、ご覧になって分かるように林外務大臣の答弁は「差し控える」の一点張りで、何も答えません。

 20年前の小泉訪朝とその後の5人の帰国後しばらくの間、国会ではかなり活発な審議が行われました。そのときは政府もそれなりに突っ込んだ答弁をしています。しかし、今はこのひどさです。ここまでくると本来「国権の最高機関」であるはずの国会を政府が愚弄しているとしか思えません。

 斎木さんがこのようなことをうっかり漏らしてしまったとは思えません。何らかの意図があったのでしょうから、当然それをどう評価するか、大臣は答弁しなければならないはずです(もちろん、否定していないのですから突き返したことは認めているのでしょうが)。

 さらに思うのは、このとき北朝鮮の報告書にあったのは田中さん・金田さんだけだったのだろうかということです。ひょっとしたら他の政府認定拉致被害者や特定失踪者も入っていたのではないか(実際当時未確認情報ではそういうものも聞きました)。答えないということはそういう意味なのかもしれません。次回の「しおかぜ」朝鮮語放送収録のときには当時出そうとしていて日本政府に突き返された報告書をぜひ公開するように北朝鮮側に呼びかけてみようかと思います。

――――――――――――――-

(令和4年10月13日木曜日の衆議院安全保障・外務・拉致問題連合審査会 立憲民主党徳永久志議員の質問と林芳正外相の答弁)

徳永久志議員 次に取り上げますのは先般の衆議院代表質問におきました我が党の西村智奈美代表代行が取り上げました、いわゆる拉致被害者の田中実さんと拉致可能性を排除できないとされる金田龍光さんの件についてうかがいたいと思います。

 これは一連の共同通信の報道によって我々問題意識を持っているわけなんですけれども、この共同通信の報道は、その情報元は「政府高官」といった形で匿名でした。しかしながら、今回ですね。新たに9月17日、朝日新聞デジタルで元外務事務次官の斎木昭隆さんがインタビューに答える形で語っています。

 インタビュアーが「北朝鮮からは、拉致被害者の田中実さんや知人の金田龍光さんの生存情報が提供されたと報じられていますが」というインタビュアーの問いに対して、斎木元次官は「北朝鮮からの調査報告の中に、そうした情報が入っていたというのは、その通りです。ただ、それ以外に新しい内容がなかったので報告書は受け取りませんでした」と明確に答えています。

 繰り返しますけれども、「政府高官」という報道だった共同通信から一歩踏み出して、まさに外交のど真ん中にいた、中枢にいた、そしてこの生存情報のもたらされた2014年段階では外務事務次官ですから、この方の証言というのは非常に重いと思うんですけれども、外務大臣としてこの斎木元次官の証言どのように受け止めておられるのでしょうか。それでもなお、西村代行の代表質問に総理は事実関係すら明らかにしませんでしたけれども、そういう姿勢を貫かれるのですか。

林芳正外務大臣 この報道については承知をしております。今お話しのありました田中さんや金田さんを含む北朝鮮による拉致被害者や拉致の可能性を排除できない方々につきましては平素から情報収集につとめておりますが、今後の対応に支障を来すおそれがあることからその具体的内容や報道のひとつひとつについてお答えすることは差し控えたたいと思います。

 ストックホルム合意以降北朝鮮の特別調査委員会による調査について北朝鮮から調査結果の通報がなく報告書も提出されておられないところでございます。いずれにいたしまして政府としては拉致被害者としての認定の有無にかかわらず全ての拉致被害者の安全確保・即時帰国・真相究明を目指す考えでございます。

徳永議員 「政府高官」という匿名の報道を受けての答弁だったらその答弁もやむを得ないかと思いますけれど、今回、元外務事務次官の方の赤裸々な証言ですよ。これについてはどのように受け止められておれらるのかということなんです。

 これが全く事実ではないというなら事実ではないとはっきりおっしゃっていただかないと、これが報道で流れるたびに国民はどうなっているんだという話になるんじゃないですか。もう一度お願いします。

林外相 先ほどお答えいたしましたようにですね、この今お話しのありました田中さんや金田さんを含む北朝鮮による拉致被害者や拉致の可能性を排除できない皆様方については平素から情報収集に努めておりますが、今後の対応に支障を来すおそれがありますことから、その具体的内容、また報道の一つひとつについてお答えすることは差し控えたいと思います。

徳永議員 報道の一つひとつということ以上に今回重いでしょうということなんです。元外務事務次官ですよ。そこをもう一度、しっかりと答えて下さい。

林外務大臣 繰り返しの答弁になって恐縮でございますが、この拉致被害者や拉致の可能性を排除できない皆様方については平素から情報収集に努めているわけでございますが、今後の対応に支障を来すおそれがあることから、その具体的内容、報道の一つひとつについてお答えすることは差し控えたいと考えております。

徳永議員 それでは角度を変えます。今後の対応に支障を来すと仰っていますが、「今後の対応」とは田中さんとか金田さんについてなのですか。具体的にお答え下さい。また「支障を来す」とはどのような事態を想定してそのように言っておられるのか、教えて下さい。

林外相 申し上げましたようにこの情報収集等に努めてきておりますが、被害者の全員帰国を含めた解決に向けて努力を続けておるところでございまして、そうしたことで先ほども申し上げたたように今後の対応に支障をきたすおそれがあるからということでございます。

=================================  

■調査会の出版『北朝鮮 拉致と工作活動Ⅰ 拉致回廊 日本列島を行く』(杉野正治副幹事長著)。Amazonでお求めになることができます。(オンデマンド出版のため書店ではお求めになれません)

◎書籍版2200円(本体+税)

https://www.amazon.co.jp/dp/B0B37KWH2Y

◎Kindle(電子書籍)版(1400円)

https://www.amazon.co.jp/dp/B0B3N32PMZ/ref=sr_1_19?keywords=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%88%97%E5%B3%B6&qid=1654819244&sr=8-19

■拉致問題関連書籍一覧(特定失踪者家族会作成)

http://araki.way-nifty.com/araki/2022/09/post-cf6ae2.html

<調査会・特定失踪者家族会役員等の参加するイベント(拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等> 

※事前申込み・参加費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

※記載されている参加者は調査会・特定失踪者家族会役員のみです。

★10月23日(日)10:00 「映画会 めぐみへの誓い」(座間パブテスト・エクレシア主催)

・座間パブテスト・エクレシア(座間駅徒歩12分 座間市立野台2-26-3)

・調査会代表荒木が参加

・問合せ:深野牧師(046-254-7683)

★11月6日(日)17:00 「めぐみへの誓い」上映会(救う会広島主催)

・合人社ウェンディひと・まちプラザ北棟(市内電車神谷町電停徒歩6分 広島市中区袋町6-36 082-545-3911)

・代表荒木が参加

・問合せ・安藤代表(090-7376-7803)

★11月12日(土)14:00映画を通して北朝鮮の人権問題を考える会(北朝鮮人権映画祭実行委員会主催)

・拓殖大学文京キャンパス(茗荷谷駅徒歩5分 東京都文京区小日向3-4-14)

・代表荒木が参加

★12月3日(土)13:30 「めぐみへの誓いシネマフォーラム in 長岡」(中村三奈子さんをさがす会・新潟県・長岡市・北朝鮮による拉致問題に関する新潟県市長村長の会主催)

・アオーレ長岡(長岡駅徒歩2分 長岡市大手通1-4-10 0258-39-2500)

・代表荒木が参加

★12月10日(土)~11日(日)北朝鮮人権映画祭(同実行委員会主催)

・オルビスホール(六甲ライナー アイランドセンター駅下車すぐ 神戸市東灘区向洋町中2-9-1)

・代表荒木・幹事三浦が参加

★12月22日(木)13:00 拉致問題を考える県民の集い(佐賀県・佐賀県教委・小城市・佐賀県拉致議連・救う会佐賀主催)

・小城市生涯学習センター「ドゥイング三日月」(大寺バス停徒歩9分・小城市三日月町長神田1845 0952-72-1616)

・代表荒木が参加

★代表荒木のYouTubeチャンネル

 毎日5~10分配信しています。RadioTalk・GooglePodcastなどでは音声配信で聞くことができます。

https://www.youtube.com/channel/UCSa3H61PRYDyRy4aHvF_VSA

★インターネット放送 channelAJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回26分の番組の前半は無料で視聴していただけます。 

http://ajer.jp

★予備役ブルーリボンの会の動画配信「レブラ君とあやしい仲間たち」

・代表荒木がキャスターをつとめています。

https://www.youtube.com/channel/UCPrqeCO5CGlj9Imyzz1_XTg

----------- 

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。 

////////////////////////////////////////////////////////// 

北朝鮮船・遺体着岸漂流一覧

http://araki.way-nifty.com/araki/2021/12/post-1a801e.html

着岸漂流一覧と失踪関連地点マップ

https://drive.google.com/open?id=1Nsd5Xf9dqDa6AsYv5_4VspEFmeNh95qS&usp=sharing

_________________________________________ 

特定失踪者問題調査会ニュース 

--------------------------------------------------------- 

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301 

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059 

email:comjansite2003■chosa-kai.jp 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/ 

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は 

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい) 

※■を半角の@に置き換えて下さい。 

<カンパのご協力をよろしくお願いします> 

■特定失踪者問題調査会■ 

●クレジットカードでのカンパが可能です。ホームページから入って手続きできます。 https://www.chosa-kai.jp/net_de_kifu

●郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会 

●銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会 

●労金口座 中央労働金庫 本郷支店 144093 名義 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

(銀行口座のカンパで領収書のご入用な場合はご連絡下さい) 

●毎月定額をカードから引き落とし支援するマンスリーサポートはこちらから

https://readyfor.jp/projects/shiokaze-supporter

■特定失踪者家族会■ 

郵便振替口座 00290-8-104325 特定失踪者家族会 

銀行口座 ゆうちょ銀行 普通預金 店番128(イチニハチ) 口座番号4097270 特定失踪者家族会

_____________________________________________________

|

« 「帰国した5人」と「田中実さん・金田龍光さん」の何が違うのか【調査会NEWS3664】(R4.10.16) | トップページ | 答弁を「控え」させない方法を募集します【調査会NEWS3666】(R4.10.19) »